ノーサイド ゲーム 視聴 率 速報。 【速報】ノーサイドゲームの視聴率推移(1話~最終回)

「ノーサイド・ゲーム」13・8%最終回で最高更新

ノーサイド ゲーム 視聴 率 速報

俳優の大泉洋(46)が主演を務めるTBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(日曜後9・00)の第2話が14日に放送され、平均視聴率が11・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。 初回は13・5%と好発進していた。 数々のヒットドラマや映画の原作を生み出してきた作家・池井戸潤氏(56)が書き下ろし、6月13日に刊行されたばかりの同名小説(ダイヤモンド社)を早くも映像化。 主人公と仲間たちが会社内に立ちふさがる大きな壁に挑み、苦しみながら逆境をはね返していく様を描いている。 大泉は池井戸作品初挑戦で、TBSの連続ドラマも初主演。 出世を絶たれたサラリーマンとして、異動で会社のお荷物と囁かれるラグビー部のゼネラルマネジャー(GM を任される役を演じ、自らの再起を懸ける。 主人公を尻に敷く妻・真希を演じるのは、松たか子(42)。 主人公に立ちはだかる敵役、トキワ自動車常務取締役営業本部長・滝川桂一郎を上川隆也(54)が演じる。 第2話は、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)は、新監督人事が進まないという大きな困難に直面。 キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるようお願いされるが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのか分からない。 監督人事に苦しむ一方、元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。 この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなくゼロに近づく…という展開だった。

次の

Audience Rating TV > 視聴率 > 2019年07〜09月

ノーサイド ゲーム 視聴 率 速報

7 12. 3 12. 3 12. 3 12. 3 14. 4 11. 4 10. 2 12. 7 12. 3 13. 3 12. 5 11. 8 10. 9 10. 6 11. 4 13. 0 9. 7 11. 3 12. 2 13. 8 - 11. 2 9. 2 10. 9 9. 5 10. 2 10. 2 11. 0 13. 0 12. 3 19. 4 - 11. 3 9. 5 11. 5 9. 5 10. 7 9. 9 10. 0 11. 1 12. 1 - - 11. 6 8. 4 10. 7 9. 3 11. 9 11. 1 10. 9 11. 2 10. 4 12. 9 - 10. 1 11. 2 9. 0 9. 8 9. 4 9. 3 11. 3 10. 9 9. 7 12. 4 - 10. 3 9. 5 9. 1 9. 8 8. 6 10. 3 10. 8 9. 9 10. 3 10. 8 - 9. 8 9. 2 8. 7 10. 0 7. 8 7. 5 8. 1 7. 5 8. 5 8. 7 - 8. 4 7. 4 8. 2 5. 8 6. 0 5. 4 6. 7 5. 7 6. 9 8. 3 9. 8 7. 4 5. 9 6. 4 5. 4 6. 2 6. 2 6. 1 6. 0 6. 7 7. 7 - 6. 0 4. 4 3. 6 2. 4 3. 5 3. 0 3. 2 4. 3 - - - 3. 1 3. 1 4. 0 3. 7 2. 8 2. 5 2. 3 4. 4 4. 1 2. 8 - 3. 6 2. 0 2. 2 2. 1 2. 3 2. 5 2. 0 3. 0 - - - 2. Say!

次の

ノーサイドゲーム キャスト相関図・ゲスト出演者一覧!【アストロズの軌跡】

ノーサイド ゲーム 視聴 率 速報

これまでのTBS・池井戸潤作品とは違います(編集部撮影) 1956年のスタートから60年超の歴史を持つTBSの伝統ドラマ枠「日曜劇場」の作品であり、「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット」「陸王」を生み出した池井戸潤さん原作の作品で、平均視聴率約11%(ビデオリサーチ、関東地区)は、「低い」とみなされても仕方がないでしょう。 しかし、「ノーサイド・ゲーム」は、これまでの「日曜劇場」や池井戸潤さん原作のドラマ以上に、作り手たちの覚悟が感じられる作品であり、ビジネスと男のロマンについて考えさせられる物語だったのです。 「ビジネス上の仕掛け」から、それに矛盾する「ビジネス度外視の熱い思い」まで、ビジネスパーソンの心を打つであろう同作の本質を掘り下げていきます。 「敵に塩を送る」作り手たちの英断 まずはビジネスの話から。 池井戸潤さんの小説『ノーサイド・ゲーム』は、今年6月13日にダイヤモンド社から出版されました。 一方、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」は、その約4週間後の7月7日に放送開始。 池井戸さんは「ドラマ化で小説が売れるうえに、これまでの実績からTBSのスタッフは信用できる」、ダイヤモンド社は「池井戸さんの書き下ろし小説を出版できるうえに、ドラマ化で小説の宣伝をしてもらえる」、TBSは「池井戸さんのネームバリューがあるうえに、発売から1カ月弱でのドラマ化で鮮度が高い(ネタバレが少ない)」。 3者それぞれにとってメリットの大きいプロジェクトであることが理解できるのではないでしょうか。 このプロジェクトを実現させるうえで、唯一ネックといえるのが、9月20日に開幕する「ラグビーワールドカップ2019」の存在。 日本で開催される同大会は、日本テレビが19試合を生中継するほか、NHKは総合テレビ3試合とBS11試合を生中継、CSでもJ SPORTSが全48試合を生中継し、ネットで見逃し配信も行われます。 「ノーサイド・ゲーム」の劇中でも描かれていたように、ラグビーには根強いファンこそいるものの、サッカーや野球などに比べると、人気は限定的。 事実、世界一を決めるワールドカップまであと1カ月に迫っているにもかかわらず、世間の盛り上がりはほとんど感じられません。

次の