ドラパルト竜舞。 【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

剣盾育成ポケモンまとめ

ドラパルト竜舞

Contents• 素早さは、最速リザードン抜き調整です。 ガラルビギニングでは、最速サザンドラ抜きまでしか振っておらず、リザードンに上を取られたことによって負けるという事態が発生したため、最低でもリザードンは抜いておきたいところです。 耐久については、環境が物理多めなので、防御に性格補正と努力値を割いていますが、ここは調整しがいがありそうです。 例えば、Bに振っている努力値を92、Dへ振ることによって、C252補正ありサザンドラの悪のはどうを耐えるようになります。 細かい調整は、今後バトルを重ねながら模索していきます。 特性については、壁貼りポケモンを起点にしたり、竜舞を見せることによって、物理型のため特性クリアボディだと思ってか、壁貼りオーロンゲがでてきたこともあったため、すりぬけ推奨です。 ガラルビギニングではクリアボディで使っていたのですが、すりぬけにしとけばよかったと思った状況が何度も発生しました。 技について、竜舞とバトンタッチは、この型における必須技で、 攻撃技としては、タイプ一致かつ相手の襷を潰せるドラゴンアローとダイマックス時に防御を上げることができ、ドラゴンが効かないフェアリータイプ意識の鋼の翼を採用しています。 ただし、鋼タイプのポケモンに対しては両方半減されてしまうため、ゴーストダイブも選択肢に入るかと思います。 ゴーストダイブのメリットとしては、相手のダイマックスターン稼ぎできること鋼タイプに等倍を取れますが、デメリットとしては、ダイマックス時に防御を上げれないこと、オーロンゲに等倍以上とれなくなってしまうことが上げられます。 立ち回り このドラパルトの立ち回りとしては、バトル前半で竜の舞を積み、弱点保険を発動させ、ドラパルトで相手のパーティに負荷をかけ、 ドラパルトが苦手なポケモンや、あくびを打たれた場合等、バトンタッチにより能力変化を後続に繋ぎます。 実際に使っている感じ、この型の良いところは、竜の舞を見せることによって、弱点保険を警戒されなくなること、物理型であり、特性クリアボディなのでは?と思わせることができ、わざわざオーロンゲ がでてきて壁を貼りにくることもありました。 意味ないのに笑 また、鬼火を受けようが、あくびを受けようが、バトンタッチで能力上昇を後続にまわせ、あくびの効果は引き継がれないため、後続アタッカーで相手をぼこぼこにできます。 また、耐久はタイプ一致弱点でも結構耐えるため、ダイマックスをしなくても弱点保険を発動させることができます。 具体的な立ち回り 対オーロンゲ 壁貼りオーロンゲをよく見るかと思うのですが、オーロンゲと対面した場合、竜の舞を積みます。 A252補正ありのオーロンゲのソウルクラッシュを余裕で耐えるので、弱点保険も発動できる可能性も高いです。 壁を貼ってきたらかもです。 場合によっては2回、3回と竜舞を積むこともできたりします。 特性をすり抜けにしていない場合はHB特化オーロンゲ に対して、壁がある状態で、攻撃が3段階上昇してもはがねのつばさが3分の1程度しか入らないので、裏に引く前提で積みます。 すり抜けの場合は、竜の舞を一回積んでおけば、鋼の翼連打で勝てます。 ガラルビギニングでは、クリアボディで使っていたのですが、この壁貼りオーロンゲが結構いるため、ドラパルトの特性はすり抜け推奨です。 対ヒヒダルマ 超高火力の五里霧中A252補正ありのガラルヒヒダルマのつららおとしも、相手の攻撃が1段階下がることで、確定で耐えるようになります。 ウインディやギャラドス等で威嚇を入れた後に対面させることができれば、ガラルヒヒダルマでさえ積みの起点になります。 相手が鉢巻を持っていた場合は流石に死にます。 対ローブシン ローブシンとの対面では、攻撃特化の相手の命の珠力ずく冷凍パンチを確定で耐えるため、竜舞と弱点保険を発動させることができます。 しかし、H252ローブシンへのドラゴンアローはAが3段階上昇していても確定で耐えられてしまうため、バトンで引いて後続に託すか、ダイマックスしてダイドラグーンを打つ必要があります。 対面でローブシンに勝ちたい場合は、竜舞を積まずにドラゴンアローを打ち、相手の攻撃で弱点保険を発動させ、ドラゴンアローを打つことで、高確率で倒れます。 対ミミッキュ A252補正あり命の珠ミミッキュとの対面の場合基本的に勝てません。 相手が剣舞からのかげうちできた場合であれば、化けの皮を剥がした後、弱点保険によるA2段階上昇後のはがねの翼で確定で倒せるため、ミミッキュに勝てますが、 剣舞をせずに、シャドークローからのかげうち、または剣舞からのシャドークローできた場合はドラパルトが負けます。 この型ではミミッキュの対処はしんどいです。 対サザンドラ 受けポケ対策として、ランクマッチにサザンドラ結構多くいます。 チョッキや食べ残しを持っている印象があるので、火力アップアイテムアイテムを持っているサザンドラは少なく、またミミッキュを意識して素早さが上がりやすい性格にしている場合が多いかと思います。 そのため、C252無補正サザンドラの「あくのはどう」はドラパルトの特防に努力値を割いていなくても、約87. そのため、竜舞から入り、次のターン上からドラゴンアローで倒すという選択ができます。 特攻に補正をかけていないサザンドラであれば、スカーフ持ちでも対処できます。 ちなみに、相手のサザンドラのあくのはどうを確定で耐えたい場合は、ドラパルトのBに振っている努力値をDに20回すことによって確定で耐えるようになります。 また、Dに92まわすと、Cに補正のあるサザンドラのあくの波動を確定で耐えるようになります。 被ダメ計算 攻撃側ポケモン 技 被ダメ ダイマックス技 C252補正無サザンドラ あくのはどう 86. 使用している感じ、ダイマックスをせずに、竜の舞と弱点保険を発動させた状態にすることは結構簡単です。 相手を選ぶ必要がありますが、個人的には相当強い型なのでは?と考えています。 耐久調整はまだまだ考える必要がありそうですが、参考になれば嬉しいです!.

次の

竜舞&弱保バトンHBドラパルト育成論|Pokeminブログ

ドラパルト竜舞

Contents• 素早さは、最速リザードン抜き調整です。 ガラルビギニングでは、最速サザンドラ抜きまでしか振っておらず、リザードンに上を取られたことによって負けるという事態が発生したため、最低でもリザードンは抜いておきたいところです。 耐久については、環境が物理多めなので、防御に性格補正と努力値を割いていますが、ここは調整しがいがありそうです。 例えば、Bに振っている努力値を92、Dへ振ることによって、C252補正ありサザンドラの悪のはどうを耐えるようになります。 細かい調整は、今後バトルを重ねながら模索していきます。 特性については、壁貼りポケモンを起点にしたり、竜舞を見せることによって、物理型のため特性クリアボディだと思ってか、壁貼りオーロンゲがでてきたこともあったため、すりぬけ推奨です。 ガラルビギニングではクリアボディで使っていたのですが、すりぬけにしとけばよかったと思った状況が何度も発生しました。 技について、竜舞とバトンタッチは、この型における必須技で、 攻撃技としては、タイプ一致かつ相手の襷を潰せるドラゴンアローとダイマックス時に防御を上げることができ、ドラゴンが効かないフェアリータイプ意識の鋼の翼を採用しています。 ただし、鋼タイプのポケモンに対しては両方半減されてしまうため、ゴーストダイブも選択肢に入るかと思います。 ゴーストダイブのメリットとしては、相手のダイマックスターン稼ぎできること鋼タイプに等倍を取れますが、デメリットとしては、ダイマックス時に防御を上げれないこと、オーロンゲに等倍以上とれなくなってしまうことが上げられます。 立ち回り このドラパルトの立ち回りとしては、バトル前半で竜の舞を積み、弱点保険を発動させ、ドラパルトで相手のパーティに負荷をかけ、 ドラパルトが苦手なポケモンや、あくびを打たれた場合等、バトンタッチにより能力変化を後続に繋ぎます。 実際に使っている感じ、この型の良いところは、竜の舞を見せることによって、弱点保険を警戒されなくなること、物理型であり、特性クリアボディなのでは?と思わせることができ、わざわざオーロンゲ がでてきて壁を貼りにくることもありました。 意味ないのに笑 また、鬼火を受けようが、あくびを受けようが、バトンタッチで能力上昇を後続にまわせ、あくびの効果は引き継がれないため、後続アタッカーで相手をぼこぼこにできます。 また、耐久はタイプ一致弱点でも結構耐えるため、ダイマックスをしなくても弱点保険を発動させることができます。 具体的な立ち回り 対オーロンゲ 壁貼りオーロンゲをよく見るかと思うのですが、オーロンゲと対面した場合、竜の舞を積みます。 A252補正ありのオーロンゲのソウルクラッシュを余裕で耐えるので、弱点保険も発動できる可能性も高いです。 壁を貼ってきたらかもです。 場合によっては2回、3回と竜舞を積むこともできたりします。 特性をすり抜けにしていない場合はHB特化オーロンゲ に対して、壁がある状態で、攻撃が3段階上昇してもはがねのつばさが3分の1程度しか入らないので、裏に引く前提で積みます。 すり抜けの場合は、竜の舞を一回積んでおけば、鋼の翼連打で勝てます。 ガラルビギニングでは、クリアボディで使っていたのですが、この壁貼りオーロンゲが結構いるため、ドラパルトの特性はすり抜け推奨です。 対ヒヒダルマ 超高火力の五里霧中A252補正ありのガラルヒヒダルマのつららおとしも、相手の攻撃が1段階下がることで、確定で耐えるようになります。 ウインディやギャラドス等で威嚇を入れた後に対面させることができれば、ガラルヒヒダルマでさえ積みの起点になります。 相手が鉢巻を持っていた場合は流石に死にます。 対ローブシン ローブシンとの対面では、攻撃特化の相手の命の珠力ずく冷凍パンチを確定で耐えるため、竜舞と弱点保険を発動させることができます。 しかし、H252ローブシンへのドラゴンアローはAが3段階上昇していても確定で耐えられてしまうため、バトンで引いて後続に託すか、ダイマックスしてダイドラグーンを打つ必要があります。 対面でローブシンに勝ちたい場合は、竜舞を積まずにドラゴンアローを打ち、相手の攻撃で弱点保険を発動させ、ドラゴンアローを打つことで、高確率で倒れます。 対ミミッキュ A252補正あり命の珠ミミッキュとの対面の場合基本的に勝てません。 相手が剣舞からのかげうちできた場合であれば、化けの皮を剥がした後、弱点保険によるA2段階上昇後のはがねの翼で確定で倒せるため、ミミッキュに勝てますが、 剣舞をせずに、シャドークローからのかげうち、または剣舞からのシャドークローできた場合はドラパルトが負けます。 この型ではミミッキュの対処はしんどいです。 対サザンドラ 受けポケ対策として、ランクマッチにサザンドラ結構多くいます。 チョッキや食べ残しを持っている印象があるので、火力アップアイテムアイテムを持っているサザンドラは少なく、またミミッキュを意識して素早さが上がりやすい性格にしている場合が多いかと思います。 そのため、C252無補正サザンドラの「あくのはどう」はドラパルトの特防に努力値を割いていなくても、約87. そのため、竜舞から入り、次のターン上からドラゴンアローで倒すという選択ができます。 特攻に補正をかけていないサザンドラであれば、スカーフ持ちでも対処できます。 ちなみに、相手のサザンドラのあくのはどうを確定で耐えたい場合は、ドラパルトのBに振っている努力値をDに20回すことによって確定で耐えるようになります。 また、Dに92まわすと、Cに補正のあるサザンドラのあくの波動を確定で耐えるようになります。 被ダメ計算 攻撃側ポケモン 技 被ダメ ダイマックス技 C252補正無サザンドラ あくのはどう 86. 使用している感じ、ダイマックスをせずに、竜の舞と弱点保険を発動させた状態にすることは結構簡単です。 相手を選ぶ必要がありますが、個人的には相当強い型なのでは?と考えています。 耐久調整はまだまだ考える必要がありそうですが、参考になれば嬉しいです!.

次の

【最終525位/終盤最高281位】ドラパ欠伸コントロール【剣盾S3】

ドラパルト竜舞

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるドラパルトの育成論と対策について掲載しています。 ドラパルトのおすすめ技や持ち物、性格、努力値振りはもちろん、夢特性の出現場所や厳選方法についても記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 常に先手を取ることができるため対面性能が非常に高く序中盤優位に立ち回れる他、終盤のフィニッシャーとしても活躍してくれるでしょう。 型が多く行動や持ち物を読まれにくい ドラパルトの強さの大きな要因は型の多さです。 物理アタッカー、特殊アタッカーどちらもこなせる上に、多くの変化技も覚えます。 素早さが高いこともあり、相手の上から様々な択を押し付けることができます。 下の項目でもいくつか型を紹介しますが、今でもどんどん新しい型が生まれています。 じゃくてんほけん型、スカーフ型、タスキ型、ハチマキ型、両刀型、特殊型、壁貼り型、竜舞型、鬼火たたりめ型…幅広いの戦術からパーティーにあったものをチョイスしていきましょう。 高い素早さと攻撃力で対面能力は非常に高いです。 主力技はドラゴンアロー・ゴーストダイブ。 他はフェアリーに強くなるはがねのつばさや、サイクルで優秀などんぼがえりが候補として挙がります。 持ち物は自由で、打点を伸ばしたい場合はこだわりはちまき、1ターンは行動が保証されるきあいのタスキ、打点を伸ばしつつ柔軟に立ち回りたい場合はいのちのたま、などが候補です。 ミラーマッチや相手のスカーフを意識するこだわりスカーフや、特殊相手に殴り勝つとつげきチョッキを持たせても良いでしょう。 ダイマックスをしてHPを倍化させることで、弱点を1発耐えたあとにじゃくてんほけんを発動させて反撃するという戦法です。 ドラパルトは耐久面のステータスは低めなものの、600族ドラゴンの中では珍しく4倍弱点が無いので、ダイマックスさえしてしまえば一撃で倒される事はほとんどありません。 その中でもドラパルトの特徴として、素早さが高くダイジェットを使わなくても先制が取りやすい点、ダイドラグーンで相手の攻撃力を下げることができる点、ダイホロウで相手の防御を下げられる点が他と比べて優秀な点と言えるでしょう。 努力値調整 耐久調整ラインは以下のとおりです。 現環境で見るメジャーなポケモンに対してほぼ有利を取ることができるようになっています。 バンギラスや砂かきドリュウズに対して殴り勝つのは難しいですが、相手がダイマックスを切らない場合は殴り勝てることもできます。 相手がダイマックスを切って対応してきた場合は、パルシェンなど抜き性能の高い後続が活躍できるでしょう。 相手の受けサイクルを潰すのに大きく役立ってくれます。 流星群を採用しないため居座り性能も高く多くのポケモンに対して有利に動くことができます。 性格補正あり無振り状態でも下記ポケモンなどに素早さで優位をとることができます。 火力を伸ばしたい場合はいのちのたま もちものは火力重視のいのちのたまでも良いでしょう。 物理受けポケモンに対してダイマックスを切らずとも応戦できるのが大きな強みになります。 性格補正があると、素早さは 無振りでも最速アイアントを抜ける速さを持っています。 素早さが高いので、相手より先に壁を貼ることができることと、 アタッカー型が主流のため読まれにくいのが強みです。 たたりめの威力は相手が状態異常の時に倍になるため、タイプ一致も合わせて威力が195にもなり非常に強力な技となっています。 両壁ではなくとんぼがえりでサイクルを回したり、みがわりやバトンタッチで有利状況を作るのも面白いでしょう。 努力値調整 ・素早さ 努力値に84振ることで最速インテレオンを抜けるように調整にしています。 リフレクターとひかりのかべを、りゅうせいぐんやだいもんじ、10万ボルトと交換することで攻撃面が強化できます。 たたりめは同タイプのシャドーボールより扱いにくいですが、おにびを絡めた行動を取れるのが強みです。 ドラパルトのおすすめ技 物理技 わざ 考察 ドラゴンアロー ・思い出しで習得 ・2回攻撃の一致技。 タスキ潰しもできて威力も十分 げきりん ・で習得 ・ドラゴンアローより威力重視。 はちまき型での採用率が高め ゴーストダイブ ・Lvで習得 ・貴重な物理ゴースト技。 2ターン目攻撃で使いにくいが、相手のダイマックスターン消費効果もある はがねのつばさ ・で習得 ・フェアリー対策で採用。 ダイスチルの防御上昇も優秀 そらをとぶ ・で習得 ・主にダイジェットで素早さを上げるのに使用。 じゃくてんほけん型での採用率が高い とんぼがえり ・Lvで習得 ・様子見技として安定。 大抵の場合先制とんぼになるため、自身の体力を温存しやすい ふいうち ・思い出しで習得 ・スカーフや先制技に対して有用。 天候やダイジェットで速くなるポケモンも多いので悪くない サイコファング ・で習得 ・壁破壊ができる。 ダイサイコを打つことで先制技を無力化できるのもメリット 特殊技 わざ 考察 りゅうせいぐん ・で習得 ・高威力の一致技。 ダイマックスで使用するとデメリットを無くせる りゅうのはどう ・で習得 ・りゅうせいぐんと比べてリスクがなく安定択 シャドーボール ・で習得 ・ゴーストの一致技。 こちらも安定した性能 たたりめ ・Lvで習得 ・相手が状態異常の時威力が2倍。 上記ナットレイ調整を意識しないならこちら 10まんボルト ・で習得 ・ギャラドス意識の場合採用。 特攻振りで、無振りギャラドスを確1 ハイドロポンプ ・で習得 ・水弱点を意識する場合に採用。 しかしミラー対面時のドラゴンアローや砂嵐などには無力 スカーフやダイジェット等でドラパルト抜き調整をしているポケモンに対して有効。 ミラー対面でも強気に攻められるのも強み。 環境トップのため弱点を受ける機会は多い。 ダイマックスでHPを倍化し、ダイドラグーンで相手の攻撃を下げれば大抵のばつぐん技は耐える。 努力値で耐久調整を行うことで有効に扱うことができる。 火力をあげながら柔軟に立ち回れる 特防をあげて相手の確定数をずらすことができる。 HP無振りでもサザンドラのあくのはどうを耐える 一歩足りない火力を補う。 中途半端な受けを潰す行動が強い ハチマキと同じ。 特殊型の場合はこちら 主に不一致弱点の確定数をずらすことができる。 みがわりを採用する場合の相性も良い。 ドラパルトの対策 注意点 物理・特殊の両方に秀でており、非常に高い素早さで上から殴ってきます。 環境トップメタで遭遇率は1、2を争うため対策は必須です。 型が多く対処が非常に難しいため、安易に物理受けを出すといった行動にも危険が伴います。 対策方法 型を読む 相手のドラパルトの型は何なのかをまず考える必要があります。 ドラパルトは型が多く、正解の行動がないところが一番対策の難しい部分になります。 初手はボルトチェンジやとんぼ返りがあるならば、それで物理受けに交代して様子を見るのがローリスクな行動です。 素早さは高いが耐久は低め 素早さに秀でていますが、耐久値は高くありません。 効果抜群の先制技である ふいうち・こおりのつぶて・かげうちが効果的です。 攻撃力の高いポケモンであれば、ふいうちで確1に出来るポケモンも多いです。 麻痺やこだわりスカーフ、ダイジェットでドラパルトの上をとるのも一つの手段です。 上さえとれれば殴り合いで優位に立てるでしょう。 通信交換も選択肢の一つ なかなか夢特性のドラパルトが出ないという場合は、トレーナー同士の通信交換を活用するのも一つの手。 ぜひ下記リンク先から ポケモン交換掲示板をご活用ください。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、物理わざと特殊わざを両方所持するケースが多いため、理想としては6Vとなります。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、5Vまでなら厳選のハードルは以前と比較してもかなり低め。 理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の