ぎっくり腰 対処 法。 ぎっくり腰とは 症状、炎症期間、どのくらいで治るか、予防法

ぎっくり腰 対処法/姿勢(座り方·寝方)腰痛コルセット・湿布

ぎっくり腰 対処 法

Contents• 軽いぎっくり腰の原因と症状。 ぎっくり腰の違い またまた現役看護師さんにお聞きして、まとめてみました。 軽いぎっくり腰とは、結論から言うと 局所の軽い炎症です。 ぎっくり腰とは、 疲労が蓄積された場合や急に負荷がかかってしまった場合に起こる。 原因は、 軽いぎっくり腰でも急性腰痛症でも変わりない。 ぎっくり腰は 急性腰痛症のジャンル。 ぎっくり腰=軽い急性腰痛症と思ってもらって良い。 「じゃー、『軽いぎっくり腰』ってあるの?」なんて、今あなたは考えられたんじゃないでしょうか? 「軽いぎっくり腰」は、ほとんどぎっくり腰と同じ症状です。 あえて言うならば…• 「ぎっくり腰の症状が軽いので、 動けなくもない。 「ビキッとはこなかったけど、腰が ピキッときた。 」 といったとこでしょうか。 「そのまんまじゃないか!」 …って思いました?…… 思いますよね!! でも、 大切なことをこれから言いますので、よーくお聞きください! ぎっくり腰の原因と症状。 局所が炎症を起こしている点は同じ 軽いぎっくり腰の 一番厄介な点・・・それは、、「ちょっと休めば、我慢すれば、動けてしまうこと」なんですね。 前述したように、軽いぎっくり腰とえいども、局所が炎症を起こしてしまっていることには変わりないのです。 ですので、動けるからと、頑張って動いてしまうと炎症が悪化してしまうわけです。 頑張って動かしてしまったら・・動いてしまったら・・・ その結果、 さらに痛みが増してしまう可能性があるのです! ですので、。 軽いからといって動き回るようなことは、控えた方があなたのタメです。 もちろん状況によっては動かざるを得ないこともあるでしょう。 でも、できるだけ痛むところをかばうようにして、ゆっくりとした動作で、動かすよう心がけてください。 動けるからといって油断は禁物です!! 大腰筋を意識してください。 いちばんに、意識していただきたい場所です。 あとは、足の筋肉が結構関係しています。 足の筋肉といえば、大腿四頭筋ですね。 ここが硬くなってくると、ぎっくり腰がおこりやすくなってくるので要注意です。 普段からやわらかくして(柔軟性を持たせて)おきたいところですね。 足の筋肉は、連動して動いているのに、マッサージだと、どうしても、その場所一か所を揉みほぐしているだけになってしまいます。 複数の筋肉を一気にほぐせないというのが、マッサージの難点ですね。 ぎっくり腰の原因と対処法はしゃっくりと同じ? ぎっくり腰としゃっくりが似ているといったら不思議に思われるでしょうか?実は、そうなんです。 面白い事に、原因も治し方も似ているんです。 どう似ているかというと・・・・・ ぎっくり腰としゃっくりの対処法 しゃっくりを治す時、水を 「ゆっくり」「ちびちび」「少しづつ」のむと治りますよね?(他にも治す方法はありますが)。 でしょ? ぎっくり腰としゃっくりの原因 しゃっくりは、横隔膜のケイレンだと言われています。 そして、ぎっくり腰は、腰方形筋(ようほうけいきん)や大腰筋(だいようきん)のケイレンなんです。 といっても、、ケイレンではすまないくらい、激しくビキっとひきつけてしまうので、しゃっくりのようなかわいいものではないのですけどね。 なので、連動した筋肉を一気にほぐせれば、言うことなし!なのです! 連動した筋肉を一気にほぐせるストレッチ お尻ゆるめストレッチ.

次の

【ぎっくり背中.com】〜原因・症状・対処法・治し方・予防〜

ぎっくり腰 対処 法

ぎっくり腰とは、「グキッ」と急に発生する腰痛の総称 ぎっくり腰には、原因不明の腰痛症や腰椎椎間板ヘルニアの初期の段階も含まれ、痛みの激しさなどから、 「 魔女の一撃」 とも言われています。 そもそも、二足歩行の人間は重心が高い割りに体重を支える面積が小さいので腰痛・ぎっくり腰を起こしやすいのです。 人は進化の過程で直立できるようになりました。 骨盤は水平から60度しか起き上がっておらず、直立するために腰部分の骨は前にカーブしています。 背中部分の骨は後にカーブし首にかけてもう一度前にカーブするというS字の仕組みになっており、 この腰部分のカーブが 人の腰の弱点になっているのです。 その骨盤の上に腰骨が乗っているわけで30度の傾斜の上に立つのと同じ状態です。 そのため、支えている腰の部分に負荷がかかるので、傾斜の上に立つ腰骨を支える 周辺の腹筋や背筋を 日ごろから強化する必要があります。 <ぎっくり腰の原因> あなたは、いくつあてはまりますか? 1 最近、急に太った 2 現在標準体重をオーバーしている 3 あぐらをかいたり、横座りすることが多い 4 近距離でも車に乗ることが多い 5 柔らかい敷布団が好きだ 6 ハイヒールをよく履く 7 イスに座る時、浅く座るのがくせだ 8 重い荷物をよく持つ 9 中腰の姿勢になることがよくある 10 最近めっきり運動不足だ 11 タバコをよく吸う 12 冷え性だ ひとつでもあれば、「ぎっくり腰」の黄信号、3つ以上なら 赤信号です <ぎっくり腰の原因> このような傾向の人はぎっくり腰になりやすい ・肥満気味 肥満は腰への負担が大きく、ぎっくり腰の天敵です。 特に、急に太った人は要注意です。 ・「あぐら」や「横座り」をよくする あぐらや横座りも背骨が横に曲がるため、ぎっくり腰には厳禁。 理想は正座ですが、ひざへの負担も懸念されるため正しい姿勢でイスに座る生活が理想です。 猫背だったり足を組むのがくせだったりと、姿勢が悪いのも腰への負担が増すので注意してください。 健康情報 ・車に乗ることが多い 低いシートに長時間座る状態で腰に振動が加わると腰の筋肉が疲労します。 その後、急に体をひねった状態で立ち上げるのは、ぎっくり腰の危険因子になります。 腰痛はタクシー乗務員の職業病とも言われています。 ・柔らかすぎる敷布団で寝ている 布団が柔らかすぎると寝たときにお尻が落ち腰部分の背骨のカーブが増します。 習慣になっていれば腰への負担も増えるため寝具は固めを使用してください。 柔らかすぎるソファーも同様に要注意です。 ・ハイヒールをよく履く 立った時お尻が突き出て腰がくびれるのが悪い姿勢で、習慣になっている人は気をつけましょう。 ・イスに浅く座ることが多い 背もたれに、もたれながら浅く座る、例えば映画館の座席でついやってしまう姿勢です。 一見楽そうですが斜めに体重がかかり腰への負担は大。 しかも、長時間この姿勢を続けた後に急に起き上がったりすると、魔女の一撃・ぎっくり腰が襲ってくる恐れが高まります。 ・重い荷物を中腰で持ち上げる機会が多い 慢性的に腰へ無理がかかっているため、ぎっくり腰とは常に隣り合わせの状態です。 重い荷物を持ち上げるときは腰を落とし、なるべく体に荷物を近づけてから力を入れるように。 また背骨などを支える筋肉の低下も避けなければならず、運動不足であれば軽い運動を始めることなどを心がけてください。 重い荷物を持ち上げる時 脚を前後にずらした状態で片方の膝をつき、 持ち上げる物に手をかける。 背筋を伸ばしたまま、脚の力を使って、 まっすぐ立ち上がる。 この方法だと腰への負担は軽くなる。 前かがみの姿勢で物を持ち上げると、 腰には立っているときの4〜5倍の 負担がかかる。 ・タバコを吸う 喫煙により血管が萎縮して血行が悪くなり、腰の筋肉への血流に悪影響を及ぼし筋肉疲労が溜まります。 ・冷え性だ 冷え性も血行が悪くなるという点からリスクは高くなります。 寒い季節は、くれぐれも腰を冷やさないように。 腰椎の疲労がぎっくり腰の原因 腰椎のうち、上から4番目と5番目が一番傷みやすい。 知らないうちに疲労し、椎間板・椎間関節・周囲の筋肉に障害を起こし激痛を生む ウィークポイントになる。 1 椎間板の障害 椎間板は椎骨と椎骨の間のクッション。 老化現象で椎間板が薄くなると、椎骨同士が こすれ合うなどして痛みを生じる。 2 椎間関節の障害 椎間関節が薄くなると、関節のかみ合わせが悪くなり、 靭帯(じんたい)を傷つけ急性の痛みを起こす。 慢性化すると関節の変形も起こる。 3 筋肉の障害 椎骨を支える筋肉に無理な力が加わると、 筋肉や腱の一部が断裂し痛みを生じる。 腰椎が痛むと筋肉の障害も起こりやすい。 <ぎっくり腰の対処法> ぎっくり腰「グキッ」といったら、とにかく安静 日常生活のあらゆる所に「ぎっくり腰」の危険因子は潜んでいます。 「ぎっくり腰」に、最もなりやすい場面 これらの動作をする時は、慎重になることです。 ・体が冷えている時 ・同じ姿勢を長時間続けている時 ・重たい物を持つ時 ・くしゃみ ・不自然な姿勢で動作をする時 ・急激に体勢を変える時 また、ぎっくり腰「グキッ」といってしまったら、とにかく安静にすること。 ひざを抱きかかえるように丸まった姿勢で横に寝ます。 できれば、お風呂につかってゆっくり温まり、消炎剤入りの湿布などを貼るといいでしょう。 痛さが激しければ、痛み止めの服用も。 2週間ほど安静にしておくのが理想ですが、どうしても動かなければならない時は、 3日目くらいから腰痛ベルトや コルセットを 骨盤を中心にして強めに巻いてください。 腹内圧が高まり少しは楽になります。 ただし、長期使用は筋力が弱るために避け、痛みが引かない場合は医師に相談を。 ぎっくり腰になったら 体をひねって腰痛のストレッチ体操 1 あおむけに寝て、両ひざを立てる 2 両肩が床から離れないようにして、 両ひざをゆっくり真横に倒す。 倒した状態で、10秒程静止 3 左右それぞれ10回ずつ <コツ: ひざを倒す時は、息を吐きながら> 腰痛の時は、真横に倒したとき ひざが床に 着きませんが、 できるところまでで構いません。 このストレッチ体操を毎日やっていると、ひざが床に着くようになり 腰痛も少しずつ良くなります。 腰の具合が少しおかしいと感じた 日は、 このストレッチ体操を。 ぎっくり腰など、急な腰痛になった 時の 痛みの緩和にも有効です。 温熱療法 1730 円 大判サイズなので、腰全体に使えます。 温・冷、2WAYタイプのパッド。 電子レンジで温めて乗せるだけで腰や足を温めます。 <ご注文方法> ご注文は、電話・ファックスでも承ります。 電 話 072-811-5170 ファックス 072-811-5175 ファックス注文用紙 メモ用紙に品名・住所・氏名・電話番号を記入し ファックスしていただいても結構です。 <送料・お支払い方法> 送料(日本全国共通・含む北海道・沖縄・離島) お買上金額合計 4500円以上・・・送料無料 4500円未満・・・550円 お支払い方法 安心の料金後払い。 商品と到着後に、郵便局・銀行でお支払いください。 (振込手数料はお客様でご負担ください。 ) 代金引換もご利用いただけます。 (代引き手数料無料) <商品発送> 商品発送 80%の商品は3日以内に発送しています。 宅配業者 ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便 サイズ交換・商品返品 万一、不良品やサイズが合わない場合はすぐに交換 いたします。 (使用済み商品にも対応いたします。 ) 商品返品時の送料は、お客様ご負担でお願いいたします。 072-811-5170 Fax:. 072-811-5175 担当:角野(かどの)俊三 メール.

次の

ぎっくり腰(急性腰痛)の正しい対処法!

ぎっくり腰 対処 法

日本人の4人に1人が悩まされている腰痛、実は安静にするのはあまり良くないということが、最近の研究で分かってきた。 BS日テレ「深層ニュース」では、東大医学部附属病院特任教授の松平浩さんに、「動かして治す」腰痛改善と治療の新常識について聞いた。 (構成 読売新聞専門委員・松井正) 「安静にしない」が共通認識 世界の多くの国の診療ガイドラインには、ぎっくり腰を代表とする腰痛が起こった場合は3日以上の安静は良くなく、痛みの範囲内で動いた方が良いとされています。 様々な研究結果から、3日以上安静にした人の方が、ふだん通り動いた人よりも、その後の経過が悪いことが分かってきたのです。 腰痛への認識は、以前と大きく変わってきています。 腰痛の慢性化率は高いですが、信頼できる研究によると、腰痛でクリニックにかかった人の3分の2には、1年後も腰痛があるとされています。 今回、街頭でどのような対処をしているか聞いてみたところ、「安静にする」「コルセットや湿布、痛み止め薬を使う」「整体院やマッサージ店に行く」など様々でしたが、一番多かったのが「ストレッチをする」でした。 図4 BS日テレ「深層NEWS」より ぎっくり腰は西洋では「魔女の一撃」と言い、原因を示す正式な医学用語ではありませんが、悪い病気がない急性の腰痛のことを、日本ではぎっくり腰と呼ぶことが多いのです。 これに対し、世界標準として図4の重篤な赤い色の部分、「赤信号の腰痛」と呼ばれますが、医師が「治療した方がいい」と想定される腰痛を指します。 神経症状を出す原因の代表格が脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)と椎間板ヘルニアです。 約85%の「心配のない腰痛」の中に、なんとなく長引いてしまう、世界的には「黄信号の腰痛」があります。 つまり青信号の腰痛は防げるし、コントロールできるのですが、悪い病気がないのに重症化してしまう「黄信号の腰痛」が意外と多く、その原因はストレスや腰痛に対する不安・恐怖といった心理社会的因子だということが、世界的に認められています。 慢性腰痛の原因は脳? 腰痛に脳が関わっているというのは、例えばぎっくり腰になった時、「どうなってしまうのか?」「いつ治るのか?」と不安や恐怖が強まると、脳のある部分が過剰に興奮して機能を変えてしまいます。 人間はよくできていて、痛みが起こると体の中で痛みを抑える物質が出ますが、それが出にくくなってしまう。 図5 BS日テレ「深層NEWS」より 医師は患者さんに無駄な心配を与えないことが、腰痛の初期治療として最も重要です。 交通事故でのむち打ちもそうですが、初期段階の不安や恐怖が強まると、何年にもわたり痛みや障害を抱えることにつながります。 そこを慢性化させないよう、初期に骨折や細菌感染、がんの転移といった重篤な原因がないと分かれば、自分は心配のいらない青信号だと思って、なるべく体を今まで通り動かす方が、経過が良いのです。 世界的にその効果が認められており、日本ではまだ導入が遅れていますが、厚生労働省の研究班などで取り組まれています。 生活習慣を含めて予防が重要です。 病院に行く回数が減れば、医療費全体の抑制にもつながります。 青信号の腰痛はそれほど医療費をかけないで、自分でコントロールできると思います。 それが世界の主流な考え方です。 私たちが2011年に全国6万人を対象に調査しところ、20歳代から70歳代までの人の4人に1人が、社会活動を腰痛で休んだことがありました。 腰痛は仕事を休む原因としても、日本でトップなのです。 さらに、近年休まなくても仕事場で腰痛を抱えると、パフォーマンスが落ちてしまう「プレゼンティズム」と呼ばれる労働的な損失が問題視されています。 企業の健康経営に影響する医療経済的な問題もあるわけです。

次の