ブラウン エキスパート。 ブラウン 自宅光美容器 シルクエキスパートの口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー

ブラウン脱毛器シルクエキスパートBD

ブラウン エキスパート

ケノンやトリアに比べ脱毛効果が弱い• ランニングコストが高い• 性能の割に本体価格が若干高い シルクエキスパートは、お肌への負担を減らしたり、安全に照射出来たりするための 照射システムがあり、安心して脱毛出来るメリットがあります。 デメリットとしては、やはりケノンやトリアと比べると脱毛効果が弱く、 綺麗にムダ毛を脱毛しきれないという印象があります。 また、カートリッジを交換するのではなく新品を買い替えなければいけないので、 ランニングコストが高く、性能を考えると本体価格は若干高い気がします。 印象としては同じくらいの価格でもっと性能が良い家庭用脱毛器はあるという感じです。 しかし、決して悪い商品でなく並みの効果はあります。 シルクエキスパートの使い方や機能 シルクエキスパートはどのような商品かイメージしてもらうために 使い方や機能を実際の画像を交えて紹介していきます。 シルクエキスパートの使い方 本体、コンセント、アダプター、カミソリなど脱毛する上で必要な物は大体揃っています。 患部を冷やすアイスノンは入っていませんが、それは別途購入すれば良いですし、 タオルを冷やして使うのも良いかもしれません。 シルクエキスパートは500mlのペットボトルより若干小さく重量は325gです。 決して重くはありませんが、かといって特別軽くもありません。 また、残りの残量や出力レベルなどを表す液晶画面が付いていなく、 シンプルなハンディタイプです。 シルクエキスパートは本体にアダプターを付けコンセントにさして使うタイプです。 ただ、コンセントをさせばファンの音が若干うるさく感じるかも知れません。 次に照射モードの設定です。 シルクエキスパートは出力レベルを調整するのではなく、 以下の3つのモードに設定します。 基本フラッシュモードと連続フラッシュモードを試しても 大きな違いはあまり感じませんでした。 照射モードを理解したら後は簡単で、 お肌にシルクエキスパートを付けて選んだ照射タイプに合わせて照射ボタンを押すだけです。 シルクエキスパートに限らず全ての家庭用脱毛器に言える事ですが、 基本使い方は簡単です。 フラッシュ自動調整システムを搭載 シルクエキスパートは出力レベルを手動で調整するのでなく、 10段階あるレベルをお肌の状態に合わせて自動で調整するフラッシュ自動調整システムを搭載しております。 こちらでフラッシュ自動調整システムの出力をチェック出来ます。 肌色が濃ければ少ないメモリーで出力が弱まり、 肌色が薄ければ光が右側まで伸びていき出力が高まります。 肌色が不適合だと判断されればこのように赤いランプが付き、照射できないようになります。 ただ、この現象は頻繁に起こり、もしかしたらコツとかあるのかも知れませんが、 赤くなってもすぐに上記の画像のような青いランプになるので大した気にはなりませんでした。 照射面積 シルクエキスパートの照射面積は6㎡で特別広くもなく狭くもありません。 照射面積が狭いと、照射回数が必要になりその分脱毛期間もかかります。 そして、何より照射回数が増える事でカートリッジの消費が激しくなり、 何度もカートリッジを買い替えなければいけなくなります。 その点シルクエキスパートくらいの照射面積があれば、 全身脱毛するのに必要な最低限の広さはあります。 管理人の感覚として、全身脱毛するなら6㎡は欲しいとこです。 シルクエキスパートは本体買い替え シルクシルクエキスパートは、通常のフラッシュ脱毛器のようにカートリッジを交換するのではなく、 本体を買え変えなければいけません。 そのため、ワンショットコストが高く、 全身脱毛したかったり、長期期間使いたかったりする人には ランニングコストが若干高く付いてしまいます。 シルクエキスパートは最大30万発照射出来、 ワンショットコストが約0. 11円~と決して安くはありません。 (本体がオープン価格なため1ショットコストは変動する) (管理人が購入した旧モデルは最大12万発) 効果が高ければ少ないショット数でも何とかカーバー出来ますが、 効果を弱いとランニングコストが高いと綺麗に脱毛するにはコストが高くなります。 シルクエキスパートの脱毛効果は後程紹介します。 照射可能部位 ここに照射できる部位が書かれており、ほぼ全身脱毛できますが、 全て出来るわけではありません。 「女性は頬骨より下の部位」「男性は肩から下の部位」です。 残念ながら I・Oラインや顔の照射はできません。 あくまでも自己責任ではありますが、I・Oラインの照射できても、 顔、特に男性のヒゲの脱毛は難しいと思います。 これは安全性という事よりも、シルクエキスパートの出力ではヒゲの脱毛は難しいです。 ヒゲの脱毛をするためにはかなりのパワーが必要になり、 最低でもケノンやトリアクラスのパワーが要求されます。 また、 Vラインの照射できますが、綺麗にするのは難しいような気もします。 シルクエキスパートを使う場合は、ワキ、脚、腕の主要部分に照射するのが良いとでしょう。 照射可能な毛質と肌質 照射できる肌質と毛質の一覧表です。 基本的にお肌が黒ければ照射できなくなり、 毛が薄ければ照射しても効果は見込めません。 ここはそれほど神経質になることはなく、日焼けをした肌で照射してはいけないと覚えておけば良いです。 お肌が自黒の方はとりあえず照射してみて痛みが強いようでしたら、脱毛するのを止めて下さい。 最悪は火傷になり、それがシミになる可能性もあります。 ただ、シルクエキスパートは肌質に合わせて自動照射してくれますから、 そうした肌トラブルになることはないと思います。 因みに毛が薄い場合、照射しても肌トラブルになることはありませんが効果はありません。 もちろん白髪も同様です。 シルクエキスパートの痛みについて シルクエキスパートは痛みがない脱毛器だと思います。 「やわらかフラッシュモード」は痛みは何も感じなく、 「連続フラッシュモード」と「基本フラッシュモード」は 若干熱さとチクッとした感じはありますが、 敏感肌の人でも特に問題ないはずです。 ただ、色素が濃かったり、毛が密集しているVラインやワキなどは若干痛く感じる可能性はあります。 それでも、このくらいで痛いというのなら 脱毛自体できないレベルなので特に心配する必要はないでしょう。 1年間保証サービス 購入して1年以内なら故障しても無償で修理・交換してくれるサービスです。 ただ、紛失や明らかに濃いな壊れ方は保証対象外になる可能性がありますので、 ご注意して下さい。 普通に使っていればよっぽどの事がない限り故障はないと思います。 シルクエキスパートの脱毛効果は? 21種類以上もの家庭用脱毛器を使ってきましたが、 シルクエキスパートはもの凄く脱毛効果が高いとは感じません。 ケノンやトリアのようにしっかり脱毛すれば、 あまりムダ毛が生えてこなくなるようになるのは難しいのではないでしょうか。 ただ、低価格の家庭用脱毛器よりは出力が高く、 使い続けていれば十分に綺麗になります。 もし途中で止めてしまえば元のムダ毛の状態に戻る可能性が高く、 とにかく使い続ける事です。 もちろんその場合ランニングコストが高く付くリスクも考慮して検討して下さい。 男性の顔やヒゲの脱毛は出来るの? 上記で男性が照射できる部位は「男性は肩から下の部位」と お話したように 顔やヒゲの脱毛はシルクエキスパートでは推奨しておりません。 ただ、自己責任ではありますが、サングラスで目を保護して照射すれば脱毛出来ない事もない気がします。 シルクエキスパートが顔やヒゲの脱毛を推奨しないのは万が一の安全性を考慮してだと思います。 基本的に体の照射は出来て、顔の照射はできないという事はありません。 しかし、例え照射してもシルクエキスパートの出力ではパワー不足でヒゲの脱毛はしきれません。 顔、特にヒゲを綺麗に脱毛するなら、クリニックの医療レーザー脱毛をするしかないと思います。 もちろん、エステサロンでも難しいです。 それなりに綺麗になるくらいなら、ケノンや脱毛サロンでも可能ですが、 ヒゲ脱毛は永久脱毛を目指す人が多く、その場合クリニックにいくしかありません。 シルクエキスパートシリーズの比較 実はブラウンエキスパートには様々な種類があります。 どれを購入して良いのか迷う人もいるかも知れませんので、 ここで紹介していきます。 PL5 PL3 BD5 (当編集部が使っているモデル) BD3 効果 高め 弱め 高め 弱め 自動調節システムのレベル 10段階 3段階 10段階 3段階 照射モード 3 2 3 2 ショット数 40万 30万 30万 25万 お手入れ時間 (両脇) 5分 9分 16分 14分 お手入れ時間 (両脇) 5分 9分 16分 14分 オープン価格 52,880~82,280円 30,430~60,280円 34,289~44,980円 24,655~60,280円 最も性能の高いのがPL5なのでこのタイプを購入すれば間違いはありません。 ただ、PL5は価格が高く、 あまり予算がない人は当編集部が使っていたBD5タイプでも十分です。 PL5に比べ性能は少し落ちますが、脱毛効果は変わらないため 十分に脱毛していけます。 他の2つのPL3とBD3の3シリーズは、 使いやすさを求めたシルクエキスパートです。 若干5シリーズより脱毛効果は衰えまずが、 回数を重ねる事で十分に綺麗に脱毛出来ます。 基本どのタイプのシルクエキスパートでも良いので、 予算と相談しながら決めて下さい。 シルクエキスパートはオープン価格で、 価格の変動が激しいのですが、 個人的にはその時最も安いタイプのシルクエキスパートで良いと感じています。 因みに「PL5137」とか「PL3111」とか「BD3005」のように下三桁に型番が付いています。 これは発売時期に合わせて付けられています。 下三桁の数字が大きい方が新しく販売されたシルクエキスパートという事です。 基本的に新しい方が 細かい改良をしている可能性があるため 数字の大きい物を購入すれば良いです。 今はもうほとんど販売されていないと思いますが、 シルクエキスパート初期の物は、 12万発しか照射出来ませんでした。 新品の物は問題なくても Amazonで販売されている中古のシルクエキスパートは 初期のモデルの可能性もありますから しっかりと性能を見極めて購入して下さい。 ケノンとシルクエキスパートの比較 ケノンはの中で最も有名で性能が高く、様々な脱毛器と比較されます。 シルクエキスパートも同様で、ケノンと比べてどうなのか気になる人も多いようです。 そこで、実際に両方の脱毛器を使った管理人が客観的な性能を比較してみようと思います。 どちらを購入するか迷っている人は是非参考にして下さい。 商品名 商品画像 種類 フラッシュ フラッシュ 価 格 69,800円 34,289円~44,980円 (オープン価格) 照射範囲 9. 25m 6. 0m カートリッジ価格 9,800円 本体買い替え ショット数 3,000,000発 300,000発(BD) 1ショット コスト 0. 0098円 約0. 11円~ 脱毛部位 全身 I・Oライン・顔以外 脱毛力 高い 普通 美顔器 あり なし 詳細 上記の表で各性能を比較してみると、ケノンの方が全項目性能が高い事がわかります。 特に脱毛効果に関して言えば、ケノンはサロンと同等の効果があるのに対して、 シルクエキスパートはケノンと比べると若干効果は落ちます。 実際にケノンでしっかりと脱毛するとほぼ毛が生えなくなりますが、 シルクエキスパートなら脱毛を止めればそれなりに毛が生えてくる可能性はあります。 また、本体価格はケノンの方が高いですが、ケノンはランニングコストが安く、 シルクエキスパートは1ショットコストが高い上カートリッジがなくて 本体を買い替えなければいけないのでランニングコストが高くなります。 家庭用脱毛器は長く使うものですから、1ショットコストが高いとトータル的に価格は高くなります。 シルクエキスパートも高性能の良い脱毛器ではありますが、客観的に見てケノンの方が性能は高いでしょう。 ケノンがシルクエキスパートや他の家庭用脱毛器との違いは、自宅でサロンと同等の全身脱毛出来る事です。 一般的な家庭用脱毛器は、脱毛を止めれば元のムダ毛の状態に戻ったり、全身脱毛するにしても照射できない部位があったりします。 ケノンはサロンと同等の脱毛が出来、しかも脱毛期間はサロンの半分くらいの期間で終わらせる事が出来ます。 本格的な脱毛を自宅でしないなら今のところケノンだけです。 価格 電気 種類 音 69,800円 コンセント式 フラッシュ 静か 用途 レベル 照射面積 連射機能 全身向き 10段階 9. 25m 6連射 痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象 少ない 0. 0098円 あり 子供~大人 保証期間 お支払い 3年間 最大24回分割.

次の

ブラウン(Braun)公式ストア 楽天市場店|ブラウン光美容器 シルク・エキスパート

ブラウン エキスパート

ケノンやトリアに比べ脱毛効果が弱い• ランニングコストが高い• 性能の割に本体価格が若干高い シルクエキスパートは、お肌への負担を減らしたり、安全に照射出来たりするための 照射システムがあり、安心して脱毛出来るメリットがあります。 デメリットとしては、やはりケノンやトリアと比べると脱毛効果が弱く、 綺麗にムダ毛を脱毛しきれないという印象があります。 また、カートリッジを交換するのではなく新品を買い替えなければいけないので、 ランニングコストが高く、性能を考えると本体価格は若干高い気がします。 印象としては同じくらいの価格でもっと性能が良い家庭用脱毛器はあるという感じです。 しかし、決して悪い商品でなく並みの効果はあります。 シルクエキスパートの使い方や機能 シルクエキスパートはどのような商品かイメージしてもらうために 使い方や機能を実際の画像を交えて紹介していきます。 シルクエキスパートの使い方 本体、コンセント、アダプター、カミソリなど脱毛する上で必要な物は大体揃っています。 患部を冷やすアイスノンは入っていませんが、それは別途購入すれば良いですし、 タオルを冷やして使うのも良いかもしれません。 シルクエキスパートは500mlのペットボトルより若干小さく重量は325gです。 決して重くはありませんが、かといって特別軽くもありません。 また、残りの残量や出力レベルなどを表す液晶画面が付いていなく、 シンプルなハンディタイプです。 シルクエキスパートは本体にアダプターを付けコンセントにさして使うタイプです。 ただ、コンセントをさせばファンの音が若干うるさく感じるかも知れません。 次に照射モードの設定です。 シルクエキスパートは出力レベルを調整するのではなく、 以下の3つのモードに設定します。 基本フラッシュモードと連続フラッシュモードを試しても 大きな違いはあまり感じませんでした。 照射モードを理解したら後は簡単で、 お肌にシルクエキスパートを付けて選んだ照射タイプに合わせて照射ボタンを押すだけです。 シルクエキスパートに限らず全ての家庭用脱毛器に言える事ですが、 基本使い方は簡単です。 フラッシュ自動調整システムを搭載 シルクエキスパートは出力レベルを手動で調整するのでなく、 10段階あるレベルをお肌の状態に合わせて自動で調整するフラッシュ自動調整システムを搭載しております。 こちらでフラッシュ自動調整システムの出力をチェック出来ます。 肌色が濃ければ少ないメモリーで出力が弱まり、 肌色が薄ければ光が右側まで伸びていき出力が高まります。 肌色が不適合だと判断されればこのように赤いランプが付き、照射できないようになります。 ただ、この現象は頻繁に起こり、もしかしたらコツとかあるのかも知れませんが、 赤くなってもすぐに上記の画像のような青いランプになるので大した気にはなりませんでした。 照射面積 シルクエキスパートの照射面積は6㎡で特別広くもなく狭くもありません。 照射面積が狭いと、照射回数が必要になりその分脱毛期間もかかります。 そして、何より照射回数が増える事でカートリッジの消費が激しくなり、 何度もカートリッジを買い替えなければいけなくなります。 その点シルクエキスパートくらいの照射面積があれば、 全身脱毛するのに必要な最低限の広さはあります。 管理人の感覚として、全身脱毛するなら6㎡は欲しいとこです。 シルクエキスパートは本体買い替え シルクシルクエキスパートは、通常のフラッシュ脱毛器のようにカートリッジを交換するのではなく、 本体を買え変えなければいけません。 そのため、ワンショットコストが高く、 全身脱毛したかったり、長期期間使いたかったりする人には ランニングコストが若干高く付いてしまいます。 シルクエキスパートは最大30万発照射出来、 ワンショットコストが約0. 11円~と決して安くはありません。 (本体がオープン価格なため1ショットコストは変動する) (管理人が購入した旧モデルは最大12万発) 効果が高ければ少ないショット数でも何とかカーバー出来ますが、 効果を弱いとランニングコストが高いと綺麗に脱毛するにはコストが高くなります。 シルクエキスパートの脱毛効果は後程紹介します。 照射可能部位 ここに照射できる部位が書かれており、ほぼ全身脱毛できますが、 全て出来るわけではありません。 「女性は頬骨より下の部位」「男性は肩から下の部位」です。 残念ながら I・Oラインや顔の照射はできません。 あくまでも自己責任ではありますが、I・Oラインの照射できても、 顔、特に男性のヒゲの脱毛は難しいと思います。 これは安全性という事よりも、シルクエキスパートの出力ではヒゲの脱毛は難しいです。 ヒゲの脱毛をするためにはかなりのパワーが必要になり、 最低でもケノンやトリアクラスのパワーが要求されます。 また、 Vラインの照射できますが、綺麗にするのは難しいような気もします。 シルクエキスパートを使う場合は、ワキ、脚、腕の主要部分に照射するのが良いとでしょう。 照射可能な毛質と肌質 照射できる肌質と毛質の一覧表です。 基本的にお肌が黒ければ照射できなくなり、 毛が薄ければ照射しても効果は見込めません。 ここはそれほど神経質になることはなく、日焼けをした肌で照射してはいけないと覚えておけば良いです。 お肌が自黒の方はとりあえず照射してみて痛みが強いようでしたら、脱毛するのを止めて下さい。 最悪は火傷になり、それがシミになる可能性もあります。 ただ、シルクエキスパートは肌質に合わせて自動照射してくれますから、 そうした肌トラブルになることはないと思います。 因みに毛が薄い場合、照射しても肌トラブルになることはありませんが効果はありません。 もちろん白髪も同様です。 シルクエキスパートの痛みについて シルクエキスパートは痛みがない脱毛器だと思います。 「やわらかフラッシュモード」は痛みは何も感じなく、 「連続フラッシュモード」と「基本フラッシュモード」は 若干熱さとチクッとした感じはありますが、 敏感肌の人でも特に問題ないはずです。 ただ、色素が濃かったり、毛が密集しているVラインやワキなどは若干痛く感じる可能性はあります。 それでも、このくらいで痛いというのなら 脱毛自体できないレベルなので特に心配する必要はないでしょう。 1年間保証サービス 購入して1年以内なら故障しても無償で修理・交換してくれるサービスです。 ただ、紛失や明らかに濃いな壊れ方は保証対象外になる可能性がありますので、 ご注意して下さい。 普通に使っていればよっぽどの事がない限り故障はないと思います。 シルクエキスパートの脱毛効果は? 21種類以上もの家庭用脱毛器を使ってきましたが、 シルクエキスパートはもの凄く脱毛効果が高いとは感じません。 ケノンやトリアのようにしっかり脱毛すれば、 あまりムダ毛が生えてこなくなるようになるのは難しいのではないでしょうか。 ただ、低価格の家庭用脱毛器よりは出力が高く、 使い続けていれば十分に綺麗になります。 もし途中で止めてしまえば元のムダ毛の状態に戻る可能性が高く、 とにかく使い続ける事です。 もちろんその場合ランニングコストが高く付くリスクも考慮して検討して下さい。 男性の顔やヒゲの脱毛は出来るの? 上記で男性が照射できる部位は「男性は肩から下の部位」と お話したように 顔やヒゲの脱毛はシルクエキスパートでは推奨しておりません。 ただ、自己責任ではありますが、サングラスで目を保護して照射すれば脱毛出来ない事もない気がします。 シルクエキスパートが顔やヒゲの脱毛を推奨しないのは万が一の安全性を考慮してだと思います。 基本的に体の照射は出来て、顔の照射はできないという事はありません。 しかし、例え照射してもシルクエキスパートの出力ではパワー不足でヒゲの脱毛はしきれません。 顔、特にヒゲを綺麗に脱毛するなら、クリニックの医療レーザー脱毛をするしかないと思います。 もちろん、エステサロンでも難しいです。 それなりに綺麗になるくらいなら、ケノンや脱毛サロンでも可能ですが、 ヒゲ脱毛は永久脱毛を目指す人が多く、その場合クリニックにいくしかありません。 シルクエキスパートシリーズの比較 実はブラウンエキスパートには様々な種類があります。 どれを購入して良いのか迷う人もいるかも知れませんので、 ここで紹介していきます。 PL5 PL3 BD5 (当編集部が使っているモデル) BD3 効果 高め 弱め 高め 弱め 自動調節システムのレベル 10段階 3段階 10段階 3段階 照射モード 3 2 3 2 ショット数 40万 30万 30万 25万 お手入れ時間 (両脇) 5分 9分 16分 14分 お手入れ時間 (両脇) 5分 9分 16分 14分 オープン価格 52,880~82,280円 30,430~60,280円 34,289~44,980円 24,655~60,280円 最も性能の高いのがPL5なのでこのタイプを購入すれば間違いはありません。 ただ、PL5は価格が高く、 あまり予算がない人は当編集部が使っていたBD5タイプでも十分です。 PL5に比べ性能は少し落ちますが、脱毛効果は変わらないため 十分に脱毛していけます。 他の2つのPL3とBD3の3シリーズは、 使いやすさを求めたシルクエキスパートです。 若干5シリーズより脱毛効果は衰えまずが、 回数を重ねる事で十分に綺麗に脱毛出来ます。 基本どのタイプのシルクエキスパートでも良いので、 予算と相談しながら決めて下さい。 シルクエキスパートはオープン価格で、 価格の変動が激しいのですが、 個人的にはその時最も安いタイプのシルクエキスパートで良いと感じています。 因みに「PL5137」とか「PL3111」とか「BD3005」のように下三桁に型番が付いています。 これは発売時期に合わせて付けられています。 下三桁の数字が大きい方が新しく販売されたシルクエキスパートという事です。 基本的に新しい方が 細かい改良をしている可能性があるため 数字の大きい物を購入すれば良いです。 今はもうほとんど販売されていないと思いますが、 シルクエキスパート初期の物は、 12万発しか照射出来ませんでした。 新品の物は問題なくても Amazonで販売されている中古のシルクエキスパートは 初期のモデルの可能性もありますから しっかりと性能を見極めて購入して下さい。 ケノンとシルクエキスパートの比較 ケノンはの中で最も有名で性能が高く、様々な脱毛器と比較されます。 シルクエキスパートも同様で、ケノンと比べてどうなのか気になる人も多いようです。 そこで、実際に両方の脱毛器を使った管理人が客観的な性能を比較してみようと思います。 どちらを購入するか迷っている人は是非参考にして下さい。 商品名 商品画像 種類 フラッシュ フラッシュ 価 格 69,800円 34,289円~44,980円 (オープン価格) 照射範囲 9. 25m 6. 0m カートリッジ価格 9,800円 本体買い替え ショット数 3,000,000発 300,000発(BD) 1ショット コスト 0. 0098円 約0. 11円~ 脱毛部位 全身 I・Oライン・顔以外 脱毛力 高い 普通 美顔器 あり なし 詳細 上記の表で各性能を比較してみると、ケノンの方が全項目性能が高い事がわかります。 特に脱毛効果に関して言えば、ケノンはサロンと同等の効果があるのに対して、 シルクエキスパートはケノンと比べると若干効果は落ちます。 実際にケノンでしっかりと脱毛するとほぼ毛が生えなくなりますが、 シルクエキスパートなら脱毛を止めればそれなりに毛が生えてくる可能性はあります。 また、本体価格はケノンの方が高いですが、ケノンはランニングコストが安く、 シルクエキスパートは1ショットコストが高い上カートリッジがなくて 本体を買い替えなければいけないのでランニングコストが高くなります。 家庭用脱毛器は長く使うものですから、1ショットコストが高いとトータル的に価格は高くなります。 シルクエキスパートも高性能の良い脱毛器ではありますが、客観的に見てケノンの方が性能は高いでしょう。 ケノンがシルクエキスパートや他の家庭用脱毛器との違いは、自宅でサロンと同等の全身脱毛出来る事です。 一般的な家庭用脱毛器は、脱毛を止めれば元のムダ毛の状態に戻ったり、全身脱毛するにしても照射できない部位があったりします。 ケノンはサロンと同等の脱毛が出来、しかも脱毛期間はサロンの半分くらいの期間で終わらせる事が出来ます。 本格的な脱毛を自宅でしないなら今のところケノンだけです。 価格 電気 種類 音 69,800円 コンセント式 フラッシュ 静か 用途 レベル 照射面積 連射機能 全身向き 10段階 9. 25m 6連射 痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象 少ない 0. 0098円 あり 子供~大人 保証期間 お支払い 3年間 最大24回分割.

次の

【男の髭】ブラウンのシルクエキスパートVSケノン・男性のヒゲならどれ?

ブラウン エキスパート

BDシリーズ6種類・・・ BD5001、BD5002、BD5003、BD5004、BD5006、BD5007• Proシリーズ4種類・・・ Pro5 PL5117、Pro5 PL5124、Pro5 PL5137、Pro3 PL3111 BDシリーズとProシリーズは一体何が違うのでしょうか? BDシリーズとProシリーズの違いは、一言で言えば旧モデルか 新モデルの違いです。 BDシリーズは旧モデルで2016年から2018年にかけて発売されました。 新モデルのProシリーズは2019年に発売されたものです。 BDシリーズは6種類あるが何が違うのか? では旧モデルのBDシリーズ6種類の違いは一体何なのでしょうか? (BDシリーズ:BD5001、BD5002、BD5003、BD5004、BD5006、BD5007) 違いを一言で言うと、 照射回数が BD5001 のみ 12 万回、それ以降は 30 万回です。 また 付 属品にポーチがやカミソリがついたりつかなかったりするのが主な違いと言えます。 機能面と付属品の違いをまとめました。 「コンパクトヘッド」ブラウンシルクエキスパート公式ホームページより 旧モデルにはこのコンパクトヘッドがついていないので、これが欲しいか欲しくないかで旧モデルを買うか新モデルを買うかの判断基準になりそうです。 顔の脱毛をしたい方などは、細かい部分まで使えるコンパクトヘッドがある新モデルを買うのがおすすめです。 新モデルのプレミアムシリーズとスタンダードシリーズの違いは? 新モデルのProシリーズには プレミアムシリーズが3種類( Pro5 PL5117、Pro5 PL5124、Pro5 PL5137)と スタンダードシリーズが1種類( Pro3 PL3111)ありあます。 この違いは何でしょうか? 違いは 照射回数が プレミアムモデルは40万回なのに対して スタンダードモデルは30万回 です。 また プレミアムモデルは照射レベルを10段階調節できますが スタンダードモデルは3段階です。 また連続フラッシュモードを使いお手入れの時間を短縮することで プ レミアムモデルの方が早く効果を実感できるように設計されています。 他の細かな違いは ポーチの種類が違うことです。 夏まで時間もあるし、そんなに脱毛を急がないという方にはスタンダードモデルで十分かもしれません。 ブラウン公式90日間全額保証キャンペーンの概要• 2020年2月1日(土)~ 2020年9月30日(水)まで• 応募締切: ご購入日の翌日から90日以内の消印有効• 最終応募締切: 2020年12月29日(火)• 返金対象モデル: PL-5137/PL-5117/PL-5124/PL-5014/PL-3111 返金対象ショップの商品一例 上の写真は最新プレミアムモデルのPL-5014です。 こちらは アマゾン限定モデルで、コンパクト部分用アタッチメントはついていませんが、顔や指など細かい部分にも使える仕様になっています。

次の