無一郎 霞の呼吸。 霞柱「時透無一郎」とは?魅力や強さについて紹介|兄である有一郎との過去

鬼滅の刃霞の呼吸一覧!七の型の朧など時透無一郎が使う全型まとめ!|鬼滅の刃.info

無一郎 霞の呼吸

時透無一郎の「霞の呼吸」は「風の呼吸」の派生 今回ご紹介する「霞の呼吸」は、 霞柱「時透無一郎(ときとう むいちろう)」の扱う呼吸法です。 【時透無一郎のプロフィール】 本名 時透無一郎(ときとう むいちろう) 階級 柱 日輪刀の色 白 年齢 14歳 身長 160cm 体重 56kg 出身地 景信山 趣味 紙切り、折り紙 好きな食べ物 ふろふき大根 声優 河西健吾 霞の呼吸は、鬼殺隊が用いる 「全集中の呼吸」の五大流派の一つ、「風の呼吸」から派生した呼吸であり、嘴平伊之助(はしびら いのすけ)の扱う「獣の呼吸」とは、同じ「風の呼吸」から生まれた兄弟のような関係です。 ヒノカミ神楽って13あるんですよね 偶然か否か今ある呼吸の派生は13個 炭治郎は12しか知らない、前回の回想で縁壱が自分の型 日の呼吸の型 が完成したと言っていた もしかしたらヒノカミ神楽の13個の型って当時あった呼吸法を全て取り入れて作られたものなのか 技もそれぞれの呼吸に似てる部分があるし — 鬼滅のマスター・ムギチョコ 兄貴フレンズ ruti0522 2020年2月時点、「鬼滅の刃」の作中に登場した「霞の呼吸」の型は7つ。 【霞の呼吸まとめ】 壱ノ型 垂天遠霞(すいてんとおがすみ) 弐ノ型 八重霞(やえかすみ) 参ノ型 霞散の飛沫(かさんのしぶき) 肆ノ型 移流斬り(いりゅうぎり) 伍ノ型 霞雲の海(かうんのうみ) 陸ノ型 月の霞消(つきのかしょう) 漆ノ型 朧(おぼろ) そろぞれの型の特徴について、詳しくご紹介していきます。 霞の呼吸 壱ノ型「垂天遠霞(すいてんとおがすみ)」 霞の呼吸壱の型 垂天遠霞! むいの技で特に好き — ワタロク 低浮上 WataRoku 【霞の呼吸 壱の型】 技名 垂天遠霞 読み すいてんとおがすみ 初登場 第117話 「霞の呼吸」壱ノ型『垂天遠霞(すいてんとおがすみ)』は、 前方に「突き」を放つ攻撃。 「鬼滅の刃」第117話にて、十二鬼月・上弦ノ伍「玉壺(ぎょっこ)」の、水の中に閉じ込める血気術「水獄鉢(すいごくばち)」に囚われた時透無一郎が、水獄鉢を破ろうと放ちました。 「垂天遠霞」は、 霞の呼吸の型のなかで初めて披露されたものでした。 水中だったためにうまく呼吸が使えず、前の戦いで日輪刀が刃こぼれしていたため、水獄鉢を破ることはできませんでしたが、それでも「霞の呼吸」の初登場は、非常にワクワクしました。 霞の呼吸 弐ノ型「八重霞(やえかすみ)」 霞の呼吸 弐の型 八重霞 — 秋書 hinloli 霞の呼吸 参ノ型「霞散の飛沫(かさんのしぶき)」 다른 주들 덕분에, 배운 게 많으니깐. 그중 칸로지 씨도 있고 말이야. 회복하기 전에, 계속 공격해야해. 회복할 시간을 주지말자. 안개의 호흡 제 3형, 하산의 물보라. 「鬼滅の刃」第117話にて、玉壺の血気術「一万滑空粘魚(いちまんかっくうねんぎょ)」に対して放たれました。 「霞散の飛沫」は、渦と同時に風も巻き起こし、血気術「一万滑空粘魚」によって生み出された猛毒を持つ魚「粘魚」を、体液もろとも吹き飛ばします。 風まで起こせる「霞散の飛沫」は、「霞の呼吸」の派生元「風の呼吸」の要素も持っている型といえるでしょう。 霞の呼吸 肆ノ型「移流斬り(いりゅうぎり)」 時透無一郎くんの霞の呼吸肆ノ型 移流斬りめっちゃ好き! — よよ SKmwoBBZhfasjKo 【霞の呼吸 肆ノ型】 技名 移流斬り 読み いりゅうぎり 初登場 第106話 「霞の呼吸」肆ノ型『移流斬り』は、 相手の足元に滑り込むよう突進し、斜め上に切り上げる攻撃。 「鬼滅の刃」第106話にて、上弦の肆「半天狗(はんてんぐ)」の奇襲にあったときに放った技です。 惜しくも「移流斬り」は外れてしまいましたが、初めて「霞の呼吸」の型を見た竈門炭次郎は、その攻撃の速さに圧倒されていました。 「移流霧」と呼ばれる同音の気象現象があり、「移流斬り」の名前はそこから取ってつけられたのでしょう。 霞の呼吸 伍ノ型「霞雲の海(かうんのうみ)」 인상을 구겼다. 역겨운 오니주제에, 내 형을 함부로 입에 올리지마. 이젠 상관없어, 네게 나는 상대가 안 되겠지만. 지금은. 아무 생각이 없어. 안개의 호흡 제 5형, 하운의 바다. 「鬼滅の刃」第119話にて、玉壺の血気術「蛸壺地獄」に対して放たれました。 「蛸壺地獄」によって生み出された大量のタコ足は、「霞雲の海」により細かくみじん切りにされ、玉壺は時透無一郎に首を落とされる寸前まで追い込まれます。 高速で攻撃を放つ「霞雲の海」は、 攻撃はもちろん、相手の攻撃を交わす、いなす際にも重宝しそうです。 霞の呼吸 陸ノ型「月の霞消(つきのかしょう)」 霞の呼吸 陸の方 月の霞消 — 鬼滅の刃名言&技紹介bot Kimetubot 【霞の呼吸 陸の型】 技名 月の霞消 読み つきのかしょう 初登場 第120話 「霞の呼吸」陸の型『月の霞消』は、 体をひねらせてジャンプし、上空から広範囲を切りつける攻撃。 「鬼滅の刃」第120話にて、玉壺の「一万滑空粘魚」に対して放たれました。 時透無一郎は、1万の粘魚を「月の霞消」1つの型で殲滅。 その攻撃範囲と斬撃の速度に、的である玉壺も戦慄します。 ちなみに、時透無一郎は、元鬼殺隊だった鬼、上弦の壱「黒死牟」と同じ血筋であることが後に判明します。 「鬼滅の刃」第121話にて、玉壺が時透無一郎にトドメを刺そうと襲いかかったときに、放たれました。 時透無一郎を倒したと確信した玉壺でしたが、玉壺が攻撃したのは残像。 その後も、消えては現れる時透無一郎を攻撃し続けますが、すべて残像で、 さらに残像は消える度に霧となり、玉壺の視界を奪います。 そうして玉壺を錯乱した時透無一郎は、不意を突いて玉壺の首を切断!見事、討伐に成功するのです。 28 on Jan 26, 2020 at 4:03am PST 「鬼滅の刃」における「痣」というのは、特殊な条件下でのみ体に浮かび上がる、炎のような紋様のことです。 痣が発言した者は、攻撃力や回避能力、移動速度といった 身体能力が大幅にパワーアップ!柱ではない、ただの一般隊士だった竈門炭次郎も、痣の発現によって上弦の鬼と対等に渡り合うことができました。 質問です 無一郎くんの本当の痣の色は何色なの?? 最近の疑問なんだ —? にぼし? 圧倒的なパワーを発揮し、「柱3人分の戦闘力」と言われている上弦の鬼「玉壺」を、単身で撃破しました。 A post shared by muichist on Jan 24, 2020 at 7:29pm PST 時透無一郎の能力2. スポーツでいう「ゾーン」のようなものです。 「鬼滅の刃」第173にて、片手を切断されながらも上弦の壱「黒死牟」を倒そうと奮闘した際、時透無一郎は「透き通る世界」が視えるようになりました。 もろもろ理由があって,こっちで更新。 相手の動きが遅く視えるほか、血管や肺、筋肉の動きから次の攻撃を先読みできるようになり、 攻撃の回避やカウンターの成功率が格段に向上するのです。 時透無一郎の能力3. 赫刀による攻撃は、鬼に焼けつくような激痛を与え、体をこわばらせて動きを制限。 さらに攻撃された部分は回復が遅くなるなど、鬼に致命傷を与えることができるのです。 首を切られても死ななくなった黒死牟に対し、第ダメージを与えました。 霞の呼吸で十二鬼月も圧倒!時透無一郎の活躍から目が離せない.

次の

【鬼滅の刃】剣術「霞の呼吸」全型まとめ!時透無一郎だけの剣技【ネタバレ】【鬼滅の刃】

無一郎 霞の呼吸

誕生日:8月8日生まれ 年齢:14歳 身長体重:160㎝ 56㎏ 階級:霞柱(かすみばしら 風の呼吸からの派生で霞の呼吸が生まれたといいます。 使い手の無一郎も、まさに霞のごとく常にぼーっとしていることが多い印象。 誰がどうなっても特に気にならないが、しかし親方様の話を遮られることだけは許さない 笑。 ものごとを長く記憶に留めておくことができず、すぐに忘れてしまう。 感情は表に出ず無表情。 音柱・宇髄天元の話によると刀を持ってわずか2ヶ月で柱に上り詰めた天才剣士なのだとか。 努力はするが、無駄が嫌いなようで、作中でも小鉄から無理矢理からくりを出させ戦うなどしている。 炭治郎曰く「言っていることは正しいが配慮に欠けている」行動をしている。 ・・・。 ・・・。 これだけを見ると血も涙もない冷酷非道な人物に思えてきますが、実はこうなってしまった訳があるのです。 無一郎は両親と双子の兄の4人家族。 杣人(そまびと:木こりのこと)で生計を立てていました。 しかし母が風邪を拗らせ肺炎に、薬草を採りに行った父は崖から落ちて共に帰らぬ人に・・・。 兄の有一郎と2人で生活していると、夏のある晩、その夜はとても暑くて戸を開けたままにして寝ていました。 そこから鬼が入ってきたのです。 有一郎が先に傷つけられ鬼は騒ぐなと。 「いてもいなくても変わらないようなつまらねぇ命なんだから」 (コミックス14巻より引用) そこから先の記憶はほとんどありません。 頭に血が上り、言いようのない怒りがこみ上げてきて、気がついたら鬼は死にかけていました。 手には木を切る際に使う斧や金鎚が。 鬼の頭は大きな石で潰れ、体には木の杭が打ち付けられていました。 状況から見て無一郎がやったのでしょう。 その後お館様の妻であるあまね達に発見され、無一郎は一命を取り留めますが、有一郎は助からず・・・無一郎は天涯孤独となってしまいました。 怪我がひどく、頭に包帯も巻いています。 布団に寝ている無一郎に対し、お館様がこめかみを指しながらこう言いました。 「些細な事柄がはじまりとなり、君の頭の中の霞を鮮やかに晴らしてくれるよ」 と。 前の回想から事故等で怪我をし、なおかつ 記憶が失われていることが分かります。 まさか霞と霞柱をかけたなんてそんなそんな…え、ないですよね??(汗) 記憶がないということは無表情な無一郎は本当の彼の姿じゃないのでは…?? それでは怪我を負う前…過去の無一郎はどのような人物だったのでしょう? 無一郎のホントの気持ちは… 無一郎は「人のためにすることは巡り巡って自分のためになる」という父の教えを守る心優しい少年でした。 それに対し、兄の有一郎は口が悪く、死んだ父や母の悪口を言います。 あまりの言いように無一郎は泣きながらそんな言い方するなと怒りますが、有一郎は眉間に皺を寄せたまま「俺は事実しか言っていない」と言い放ちます。 本当に意地悪な兄・・・に見えますよね。 でも、死ぬ間際にはこう言っています。 「神様 仏様 どうか弟だけは助けてください。 弟は…俺と…違う…心の優しい子です。 」 (コミックス14巻より引用) 「悪いのは俺だけです。 バチを当てるなら俺だけに…」 (コミックス14巻より引用) 嫌われていたと思っていた無一郎はそこで本当の有一郎の思いに気づきます。 両親共に失い、子ども2人で生活をしなければならない。 頼れる大人もいない。 俺が、守らねば、と… ですが、有一郎だって同い年のまだまだ小さな子ども。 余裕があるわけがない。 あまねを追い返していたのも、もしかしたら怖い大人かもと思ったから。 周りに誰も寄せ付けなければ安全という自己防衛からでしょう。 剣士になろうと話題を振られた時はきっと恐ろしかったのでしょうね。 剣士になりもしそれで無一郎が死んだら? 誰もいなくなったら? 幼い心は必死で弟をつなぎ止めようとしていたのではないかと思います。 素直に気持ちを伝えられない不器用な弟思いの兄だったのです。 記憶がなくなったあと、無一郎の性格が変わってしまったのはなぜ? 読み進めていく上で私が思ったこと。 両親のことを忘れたくなかったから…? 最初は父と母。 これは元々の性格だったと言われればそれまでですが、心優しく楽観的で、人のためになることをしたいと思うようなそんな子でした。 その姿を見た兄の有一郎は「本当に母さんと父さんにそっくりだな」と言われます(まあ有一郎は激怒している場面ですが…) 兄のことを忘れたくなかったから…? 次に有一郎。 作中でも回想に入っている際、口の悪い無表情な兄を見て「今の僕に似ている」と話しています。 確かに表情をあまり表に出さないところ、人のためなんてどうでもいいなんてところも似ていますね。 兄っぽい性格でふるまっていた?真相 それではなぜ記憶をなくした後、兄のような性格になってしまったのでしょうか? これは私の推測にすぎないのですが・・・ 兄が目の前で死に、無一郎は精神的にも肉体的にも限界がきた結果、その小さな体では抱えきれない恐怖、不安、悲しみ、憎しみから心を壊さないために、記憶をなくしてしまったのではないかと思います。 でも、それでも。 体のどこかでは覚えていたい、忘れたくない、忘れちゃいけないと本能的に感じ取った為、無意識に兄と似た性格になったのではないかと思います。 鬼に飛ばされた無一郎はすぐさま敵地へ戻ろうと足を飛ばします。 その途中で小鉄が鬼に遭遇しているところを発見するが、冷静に分析そして彼よりも里を、長を守ることが優先と判断する。 そんなときに浮かんでくる炭治郎の言葉・・・ 「人のためにすることは 巡り巡って自分のために」 (コミックス12巻・14巻より引用) 今まで何に対しても無頓着でいた 彼が目を見開き、初めて表情の変化が見られたシーンでした。 そして自分の分析とは反し、小鉄を助ける選択をします。 しかしこれはただ単に炭治郎の言葉に心を打たれた、というだけではないのです。 実はこの言葉は無一郎にとって特別な言葉だったのです。 それは 無一郎の父が口癖としていた言葉でした。 ここから無一郎はどんどん記憶を思い出していくのです。 なぜ炭治郎がイメージとなって語りかけたのか? さらに、なぜピンチの時に炭治郎が頭をよぎるのか。 炭治郎本人から言われていない言葉も、無一郎の頭を巡る。 「思い出したよ。 僕の父は君と同じ赤い瞳の人だった」 (コミックス14巻より) つまり炭治郎の顔立ちそのものが無一郎の記憶を呼び覚ますきっかけになっていたのです。 でも日の呼吸の子孫である無一郎の父と炭治郎が似てる、なんて偶然ではないですよね?? ・・・ ともかく、記憶を取り戻した無一郎は覚醒しました。 顔に雲のような痣が浮き出て、今までにない位の力を発揮し、あっという間に十二鬼月である玉壺に見事打ち勝つのでした。 いつも空ばかり見ていたから雲の痣が浮き出てきたのかもしれませんね。 どこで知ったのか、無一郎達は始まりの呼吸と呼ばれる 日の呼吸を使う一族の末裔であったことが判明。 私のイメージだと霞は風+水のような気がしますが、まあ独自の性質変化ですよね。 日の呼吸は杏寿郎の父でさえも嫉妬した使い手なので、日の呼吸自体使える人はほんの一握りなのでしょう。 いくら末裔だからと言って日の呼吸自体を受け継いでいるわけではないようですね。 また無一郎の家庭では木を扱っている仕事に従事していた為、日から風に性質変化。 さらには記憶を失う、などなど・・・体の変化も+され鍛錬していく中で 自分だけの呼吸が発現した?とも考えられますね。 まさか炭治郎と同じように、 今後物語が進む中で日の呼吸発現…?!なんてこともありえなくないかもしれません!• 覚醒前の無一郎の性格は死んだ兄に近い。 なぜなら大事な兄のことまで忘れることを恐れたから?• 覚醒直前に現れた炭治郎は、実は父親のイメージだった。 炭治郎ととても似ていた• 無一郎は日の呼吸の末裔だが、継承が途絶えていたことなどから、独自の「霞」に行きついた? 優しい心の持ち主から亡くなっていくことが多くて胸が張り裂けそうです。

次の

霞の呼吸 (かすみのこきゅう)とは【ピクシブ百科事典】

無一郎 霞の呼吸

霞の呼吸の使い手・時透無一郎はわずか2ヶ月で柱まで上り詰めた超天才 柱になる条件は 十二鬼月を倒すか 鬼を 50 体倒すこと、 水柱の義勇は一瞬で下弦ノ伍である累を仕留めているので 案外柱に上がるルールはゆるいのかな?って思いました、、 が、、 現柱が異常なだけで下弦ノ鬼も十分強いんですよね。。 霞の呼吸の対応する日輪刀は白色の刀 攻撃する際霧がかったエフェクトを発動します。 玉壺の血鬼術、 NARUTOの百地再不斬や干柿鬼鮫が使用していた水牢の術みたいな技ですよね。 体を大きくひねり、斬撃を様々な角度に飛ばし、水獄鉢を破りました。 タコ足の包囲網を霞のごとく隙間くぐり抜けながらの 斬撃なので回避性能にも長けていそうです。 この技で玉壺をあっという間に撃破 しかし上弦ノ壱である黒死牟おじさんには全く通用しませんでした。 痣発現させた無一郎は玉壺を圧倒、 柱3人分の戦闘力を持っている上弦の鬼を単独撃破は強すぎますね。 ただ痣を発現させてしまったがために かなりのデメリットを背負うことになってしまいました。。 痣のデメリットのついてはこちらの記事にてまとめてあります。 赤く染まったこの刃で貫かれた 鬼は焼けるような痛みで体が麻痺し 血鬼術をうまく扱うことができなくなります。 流石は始まりの剣士の子孫です! 以上 霞の呼吸 時透無一郎の技が強い!でした!.

次の