レヴォーグ 値引き。 レヴォーグ値引き2020年6月

スバルレヴォーグ/STI2020年新車値引き価格相場や目標をレポートするブログ

レヴォーグ 値引き

サイトで紹介している内容• スバル レヴォーグの新車価格&販売店&モデルチェンジ概要 新車価格帯:282~405万円 販売店: 登場年月:2014年4月 最近の変更:2017年7月マイナーチェンジ 販売台数の推移 1月:1989台 2月:2005台 3月:2547台 レヴォーグの車名の由来 「LEGACY」(大いなる伝承物)、「REVOLUTlON」 変革 ,「TOURlNG」からの造語。 次世代に先駆けた変革により、新たな時代を切り拓く」という意味。 レヴォーグの特徴と基本燃費 レガシィツーリングワゴンの後継車で、走りの楽しさを追求したハンドリングと動力性能の高さ、ワゴンボディならではの使い勝手の良さが融合しています。 エンジンは水平対向の1600ccと2000ccで、どちらも直噴ターボ仕様。 1600ccはFFベースの電子制御式、2000ccは前45:後55の不等トルク配分をベースとした、スポーティな4WDシステムを採用。 1600ccでも動力性能は2500cc級で、2000ccならスポーツカーに近い走りを見せます。 燃費性能: 16. 非常に簡単ですので少しだけでもやってみましょう! レヴォーグ 2020年6月の値引き動向と最新値引き目標額 6月のレヴォーグ 値引き動向は、レヴォーグの購入総額から 25万円以上が値引目標額になります。 レヴォーグの値引き目標額の動向はこちら 今月の商戦 マイナーチェンジ直後ですが本体値引きの引き締めは最小限にとどまっています。 また、増販期になると成約特典が充実してくるので全て享受しながら、独自の用品値引きや下取査定額の上乗せ獲得を目指しましょう。 アテンザワゴンとの直接的なライバル車競合はもちろん、好条件が出やすいVW・ゴルフヴァリアントとの競合も試みてみましょう。 2020年6月時点の車両値引き目標額は 25万円が本体からの値引目標額です。 また、オプションも30万円分あるとしたらそこから6万円は値引したいところですね。 ここから先で紹介する商談法を実行すれば、レヴォーグから目標値引き額並み、もしくはそれ以上の値引きは可能になります!!。 また、実際にレヴォーグを値引き購入した実例を随時更新していきますので、レヴォーグ値引き目標の目安にしてください。 【レヴォーグ値引】下取り車がある場合はこの進め方 乗り換えなどで下取り車がある時、その下取り査定評価をアップさせればさせる程、その分だけレヴォーグが安く買えることになります。 ですがディーラーでのおまかせ下取り査定のみだと、はじめに基準の査定額を提出されて、商談が終盤になったころ、「車両からの値引きはこれ以上できないので、 金額の調整は下取り車でします 」のように進めてくる流れも多いのです。 よくあるケースでは 5万、 10万、 15万と少しずつ査定額アップさせながらお得感を出して、「希望に近い金額になったので決めてください!」となるでしょう。 この流れは、購入者の満足感やお得感を刺激する セールス法の一つです。 表面的には購入総額が最初より下がったように見えますが、提示された査定額が中古車市場の相場に対して高い安いの判断が、一般のわたしたちには見分けることが簡単ではありません。 より高い査定額がやり方によっては付くこともあるのです。 人気車や高級車になるほどその差額は大きくなり、本当の所では10万、15万、ときには 30万円以上も損している事もあります。 これは非常にもったいないです。 ディーラーの下取りで損しないためには、最低でも1店舗では 買取店の査定を受けておきましょう。 そうしておけばおおよそ買取店の相場が分かるので、 そのデータを目安にディーラー査定額が妥当であるかの判断が可能になります。 愛車の相場が分かればレヴォーグ購入の予算計算も出来るので、一挙両得ですね。 下記はおすすめの車買取サービスです。 ネットでもおおよその相場が分かります。 ネットサービスの中では比較的老舗な存在であるため、上記のサイトには登録していない買取店もあります。 ぜひ、ここでも査定申し込みをしておく事をお勧めします。 ここで集めた買取店の査定データをもとに、査定額アップの交渉をしていきます。 【レヴォーグ値引】値引きに適した交渉時期はいつなのか? 時期的に値引きが拡大するタイミングは、 「年度末決算期の1月~3月」、 「ボーナス時期の6月、7月」、 「中間決算期の8月お盆明け~9月」、 「ボーナス&年末商戦期の12月」、などがあります。 この中でも一番値引きが拡大するのは 年度末・決算期です。 とくに決算期にはお客を呼び込もうとして、各ディーラー毎にキャンペーンを展開しています。 このタイミングでは 普段には無いような値引きやサービスも珍しくありません。 また、ボーナス商戦も通常よりお得なキャンペーンなどが開催されて、好条件の値引きを引き出しやすくなります。 これらの時期に新車のレヴォーグの購入を検討するタイミングなら、ぜひ大幅値引きを獲得して購入しましょう! レヴォーグ【2020年6月】購入時の納期 レヴォーグの納期:1~3ヶ月 納期は安定している状態にあります。 レヴォーグの出来るだけ早い納車を望む方は、ディーラーが事前に注文していた車両(人気のグレード・色・装備の組み合わせの在庫車など)を選ぶ事で、速い納車の可能性もあります。 グレードやボディカラーにもよりますが、1~3ヶ月程という情報があります。 【レヴォーグ値引】ライバル車と競合ディーラーリストを準備する 値引き条件をより引き出しやすくするために、競合車を設定してから新車の値引き交渉をスタートさせます。 そこで「レヴォーグもいいけど、他の車も検討している」というスタンスのまま 契約間際まで商談したほうがいいでしょう。 レヴォーグの競合車は、アテンザワゴンやゴルフヴァリアント、パサートヴァリアントなどが効果的でしょう。 また ディーラーを経営する法人が異なれば、スバルディーラー同士の競合が可能です。 可能な地域であれば隣県に越境してのスバル同士の競合も非常に有効です。 地域や県が変れば違う法人が経営している可能性も高くなり、競合する店舗が増えれば増えるほど値引きしてでも売りたい担当者や販売店にめぐり会う可能性も高まります。 経営の違うスバルはで調べられます。 また、インターネット上で見積もり申し込みできるサービスもありますので、見積もりを取るには有効な方法があります。 ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括見積もりです。 オートックワンが運営するこのサイトはクルマ選びの総合支援ポータルで、日本最大級の新車見積もりサイトです。 現在の加盟ディーラー店舗数が 4,000店舗ほどあり先月の見積もり依頼数が 6万件以上と非常に多くの方が利用しています。 このサービスの 特徴は3つ。 希望しない訪問は一切なし 2. 簡単入力1分で最短60分以内の見積もり提示 3. 複数の車種と店舗との比較自由 複数店舗での見積もりと一緒にここでも見積もりを取っておきましょう。 このサービスを利用するだけでも複数の見積もりデータが集まります。 以上のライバル車や複数のスバルディーラーをリストアップして、出来るだけ多くのディーラーと商談しましょう。 多くのディーラーと商談する事により、「レヴォーグを値引きできるディーラー」に出会える確率が高くなります。 【レヴォーグ値引】ディーラー初回交渉の進めかた 初回の交渉では具体的な値引き額について触れる必要はありません。 「値引きは頑張ってくれますよね?」などと言って相手の出方を見てみましょう。 その問いかけに対し 「うちでは値引きは出来ないんです」とか、 「前向きに検討していただけるなら頑張りますよ!」、 「値引き額はどなたも一律何円と決まっています」といった返答があります。 その対応を確認して、これからの交渉に生かしていきます。 可能であればレヴォーグがあるディーラー店舗に足を運んで、展示車を見たり試乗車に乗って実車を確認してみましょう。 営業マンに直接会って普段使いの実燃費や、グレード別の細かい違いなど確認してもいいでしょう。 ここでのポイントは・・・ ・最初の商談ではお店や営業マンの雰囲気をチェックする ・本命がどの車種であるかは隠しておく ・ライバル車をピックアップして決めきれない所をアピール ・具体的な予算は聞かれてもはっきり答えない 【レヴォーグ値引】商談2回目からの進めかた 具体的な値引き交渉は二回目の商談から始めます。 まずはライバル車に設定したディーラーと交渉し、そのタイミングで可能な限りの値引き提示を依頼して、その内容を違うライバル車に投げかけます。 そうして出た条件をレヴォーグに提示して、徐々に値引きを引き出します。 限界までの好条件を引き出すベースは、まずはどこか一社でも良い条件を獲得します。 その条件を持って他社の販売店で競合させる、そこで好条件が出ればまた違う販売店で競合させるという流れの 「競合合戦」です。 そして、限界近くの値引き額を引き出します。 と言っても特別な話術や難しい駆け引きは必要ありません。 モデルチェンジ後などの発売日前後のうちはライバル車よりもレヴォーグ同士の競合がメインになります。 下記に一つの例を紹介していますので参考にしてみてください。 「私は アテンザワゴンにしようと思っていましたが、妻と話をしたところ、 レヴォーグに決めようという方向になりました。 でも私は アテンザワゴンにまだ気持ちが残っています。 アテンザワゴンの購入を見送れるほどの好条件が欲しいので、申し訳ありませんが他の スバルディーラーでも交渉しました。 他社では 値引き20万円、 下取り35万円と出てるんだけど・・・」といった流れで同士競合に替えます。 (伝え方は自分の性格や状況、タイミングによりマッチするように変更しましょう) このやり取りを各スバルディーラーに持ちかけて、協力してくれそうなディーラーや営業さんに焦点を決めたら、 印鑑を使って最終の交渉です。 この金額になったらこの場で他には断りの電話を入れます」などと言って、目標よりも多少無理目の金額を要求してみます。 「では、メンテパックを無料で付けてくれたら契約します」「ボディコーティングをサービスしてください」などと、 数万円程度の無料サービスを要求すると通りやすいです。 また、納車時ガソリン満タン、車庫証明費用のカット、端数カット、などを最後で申し出てみると良いでしょう。 それらが通った時、そして目標金額に到達して すべての条件に納得したらハンコを押してレヴォーグの契約となります。 ・ハンコを捺す前(契約直前)が一番ワガママを聞いてくれる ・ローンを組むなら、ライバル他社のキャンペーン金利などを引き合いに出して、金利の引き下げも要求できる(場合によっては数%の引き下げも可能) ・現金払いよりも、ディーラーに手数料収入が入るので、一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい ・任意保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、ディーラー・セールスマンの成績となり、その分値引きの上乗せを迫れる 【レヴォーグ値引】下取り車を限界まで高く売る! 下取り車がある場合は、これまでの交渉で ディーラーでの限界付近の査定額が出たと思います。 そこで最後に 複数の買取店に査定してもらいます。 そこでもしディーラーや他の買取店の査定額を5万でも10万でも上回れば、その分さらに レヴォーグを安く買える事になります。 そこで、契約前に「もしかしたら、下取り車を親戚に譲ることになるかもしれません。 そうなったら納車時に下取りに出さなくても良い事を了承してもらえませんか?」などと言って、納車時に下取り車を出さない場合がある事を営業マンに伝えます。 契約を盾に申し出れば大概はOKになるので、それを了承してもらったら、 納車時まで自分の車に乗ることが出来ます。 そして納車日が決まったらそれにあわせて、複数の買取店に査定してもらい、ディーラーより高値が付けばそこに売る事ができます。 ちょっとしたオークション状態になるので、思わぬ高値が付くことも。 大手買取店はもちろん、特に地方も含めた 地元の買取店が充実しています。 地元の買取店は大手ほど広告を出していません。 その分コストが掛からず、査定額で大手に対抗してきますので、 高額査定が期待できます。 時間と場所を指定すれば、無料出張査定にも来てくれるので、そこでディーラー査定よりも高値が付けばそのまま売ってしまっても良いですし、他の買取店と競合させても良いでしょう。 もちろん納得できない査定額なら断ることも可能です。 もし買取店の査定がディーラー査定よりも低くても、「ディーラー査定の方が買取店の相場よりも高くてお得だった」と納得できて、気持ちよく愛車を手放せますね。 ・下取り車はディーラーに出す事にしておいて、最後に買取店に査定してもらい一番高値の所に売る ・それでもディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功! 以上がレヴォーグを限界の底値で買うための方法です。 何も知らずにディーラーの言う通りに値引きはそこそこ、下取りもそこそこで決めてしまうと、 簡単に数十万円レヴォーグを高く買ってしまう事になります。 そうならないためにも是非上記の値引き、下取り交渉術を実践して、 限界値引きでレヴォーグを購入しましょう! レヴォーグのお買い得グレードとその理由 レヴォーグのお買い得おすすめグレードグレードは 1. 6GTアイサイト(4WD・CVT) 277万円です。 最廉価グレードではありますが、低回転でのトルクのつながりは1600ccの方が良く、そこそこのスポーツ性を楽しむなら2000ccより向いています。 16GT-Sは約28万円高でパワーシートやビルシュタイン社製ダンバーなど、グッと装備が充実します。 レヴォーグのお勧めグレードと乗り出し参考価格(総額) ベストグレード X(FF・CVT) 車両価格(消費税込) 2. 775. 600円 車体本体価格 2. 570. 000円 車両本体消費税 205. 600円 自動車税(年額) 39. 500円 自動車取得税 69. 300円 自動車重量税 30. 000円 自賠責保険 40. 040円 リサイクル料金 13. 990円 登録諸費用概算 50. 000円 支払合計 3. 018. tokyoの 注目記事を受け取ろう•

次の

新型レヴォーグの値引き相場は?値引き交渉術で限界額に挑戦!

レヴォーグ 値引き

この記事の目次• レヴォーグの限界値引き金額をシミュレーション レヴォーグの車両本体価格からの値引きの他に、ディーラーオプションからも値引きが可能です。 オプション品によって割引率は異なりますが、20~30%ほどの値引きは可能です。 さらに利益率の高い、 ディーラーのボディコーティングやメンテナンスパック、冬用タイヤ、錆止め加工、ディーラーオプションナビ、などを付けると、レヴォーグの値引きの総額は大きくなりやすいです。 以下を参考にレヴォーグの限界値引き額を算出しましょう。 さらにタイミングによっては、さらに値引きの上乗せが可能な時期があります。 必ずプラスされる訳ではありませんが、上記の「瞬間的に値引きが多くなる時期」に商談するなら、上記の値引き金額相当がプラスされるケースが多くなります。 レヴォーグの値引き金額は一律で決まっている訳ではないので、営業マンによっても、ディーラーによっても、地域やタイミングによっても値引き額は変動します。 なので、上記のように値引き金額に幅を持たせています。 上記の範囲内なら、レヴォーグの限界値引きと言っても良い金額なので、全ての要素を取り入れた MAXの限界値引き金額と、契約の落とし所として 少し控えた限界値引き金額も算出しておきましょう。 次に自分でやればカットできる諸費用を紹介するよ カットできるレヴォーグの諸費用 納車費用(5,000~15,000円くらい) 納車費用とは、ユーザーが納車を希望する任意の場所(自宅や職場など)にセールスマンがレヴォーグを届けてくれる費用です。 もちろん、ディーラーに取りに行けば掛からない費用なので「取りに行くのでカットしてください」と言えば、浮かせられる費用です。 車庫証明取得手続き代行費用(5,000~20,000円くらい) 車庫証明とは、新車を登録する際に必要な書類で、ディーラーに頼むと代行費用が掛かりますが、これも自分で取得すれば、掛からない費用です。 車庫証明取得の手続きはそんなに難しくありませんが、平日の日中に警察署へ2回行く必要があり、期間も3~7日ほどかかるため、忙しくて行けない方にはちょっと大変かも知れません。 ここで裏技として、交渉の段階では「車庫証明は自分でやる」と代行費用をカットしてもらい、契約直前に「忙しくて取りに行けないので、やっぱりお願いできますか?」などと切り出すと、実費(普通車で2600円ほど)だけでセールスマンがサービスで取ってくれる場合もあります。 ただ、ディーラーによってはオンラインでまとめて手続きできる「OSS申請代行費用」として、登録費用とまとめて請求されるケースがあります。 OSS申請だと個別で車庫証明を取れないので、残念ながら車庫証明費用だけをカットする事が出来ません。 次に紹介する任意保険も値引き交渉の材料に出来んですって 任意保険も値引きの交渉材料に! 任意保険の契約もセールスマンの成績やディーラーの売上につながるので、ディーラーでの加入を条件に、更なる値引きの上乗せを狙えます。 例えば 「本当は懇意にしている代理店で加入する予定だったけど、今回はこちらで加入するから、値引きを勉強してもらいたい」と持ちかければ、セールスマンも自分たちのメリット相応に値引きをプラスしてくれる可能性が出てきます。 また、ディーラーで保険に加入すれば、何かあった時にディーラーが窓口なので、修理のための入庫や代車の手配等がスムーズに進むと言うメリットもあります。 任意保険の見直しで保険料を節約 ディーラーで保険に加入する代わりに、値引きを要求するのもありですが、外資系の保険会社に比べて保険料が割高になるのは否めません。 そこで 年間・又は月々の保険料が安い方が良いのなら、複数の保険会社を比較して、最も安い自動車保険を選ぶといいでしょう。 保険スクエアbang! なら、大手保険会社や外資系の会社を含めた複数の保険会社の見積もりを無料で依頼する事が出来ます。 見積もり結果はメールや郵送で送られて来ます。 勧誘電話は一切ないので、じっくり保険料を比較して検討する事が出来ます。 管理人も年払いで2万円以上安くなりました! 実践!レヴォーグの一発値引き交渉術! 上記のレヴォーグの目標値引き額を参考に、グレードやオプション、諸費用を計算して「レヴォーグを契約しても良い 総支払額」を算出したら、スバルのディーラーに行って一発値引き交渉を実践します。 ディーラーでレヴォーグ一発値引き交渉をスタート! スバルのディーラーに行ったら、 「ライバル車を購入するつもりだが、レヴォーグが安くなるならこの場でレヴォーグを契約したい」と交渉します。 レヴォーグは4WDの走りと広い荷室、アイサイトなど商品力が高く、スバルのセールスさんは強気に出る場面もありますが、 ハイブリッドやクリーンディーゼルとの競合になれば、スバルのセールスさんも反応してくるでしょう。 または、県境に近くて隣県のスバルと商談可能な地域なら、ライバル車との競合ではなく、 スバルディーラー同士の競合でも効果があります。 では、一例としてスバルのディーラーに行ったら以下のようにやってみましょう。 「アテンザワゴンの商談をしていて契約目前です。 今日決めるつもりでしたが、レヴォーグも良いんじゃないかと思い来てみました。 車種にはこだわりはありません。 もし希望する条件になるなら、マツダへは行かずこの場でレヴォーグを契約します。 ただ希望金額を伝えて、「この金額になれば契約します」とやるよりも、「 ライバル車に決める直前」と言う状況を演出して交渉した方が、成功する確率はグンとアップします。 セールスさんが値引き決済をする上司に掛け合う時に、このままだとライバル車に決まってしまうと言う「 交渉材料」があった方が、上司を説得しやすくなります。 もし失敗したら、落としどころに用意した妥協案を伝えて、 再度交渉を続けてもいいでしょう。 もしくは隣の県の経営の異なるスバルディーラーで、同じように一発値引き交渉を仕掛けても良いです。 スバルの新車を販売している整備工場や中古車販売店、買取店などのサブディーラーでやってみてもいいでしょう。 サブディーラーなら単刀直入に、条件を伝えて「この条件になるならこの場で契約します」と伝えます。 スバルのディーラーは1県1経営なので、ディーラー同士で競合するなら越境が必要です。 図のような県境地域は有利ですね。 レヴォーグの購入条件を伝えて待つ方法 レヴォーグの購入期間に余裕があるなら、事前の 宿題作戦も有効です。 宿題作戦とは、 事前にディーラーに行ってセールスさんにレヴォーグの希望条件を伝えて、「いつでも良いので、この条件になればレヴォーグを契約します。 出来る時に連絡をください」とセールスさんに預けます。 ディーラーやセールスさんには、その月の 販売目標や販売ノルマがあります。 これらを達成出来るかどうかのタイミングになれば、台数欲しさに多少の値引きが必要でも、1台稼げるので連絡が来るかもしれません。 その条件が、ディーラーの許容範囲内であれば、間違いなく連絡が来るでしょう。 この宿題作戦を「値引きが大きくなる時期」に合わせてやると、さらに成功の確率が上がります。 「年度末決算期、夏のボーナス商戦、中間決算期、年末商戦」のいずれかの時期に合わせて宿題作戦を実行すれば、成功しやすいでしょう。 納車に数ヶ月掛かる場合は余裕をもって伝えるといいです。 年度末決算期なら1月、夏のボーナス商戦なら5月、中間決算期なら8月頭、年末商戦なら11月辺りにディーラーに伝えて宿題作戦を実行すると良いでしょうね。 レヴォーグのリセールバリュー 残価率 は 下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます! 新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、 さらに支払額を下げる事が出来ます。 もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。 ディーラーはウソを付いている!? 新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。 管理人も毎回そうです。 しかし、ここで注意したいのは、 「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。 正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。 相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。 なので、新車から値引きしても、 下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。 ユーザーにとっては損しかありませんね・・・ ディーラーに騙されないためには? 以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。 その時の下取り金額は 85万円です。 ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。 買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。 そこで出た金額は、 ディーラーよりも20万円も高い金額でした。 次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。 10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。 リサイクル料の戻りも加算すると、 約104. 2万円になります。 その時の契約書はこちらです。 もし最初の85万円で契約していたら、 19万円もの損をする所でした・・・ この時した事は、 買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。 これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。 ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。 これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。 もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。 この方法は、 納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。 そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。 1店目は、ディーラーの104. 2万円に対して 107万円。 そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・ 116万円ではいかがでしょう?」と、 ディーラーよりさらに11. 8万円のアップに成功です! その時の契約書です。 一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に 31万円の上乗せに成功しました。 ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。 この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。 1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、 管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。 カテゴリー•

次の

レヴォーグ 2020年最新値引き情報/1.6 STI SPORT 新車購入時の見積書&値引き額

レヴォーグ 値引き

レヴォーグの値引き額の平均相場 参考: レヴォーグはスポーツワゴンというカテゴリで、国産メーカーではほぼ類を見ない唯一の存在です。 非常に人気もあるのでスバルも強気の販売をしています。 ですが、やはり値引きはそれなりに行われているのが現状です。 ここではレヴォーグで行われている値引きの平均額を調査していきます。 本体値引きは20万円から25万円 レヴォーグは大衆的な車なので、値引きはそれなりに行われることが前提です。 しかし問題はライバルが少ないということになります。 レヴォーグの存在感の強さからなかなか値引きに引っ張っていくことができないので、いきなり値引きを頼んでも10万円から15万円程度の切り出し金額で終わりです。 しかし実際に交渉していくと値引きの額は広がり、20万円から25万円ぐらいが値引き額の相場となっています。 値引率で言えばで車両本体の価格の5%から8%程度が値引きの平均額ということです。 つまり車両価格の8%割ほどの金額が値引きされていれば、十分な値引き額であると言えます。 オプション値引きは2割引きから3割引き レヴォーグで交渉した末に、平均値引きの25万円が出ました。 よしこれで決めます、といって契約してしまっては非常にもったいないです。 実はまだ値引きできる部分があります。 それがディーラーオプションです。 ディーラーオプションからの値引きは、販売している地域やディーラーの販売力によっても違います。 ですので一概には言えませんが、オプション金額の2割から3割ほどが値引きの平均です。 スバルはオプション値引きの割合が他メーカーに比べて大きいので、ここの値引きは確実にとっていきましょう。 営業マンの中には車両本体の値引きとオプション値引きを総額表示して、値引きを大きく見せてくる場合があります。 もしこれに気づかず契約していては、後々値引きが思ったより少なかったなどと後悔することもありますので、注意しましょう。 値引きの平均金額 車両本体、オプションそれぞれの平均相場が出ました。 では見積書からどれくらい値引きがでていれば平均的なのでしょうか。 グレードやオプションを使って一例を上げて紹介します。 価格 値引き額 レヴォーグ1. 6GTS 307万円 25万円 オプション 30万円 6~9万円 値引き計 31~34万円 この条件であれば、合計31万円から34万円ほどの値引きが出れば平均的な値引きと言えるでしょう。 値引き額の月変動 ここでレヴォーグの値引き額の変動を見ていきます。 2014年6月に登場したレヴォーグは、その後どのような値引き額になっていくのでしょうか。 販売時期 値引き額 2014年6月から 10~15万円 2014年10月から 20~25万円 2017年6月から 15万円 2017年9月から 20~27万円 値引き額の変動はこの様になっています。 2014年に発売した当初は10万円から15万円程度の値引きと、意外と大きな値引きでした。 その後同年の半期決算あたりからじわじわと値引き幅が広がり始め、25万円まで広がります。 そして2017年の大型マイナーチェンジによって再び値引きは絞られます。 ですがすぐに半期決算を迎えそのあたりから再び値引き額はもとに戻り始めます。 現在ではその流れのまま来ており、車両値引きは27万円になっています。 値引き額が31万円から34万円になる理由 レヴォーグの値引き額は総額で31万円から34万円が平均的な値引き額ということを提示しました。 平均額がこれだけの金額になるのは、どういった理由があるのでしょうか。 検証していきます。 レヴォーグは発売から長い車 現在レヴォーグの値引きが大きくなっている要因として、発売から5年目となり一般的な商品価値が下がってきているからです。 やはり車は新しいモノのほうが、機能や基本性能などが向上しており、デザイン性も向上しています。 そのため競合車と比較がされた際に、負ける可能性が高くなってくるため、優位性を出すために値引き額は大きくなってくるのです。 そのためレヴォーグ車両本体から25万円というのが、現在の平均的な値引き価格となっています。 オプション値引きが大きい 通常ディーラーオプションは1割から2割引が相場ですが、スバルの場合は車両本体の値引きを抑えてオプションから値引きをするという形をとっています。 そのため通常2割から3割程度が値引きされています。 ですので他社に比べて値引きを多く感じますが、実際には車両本体からの値引きが抑えられている場合があるので、注意が必要です。 レヴォーグの値引きは交渉が非常に重要 レヴォーグは値引きができる車ですが、実際にはスポーツワゴンという国産車にはなかなかないジャンルの車で、スバルも強気で販売しています。 競合が少なくよく売れる車でもありますのでそんなにガンガン値引きしたくないのが本音です。 レヴォーグは比較的価格が高めですが、俗に言う大衆車の部類です。 そのため現場では値引き前提で販売されています。 切り出し値引き額は10万円から15万円となかなか大きな金額で、これだけでも十分に納得してしまいそうな値引き額の、ここに罠があります。 営業マンがお客さんの顔を見て、今日決めてもらえるなら特別にここから多少色を付けて20万円値引きします、と言われると納得しそうになりませんか?実はまだ値引きできると知らなければ決めてしまいそうですね。 ですのでしっかり交渉しなければ、営業マンのもっている値引きだけで、うまく言いくるめられて終わってしまいます。 平均額を引き出すためにはしっかりと交渉材料をそろえて、交渉しなければこの値引きは出ないでしょう。 レヴォーグの値引き額の最大・限界額 レヴォーグの平均値引きの金額やなぜそのようになるのかの理由を、先程は説明しました。 さて次は実際にユーザーが手にした最大値引きをご紹介していきます。 一体どのような数値が出てくるのでしょうか。 レヴォーグの最大値引きは45万円 値引きの金額にはさまざまな数字がありますが、調べていくとレヴォーグでの最大値引きは45万円でした。 しかし中には50万円近くもの値引きを獲得している人もいますが、これはかなり良い条件が重なった奇跡的な数値といえるでしょう。 最大値引きが出た理由 レヴォーグの値引きで50万円もの数値が出るにはやはり理由があります。 3つの視点からその理由を解説します。 マイナーチェンジ直前 レヴォーグの値引きが最大になった大きな要因としてマイナーチェンジの直前であることが考えられます。 非常に人気のあるレヴォーグですが、発売から年数も経過し値引き幅もどんどん広がってきました。 そのうえでさらに今まさにF型へ移行しようとする直前と言われています。 車という大きな買い物をするには、やはりマイナーチェンジしたあとの最新のもののほうが、魅力はあります。 とはいっても今は現行モデルで販売を続けなくてはいけない時期ですので、現行モデルを買ってもらうために値引きを大きくして売っていることが、値引きが大きくなっている一端です。 県外ディーラーとの競合 スバルはトヨタや日産などと違い、ディーラーは一県に一つという場合が多いです。 そのため同じ車同士では競合させることが難しく、勝負をさせにくくなっています。 ところがちょっと足を伸ばして隣の県のディーラーで見積をとって、県内のディーラーと競合させて、値引きを最大にしているというツワモノもいました。 情報では首都圏エリアのほうが値引きが大きいということもありますので、もし最大の値引きを狙うのであれば、レヴォーグの見積もりを持って県外に遠征するのも一つの手段です。 最大の値引きが出やすいタイミング もう一つが購入時期です。 一番値引きが大きくなるのは、やはり9月の半期決算及び3月の決算月です。 この時期はディーラーはメーカーからのノルマを達成するために数を読み始めますし、決算なので売上も大きく必要で、できるだけ車を売ろうとします。 さらにメーカーから決算期などに合わせた施策や販売台数達成に対する施策もありますので、多少値引きが多くなってでもやりきりたいという考えがあります。 ここで営業マンや会社にとってどうしてもあげたい一台にはまれば、通常の条件よりさらに甘くなるでしょう。 そのため通常では出せないような車両値引きやオプション値引きが提示される場合もあります。 まとめますと、レヴォーグの最大値引きは、マイナーチェンジ直前という現状と同じレヴォーグ同士の競合、そして決算期のタイミングが上手くハマったことが、最大の値引きとなった理由だといえます。 レヴォーグの値引きのレポート・体験・口コミ 実際にレヴォーグを購入する際に値引き交渉を行った人をツイッター上から探していきます。 どのように値引き交渉をしたのかリアルな声を聞いていきましょう。 僕もレガシィもレヴォーグも買うときは、ライバル車をチラつかせるような交渉はしなかった。 単純にレガシィが、レヴォーグが欲しい。 こういうオプションを付けたい。 でも予算はこれだけ。 オプション減らすか、値引きをお願いしたい。 それでダメなら車は諦めるという交渉 — ヒロシ purfia 同じ車種で競合ができないレヴォーグでは、あえて競合を全く持たずに予算を決めて、この値段に合わせて値引きをしてほしいと頼むのもありです。 ディーラーによっては全く響かない交渉になるかもしれませんが、場合によっては大幅に手間を省いて予算内に収められる、最大の方法かもしれません。 レヴォーグ1. 6GT- S契約しました。 納車はGW前後だそうです。 値引き45万は上出来かな — HNs Hideeeeeer こちらの方は45万円の値引きを獲得したとのことです。 納車は5月になるそうですが、契約時期は3月と決算期をしっかり考慮した購入ですね。 ディーラーには申し訳ないが会社の力を使って新型レヴォーグをマットなど他もろもろサービスで340万まで値引きさしたから、後は知り合いのディーラーに行って330万で交渉して購入出来れば即決だ。 下取りなしで値引き額30万。 もしご自身がお勤めの会社がどこかの自動車会社とつながっている場合、こうした紹介からの値引きなどがある場合がありますので、一度調べてみてはいかがでしょうか。 レヴォーグの値引き目標金額 レヴォーグユーザーはツイッターでもわかるように、さまざまな方法で値引きをされています。 そこにもあったとおり、重要なのは目標とする値引き額です。 大幅な値引きを獲得するためには、値引きの目標金額が必要です。 さてレヴォーグはいくらを目標金額に設定しましょうか。 値引き目標額は本体で27万円、オプションで3割 レヴォーグはスバル自身もある程度値引きを見込んで販売しています。 そのためお客さんが納得しやすいようなシナリオを描いて、利益が大きく出るように値引きをしてきます。 現在であればおおよそ切り出し金額として15万円、最大で20万円ほどで抑えようとしてくるでしょう。 もちろんここで納得してしまってはもったいないです。 営業マンの説得をうまく覆して最大の値引きを引き出しましょう。 値引き価格には地域差はありますが、これまでのデータからすると現在の目標値引きは本体価格から25万円から27万円です。 オプション金額もディーラーによって違いますので一概には言えませんが、2割はもちろんのこと3割までもっていければ上々です。 レヴォーグの目標値引き額まとめ 今までの情報をまとめると、レヴォーグの値引き目標金額はこのようになります。 本体値引き 27万円 オプション値引き オプションから3割 時期的なもの 最大5万円 合計額 38~41万円 この条件を引き出すことを目標として行きましょう。 この条件が2019年現在ほぼ値引きのマックスだと判断して良いです。 この程度の場合もあれば、もう少し低い場合もあります。 レヴォーグの値引き交渉のポイント レヴォーグの値引きのポイントや目標金額が見えてきました。 あとは目標の値引きを手にするために、どうやって交渉すればよいのでしょうか。 レヴォーグの値引き目標金額を獲得する方法を考察していきます。 マイナーチェンジ直前の今がチャンス レヴォーグは今夏にF型へとマイナーチェンジ、もしくはフルモデルチェンジといった噂が出ています。 巷ではフルモデルチェンジが遅れており、F型へマイナーチェンジするという情報が有力です。 どちらにせよマイナーチェンジ直前の今が一番値引きが期待できます。 すでに熟成されてきた車なので、値引きが一時的に引き締められる前に決めるのも一つの方法です。 レヴォーグにはこの車で競合をしよう ツイッターでは予算を提示して値段が下がるまで粘るという意見もありましたが、やはりスピードを持って値引きを狙うのであれば、競合車を使って値段を下げるのが良いです。 やはり大幅な値引きとなると、営業マンも店長に値引きの許可をもらう必要がありますので、営業マンが交渉しやすいように理由を作ってあげましょう。 レヴォーグはスポーツワゴンです。 同じ車格の車となると、マツダのアテンザワゴンがちょうど当たります。 ただレヴォーグとは価格に差がありますので、価格を合わせるためにディーゼルモデルを選ぶなど、ある程度配慮が必要です。 そのほかだと意外にもトヨタのハリアーを、競合として当てる場合もあります。 この2台であれば価格対もちょうどぶつかりますし、スポーティに乗るかラグジュアリーに乗るかという選択肢で悩んでいる体で行くと良いでしょう。 車に特にこだわりはないが、この比較車種の中で一番頑張りが感じられたものを購入する、と言えば平均値引きぐらいまではまず出せます。 競合で気をつけたいのが、あまりにも突拍子もない車を登場させることです。 営業マンとしてもなぜレヴォーグとこの車を悩むの?値引きの引き合いに当ててるだけなんじゃないかと、本当に買う気があるのか疑われてしまっては値引きも本気で出してきません。 競合で真剣に悩んでいることや、価格を揃えて現在の予算の中で一番安いものを買おうと思っているなど、営業マンが勝負を仕掛けやすい状況を作ってあげてください。 車が安くなる時期を狙う 事故などで突然車が必要になったという状況ではない限り、車を購入するときに絶対に外したくないのが購入の時期です。 まず先程もお話したように、モデルチェンジをしたばかりの車は商品価値が上がるため、値引きは渋くなります。 これはどんな車でも共通ですが、レヴォーグは現在マイナーチェンジ直前です。 マイナーチェンジ直後は値引きが渋くなる傾向が強いので、今購入するか暫く待つかの選択があります。 もちろん今のタイミングで購入しなくても、マイナーチェンジなので3月決算頃になれば、再び値引きは現状並みに大きくなっていることが予想されます。 次に重要なのが購入時期になります。 車を購入するのにベストなのは1から3月の決算時期、そして次に8から9月の半期決算、7月のボーナス商戦の時期です。 そして中でも強力な月は3月です。 3月は決算最終月となり最後の追い込みがかかります。 しかしこの頃になると人気のある車種はほとんど納期が合わず、登録が間に合わなくなります。 そこで業績を少しでも伸ばしたいと考えるディーラーにとって、喉から手が出るほどほしいのが3月中にナンバーが登録できるという条件です。 そんなときにご自身の欲しい車が在庫などでたまたま3月登録ができる車であれば、営業マンも会社も一丸となって値引きを頑張ってくれます。 こればかりは営業マンの感覚を狂わせてしまうほどの威力があり、このタイミングであれば奇跡の値引きを引き出すことができるでしょう。 ただこれは奇跡の値引きというだけあって、通常ではこのタイミングは車はもう間に合わないというのが普通です。 とりあえず決算期の3月や半期決算の9月に登録の決算にあわせるとなれば、レヴォーグの納期からすると遅くとも登録タイミングの1月から2月前までに、ディーラーに出向いて契約をするのがよいでしょう。

次の