ムーミン バレー パーク レストラン。 ムーミンバレーパークのレストラン・カフェを徹底解説!

ムーミンバレーパークの評判や口コミは?実際にメッツァビレッジ行った感想まとめ!

ムーミン バレー パーク レストラン

美味しい! 食欲がわかない見た目をしていますが、にんにくが効いておりけっこう良い味です。 美味しかったので息子たちにすすめてみたのですが、頑として食べてはくれませんでした。 ご飯を丁寧にかたどって、その上にはコロッケ?のようなものが乗っていました。 卵はふわふわのトロトロです。 息子たちは食べたいものが無いというので、フライドポテトとオレンジジュースにしました。 この形のポテトは初めて見ますね。 サクサクしていて美味しかったです。 一応ケチャップもありましたが、付けなくても味はついています。 天井には電飾が設置されており、夜の世界観を演出しています。 ムーミン特有のアート感も全面に押されており、壁には色々な絵が描かれています。 混雑状況|注文から提供までの時間 ムーミン谷食堂はセルフサービスです。 入り口には店員さんがおり、店内に案内してくれます。 席を確保したら、各自で料理を取りに行きましょう。 今回は、オープン日かつ土曜日でしたが、10:40ごろに行ったところ全く待たずに入店できました。 しかし、食べ終わるころには大行列になっていたので、早めのランチを強く推奨します。 続いてサイドメニューです。 カラフルブレッドはベリー、抹茶、竹炭の3種類がありました。 プリンなどのデザートも、3種類が用意されています。 サラダも3種類です。 水は購入用もありますし、無料のセルフサービスもあるので好きな方を選びましょう。 サラダを購入した方はドレッシングをお忘れなく。 ドリンクは会計時に注文してください。 子供連れに向いているか 店内は席と席の間隔が広く確保されており、ベビーカーで入店しても全くストレスはありませんでした。 カードの種類が書かれていませんでしたが、とりあえずVISAは大丈夫でした。 電子マネーの案内に余白があるので、これから種類が増えるのかもしれません。 価格設定としてはチョット高めですし、子連れも多いので、席まで運んでくれるサービスがあると助かります。 良かったところ 続いて、良かったと感じた点をまとめてみます。 料理が美味しい• アート感にあふれている テーマパークにありがちな『値段の割に・・・』ということはなく、美味しかったです。 パスタなど、その場で作っており出来立てを食べることができました。 いつも通り楽天カードで支払いをしたので、1%のポイントゲットです。

次の

レットゥラ (Lettula)

ムーミン バレー パーク レストラン

ムーミンバレーパークとは ムーミンバレーパークとはその名の通りムーミンを題材としたテーマパークです。 ムーミンがテーマのパークは日本初であるため、注目を集めています。 そんな ムーミンバレーパークは埼玉県飯能市にあるメッツァという施設の中にあります。 メッツァは公園感覚で、無料で入ることができるメッツァビバレッジという区間と、有料のムーミンバレーパークで1つの施設です。 メッツァ内には様々な飲食店が並んでおり、そこで食事を楽しむことができます。 ムーミンバレーパークはまだ新しい施設であるため、パークの再入場が可能かどうかは2019年3月に初旬段階では不明です。 入場の際にムーミンバレーパークのスタッフに再入場ができるかを確認し、パーク内で食事をするかメッツァビバレッジ内で食事をするかを判断して下さい。 ムーミンバレーパークに行ってランチするならここ! ・レットゥラ レットゥラはパンケーキのメニューが豊富なレストランです。 ムーミンバレーパークの入り口付近のエントランス施設内にあります。 パンケーキメニューは、子どもはもちろん、ママも嬉しいランチではないでしょうか? 2019年3月初旬段階ではメニューや値段は明らかになっていませんが、パーク内のレストランということでムーミンにちなんだ見た目であったり、ムーミンの絵柄がついたお皿が使用されていたりする可能性があります! レットゥラは甘いもの好きなご家族にお勧めです。 ・カウッパ&カハヴィラ カウッパ&カハヴィラはカフェとお土産ショップが併設されたお店です。 ムーミンパーク内の「コケムスエリア」にあります。 店内はムーミン谷の雪景色を再現した作りになっており、落ち着いた雰囲気が魅力です。 2019年3月初旬段階ではカフェのメニューや値段、ショップで売っているグッズの詳細は明らかになっていません。 お土産ショップは限定のムーミングッズを取り扱っている可能性があります! カウッパ&カハヴィラはランチをゆっくりと食べたいご家族、お土産を買いたいご家族にお勧めです。 ・ムーミラークソ ルオカラ ムーミラークソ ルオカラは ムーミンバレーパーク内のメインレストランで、席数も多いです。 ムーミンバレーパーク内の「コケムスエリア」にあります。 店内はムーミン達が花火を見ながらパーティーをしている様子を再現した作りになっており、入るだけでも楽しい雰囲気のレストランです。 2019年3月初旬段階ではレストランのメニューや値段は明らかになっていません。 メインレストランで席数も多いことから、ファストフードのようなメニューが豊富ではないかと予想されます。 ムーミラークソ ルオカラはムーミン達の楽しい雰囲気を味わいたいご家族にお勧めです。 ・ハンバーグの時間 ハンバーグの時間は 様々なハンバーグが楽しめるハンバーグ専門店です。 ハンバーグの時間はムーミンバレーパーク外のメッツァビバレッジにあります。 11時オープン、20時30分ラストオーダーです。 お勧めメニューは「大人のお子様ハンバーグ 1922円 」です。 ワンプレートにハンバーグ、エビフライ、ナポリタンスパゲティ、フライドポテトがのったボリューム満点の一品です。 ハンバーグの時間はランチをがっつりと食べたいご家族にお勧めです。 ・農家が作る tomateria GOTO 農家が作る tomateria GOTOは パスタやオムライスのメニューが豊富なカフェです。 農家が作る tomateria GOTOはムーミンバレーパーク外のメッツァビバレッジにあります。 11時オープン、20時30分ラストオーダーです。 お勧めメニューは「丸ごとトマトのナポリタン 1580円 」です。 トマトがまるごと1つ使ってあるためヘルシーでありながらボリューム満点で、一皿で満足できること間違いなしです! 農家が作る tomateria GOTOはあっさりランチが食べたいご家族にお勧めです。 「ムーミンバレーパークに行ってランチをとるなら!おすすめ飲食店を紹介」のまとめ ムーミンバレーパーク内のレストラン施設の詳細はまだ不明な点も多いですが、店舗情報を知っているだけでもパーク内を効率的に動けるようになります。

次の

ムーミンバレーパークのランチ|おすすめレストラン・カフェを7店紹介

ムーミン バレー パーク レストラン

こんにちは! 北欧雑貨を集めるのが趣味のみーこです。 フィンランドの雰囲気が味わえるパーク内では、ムーミンキャラクターたちの限定グッズやおしゃれレストラン&カフェ、物語にまつわる展示施設やアトラクションなどが楽しめますよ。 また、パークの近くには旅行客に嬉しいムーミンパーク公認のオフィシャルホテルも完備! 同じ飯能市内に、ムーミンルームのあるホテルや自然と触れ合える休暇村などの宿泊施設があります。 今回はムーミンパークの場所や営業時間、チケット料金、レストランやアトラクション予約、特典付きのホテル情報をお届けします。 ムーミンバレーパークってどんなところ? ムーミンパークは埼玉県飯能市の、自然豊かなエリアを開発して作られました。 ムーミンパークが新しくオープンする「メッツァ」は、入場料無料の「メッツァビレッジ」と、有料の「ムーミンバレーパーク 」2つのエリアに分かれています。 今回ご紹介していくムーミンバレーパークは、ムーミンの生みの親であるフィンランド出身の作家=トーベ・ヤンソンが描いたムーミンの世界をモチーフにした北欧風のテーマパークです。 パークには、ムーミンたちが暮らすフィンランドの森や湖畔などもあり、北欧の文化が体感できる施設やムーミンの物語にちなんだ景色が広がっているんですよ。 ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷をはじめ、物語のような体験ができるアトラクションやアクティビティ、展示施設なども楽しめます。 朝は10時オープンということで、ゆったり向かえそうですね。 メッツァへは電車、車、バスなどでアクセスできますよ。 ムーミンパークへのアクセス 住所:埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ 電車:池袋駅から約50分 車:狭山日高インターチェンジから県道262号線経由5. オープンからしばらくは混雑が予想されるので、予約購入しておくのがよさそうですね。 入場料 ムーミンパークの入場料は次の通りです。 アトラクションと合わせたパスポートなどはなく、入場料と有料アトラクションは別料金になります。 またシニア割や障害者割引なども現在のところは設定されていないようです。 各アトラクションの料金は次の通りです。 今のところ、コンビニやオンラインチケットサービスではムーミンパークの入場券は取り扱っていませんので気をつけてくださいね。 前売り券:メッツァ公式HPで買う パークが正式オープンしていない現在、ムーミンパークの前売りチケットはメッツァの公式HPでのみ買うことができます。 入場券は2ヶ月先の月末分まで販売しています(例:2019年2月現在は2019年4月末分まで販売中)。 なお、メッツァ公式HPからチケットを買うには、会員登録が必要です。 また、メッツァの公式HPでは日時を指定してアトラクションの利用予約をすることができます。 絶対に体験してみたいアトラクションがあるという人は、「この日に行く!」と決めたら、入場券とアトラクションを予約してしまいましょう。 当日券:パークのチケット窓口で買う オープン日の2019年3月16日以降は、現地チケット窓口にて当日券が販売されます。 ただし入園制限がかかった場合は、当日券の販売が中止になることもあるので注意が必要です。 飯能ムーミンパーク:パークのレストランは予約できる? ムーミンパーク公式ホテル ムーミンパークに行くために県外から遊びに行くという方も多いかもしれませんね。 予約方法はホテルによって異なるので、各ホテルの公式HPをご覧ください。 メッツァと同じ飯能市内にあるオフィシャルホテルは、このマロウドイン飯能だけ。 ホテルからはメッツァまでバスで約10分と、アクセスも便利でおすすめです! パートナーホテル ムーミンパークのパートナーホテルに認定されているホテルは2つです。 オフィシャルホテルより特典数は少ないですが、安心の入園保証がついてきます。 より自然に親しんで身体を動かしたいという人には、こちらもおすすめです。 ムーミンパーク入園券付きプランを選ぶと、先着で無料送迎バスも利用できます! 施設内では星空観察会やキーホルダー作りなど、子供たちに人気のアクティビティが用意されているので、ファミリーにもおすすめの宿です。 ナチュラルファームシティ農園ホテル ナチュラルファームシティ農園ホテルは、埼玉県秩父市にある農園ホテルです。 こちらでは秩父の自然を満喫しながらホテル直営農園でフルーツや野菜狩り、田植え体験ができます。 ムーミンパークの入園券付きプランもありますよ。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は3月に新オープンするムーミンバレーパークについてご紹介しました。

次の