という 類語。 敬語「ですので」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語も紹介

手前味噌ですが・・はどういう意味?使い方や類語、語源も解説!

という 類語

早速、「強いて言うなら」という言い回しがどのようなものなのか、意味や使い方などを通して、考察していきます。 また、「強いて言うなら」という言い回しを、会話や文章で使いたい方や、具体的にどのような言い回しや使用方法で使えば良いか考えたい方に向けて、「強いて言うなら」を使用した例文もご紹介していきます。 「強いて言うなら」の意味 まずは、「強いて言うなら」という言い回しに含まれている、意味やニュアンスについて、考察していきます。 「強いて言うなら」という言葉の意味について、「weblio辞書」では、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「強いて言うなら」とは、適当ではないながらも、あえて言葉で表現することを意味する言葉だと考えられます。 適当な表現が思いつかないが、あえて言うとすれば、といった意味合いで用いられる表現。 「強いて言えば」も多く用いられる。 「強いて言うなら」の使い方 上記で考察した意味を踏まえて、「強いて言うなら」を会話や文章で使用する際の、基本的な使い方について考察していきます。 上記でもご紹介したように、「強いて言うなら」という言い回しは、「適当とは言い難いものの、あえて表現するなら」という意味を持つフレーズです。 ですから、適当ではないものの、無理に表現する場合や、あえて言葉にする場合などに使用される言い回しだと予想できます。 一般的には、表現する必要がないことや、表現のしようがないものなどを、無理に言葉で言い表す場合に、使用されることが多い言い回しだと考えられます。 続いては、「強いて言うなら」という言い回しと同じような意味を持つ、類語や同義語、言い換え表現などに分類されている言葉をご紹介していきます。 類語や言い換え表現にどのような言葉・フレーズがあるのか確認してみることで、「強いて言うなら」というフレーズの意味などを、より深く理解するヒントが見つかる可能性もあるでしょう。 「強いて言うなら」の類語【1】:どちらかと言えば 「強いて言うなら」と同じような意味を持つフレーズの1つとして、「どちらかと言えば」というフレーズが挙げられます。 「どちらかと言えば」というフレーズには、どちらでも構わなかったり、1つの選択肢に決められなかったりするものの、あえてどちらか1つ選ぶことを表現する意味があると考えられます。 ですから、「あえて言うなら」「無理にでも選ぶのであれば」といった意味・ニュアンスを含んでおり、「強いて言うなら」と似ている意味やニュアンスを含んだ言い回しだと言えそうです。 「強いて言うなら」の類語【2】:どうしても 「どうしても言うとすれば」「どうしても言わなければならないのなら」といった言い回しもまた、「強いて言うなら」の類語だと考えられます。 そのため、「無理に言うなら」といったニュアンスを含んでいる「強いて言うなら」という表現とも、意味やニュアンスで共通している部分があると言えそうです。 「強いて言うなら」の対義語 上記では、「強いて言うなら」というフレーズと似たような意味を持つ、類語や言い換え表現について、考察・ご紹介しました。 続いては、「強いているなら」とは対称的な意味やニュアンスを含んでいる、対義語や反対語について、ご紹介していきます。 「強いていうなら」の対義語【1】:言うまでもない 「強いて言うなら」というフレーズと反対の意味を持つ言い回しの1つに、「言うまでもない」という言い回しも含まれていると考えられます。 「言うまでもない」という言い回しには、以下の引用のような意味が含まれていると、「weblio辞書」にて説明されています。 引用した内容から、「言うまでもない」という言い回しには、言う必要もないほどにわかりきっていることや、言葉にするまでもない自然な事実などを表現する意味が含まれていると考えられます。 わかりきっていて言う必要もない。 「強いて言うなら」の対義語【2】:言わずもがな 「言わずもがな」という言葉もまた、「強いて言うなら」というフレーズとは、対称的な意味を持つ言葉の1つだと言えるでしょう。 「言わずもがな」という言葉の意味について、「weblio辞書」では、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「言わずもがな」には2種類の意味があることが読み取れます。 1つ目の意味は、言う必要のないことを表現する意味だとされています。 そして2つ目の意味は、当然のことや言うまでもないことだとされています。 むしろ言わない方がよいこと。 もちろん。 「強いて言うなら」の敬語 一般的に、目上の人と話したりコミュニケーションを取ったりする場合は、敬語を使用するのがマナーだとされています。 「強いて言うなら」という言葉も、目上の立場の人に対して使用したいのであれば、敬語や丁寧な表現の言葉へと、言い換える必要があるでしょう。 そこで続いては、「強いて言うなら」を敬語や丁寧な表現へと言い換えたい場合、どのような言葉や表現へと言い換えれば良いのか、考察していきます。 丁寧な表現への言い換え 敬語にも、さまざまな種類やタイプが存在しています。 数ある敬語の中でも、特に言い換えやすいのは、丁寧な表現への言い換えだと考えられます。 「強いて言うなら」を丁寧な表現へと言い換える場合、「言うなら」という言葉を丁寧な表現へと言い換える必要がありそうです。 「言うなら」という表現は、砕けていたりフランクであったりする印象を、相手へ与える可能性があると考えられます。 「言うなら」をより丁寧な表現へ言い換える場合、「言いますと」などへの言い換えが考えられます。 「強いて言いますと」や「あえて言いますと」といった言い回しへと言い換えることで、「強いて言うなら」を丁寧に表現することが可能になると言えそうです。 敬語への言い換え 上記では、「強いて言うなら」を丁寧な形へ言い換える方法について考察しました。 しかし、目上の人などに敬意を払いたい場合は、丁寧な表現への言い換えだけでは、物足りない可能性があります。 そこで続いては、「強いて言うなら」を敬語へ言い換える方法について考察していきます。 「強いて言うなら」を敬語へ言い換える場合も、やはり「言うなら」の部分を言い換える必要があると考えられます。 「強いて言うなら」という言葉は、自分の「言う」という行為を指しています。 ですから、自分の「言う」という言動を謙って表現する、謙譲語へ言い換えることで、敬語への言い換えが可能になると予想できます。 以下の引用にもあるように、「weblio辞書」によると、「言う」の謙譲語は「申し上げる」という言葉になります。 ですから、「強いて言うなら」を敬語へ言い換える場合は、「強いて申し上げますと」といった表現になると考えられます。 言上する。 「申す」よりも一段と謙譲の度合が強い。 …いたす。 「強いて言うなら」の漢字の読み方 「強いて言うなら」という言葉とともに、同じような意味やニュアンスの言い回しとして使用されることが多いのが、「あえて言うなら」という言葉です。 2つの言い回しは、音の響きなども似ているため、混同しがちだと考えられますが、意味や使い方に明確な違いがあるのかどうか、気になるところです。 そこで続いては、「強いて言うなら」と「あえて言うなら」の違いについて、考察していきます。 「強いて」の意味 「強いて言うなら」と「あえて言うなら」の違いは、「強いて」と「あえて」の部分にあります。 そこで今回は、「強いて」と「あえて」の意味を比較し、意味の違いについて考えていきます。 まずは、「強いて」という言葉の意味について、確認してみましょう。 「強いて」の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「強いて」という言葉には、反対などを押し切って無理矢理何かを行ったり、むやみに何かをしたりすることを表現する意味が含まれていると、読み取れます。 1 困難・抵抗・反対などを押し切って物事を行うさま。 あえて。 むりに。 むりやり。 2 むしょうに。 むやみに。 「あえて」の意味 続いては、「あえて」の意味について、考察していきます。 「あえて」の意味について、「goo辞書」では、以下の引用のように説明していました。 引用の内容から、「あえて」もまた、やりづらいことを押し切って行うことを意味する言葉だと、読み取ることができます。 ですから、「強いて」と「あえて」は、類語や同義語の関係にある言葉だと考えられそうです。 1 やりにくいことを押しきってするさま。 無理に。 2 (あとに打消しの語を伴って) ㋐特に取り立てるほどの状態ではないことを表す。 必ずしも。 ㋑打消しを強める。 少しも。 「強いて言うなら」と「あえて言うなら」の違い 上記で考察した、「強いて」と「あえて」の意味をもとにして、「強いて言うなら」「あえて言うなら」の2つの言い回しに、違いがあるのかどうか考察していきます。 上記でご紹介したとおり、「強いて」「あえて」の2つの言葉は、意味がほとんど同じ言葉だと言えます。 ですから、「強いて言うなら」と「あえて言うなら」も、同じような意味を持つ言い回しだと言えるでしょう。 しかし、「goo辞書」に掲載されている解説によると、「強いて」は困難や反対、抵抗などを押し切って無理に行うことを意味する言葉だとされています。 一方、「あえて」はやりにくいことを無理に行うことを意味する言葉だとされており、ニュアンスとしては、「強いて」よりは弱いと考えられそうです。 「強いて言うなら」は無理に言葉で表現すること.

次の

「学びを深める」とは?意味!使い方や例文!類語

という 類語

「ですので」の意味 「ですので」の意味は「なので」の敬語表現 「ですので」は、 「なので・よって・そういう訳なので」という意味で、主に会話で使われる口語的な表現です。 「ですので」は、「なので」をより丁寧にした表現になります。 「なので」は、前述の内容を踏まえて理由を述べる時に使用する接続詞です。 「なので」は、断定の助動詞である「~だ」の連体形「な」+理由を表す接続助詞「ので」で成り立っています。 「〜ので」は、理由と結果の関係を客観的に述べるときに使います。 自分が言いたいことの原因や理由を表すときに「〜なので」「〜ですので」を使うことができます。 「ですので」も同様です。 「ですので」は、尊敬語、謙譲語ではありませんが、丁寧語になるので、目上の相手に対して使うことができます。 同等や目下の相手に対しては「なので」を使うのが適切でしょう。 「ですので」の使い方・例文 「ですので」は「だから」の敬語表現ではない 「だから」はよく使われる言葉ですが、ビジネスシーンで使用するには少々カジュアルな感じがします。 そんなとき「だから」の敬語として「ですので」を使っている方も多いのではないでしょうか。 しかし実際「ですので」は「だから」の敬語ではありません。 なんとなく似ている言葉ですが、「ですので」と「だから」は使い方が異なります。 「ですので」は文頭では使えない 「ですので」は「だから」と違う言葉です。 「ですので」は文頭では使うことができません。 例えば、「この時間の外出は危険です。 だから私もついていきます」と使うことはできますが、「この時間の外出は危険です。 ですので私もついていきます」とは使うことはできません。 「ですので」は「だから」と同じように文頭では用いることができないので気をつけましょう。 「ですので」の正しい使用例を紹介します。 「本日は休業日ですので、またの機会にお越しください」といった場合は「ですので」を文頭で使用するのではなく、接続詞として使用しています。 これが「ですので」の正しい使い方になります。 「ですので」は、文章の先頭にこの言葉を置くと間違った使い方となってしまいます。 例えば「雨が降りそうです。 ですのでお早めにご帰宅ください」との使い方は文法上正しくありません。 「雨が降りそうですので、お早めにご帰宅ください」といったように文中で使う言葉となりますので注意が必要です。 また逆に「雨が降りそうだから、お早めにご帰宅ください」といったように、「だから」を文の間に置くのは間違いになります。 「ですので」は文の間で使う、「だから」は文頭で使う、と覚えておきましょう。 「ですので」の例文 「ですので」の例文を紹介します。 ・今は梅雨ですので、家にいる時間が多くなります。 ・電車が到着しているようですのでお急ぎください。 ・ゴルフを始めてからまだ1年ですので、全然できません。 ・ここからは立ち入り禁止ですのでお引き取りください。 ・夜遅くの外出は危険ですので、なるべく室内にいましょう。 ・まだ時間がかかりそうですのでもうしばらくお待ちください。 ・頂上まであと少しですのでそこで昼食を取りましょう。 ・私は今風邪を引いていますので、今日の会議には出席できません。 「ですから」と「ですので」は、原因や理由を表す語で意味もほぼ同じですが、ニュアンスが少し異なります。 例えば、 「雨が降っています。 ですから傘が必要だ」といった場合は、断定を表す気持ちが強くなります。 一方で、 「雨が降っていますので傘が必要だ」といった場合は、雨が降っているという状況を強調しています。 「ですので」は「ですから」よりも柔らかい表現となります。 「ですので」といった「〜ので」という形は、書き言葉として使われることが多いですが、「ですから」といった「〜から」の形は話し言葉として使われることが多いです。 「ですから」の例文 ・午後の会議は13時開始予定です。 ですから昼食は早めに済ませておきましょう。 ですからそのプロジェクトに参加させるには少し早いように感じます。 「そのため」は敬語ではありません。 例えば、「明日は雨が降る予定です。 そのため明日私は傘を持ち歩かなくてはいけない」といったように使います。 「そのため」は、「だから」「ですから」と同じ使い方をします。 「ですので」と意味は同じですが使い方が異なるので注意が必要です。 「そのため」の例文 ・転勤することが決まりました。 そのため私は引越しをしなければならない。 ・インフルエンザにかかってしまいました。 そのため明日は欠席します。

次の

敬語「ですので」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語も紹介

という 類語

公開日: 2018. 26 更新日: 2018. 26 「培う」の意味と使い方、類語「養う・育む」との違い、例文、英語表現 「培う」という言葉をご存知でしょうか。 「向上心を培う」「自信を培う」などと言います。 日常会話でも使うことが多いので、見聞きした覚えがあるという人も多いと思います。 では、「培う」とはどのような意味なのでしょうか。 何かを育てるときに使う表現であることは大体分かりますが、似た言葉の「養う」や「育む」とはどういった違いがあるのでしょうか。 色々と疑問に思うことがありますよね。 そこで今回は「培う」の意味や使い方、読み方、類語との違いについて解説していきます。 「培う」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう! 「培う」の読み方と意味 「培う」は< つちかう>と読みます。 「培」は音読みで「バイ」、訓読みで「つちかう」と読みます。 「培」は「根元や種に土をかけて植物を育てること」を意味します。 「培」を用いた言葉には、「栽培」「培養」などがあります。 「培う」の意味は、 1. 草木の根元に土をかけて植物を育てること 2. 長い時間をかけて、性質や能力を大切に育てること です。 元々「植物が育つためには、長い時間がかかる」という意味から、「何か大切なものを育成する場合は、とても長い時間が必要となる」という意味になりました。 本来は「土養う(つちかう)」と書いていましたが、だんだんと「培う」に変化しました。 自分の経験が「土」に置き換えていて、土を「栄養」とし自身が育つ様子を表します。 自分を成長させるためには、良い経験も辛い経験も必要ということです。 「培う」の使い方と例文 「培う」は 能力・性質・学力・体力・精神力といった目に見えないスキルを大切に育てる、という場合に使います。 例えば、「子供の頃の色々な遊びは思考力を培うのに役立っている」と言います。 これは「子供の遊びは思考力を育てるためには必要である」という意味です。 このように、「培う」は「その人にとって何かプラスになるものを育てる」場合に使うことが多い語です。 また、「培う」は人以外にものに対して使うこともできます。 「静岡で培われたお茶の歴史」「歴史を通じて培われた日本の伝統文化」などと言います。 植物を大事に育てるという場合にも「培う」を用います。 「苗木を培う」「土を培う」などと言います。 ただ、この意味での「培う」はやや古い言い方ということもあって、今ではあまり使いません。 例文 「植物を育てる」という意味 ・お花がとても好きな彼女は、家の庭で花を培うことを生きがいとしている。 ・美味しい食べ物が育つようにという願いを込めて、土を培っている。 ・植物を培っているので、だいたいの花の名前は知っているつもりだ。 「大切に育てる」という意味 ・友情を培うためには、何か部活に所属した方が良いだろう。 ・毎日の読書というのは、自己を培う活動となるだろう。 ・経験を培えているだけあって、彼は物事を進めるペースが早い。 ・大事な役目を任されたことは、自己を培うのに良い経験となるだろう。 ・私のコミュニケーション能力は、オーストラリア留学で培われただろう。 ・これまで培ってきた体力と勘によって、何とか逃げ出すことができた。 ・何か趣味をやり続けることによって、培われた自信を大事にする。 ・今までの歴史を通じて、培われた日本の伝統芸能には歌舞伎や狂言などがある。 ・熱くて激しい情熱を培うために、ラテンダンスを習い始める。 「培う」と「養う」の違い 「養う」は< やしなう>と読みます。 「養う」の意味は、 1. 家族の面倒を見ること。 扶養すること 2. 修行を重ねてちょっとずつ作り上げること 3. 食物をとったりして、体力をおとろえないようにすること 4. 餌をあげたり、面倒を見てあげるなどして動物を育てること です。 「養う」にはたくさん意味があります。 1つめは「妻子を養う」、2つめは「英気を養う」、3つめは「病を養う」、4つめは「馬を養う」などと使います。 例えば、「夫に養ってもらう」だったら「夫の稼ぎによって、生活していくために必要なものが与えられ、自身が生きていけること」を意味します。 2つめの意味では、「思考力を培う」「思考力を養う」などと同じように使うことができますが、意味が異なります。 「培う」は「自身の経験を生かして育つ様子」、「養う」は「他から色々と援助を受けながら育つ様子」を表します。 「培う」は植物や能力を育てる場合に使いますが、「養う」は植物やものを育てる場合には使えません。 資質を育てるという場合は「培う」と「養う」の両方を使えますが、他の用法は異なります。 間違えないように注意しましょう。 例文 ・妻子を養うためには、しっかりと働かなくてはいけない。 ・毎朝早起きしてラジオ体操をする、という習慣を養うようにする。 ・仕事のし過ぎで疲れたので、実家に戻って老いを養う。 ・後で食べる用に、牛馬を養っている。 「培う」と「育む」の違い 「育む」は< はぐくむ>と読みます。 「育む」の意味は、 1. 親鳥が自分の羽で雛を覆い包んで守り育てること 2. 成長や発展を願って、養い育てること 3. かばい守って、大きくすること です。 「培う」は「能力や学力を手間をかけて育てること」 「育む」は「愛情を持って大事に優しく育てること」 「培う」と「育む」では意味が異なります。 「育む」の方が、思いやりがあってあたたかいイメージです。 「育む」は親鳥が雛を育てているように、大切に慈しみを持って育てているような様子を表現しています。 「ひな鳥を育む」「親に育まれる」「夢を育む」「愛を育む」などと言います。 例文 ・親鳥がひなを育んでいる光景は、見てて癒される。 ・彼女は両親に育まれたので、優しい子に育ったのだ。 ・新しい生命を育むということは、とても素晴らしいことである。 「培う」の類語 「植物を育てる」という意味の類語 培養(ばいよう) (意味:植物を育てること) 「樹木を培養することが好きだ」 栽培 (意味:食用や薬用などといった目的で、植物を育てること) 「私の家では梨を栽培しています」 養殖 (意味:魚介類や海藻を、人工的に飼育すること) 「マグロの養殖を行っています」 耕す (意味:作物を育てるため、田畑を掘り返して土を柔らかくすること) 「土が硬いので耕す作業を行う」 耕作 (意味:田畑を掘り返すことによって、作物を栽培すること) 「この地は耕作に向いていない」 生育 (意味:作物が生まれ育っていること) 「稲の生育に力を入れる」 醸成 (意味:発酵作用で、味噌や酒をつくること) 「醤油を醸成する」 「大切に育てる」という意味の類語 育成 (意味:しっかりと育て上げること) 「次のエースを育成する」 修養 (意味:立派な人格を形成すること) 「修養を積み重ねる」 鍛錬(たんれん) (意味:修行を積み重ねて、心身を鍛えること) 「鍛錬を積むことによって、体を丈夫にする」 磨く (意味: 上手くなろうと、練習に励むこと) 「優勝を目指すためには、技を磨く必要がある」 養成 (意味:育て成長させること) 「お笑い養成所に通う」 成長 (意味:育って一人前になること) 「その訓練は私を成長させてくれた」 鍛える (意味:修行を重ねて、心身を強くすること) 「精神を鍛えたおかげで、何事にも動じなくなった」 伸ばす (意味:成績や能力を高めたり、上げること) 「もっと勉強して成績を伸ばす」 涵養(かんよう) (意味:水が自然と染み込むよう、だんだんと養い育てること) 「克己心を涵養する」 トレーニング (意味:訓練や修行をすること) 「毎日のトレーニングを欠かさない」 「培う」の英語 「foster」「cultivate」など 「培う」は英語で、 ・foster ・cultivate ・accumulate ・learn などになります。 「培う」に一番近い英語は「foster」になります。 「(才能など)を育成する」という意味になります。 「cultivate」も「foster」に近いですが、「cultivate」は「(自分自身の利益のために才能など)を育む」という意味になります。 「learn」は「学んで習得する」という意味になります。

次の