阪急 計画運休。 【意外と最近?】ここ5年で広まった鉄道の『計画運休』効果と課題は?

2019年台風19号で阪急電鉄が止まる予定時刻・運行・運休・遅延情報

阪急 計画運休

歴史 [ ] 初めての本格的な計画運休は、に(JR西日本)が行ったものである。 このときは接近に伴い、前日の13時過ぎに予告して16時頃から運休を行った。 地域で運休や遅延した列車は約1200本あり、約48万人に影響が出た。 一方このときはの大部分はほとんどダイヤを乱すことなく運行を続けたため、「動けるまで動かした方がいい」という意見も出た。 鉄道のは「台風の勢力が収まっているにもかかわらず安易な運休を繰り返すことで信頼が失われ、のようになる」と危惧する意見を述べたが 、教授のは「『空振り』はいいが、『見逃し三振』をしてはいけない」と評価する考えを示した。 JR西日本の担当者は「平日の運休についてはまた考えなければならない」とした。 翌に接近したに際しては、JR西日本は気象会社から提供を受けた情報や、台風の進路が京阪神中心部から逸れることなどを理由に計画運休を見送ったが、急に雨量が強まり結果的に運転見合わせが行われ、乗客が駅構内や駅間で立ち往生した車両で足止めされる事態になった。 このときJR西日本の担当者は、今後の検討材料として台風通過後の状況の想定を挙げた。 またのは、適切に列車を停止できるシステムの構築を提案した。 JR西日本はを発表し「計画運休を行わない場合でも、間引き運転や、列車が駅間に停車した際の閉じこめ時間短縮などの対策を行う」とした。 その後も、に接近したで計画運休が行われた。 に発生したでは、JR西日本だけでなく私鉄でも、計画運休が被害のない段階から行われた。 やなどの発表や、河川の増水状況なども考慮して柔軟に対策が行われ、人的被害を出さなかった。 鉄道のは、計画運休は利用者への影響が大きいとした上で「駅での運行情報の発信に努めるべき」とした。 同年には、の影響でJR西日本により計画運休が行われた。 このときは同年に発生したでが多発したことなどを機に、前日に終電繰り上げや減便の可能性を告知し、当日に路線ごとに運休の予定を示すという形式が取られた。 JR西日本の担当者は「運行できる路線は運行することも大事にしていく」とした。 さらに同年には、の影響で計画運休が行われた。 JR西日本がに計画運休を発表した ほか、計画運休に慎重だったやでも運転中止が告知された。 このときには200万人近くに影響が及んだが、JR西日本社長のが記者会見を開き「有事においては一定程度必要な措置だった」とした。 また今後について、有事の際の各企業の臨機応変な対応を望んだ。 だがこの段階では、に最強レベルの台風が上陸した場合について、首都圏の多くの鉄道会社は計画運休に慎重な姿勢を示していたが 、名誉教授のは、混乱防止や災害のリスク低減のために「首都圏だからこそ早期判断すべきだ」としていた。 同 英語インフォメーション にはの影響で、(JR東日本)でも確認できる限り初めて、首都圏全線での計画運休が行われた。 の一部区間、、、、も終電の繰り上げを行った一方、、、は基本的に運行を続けた。 また関西でもJR西日本、近鉄、京阪、南海の他にが新たに計画運休を行い、のうちを除くすべての鉄道会社が計画運休を行った。 関西では計画運休の広がりを受け、従業員が通勤できないため休業する商業施設も増えたが、それに伴う経済的損失も指摘された。 2018年の台風24号では、翌朝にも複数路線で輸送障害が発生して駅に乗客が滞留し、また計画運休のより早い告知を望む声があったことから、は計画運休に関する鉄道事業者の対応について検証する会議を開催し 、同年にJR(旅客鉄道)6社と私鉄16社が出席して会議が行われた。 会議上では「情報提供の方法を改善すべきだ」という意見が多く出た一方、計画運休については「安全確保の上で必要」という認識が共有された。 同年には会議の中間とりまとめが行われ、安全確保のために計画運休は必要とされた。 情報提供の方法については、計画運休の可能性や計画運休開始の日時をできるだけ早く発表すること、情報の定期的な更新などが示され、や、での情報提供も提示された。 同年、JR東日本はできるだけ早く告知し、運休の可能性だけでも前日に告知する方針を決めた。 、情報提供のあり方を中心にした計画運休についての最終とりまとめが発表された。 とりまとめには、運転再開時に利用者が適切な行動を選択するための具体的な情報提供を適切なときに行うこと、多様な手段での情報提供を多言語で的確・迅速に提供すること、そのために情報提供を作成することなどが盛り込まれた。 また、との連絡体制の整備や地方公共団体への情報提供、計画運休についての社会の理解を作り上げていくことも併せて取りまとめられた。 同2019年にはの影響で、などが計画運休を行った。 のの最中であったにもかかわらず、2日前から計画運休の可能性について告知が行われたため、目立った混乱はみられなかった。 JR西日本の担当者は「計画運休に対する認知が広まったようだ」とし、乗客の間でも災害の際は運休することが共有されつつあると報じられた。 2019年には首都圏に大規模台風が立て続けに上陸し、同年には(台風15号)の影響で、関東地方で2回目となる大規模な計画運休が行われた。 だが台風15号で特に被害の大きかった内を中心に、一部の路線では運転再開や復旧が遅れた。 またでは交通機関の運休により利用客が足止めされ、約1万3千人が空港施設内に滞留した。 翌月のには(台風19号)の影響により、首都圏で再び大規模な計画運休が行われ、JR東日本、JR東海、東急、東武、西武、小田急、京王、、、、、、など多くのが計画運休を行った。 また首都圏の多数の事業者のやでも計画運休が行われた。 なお2019年の東日本台風の際は、千葉県内に路線網を持ち成田空港へのアクセスを担うの京成電鉄、、では計画運休を行わなかったが、のちに運休を余儀なくされた。 「」および「」も参照 効果と課題 [ ] 計画運休には、駅での混乱や列車の駅間での停車を防いだり、イベント中止・早期切り上げや不要不急の外出の抑止などで、社会の安全を確保する役割があると、2019年7月の国土交通省の取りまとめで示されている。 また、事前に運転見合わせが発表されることで、やなど、多くの企業が交通の乱れに柔軟に対応できる効果もある。 一方、課題としては、鉄道ジャーナリストのが、駅が運転再開時に列車を待つ人で大混雑することを挙げている。 枝久保は、混乱を避けるために運転再開をしないことも考えられ、我々が1日だけなら会社や学校を休める社会を望んでいるかが選択肢だと述べている。 また、外国人観光客が計画運休を知らずに混乱するケースが相次いでおり、すぐに相談や宿泊施設などの問い合わせに対応できる態勢を整えることが課題とされる。 日本国外での事例 [ ] では、が発表する ()でシグナル9以上が発令されると、地上を走る鉄道は全て運休することになっている。 そのため、シグナル8が発令された段階で、計画運休があることを、気象台の情報をもとに予測できるようになっている。 また、地下鉄はシグナル8が発令されるといったんピーク時レベルまで運行本数が多くなるが、これは自宅を目指す人の需要に応えたものである。 なお、はシグナル8が発令する2時間前に予告して自宅を目指す人を早めに知らせる。 脚註 [ ] []• デジタル大辞泉. コトバンク. 朝日新聞社. 2019年9月23日閲覧。 産経新聞社 2015年7月18日. 2019年9月23日閲覧。 神戸新聞社. 2019年9月23日閲覧。 朝日新聞社 2019年9月9日. 2019年9月23日閲覧。 産経新聞社 2014年10月14日. 2019年9月23日閲覧。 朝日新聞社 2018年8月23日. 2019年9月23日閲覧。 産経新聞社 2014年10月14日. 2019年9月23日閲覧。 北本朝展 2015年7月18日. デジタル台風. 国立情報学研究所. 2019年9月23日閲覧。 西日本旅客鉄道 2015年7月22日. 2019年9月23日閲覧。 神戸新聞社 2017年9月18日. 2019年9月23日閲覧。 神戸新聞社 2018年9月3日. 2019年9月23日閲覧。 朝日新聞社 2018年9月3日. 2019年9月23日閲覧。 産経新聞社 2018年9月19日. 2019年9月23日閲覧。 産経新聞社 2018年9月3日. 2019年9月23日閲覧。 (1ページ目)• 産経新聞社 2018年9月3日. 2019年9月23日閲覧。 (2ページ目)• 東京新聞社 2018年10月1日. 2019年9月23日閲覧。 東洋経済オンライン. 2019年10月13日閲覧。 産経新聞. 2019年10月13日閲覧。 国土交通省 2018年10月5日. 2019年9月23日閲覧。 毎日新聞社 2018年10月10日. 2019年9月23日閲覧。 国土交通省鉄道局(総務課、施設課、安全監理官) 2018年10月12日. 2019年9月23日閲覧。 毎日新聞社 2018年11月6日. 2019年9月23日閲覧。 国土交通省 2019年7月2日. 2019年9月23日閲覧。 国土交通省 2019年7月2日. 2019年9月23日閲覧。 日本経済新聞社 2019年8月16日. 2019年9月23日閲覧。 産経新聞社 2019年8月15日. 2019年9月23日閲覧。 日本経済新聞社 2019年9月9日. 2019年9月23日閲覧。 ハフポスト. 2019年10月13日閲覧。 日本経済新聞. 2019年10月13日閲覧。 NHK. 2019年10月13日閲覧。 日本経済新聞社 2019年9月10日. 2019年9月23日閲覧。 枝久保達也 2019年9月11日. ダイヤモンド社. 2019年9月23日閲覧。 (2ページ目)• 枝久保達也 2019年9月11日. ダイヤモンド社. 2019年9月23日閲覧。 (3ページ目)• 中国新聞社 2019年8月19日. 2019年9月23日閲覧。 さかい もとみ 2018年10月13日. 東洋経済新報社. 2019年9月23日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

2019年台風19号で阪急電鉄が止まる予定時刻・運行・運休・遅延情報

阪急 計画運休

こんにちは、KAORUです! 台風19号が今週土日に本州に上陸すると予想されています。 今回の台風は過去史上最大級の勢いのまま接近中ということで、各地で週末のイベントが次々に中止が発表されています。 また、日本各地で停電のリスクも予測されていて、大阪も油断はできない状況です。 直撃するのは東海や関東地方ということですが、暴風・強雨の範囲は関西にまで及ぶ見込みで、JR西日本も計画運休の実施の方針を昨日発表しました。 詳細な路線や時間については本日発表される予定とのこと。 そのほか、私鉄や地下鉄各社の対応も気になるところです。 ということで今回は 『計画運休 大阪 台風19号でいつからいつまで?私鉄や地下鉄の運行状況も』と題しまして、計画運休 大阪 台風19号でいつからいつまで?私鉄や地下鉄の運行状況について、お届けしていきたいと思います! それでは本題に入らせていただきます。 Contents• 計画運休 大阪 台風19号でいつからいつまで? 非常に強い台風19号(ハギビス)は12日 土 夜には東海や関東に上陸する見込みです。 大雨、高波、高潮、停電などにも厳重に警戒が必要です。 計画運休や飛行機の欠航などが決定しているところもあります。 今回の台風19号は史上最大級ということで、気象庁もメディアも警戒を強めていて、いつもよりも早めに多くの呼びかけ、こまめな進路予想の最新情報を出してきています。 先月の台風15号でも鉄道各社が早めの計画運休を実施していましたが、再開時間を見誤ったために駅に多くの人々が詰めかけ、大変な混乱が起こっていましたね。 台風15号 計画運休で混乱「企業の指示なし」など半数|NHKニュース 9月、台風15号が接近した際に首都圏で行われた鉄道の「計画運休」では、運転再開を待つ人たちが駅に大勢詰めかけて混乱が続きました。 先月台風15号が首都圏を直撃した際、JR・私鉄は を実施。 鉄道ジャーナリストの枝久保氏は、計画運休は有効な取り組みである一方、「運転再開」に課題があると指摘します。 鉄道各社はこのときの教訓を活かしてくれるものと思います。 【北陸エリア、京阪神エリア、和歌山エリア、北近畿エリア、山陰エリア、山陽新幹線、北陸新幹線/台風の影響】 10月12日、計画運休を行う可能性があります。 また、台風の影響によって、以降の運転を終日見合わせる可能性があります。 詳しい運転計画については分かり次第お知らせいたします。 影響線区 北陸線近江塩津 から 敦賀 まで 運転取り止め(翌日) 琵琶湖線米原 から 京都 まで 運転取り止め(翌日) JR京都線京都 から 大阪 まで 運転取り止め(翌日) JR神戸線大阪 から 姫路 まで 運転取り止め(翌日) 山陽線姫路 から 網干 まで 運転取り止め(翌日) 関西線加茂 から 亀山 まで 運転取り止め(翌日) 湖西線和邇 から 近江塩津 まで 運転取り止め(翌日) 草津線草津 から 柘植 まで 運転取り止め(翌日) 和歌山線王寺 から 五条 まで 運転取り止め(翌日) 万葉まほろば線奈良 から 高田 まで 運転取り止め(翌日) 引用元: JR西日本公式HP そのほかの地区についてや、京坂神地区の最新情報は下記リンク先からご確認ください。 台風19号の影響により、10月12日(土)から10月13日(日)にかけて、強風や大雨による悪天候が予想されます。 【東海道新幹線】 ・10月12日(土)、通常よりも列車の本数を減らして運転するなど、運転計画に変更が生じる予定です。 ・10月13日(日)についても、台風の影響が弱まり次第、線路設備等の安全確認作業を行うため、運転計画に変更が生じる場合があります。 ・その他詳細は、以下 の「台風19号接近に伴う、東海道新幹線の運転計画」をご確認ください。 ・以下 のお知らせも合わせてご確認ください。 台風19号の今後の進路によっては、列車の運転を見合わせる場合があります。 最新の気象情報と列車運行状況にご注意いただきますようお願いいたします。 台風の影響により風雨が強まりますと、電車の運転を見合わせる場合があります。 次回は、12時頃に更新する予定です。 台風の接近に伴い風雨が強まれば安全確保のため、列車の運転を取りやめる場合があります。 運行情報は阪神アプリ・Twitter・ホームページなどでお知らせします。 【10月11日5時現在】 台風19号の影響により、風や雨が強くなりますと列車の速度を低下させる場合や運転を打ち切る場合がございます。 最新の気象情報と列車運行状況にご注意いただきますようお願い申し上げます。 【台風接近による運転状況について】 台風が接近しています。 雨や風が強くなりますと、安全のため運転を見合わせる場合があります。 あらかじめご了承ください。 なお、運転再開については施設等の点検のため、時間を要しますので、あらかじめご了承願います。 【台風接近時の列車の運転について】 現在、通常運転をしています。 台風の接近に伴い、列車の徐行運転や運転を取り止める場合がありますので、予めご了承願います。 台風19号の接近に伴い、風雨が強まると当社線において電車の運転を見合わせる場合があります。 あらかじめご了承いただきますようお願い致します。 今後の運行情報はホームページ等でご確認ください。 まとめ ということで今回は 『計画運休 大阪 台風19号でいつからいつまで?私鉄や地下鉄の運行状況も』と題しまして、計画運休 大阪 台風19号でいつからいつまで?私鉄や地下鉄の運行状況についてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか? 今週末は不要不急の外出を控え、安全第一でお過ごしいただくことをおススメします! それでは本日はここまでとさせていただきます。

次の

「計画運休」、鉄道各社の判断なぜ分かれた?

阪急 計画運休

こんにちは、KAORUです! 台風19号が今週土日に本州に上陸すると予想されています。 今回の台風は過去史上最大級の勢いのまま接近中ということで、各地で週末のイベントが次々に中止が発表されています。 また、日本各地で停電のリスクも予測されていて、大阪も油断はできない状況です。 直撃するのは東海や関東地方ということですが、暴風・強雨の範囲は関西にまで及ぶ見込みで、JR西日本も計画運休の実施の方針を昨日発表しました。 詳細な路線や時間については本日発表される予定とのこと。 そのほか、私鉄や地下鉄各社の対応も気になるところです。 ということで今回は 『計画運休 大阪 台風19号でいつからいつまで?私鉄や地下鉄の運行状況も』と題しまして、計画運休 大阪 台風19号でいつからいつまで?私鉄や地下鉄の運行状況について、お届けしていきたいと思います! それでは本題に入らせていただきます。 Contents• 計画運休 大阪 台風19号でいつからいつまで? 非常に強い台風19号(ハギビス)は12日 土 夜には東海や関東に上陸する見込みです。 大雨、高波、高潮、停電などにも厳重に警戒が必要です。 計画運休や飛行機の欠航などが決定しているところもあります。 今回の台風19号は史上最大級ということで、気象庁もメディアも警戒を強めていて、いつもよりも早めに多くの呼びかけ、こまめな進路予想の最新情報を出してきています。 先月の台風15号でも鉄道各社が早めの計画運休を実施していましたが、再開時間を見誤ったために駅に多くの人々が詰めかけ、大変な混乱が起こっていましたね。 台風15号 計画運休で混乱「企業の指示なし」など半数|NHKニュース 9月、台風15号が接近した際に首都圏で行われた鉄道の「計画運休」では、運転再開を待つ人たちが駅に大勢詰めかけて混乱が続きました。 先月台風15号が首都圏を直撃した際、JR・私鉄は を実施。 鉄道ジャーナリストの枝久保氏は、計画運休は有効な取り組みである一方、「運転再開」に課題があると指摘します。 鉄道各社はこのときの教訓を活かしてくれるものと思います。 【北陸エリア、京阪神エリア、和歌山エリア、北近畿エリア、山陰エリア、山陽新幹線、北陸新幹線/台風の影響】 10月12日、計画運休を行う可能性があります。 また、台風の影響によって、以降の運転を終日見合わせる可能性があります。 詳しい運転計画については分かり次第お知らせいたします。 影響線区 北陸線近江塩津 から 敦賀 まで 運転取り止め(翌日) 琵琶湖線米原 から 京都 まで 運転取り止め(翌日) JR京都線京都 から 大阪 まで 運転取り止め(翌日) JR神戸線大阪 から 姫路 まで 運転取り止め(翌日) 山陽線姫路 から 網干 まで 運転取り止め(翌日) 関西線加茂 から 亀山 まで 運転取り止め(翌日) 湖西線和邇 から 近江塩津 まで 運転取り止め(翌日) 草津線草津 から 柘植 まで 運転取り止め(翌日) 和歌山線王寺 から 五条 まで 運転取り止め(翌日) 万葉まほろば線奈良 から 高田 まで 運転取り止め(翌日) 引用元: JR西日本公式HP そのほかの地区についてや、京坂神地区の最新情報は下記リンク先からご確認ください。 台風19号の影響により、10月12日(土)から10月13日(日)にかけて、強風や大雨による悪天候が予想されます。 【東海道新幹線】 ・10月12日(土)、通常よりも列車の本数を減らして運転するなど、運転計画に変更が生じる予定です。 ・10月13日(日)についても、台風の影響が弱まり次第、線路設備等の安全確認作業を行うため、運転計画に変更が生じる場合があります。 ・その他詳細は、以下 の「台風19号接近に伴う、東海道新幹線の運転計画」をご確認ください。 ・以下 のお知らせも合わせてご確認ください。 台風19号の今後の進路によっては、列車の運転を見合わせる場合があります。 最新の気象情報と列車運行状況にご注意いただきますようお願いいたします。 台風の影響により風雨が強まりますと、電車の運転を見合わせる場合があります。 次回は、12時頃に更新する予定です。 台風の接近に伴い風雨が強まれば安全確保のため、列車の運転を取りやめる場合があります。 運行情報は阪神アプリ・Twitter・ホームページなどでお知らせします。 【10月11日5時現在】 台風19号の影響により、風や雨が強くなりますと列車の速度を低下させる場合や運転を打ち切る場合がございます。 最新の気象情報と列車運行状況にご注意いただきますようお願い申し上げます。 【台風接近による運転状況について】 台風が接近しています。 雨や風が強くなりますと、安全のため運転を見合わせる場合があります。 あらかじめご了承ください。 なお、運転再開については施設等の点検のため、時間を要しますので、あらかじめご了承願います。 【台風接近時の列車の運転について】 現在、通常運転をしています。 台風の接近に伴い、列車の徐行運転や運転を取り止める場合がありますので、予めご了承願います。 台風19号の接近に伴い、風雨が強まると当社線において電車の運転を見合わせる場合があります。 あらかじめご了承いただきますようお願い致します。 今後の運行情報はホームページ等でご確認ください。 まとめ ということで今回は 『計画運休 大阪 台風19号でいつからいつまで?私鉄や地下鉄の運行状況も』と題しまして、計画運休 大阪 台風19号でいつからいつまで?私鉄や地下鉄の運行状況についてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか? 今週末は不要不急の外出を控え、安全第一でお過ごしいただくことをおススメします! それでは本日はここまでとさせていただきます。

次の