大きめ トート バッグ 作り方。 簡単手作りトートバッグの作り方【人気おすすめエコバッグ・おしゃれデザイン】

パンク系ファッションと組み合わせると最強なトートバッグの作り方

大きめ トート バッグ 作り方

手作りトートバッグを作るポイントとして、採寸が重要になってきます。 トートバッグに限らず、手作りで作るものは採寸を間違えてしまうと完成品の見栄えが良くなかったり、使いづらくなってしまう可能性があります。 初心者の方も経験のある方もしっかり採寸を間違えないように、型紙を用意してから作りましょう。 チャコペンを使用することで、縫い間違いや正確な寸法で縫い代をとることができるので、初心者の方にはおすすめです。 形がシンプルな分、縫い方が曲がったりしていると目立ってしまうので目検討で縫うのはやめましょう。 裏表の生地が必要なので、重ねて裁断すると、きれいに切ることができます。 パソコンや荷物が多い場合のトートバッグでは、厚手の生地をおすすめします。 厚手の生地はシンプルなものが多いですが、表地ではなく裏地だけ使って、表地は好きな柄物など工夫できます。 生地によっては、伸縮性のあるものや洗濯すると色落ちもあるので作る前にどのような用途で使い、重さや荷物が入りきるか考えて選びましょう。 取っ手部分はトートバッグと同じ生地で作ることもできますが、荷物によっては丈夫な素材に替えることで強度が増します。 編集部一押し!簡単手作りトートバッグの作り方|アイデア3選! 第3位:簡単手作りトートバッグ|1種類の生地で作るシンプル布バック 手作りトートバッグのアイデアで簡単なものは、裏表デザインを変えることです。 初心者の方も簡単に作ることができ、ちらっと見える裏の生地がとてもおしゃれです。 強度を付けるためにも裏は厚手の生地に変えるなど、色々工夫もできます。 採寸の大きさによって、ミニトートやA4トートなど作れるのも手作りならではですね。 裏表デザインのトートバッグの材料• 裏面になる生地2枚分• 表面になる生地2枚分• トートバッグの型紙• 取っ手になる生地• まち針5本• 布切りばさみ• 縫い糸とボビン• ミシン• アイロン 裏表デザインのトートバッグの作り方• 表面になる生地と裏面になる生地を裁断。 表面になる生地を中表にして、両サイドと下をミシンで縫う。 両サイドを縫うとき、バッグの口になる部分は3cmほど縫わないように気を付ける。 裏面になる生地も同様に中表にして、両サイドと下をミシンで縫う。 縫い終わったら両サイドの縫い代をアイロンで割く。 表面になる生地のバッグの口から1cm外側に折り、アイロンをかける。 裏面になる生地も同様に、バッグの口から1cm外側に折り、アイロンをかける。 表面になる生地をひっくり返す。 表面になる生地の中に、裏面になる生地を入れて2つ重ね合わせる。 綺麗に重ねたら、バッグの口の中央にずれないようまち針を止める。 中央のまち針から5cmほどの間隔で左右にまち針を止める。 (取っ手部分の目印になる)• 取っ手になる生地は、裏面と表面生地の間に挟んで長さを整える。 バッグ口をぐるっと1周縫い合わせる。 まち針を外して、アイロンをかけて完成。

次の

#トートバッグの作り方

大きめ トート バッグ 作り方

大きなマチつきタックトートについて、猪俣友紀さんにいろいろとお尋ねしました。 KF (コッカファブリック:以下、KF 今回使った布の印象を教えてください。 思っていたよりも大きな柄だったので、どの柄も生かせるように布使いを贅沢に裁断してみました。 KF:作品についての特徴や工夫した点は? 表面、後ろ面、側面、それぞれに表情が出るように、また夏の季節感を感じながら制作したので、ネイビーがしっかり生きるように制作させていただきました。 KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。 見た目以上に大きなマチのあるバッグなので、夏のレジャーやマザーズバッグ、お買い物バッグとしてもお勧めです。 たくさん入るバッグは荷物も重くなりがちなので、ショルダーの長さも生地幅を活かして長めに作る工夫をしました。 KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか? 大柄でカラフルな色味が特徴のechino。 洋服だと派手な柄はコーディネートが難しそうですが、バッグにしたら、シックな洋服にも合わせやすい、コーディネートが楽しめる配色が人気です。 ぜひお気に入りの生地を見つけて作ってみてくださいね。 KF:猪俣さん、どうもありがとうございました!大きなマチつきタックトートの作り方プロセスも猪俣さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF と合わせて参考にしてくださいね。 サイズ:縦35cm 横(口側)34cm (最大)58cm echinoのシルバーメタリック柄、幾何モチーフをつないだ「piece」を使ったトートバッグです。 ピース(ブロック)に合わせて裁断すれば、サイズを測らなくてOKという簡単仕立てです。 入れ口のタックもピースを目安にしています。 表布はすべてシルバーメタリックでシックに仕上げ、内側にマスタードイエローを合わせて、ちらりとのぞくときのポイントに。 KF (コッカファブリック:以下、KF 今回使った布の印象を教えてください。 大きなブロック調のデザインを見たときに、サイズを測らなくても簡単にできるタックトートを思いつきました。 実際には見た目以上に大きなマスだったので、より大きなトートになりました。 持ち手などは全てマスのサイズに合わせたので、サイズを正確に測る必要がないのが利点です。 キャンバスで張りのある生地なので、1枚仕立てでも十分な素材感です。 また、シルバーメタリックでチャコールなので、とっても大人な印象。 普段使いでもファッションとしても、作って使って楽しめるデザインです。 KF:作品についての特徴や工夫した点は? マスに合わせたバッグに仕上げることにより、ちょっと大きめのバッグになりそうだったので、 持ち手もそれに合わせて太くしたり長くしたり、底マチのサイズを広めに取ったりなど工夫しています。 また、底マチは通常のT字マチとはちょっと変わった丸みのある仕上がりにしてみました。 そうすることで、手作り感の強いトートバッグからワンランクアップな仕上がりになります。 KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。 張りのあるキャンバス地なので、どのミシンでも縫いやすいですが、持ち手など厚みの増す部分もあるので、ミシンの針は14号がお勧めです。 KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか? 内布に今回はマスタードイエローを使用していますが、チャコールグレイはどんな色味も相性がいいので、ピンクやブルーといったちょっと明るめの色など、是非お気に入りの色で合わせてみるのも冒険で楽しいかと思います。 使うときチラリと見える色で、持って歩く時の気分もアップしちゃいます。 カジュアルな着こなしだけでなく、お仕事などでも違和感なく大人な雰囲気で使えるデザインかなと思います。 KF:猪俣さん、どうもありがとうございました!タックトートの作り方プロセスも猪俣さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF と合わせて参考にしてくださいね。 KF (コッカファブリック:以下、KF 今回使った布の印象を教えてください。 でも、象といってもとてもデザインモチーフ化されていて、大人も使えるのでは?と思い、子どもから大人まで使える 小ぶりなトートにしました。 KF:作品についての特徴や工夫した点は? 色柄のポップさを活かすように色合わせをしました。 合わせる生地色を、メインの柄生地の中で少ない方の色にするとまとまりがありつつ、メリハリもある色合わせになります。 色柄ともに楽しくにぎやかなので、デザインはシンプルにしましたが、ハンドルの縁から見える白や、大き目のボタンなど小さなこだわりを感じられるようにしました。 KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。 そんなに難しいところはないのですが、意外と失敗が多いのは「マチ」のところ。 まっすぐのつもりでも、仕上がってみたら歪んでいたりすることがあります。 マチを畳むとき、底中央とワキ線がしっかり合わせること、縫ったらすぐに余分を切り取らず、 1度表に返して確認してみると安心です。 KF:実際にはどんなふうに使うといいのでしょうか? お子さんが遊びに出かける時のバッグにしても良いし、大人の方がお弁当を入れてランチトートとして使っていただいても。 真っ白なシャツとデニムのようなシンプルなファッションで持っていただけたら、楽しいポイントになると思います。 KF:杉野さん、どうもありがとうございました!ぞうのミニトートの作り方プロセスも杉野さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF と合わせて参考にしてくださいね。 サイズ::縦15cm 横(入れ口)33cm (底)20cm まち13cm お花見シーズン到来! 今回ご紹介するのは、そんなウキウキしたお出かけにぴったりのランチバッグです。 バッグに入れたお弁当箱を三角布でぎゅっと包み込む……。 お弁当を包むナプキンとバッグが合体したようなユニークな作り。 使った布は、のなかから、この季節にぴったりのSpring explorers。 小さなチョウたちがノスタルジックな草花の野原に遊ぶなんとも愛らしい小柄プリントです。 「ダブルガーゼの柔らかな雰囲気を壊さないよう、内布だけに接着芯を貼り、表布にはキルト芯を重ねています」と作者の田巻由衣さん。 春先のピクニックに、もちろんふだんのお弁当バッグとしても大活躍してくれそうですね。 6〜1cmを6個 ランチバッグについて、田巻さんにいろいろとお尋ねしました。 KF (コッカファブリック:以下、KF 今回使った布の印象を教えてください。 柔らかな質感と優しく明るい色合いが、春のお出かけにぴったりだと思いました。 絵具で染めたような個性的な柄が、ナチュラルな葉っぱ柄と合わさって とっても素敵だと思います。 柔らかな雰囲気を壊さないよう、内布だけに接着芯を貼り、 表布にはキルト芯を重ねて使用しています。 KF:実際に作るときのアドバイスをお願いします。 三角布はロックミシンで端処理していますが、色を変えると可愛い飾りに。 縫い代を多めにとり、三つ折りで処理しても大丈夫です。 KF:田巻さん、どうもありがとうございました!ランチバッグの作り方プロセスも田巻さんに撮影していただきましたので、ぜひ、作り方シート(PDF と合わせて参考にしてくださいね。

次の

パンク系ファッションと組み合わせると最強なトートバッグの作り方

大きめ トート バッグ 作り方

帆布で作る場合は1cmで二つ折りするだけでも良いです。 ポケット1、ポケット2とも三つ折りした部分を直線で縫います。 2.バッグ本体を縫う 本体パーツもポケットも中芯から左右に10cmのところにチャコペンで印をつけます。 カバンテープは印をつけたところが中心になるように配置します。 ベルトの下端のきわを縫って仮止めし、その上に中表で底パーツを置きます。 本体パーツとポケット1とカバンテープと底パーツをぬいしろ1cmで縫い合わせます。 広げるとこんなかんじになります。 その上に、先ほど本体パーツと縫い合わせた底を中表で置いてクリップでとめます。 本体パーツとポケット2とカバンテープと底パーツをぬいしろ1cmで縫い合わせます。 綾テープを半分に折り、アイロンをかけます。 本体パーツと底パーツのぬいしろを綾テープで挟み、クリップでとめます。 挟んだ状態で縫っていきます。 本体パーツと底パーツを縫い合わせた糸より外側を縫いましょう。 本体パーツと底パーツを縫い合わせた部分にアイロンをかけます。 裏側の綾テープが底側にたおします。 底側1~2mmのところにミシンでステッチをします。 3.マチを作る 底の中芯と、中心から10cmずつのところに印をつけます。 中芯が谷、中芯から10cmのところが山になるように、底をM字に折りたたみます。 折りたたんだ状態でクリップをとめます。 両側をぬいしろ1cmで縫い合わせます。 両側のぬいしろを綾テープで挟んで縫います。 綾テープは口から6cmのところでとめます。 この時、生地が帆布などの太い糸で織られた生地であれば外側に折っても素敵なのですが、細い糸で織られた生地の場合は内側に折る方が良いです。 三つ折りした口をぐるっと一周縫います。 縫い終わりは返し縫いを忘れずにしてくださいね。 5.ハンドル部分を仕上げる 最初の方で印をつけた、中芯から左右に10cmのところからカバンテープをまっすぐ口まで伸ばして、まち針でとめます。 底の方から口に向かってカバンテープの両側を縫っていきます。 縫いました。 中に重たいものを入れる予定の場合は、青い点線のところも縫います。 6.ショルダーベルトをつける 両側の綾テープの中心に合わせ、カバンテープの下端が口から7cmのところになるように内側にとめます。 口の縫い目に合わせた部分と、上端から1~2mmくらいのところ2箇所でカバンテープを本体に縫い付けます。 縫い付けました。 7.カシメをつける カシメをつける前に、マチの三角の部分が左右対称になるように整えます。 ハンドルとショルダーベルトとマチの三角の部分に印をつけます。 印をつけた箇所に目打ちで穴をあけます。 反対側の布に穴をあけないように気を付けてくださいね~。 穴をあけたら柄が長い方のカシメのパーツを裏側から挿し込みます。 表側から柄が短い方のカシメのパーツをかぶせます。 下にゴム板かカシメ専用台を置き、カシメに打ち具をあてて金づちで打ちこみます。 打ち込みました。 たっぷりショルダートートバッグが完成! 12か所カシメをつけたら、たっぷりショルダートートバッグの完成です! お好みで、ハンドルを半分に折って縫っても良いですね。 マチ20cmの安定感! バイウォッシュ加工された8号帆布で作った方のバッグは、口の部分を外側に折り返しているのですが、ぬいしろの部分がアクセントになっていてかわいいです。 大きめの本もらくらく入ります。 A4も大丈夫です。 このバッグでわしわし歩きたい!! ショルダーベルトをバッグの中にしまって、トートバッグとしても使えますね。 4つあるポケットは表についているので、スマホや定期などを入れて取り出しやすいのも良いですね~。 シンプルでちょっと無骨な(そして大きい!)雰囲気の帆布のバッグを、女性が持つと、とてもおしゃれですよね。 小さなお子さまを持つママ用のマザーズバッグとしてもおすすめです。 ぜひ、ワードローブに取り入れてみませんか。 nunocoto fabricでは、すべての商品ページからが選択できるので、お好きな柄の布でたっぷりショルダートートバッグを作っても良いですね。 こんなふうに、内ポケットをつけても素敵ですよ。 でも、帆布って何でしょうか? 帆布とは、経糸、緯糸ともに太い糸で緊密に織られた厚手の丈夫な平織物です。 帆布は厚さによって番号がついているのですが、番号が少ないほうが厚く、多いほうが薄くなります。 6号帆布は、皆さんもよく知っているのではないでしょうか。 学校の体操マットに使用されているあの厚みですよ。 かなり厚い!) 自宅でバッグを作る場合は、8号から11号くらいが良さそうです。 それでも、ミシン針を厚地用に変えるのをお忘れなく~。 帆布に似た生地としては、キャンバス生地やダック生地があります。 この辺は厚みがによって言い方が変わるぐらいで明確な違いはありません。 ざっくりと同じ生地と思っていて問題はないようです。 当サイトnunocoto fabricで販売している 生地はすべて商用利用可能です。 催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。 また、サイト内で紹介している 無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。 ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。 こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、 無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。 nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。 申し訳ございません。

次の