金 の 相場。 田中貴金属工業株式会社|貴金属価格情報

金先物(NY・東京・ロンドン)のリアルタイムチャート

金 の 相場

19 6,572 -12 6,479 06. 18 6,584 -19 6,492 06. 17 6,603 -15 6,510 06. 16 6,618 -7 6,526 06. 12 6,582 -46 6,489 06. 09 6,565 -25 6,473 06. 08 6,590 -82 6,497 06. 04 6,598 -76 6,506 06. 27 6,537 -90 6,428 05. 26 6,627 -10 6,518 05. 22 6,615 -74 6,506 05. 21 6,689 -7 6,580 05. 19 6,572 -12 6,479 06. 18 6,584 -19 6,492 06. 17 6,603 -15 6,510 06. 16 6,618 -7 6,526 06. 12 6,582 -46 6,489 06. 08 6,590 -82 6,497 06. 04 6,598 -76 6,506 06. 27 6,537 -90 6,428 05. 26 6,627 -10 6,518 05. 22 6,615 -74 6,506 05. 21 6,689 -7 6,580 05. 19 6,634 -78 6,525.

次の

田中貴金属工業株式会社|日次金価格推移

金 の 相場

金利が上がっても引き続き金は上がると田嶋さん! 本来、金は「有事の金」と言われるように、政治的、経済的リスクを回避する資産として考えられていました。 リーマンショックや欧州債務危機から回復しつつある米国の景気が回復すれば、金価格は下がるのでは? と思われるかもしれません。 「確かに、景気回復が進み米国の金利が上がりドルが強くなると、金が売られ、金価格が足踏み状態になる可能性があることも考えておくべきでしょう」と田嶋さん。 一方で、米国の中央銀行FRB(連邦準備理事会)では、雇用が回復するまでは量的金融緩和を続けること、低金利政策を当面続けることを発表しており、すぐさま米国金利の上昇は考えにくいのが実情です。 「実は、米国がITバブル崩壊後、景気回復局面で2004年からFF金利(米国の政策金利)が上昇を続けた時期がありました。 普通に考えれば金は売られ下落するのですが、実際はインフレリスクを回避するために金は買われ、価格上昇が続いたのです」(田嶋さん)。 今後も、同様に米国の景気回復期待が高まれば、金利の上昇、株価は調整しながらも上昇、金価格も上昇というシナリオになると田嶋さんは予測します。 インフレリスクを回避するために金が買われた 金の希少性はますます高まり、金需要は減らない なぜ、これほどまでに金の需要が高まっているのでしょう。 金の希少性は以前から言われていたことですが、 近年、その希少性がさらに高まっていると田嶋さんは言います。 「金の最大の生産地である 南アフリカやカナダの生産量が、前年比で4割減。 それだけ採掘が非常に難しくなっているのです。 現状は、その分を環太平洋地域での生産量が増加して注目が集まっていますが、全体の埋蔵量に限りがあるのは変わらない事実」(田嶋さん) その希少性に拍車をかけているのは、各国が金の保有高を増やそうという動きにあります。 各国の中央銀行は外貨準備の一部として金を保有しており、米国中央銀行では約75%、ドイツ約71%、フランス約67%といずれも高い保有率を示しています(いずれも2011年6月時点。 ワールドゴールドカウンシル)。 経済発展が目覚ましい中国はというと、わずか1. 6%という保有率。 「外貨準備のほとんどをドル買いで行っていた中国が、せめて日本並みの3~5%まで引き上げようとしており、これを実現させるには、万トン単位の金が必要」(田嶋さん)というのです。 中国に限らず、米ドルで外貨準備をしていた新興国でも同じような動きがありますから、その金需要の高まりは驚くべきものです。 鉱山会社が生産する金の量は年間平均で約2500トンと言われていますから、金価格が上昇するのも自明の理。 金の埋蔵量が決まっていて生産も減少、需要は高まるなかで、ますます金の希少性は高まる一方。 為替の動向、欧米経済の立ち直り、インフレ懸念……と金を取り巻く情勢は日々変化していますが、金自体が持つ価値が変わらない限り、この金価格の上昇は当面続くと言えるのではないでしょうか。 監修/田嶋智太郎 経済評論家 取材・文/伊藤加奈子.

次の

22金(K22)相場情報

金 の 相場

ゴールドマン・サックスは1年後のについて、新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済へのショックを理由に従来の1トロイオンス=1800ドルの予想を維持した。 一方、3カ月後と半年後の予想を引き下げた。 貴金属情報ウェブサイトKitcoによると、ゴールドマンは金について強気の見通しを継続すると表明。 世界経済に対する予想を超える大きさのショックが、より大規模なリスク回避の動きをもたらす可能性が高いためという。 先週以降の金相場の下落の背景には「換金売りラッシュ」があると指摘し、金の強気派が買い玉を手じまったためと説明した。 さらにはこれまで金の保有を増やしてきた主要産油国ロシアの中央銀行が、原油相場の急落により金の購入を停止し、恐らくは売却したとみられることも金の下落の一因との見方を示した。 金相場は短期的にボラティリティが高まると予想。 3カ月後と半年後の予想はいずれも100ドル引き下げ、それぞれ1600ドルと1650ドルとした。 とりわけ中央銀行による金の購入減少が相場を抑制するとし、特にロシアは原油安により金の購入資金が従来よりも減少するとの見方を示した。 その上で、2008~09年の金融危機時に金相場は5カ月で27%超下落したが、その後、1900ドル超に向けた上昇が始まったと付け加えた。 換金売りからリスク回避買いへ ゴールドマンは、金の換金売りはいずれ和らぎ、経済ショックへの懸念に基づく買いがこれに取って代わると予想。 08年の金融危機の際は、同年11月の米連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和の発表が転換をもたらしたと指摘した。 今回はFRBが15日に米国債と住宅ローン担保証券(MBS)の7000億ドルの買い入れ方針を発表しており、前回の危機よりも金の回復は早いだろうと予想する。 17日のニューヨーク金先物相場は6営業日ぶりに反発。 ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である4月限は前日比39. 3ドル高の1525. 8ドルで終えた。 16日は一時は1450. 9ドルと中心限月として19年11月以来約4カ月ぶりの安値を付けていた。 金先物相場は今月8日、約7年3カ月ぶりに1700ドル台に乗せる場面があった。 本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。 本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。 また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。 投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。 本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。 取引画面にてご確認ください。 ただしFXは一般社団法人金融先物取引業協会が算出した為替リスク想定比率以上となります。 為替リスク想定比率は金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出されます。 株式CFD取引・両替・口座管理・出金の各手数料、ライブデータ・チャートの各利用料、スワップポイント、調達コスト、配当金相当額、借株コスト、ノースリッページ注文保証料、ノックアウトプレミアム。

次の