インスタ gif ハート。 インスタ「gifスタンプ」の詳細や使い方やお洒落なアレンジなど徹底解説

インスタ「gifスタンプ」の詳細や使い方やお洒落なアレンジなど徹底解説

インスタ gif ハート

このページの目次 CLOSE• インスタでGIFスタンプを送る3つの方法 インスタでは、ダイレクトメッセージ、ストーリーズ、通常の投稿の 3つでGIFスタンプが送れます。 通常の投稿に彩を加えることができるので、GIFスタンプを使うと「いいね」を集めやすくなるでしょう。 それぞれ操作する方法が異なるので、3つの方法を別々に紹介していきますね。 次にGIFを送りたい相手とのトーク画面を開き、画面右下にある 「GIF」のボタンをタップします。 画面が切り替わるので、 「GIRHYで検索」という欄にキーワードを入力。 するとGIFが一覧で表示されるので、好きなものを選びメッセージ書いて送信しましょう。 これでダイレクトメッセージに、GIFスタンプを送ることができました。 もし検索結果が多く、どれを選んだらいいのか迷ったらGIFスタンプ一覧にある 「ランダム」を選択してみてください。 ランダムを選ぶと、検索結果の中からランダムでGIFスタンプが選定されます。 次にストーリーを投稿する画面を開き、添付する写真や動画を選んでください。 選び終わったら画面右上にある、 「スタンプ」のアイコンをタップ。 各種スタンプが表示されるので、 「GIF」というスタンプを選択。 「GIRHYで検索」という欄に、ワードを入力しGIFを選びましょう。 画像にGIFが配置され、拡大や縮小、さらには移動もできるので好きな所に配置していきます。 完了したら、いつものように投稿すればアニメーションのスタンプを載せることができます。 ですから「GIPHY」というアプリを使って、GIFを動画に変換する必要があるのです。 GIPHYのアプリを起動したら、検索欄に英単語を入力して検索してください。 投稿するGIFが決定したらタップし、画面右下にある 「シェア」のアイコンを選択しましょう。 どうやってシェアするかを問われるので、 インスタグラムを選びます。 すると自動的に動画に変換され、スマホ端末に保存されます。 保存が完了したら 「フィード」という部分をタップすると、自動的にインスタグラムのアプリが起動。 あとは保存された動画を投稿すれば、GIFの投稿が完了です。 インスタのGIFスタンプをカスタマイズする方法 インスタのストーリーで使えるGIFスタンプは、色々と カスタマイズができ自分らしさを表現できます。 では具体的に、どんな事ができるのかをここで紹介していきますね。 まずピンチ操作をすることで、 拡大・縮小ができます。 GIFスタンプを目立たせたい場合や、逆に目立たせたくない時に利用できるでしょう。 また、GIFスタンプを1回タップすると 反転が可能です。 目的に合わせてカスタマイズができるので、ぜひ覚えておいてください。 インスタのGIFスタンプが使えない時の対処法 GIFスタンプを使いたいのに、なぜか消えてしまった…。 そもそもGIFスタンプの表示すらない…。 こんな不具合が確認されたとき、どうしたらいいのでしょうか? まず試してほしいのが、 「インスタグラムのアプリを最新バージョンに更新する」というものです。 GIFスタンプは、2018年に実装された新機能なので、ずいぶんとインスタアプリを起動していないなら実装されていないバージョンの可能性があります。 自動アップデートをオフにしていると、手動で更新をしなければならず、うっかり更新作業をしていなかったという可能性もあるでしょう。 まずはインスタを最新バージョンに更新し、 GIFスタンプが実装されているバージョンにしてください。 これで、GIFスタンプが使える可能性があります。 もしこれでもGIFスタンプが使えないなら、スマホを再起動したり、インスタアプリをいったん削除し再インストールしてみましょう。 インスタのGIFまとめ インスタではGIFスタンプを使えるようになり、 様々な種類があると分かりました。 GMやストーリー、さらには通常の投稿で、GIFを添付する方法が異なるので注意が必要です。 GIFがあると、写真がよりオリジナリティ溢れるものに仕上がるので、積極的に使っていきましょう。

次の

インスタグラムのストーリーで使える!簡単オリジナルGIF、GIFステッカーの作り方

インスタ gif ハート

インスタに「gifスタンプ」が登場 インスタに1月23日前後から新機能「gifスタンプ」が登場しました。 「gifスタンプ」とは動くアニメーションスタンプのことです。 インスタには可愛い、面白い、オリジナルな動くスタンプが多数登場しました。 「gifスタンプ」の使い方 「gifスタンプ」の使い方を解説していきます。 まずインスタのストーリーを投稿するマークをタップしましょう。 動画や写真を撮影したり、左下から既存の写真を選択したりしましょう。 右上のスタンプマークをタップしましょう。 次に「GIF」マークをタップしましょう。 すると可愛い「gifスタンプ」が表示されます。 タップすると写真や動画に表示されます。 「gifスタンプ」を拡大・縮小するには ピンチ 指を開いたり、閉じたり で拡大・縮小出来ます。 「gifスタンプ」を検索するには 上記の手順で「gifスタンプ」を表示すると上に検索バーが表示されますので、検索したいワードを入力しましょう。 「ハート」「くま」「服」「キャラクター」など入力すると、スタンプが表示されます。 「gifスタンプ」を反転するには 「gifスタンプ」を反映するには「gifスタンプ」をタップするだけで、反転します。 スタンプ反転したい場合は、スタンプをタップしましょう。 「gifスタンプ」が使えない場合の対処法 インスタで「gifスタンプ」が使えない場合は、インスタのアップデートを行いましょう。 まず「AppStore」をタップしましょう。 次にアップデートをタップしましょう。 これでアップデート完了しましょう。 再起動しましょう 上記を試しても解決しない場合は、携帯の再起動を行いましょう。 インスタの「gifスタンプ」のお洒落な使い方 インスタで「gifスタンプ」をお洒落に使うアレンジする方法を徹底解説しています。 色を統一する 写真を映えさせつつ、しかし写真の良さを消したくない場合は「gifスタンプ」は写真と色を統一しましょう。 全く同じは良くないですが、写真が薄い色の場合はスタンプもあまりPOPな色ではなく淡い色に合わせるなど統一しましょう。 キャラクターを上手く使う 「セーラームーン」や「ハローキティ」「ポムポムプリン」などのサンリオキャラクターのスタンプも多数あります。 写真がシンプルだけど「盛り上げたい」「可愛さをプラスしたい」「明るさをプラスしたい」などの場合にオススメです。 アイテムと同じ「gifスタンプ」を使う 写真や動画に写っているアイテムに合わせるのが、お洒落ポイントです。 ハートやバック、コーヒーカップなど写真に写っているポイントに合わせて、同じポイントの「gifスタンプ」を挿入することによりお洒落なアレンジ出来ます。 方向性を合わせる 写真や動画の方向性や向きや軸の動きに合わせた「gifスタンプ」を使うと、軸がハッキリしてお洒落に写真を映えさせることが出来ます。 編集後記 今回はインスタの新機能「gifスタンプ」の詳細や使い方お洒落なアレンジを徹底解説させていただきました。 「gifスタンプ」は使い方によって、お洒落にも格好良くも可愛くもなりますので自分だけのオリジナルストーリーを作ってみましょう。

次の

インスタグラムのストーリーで使える!簡単オリジナルGIF、GIFステッカーの作り方

インスタ gif ハート

インスタグラムのタイムラインは流れが早く、少しでも多くのユーザーにアカウントを認知してもらうためには投稿数を増やすか、少し変わった投稿をするか、ハッシュタグを工夫するかの3つの方法が主となっています。 投稿数を増やす、ハッシュタグを工夫するというのはマストですが、撮影やハッシュタグ分析などに時間がかかってしいがちです。 こんにちは。 白石ふくです。 今回は、 少し変わった投稿でアカウントの認知度アップを目指すために知っておきたい、LINEを使用してGIFアニメーションを作成する方法をご紹介します。 作成したGIFアニメーションは、保存してインスタグラムに投稿することも可能です。 静止画や動画が多いタイムライン上でGIFアニメーションを投稿すれば、注目されること間違いないので試してみてくださいね! LINEでGIFアニメーションを作成してみよう 事前準備として、 LINEでGIFアニメーションを作成する際は、あらかじめ自分のみ参加しているトークを作成しておくことをおすすめします。 理由は、自分のみのトークを作成しておけば、作ったGIFアニメーションを誤って誰かに送信してしまう心配が無いからです。 まず、自分のみのトークを作成しましょう。 LINEアプリを起動し、友だちを追加する画面を表示します。 「グループを作成」という項目が表示されますので、ここをタップしてください。 「グループ作成」画面が表示されますので、グループ名を入力します。 参加するのは自分だけなので、自分が分かりやすいグループ名であればなんでも構いません。 グループ名を入力したら、そのまま画面右上の「保存」をタップします。 これで、自分だけが参加するグループの作成が完了しました。 今回のようにGIFアニメーションを作成する際はもちろん、例えば 購入したスタンプを試しに使ってみたい場合や、スマホで撮影した写真をパソコンに送信したい場合など ただしこの場合はパソコンにLINEアプリをインストール、ログインしておく必要があります にも応用できます。 自分のみのトークルームを作成したら、GIFアニメーションの作成をはじめるのですが、 あらかじめ素材となる静止写真を撮影しておいてくださいね。 また、 LINEアプリを最新バージョン 7. 0 にアップデートしてからGIFアニメーションの作成をはじめることもお忘れなく。 これらの準備が整ったら、テキストの入力ボックス横に表示されているプラスアイコンをタップします。 メニューが表示されますので「写真」を選択します。 スマホのカメラロールが表示されますので、 GIFアニメーションの元となる写真を2枚以上選択してください。 写真を選択すると、画面左下に「GIF」というアイコンが表示されますのでタップします。 選択した写真を元に作成されたGIFアニメーションのプレビュー画面が表示されます。 ここでは タテヨコ比率 オリジナルまたは1:1のいずれか ・再生速度 -3Xから3Xまで を調整することができます。 調整が終了したら、画面右下の「送信」をタップしてください。 「送信」をタップすると、自分のトークルームにGIFアニメーションが送信されます。 iPhoneの場合、カメラロールにはGIFアニメーションを保存することができないため、ここでパソコンを立ち上げてLINEにログインしてください。 ログインして自分のトークルームを見ると、GIFアニメーションが送信されていることが分かります。 確認ができたら 「ダウンロード」をクリックして、作成したGIFアニメーションをパソコンのどこかに保存してください。 作成したGIFアニメーションをインスタグラムへ投稿してみよう 作成したGIFアニメーションをインスタグラムへ投稿したいのですが、 インスタグラムではGIFアニメーションをそのまま投稿すると静止画となってしまいます。 そのため、 作成したGIFアニメーションを動画に変換する一手間を加えないといけません。 ここでは、おすすめの動画変換サービスを使用して、GIFアニメーションをアップロードして動画に変換する方法ををご紹介します。 GIFアニメーションを動画に変換する こちらは、GIFアニメーションを動画に変換することができる無料のWebサービスです。 このサービスを使用すると、通常インスタグラムにアップロードすることができないGIFアニメーションを、インスタグラムへ投稿できる動画に変換することができます。 サービスを利用するためにログインやユーザー登録なども必要ないため非常に便利です。 サービスへアクセスしたら 「ファイルを選択」をクリックし、先ほどパソコン上に保存したGIFアニメーションをアップロードします。 フレームレートを調整したり出力形式を選択することも可能ですが、今回はインスタグラムにアップロードすることが前提ですので、 出力形式は「. mov」または「. mp4」を選択してください。 アップロード後に「変換」をクリックすると、変換・ダウンロードが自動で行われます。 動画に変換されたGIFアニメーション動画を、パソコンからLINEにアクセスして自分のトークルームに送信します。 スマホで動画を確認したら画面右下に表示されているアイコンをタップし、動画をスマホに保存します。 これで投稿する準備が整いました。 インスタグラムアプリを起動し、保存した動画を通常どおり投稿します。 ここで注意したいのは、 3秒以上の動画でなければ投稿できません。 3秒以上になる動画を再度作り直すことができればいいのですが、そのまま3秒未満だった動画を投稿したい場合は、ストーリーとして投稿しましょう。 画面を右にスワイプして撮影画面を表示します。 その後、 画面を下から上にスワイプして表示される「24時間以内」のコンテンツから、保存した動画を選択して投稿してください。 これでインスタグラムへの投稿が完了です。 まとめ GIFアニメーションをインスタグラムへ投稿する時は、少し面倒な作業が必要となりますが、慣れてしまえば素早く処理することができます。 忘れてはいけないのが、インスタグラムに投稿する際は「動画」として扱われるため、動画の長さが3秒以上が必要になることです。 ちなみに、再生スピードとフレームレートをデフォルトのままにした状態で、写真を20枚選択して変換すると8秒の動画になりました。 どうしても3秒未満の動画になってしまう場合は、GIFアニメーションを作成する段階で、選択する写真の枚数を工夫するようにしましょう。 GIFアニメーションはインスタグラムへ投稿できない形式のため、ご紹介した方法で投稿すれば目を引く投稿になることまちがいなしです。 まずは一度試してみてくださいね! 以上、白石ふくでした。 この記事を書いた人 時間 2017. 人気記事ランキング カテゴリー• 人気キーワード•

次の