ダイエット ウエスト。 【体験談】腰回しダイエット1か月でウエスト引き締め効果が!方法を解説

短期間でウエスト痩せ!簡単で即効性のあるウエストのダイエット方法20選|CALORI [カロリ]

ダイエット ウエスト

ダイエットを考えている人の多くはウエストをを細くしたいと考えています。 ウエストは簡単に痩せてくれるようでなかなか痩せてくれない場合が多いので、ウエストのためのダイエットも必要になります。 ではウエストダイエットはどのような方法をしていけばよいのでしょうか。 ウエストダイエットで大事になるのが3つになります。 カロリーの摂取を控えるようにする、運動をする、腹筋を鍛えるようにすることです。 どのダイエットでもそうですが、カロリーを抑えることが重要としていて、これができていないと当然痩せてくれません。 そして運動は絶対に必要としていて、運動することによって代謝機能が上がりエネルギー消費が増えてくれます。 特にウエストの場合内臓脂肪が溜まっている状態で、内臓脂肪はなかなか燃焼してくれない脂肪です。 なのでより消費しやすい状態にしてあげることが大事になりますので、運動は無理のない程度でも良いですので絶対にしましょう。 さらにお腹の場合、筋肉がなくてたるんでいる状態でもぽっこりと太って見えてしまいます。 そのため筋肉を鍛えてたるまないようにすることも必要としているので、腹筋を鍛える運動も必要になってきます。 ウエストを痩せるのはかなり大変になってきますので、ウエストダイエットする場合はある程度の覚悟をして頑張るようにしてください。 効果的な運動は? ウエストをより痩せるために必要としているのが運動になります。 しかしどの運動でもしっかりとウエストが痩せてくれるのかというとそうではなく、効率が良い運動をしていないと痩せてくれません。 ではウエストダイエットで効率的な運動はどれをすればよいのでしょうか。 ウエストを効率的に痩せられる運動になるのが、エクササイズをすることです。 ジョギング、そして腹筋をする方法でもウエストを細くすることが出来ます。 ただこれらの方法で問題になるのがとてもつらいという部分で、これがあるからこそ長続きしてくれません。 長続きさせて毎日できるようにすることが一番になりますので、そこまで辛くないエクササイズすることがオススメです。 もう1つオススメしたいのが、腕振り運動する方法です。 走るのではなく、走るように腕振りするだけでもウエストダイエットが可能になります。 これならそこまで辛くない運動でもあるので、毎日続けることが可能です。 運動する場合、毎日続けることが最も有効的な方法になるので、毎日続けられる方法で運動していきましょう。 腹筋は効果的なのか? ウエストダイエットでよくやっている方法の一つになるのが腹筋になります。 お腹の筋肉を使うことでその部分を痩せようとするこの方法ですが、そこまで効果的ではないのでそこまでオススメしません。 ではなぜ効果的ではないのかというと、 それは辛い部分が勝ってしまうからです。 腹筋はかなり辛い運動の一つで、なかなか回数を続けることが出来ません。 ウエストを補足するための腹筋運動はかなりの回数していないとカロリー消費をしてくれませんし、そこまで筋肉を使うことがありません。 そのため、ダイエット効果よりも辛い部分が勝ってしまい続けることができなくなってしまうためそこまで効果的ではありません。 腹筋するよりもオススメなのがエクササイズなど比較的軽い運動をすることです。 とくにボクシングを使った運動などは腰をひねる動作がウエストに効果的です。 大変な運動よりも毎日続けられる運動のほうがウエストダイエットには効果的になりますので、腹筋がとても好きという人以外は違う方法でウエストダイエットをしていきましょう。 おすすめの器具は? より効率的にダイエットするためには器具を使用することもオススメします。 ではウエストダイエットを目的としている場合、どのような器具がオススメになるのでしょうか。 一番オススメしたい器具になるのがフラフープになります。 腹筋を補助してくれる器具などウエストダイエットを目的としている器具は数多くあるのですが、ただ欠点を言うと高いことです。 どうしても高くなってしまっているのがウエストダイエットの器具で1万円以上してしまう場合がかなり多いです。 フラフープなら2千円しないで購入可能としていますのでかなり簡単に手に入れることができます。 フラフープはウエストダイエットに最適な運動の一つになります。 フラフープならそこまで辛い運動ではないけれどもそれなりにカロリー消費が期待できますし、さらにお腹を刺激することで便秘解消も可能としています。 遊びのように楽しくダイエットするのもOKですので、器具で安くを求めているのならフラフープを購入してみてはいかがでしょうか。 短期間で細くするには? ダイエットは長期間続けることが必要としている場合が多く、短期間で成果を出すのはかなり難しくなります。 特にウエストはなかなか脂肪燃焼をしてくれなくて、内臓脂肪が多ければ多いほどそれだけ時間が必要としてしまいます。 では短期間でウエストダイエットは出来ないのかというとそうではありません。 ウエストダイエットを短期間で成果を出すために必要としているのが、 鍛えることそして便秘解消することです。 脂肪燃焼をさせるのはどうしても限界があり短期間でしっかりと痩せてくれるわけではありません。 なので他の方法で痩せているように見せないといけないので、そのためには鍛えることが必要です。 年齢によってですが筋肉がほとんどない状態になると垂れ下がってしまいそれがお腹太りをしているように見せてしまいます。 なので腹筋そして胸の筋肉などを鍛えるようにしてたれないようにすれば、ある程度改善できます。 そして便秘しているのも太って見えてしまう原因の一つです。 下剤ではなく酵素や乳酸菌を利用して便秘解消をしてあげればこれもまた短期間で効果が出てくれます。 ただこれらは根本的なダイエットではありませんので、より痩せるためにも継続的にダイエットしていくことが必要です。 ウエストが気になる方へシボヘール! 機能性表示食品のシボヘールはお腹やウエスト周りが気になる方に人気の商品です。 実は骨盤の歪みが原因かも!? 腹筋にフラフープに有酸素運動などたくさんウエストダイエットを頑張っているけど、全然効果が出てこない。 そんな方はもしかすると骨盤の歪みが原因になっているかもしれません。 短期間でウエストダイエットをするのは難しいものがありますので、ある程度の期間を設けて運動と食事をあわせたダイエットをおすすめいたします。

次の

ウエストダイエット短期間で引き締め効果の出る方法!

ダイエット ウエスト

腰回しダイエットをはじめたきっかけ 日頃から、いかに楽して痩せられるかを研究している私。 腰をぐるぐる回すだけでウエストにくびれができるという方法を、インターネットで見つけたので実践してみることにしました。 「今年の夏はビキニを着たい」という気持ちで頑張った、「腰回しダイエット」についてレポートします。 簡単にできる腰回しダイエットの方法 「腰回しダイエット」はメディアで取り上げられたこともあるので、やったことがあるという方も多いかもしれません。 ただ、自分の腰回しの方法で正しいかどうか不安になり、途中で止めてしまう人も多いのだそう。 私は腰回しダイエットの方法をネットで調べて、数ある記事の中から共通する特徴を選び、実践してみました。 骨盤周りの固まった筋肉をほぐすことができ、骨盤矯正効果も期待できるからです。 最初の1日目は10分間が長く感じましたが、2日目からはテレビを観る・歯を磨くのと一緒に「ながら」でおこなったため、あっという間でした。 腰回しダイエットで感じた3つの嬉しい効果 腰回しダイエットを1ヶ月続けて感じた効果は次の3つ。 まだビキニを着ることはできませんが、このまま継続して67cmを目指そうと思います!1cmサイズダウンすると、パンツが緩くなるなど、ちょっとした嬉しいことも出てきました。 インナーマッスルは姿勢を保持する筋肉。 ここを鍛えることで、意識しなくても良い姿勢を保てるようになります。 私はひどい猫背で、常に背中が丸い状態でした。 しかし、腰回しダイエットをしてからは「姿勢が良くなったね」と家族に言われるようになりました。 また、姿勢が良くなったおかげなのか、肩こりが解消したような気がします。 続けていけば、こりがとれて、もっと楽になるかも、と思いました。 ぴったりとしたスキニーパンツを履いても、ヒップやウエストにゆとりができるほどに。 スキニーをよく履く私には、嬉しい効果でした。 腰回しダイエットのメリット・デメリット 腰回しダイエットのメリット・デメリットをまとめました。 その反面、腰回しダイエットは、コストも移動時間もかかりません。 すぐに始められるのがいいと思いました。 腰回しダイエットなら、子どもも一緒になって楽しみながらおこなうことができます。 また、骨盤矯正の効果も期待できるようなので、産後ダイエットにもオススメです。 ただし、産後1か月間は母体の回復期間でもあり、安静に過ごさないといけません。 腰回しダイエットは1か月検診でお医者さんに相談し、許可をもらってからにしてください。 デメリット ついうっかり忘れてしまう 特にこれといったデメリットはありませんでしたが、あまりにも簡単すぎてうっかり忘れてしまうことが挙げられるかもしれません。 特に土日などでバタバタした日には、「今日はもう腰回しダイエットをしたっけ?」とわからなくなったことも。 私はトイレのカレンダーにシールを貼るようにして、トレーニングのし忘れを防止していました。 トイレに行くたびに「今日はまだしてない!しなきゃ!」とモチベーションUPにもつながります。 腰回しダイエットの注意点 腰回しダイエットの注意点をご紹介します。 食後の腰回しは控える 食後に腰を回すと、胃腸に負担がかかるそうです。 食後30分は、控えるようにしましょう。 私は、夕食前に、子どもと遊びながらおこなうことが多かったです。 職場のトイレでおこなっている人も多いのだとか。 腰痛がある場合、体調を考慮する 腰痛がひどい方は、腰回しダイエットを控えたほうが良いようです。 腰を回すと少なからず負担がかかるので、腰痛がひどくなってしまう可能性があります。 体調のいい時に自分のペースでおこない、異常を感じた時は、医師の診察を受けるようにしましょう。 腰回しダイエットでウエストをキュッと引き締め 「テレビを観ながら」「子どもと遊びながら」「歯磨きをしながら」など、「ながらダイエット」をできる点が、腰回しダイエットの魅力でもあると思います。 忙しくてもわずか10分程度、家でおこなえるダイエット法なので、興味がある方は是非試してみてはいかがですか? 私も目標のウエストラインを目指して、夏にビキニを着ることができるように毎日続けたいと思います。

次の

ウエストダイエット短期間で引き締め効果の出る方法!

ダイエット ウエスト

関連記事 ・ ・ ウエストのくびれを作る5つの準備 ウエストのくびれを作るためには、ただ単にお腹周りをエクササイズしてダイエットすれば良いというわけではありません。 むやみにエクササイズをしても、きちんと準備をしていなければ、その効果はなかなか現れません。 ウエストのくびれを作るための 体の準備を整えて、エクササイズの効果が最大限に現れるようにしておく必要があります。 体を冷やさない まずは、体を冷やさないように注意しましょう。 体を冷やすと代謝が落ちますので、太りやすく、 痩せにくい体になってしまいます。 そうすれば、くびれを作るのは難しくなります。 また、冷え性の人はリンパの流れが悪いので、 体がむくみやすくなり、これまたくびれが出にくくなります。 だから、体を冷やさないように注意してください。 具体的に、次のことを行いましょう。 ・体の冷えを予防できる ・代謝をアップできる ・むくみにくくなる ・便秘を解消しやすくなる お風呂にゆっくり入って、体を温めることで、これらの効果を期待することができます。 湯船にゆっくり入るだけで、くびれができやすくなるのです。 しっかり睡眠をとる くびれを作りたい人は、睡眠はしっかり取りましょう。 睡眠とくびれはいまいち関係がないように思えるかもしれません。 でも、睡眠をしっかり取ると、 代謝をアップさせる成長ホルモンがドバドバ分泌されるようになるのでダイエットしやすくなります。 また、きちんと睡眠をとると、レプチンという痩せホルモンが分泌されて、食欲を抑えることができるので、くびれを作る準備のためには睡眠はとても大切なのです。 食べ過ぎには十分に注意する くびれダイエットのためには、食べ過ぎには注意しましょう。 これは、くびれを作るための基本中の基本であり、絶対に必要なことです。 食べ過ぎてしまったら、 カロリーオーバーになり、ウエスト周りに脂肪がたっぷりついてしまいます。 また、食べ過ぎると、お腹がぽっこり出てしまうので、くびれが目立たなくなってしまいます。 特に、「今日はくびれを強調したい!!!」という勝負の日は、断食(ファスティング)とは言いませんが、食事は前の日から控えめにしておいた方が良いでしょう。 正しい姿勢を保つ くびれを作るダイエットのための準備、最後は正しい姿勢を保つことです。 猫背気味の人は、今すぐ背筋を伸ばして、正しい姿勢を作るようにしましょう。 そうするだけで、くびれが見えてくることがあります。 猫背だと、お腹周りに脂肪が溜まりますが、 背筋を伸ばすとその脂肪も一緒に伸びるので、お腹周りの脂肪が薄くなるのです。 また、正しい姿勢を保つとインナーマッスルを鍛えることができるので、代謝を上げて痩せやすい体を作ることができます。 即効性あり!くびれを作るウエストダイエット くびれを作るためのウエストダイエットの準備が整ったら、さっそく本格的にダイエットを始めていきましょう。 今からご紹介するダイエット方法は、即効性があるものばかりです。 早く効果を出したい人は、とにかく毎日この4つのことを行うようにしましょう。 ちょっとした空き時間にできるものばかりですので、「とにかく時間がある時にはやってみる!」ことを意識してどんどんやりましょう。 出典: では、8の字ダイエットのやり方の動画をご覧ください。 腰を8の字に回すことで、腹斜筋を集中的に鍛えることができるので、ウエストを引き締めてくびれを作ることができるんです。 この8の字ダイエットは、実は私もやったことがありますが、効果はきちんとあります!1週間くらいで、鏡を見ると、「あれ?私、くびれてるじゃん!」と思うことができました。 しかも、この8の字ダイエットは有酸素運動になるんです。 ゆっくり8の字に腰をずっと回していると、いい感じに息切れして、心拍数が上がってきます。 だから、この8の字ダイエットをしていると 腹斜筋を鍛えて引き締めつつ、脂肪を燃焼させることができるので、一石二鳥のエクササイズなんです。 フラフープ 出典: くびれのためのウエストダイエット、続いておすすめしたいのはフラフープです。 フラフープもくびれ作りにはピッタリのエクササイズなんです。 フラフープも先ほどの8の字ダイエットと同じように、 腹斜筋を集中的に鍛えることができます。 インナーマッスルも鍛えることができますね。 さらに、有酸素運動にもなるので、引き締め+脂肪燃焼効果があります。 だから、しっかりくびれを作ることができるんですね。 ドローイン くびれ作りにおすすめダイエット、3つ目はドローインです。 <ドローインのやり方> 1.仰向けに寝て膝を立てる 2.骨盤の横に手を置く 3.鼻からお腹に空気を入れて膨らませるようにゆっくりと息を吸う 4.お腹と背中をくっつけるイメージで、ゆっくりと口から息を吐いていく 5.これ以上息を吐けないというところで、最後に息をフッと強く吐く これが、ドローインの基本的なやり方です。 ドローインは、基本的にインナーマッスルを鍛えるためのエクササイズですので、ドローインをやり続けても1週間程度でくびれを作ることはできないと思います。 つまり、即効性はありません。 でも、ドローインを続けていけば、くびれを作ることはできます。 そして、何よりドローインはちょっとした空き時間に簡単に、しかも人に気づかれないようにできるというメリットがあります。 ご紹介した動画では、仰向けになって行っていますが、慣れてくると 立ったままや座った状態でドローインができるようになります。 だから、外出時の信号待ちの時、待ち合わせで待っている時、オフィスでの休憩時間、テレビを見ながらなどでくびれを作るためのダイエットができるんです。 ドローインは即効性はないものの、 くびれ作りのための補助的なエクササイズとしておすすめしたいですね。 くびれ作りエクササイズ くびれ作りに効果があるウエストダイエット、最後はくびれ作りエクササイズです。 <くびれ作りエクササイズのやり方> 1.うつ伏せになる 2.腕を伸ばした状態で床について、上体を起こす 3.四つん這いの状態になり、右手と左足を伸ばす 4.右手と左足を体の中心に寄せて、また伸ばす。 5.これを20回繰り返す 6.次は左膝を外側を通って左ひじにタッチさせるようにする 7.脇腹を収縮させることを意識する 8.逆側も同じように行う このエクササイズは腹斜筋はもちろんですが、インナーマッスルや腹筋を割るには欠かせない腹直筋を鍛えることができるので、 くびれはもちろんですが、ウエスト全体を引き締めることができます。 キレイなくびれを作るには、こちらのエクササイズもおすすめです。 <くびれ強化エクササイズのやり方> 1.仰向けになり、膝を90度に曲げた状態で太ももが床と垂直になるようにする 2.手は耳に添えておく 3.右ひじと左ひざをくっつける 4.この時、右脚はまっすぐ伸ばすようにする このエクササイズは、腹斜筋を重点的に鍛えることができて、きれいなくびれを作ることができますよ! キレイなくびれを維持するためには「継続は力なり」 即効性のあるくびれ作りのためのダイエットエクササイズをご紹介しました。 ご紹介したダイエットを本気で行えば、1週間程度で効果が見えてくると思います。 ただ、きれいなくびれを維持するためには、効果が見えたらそこで終了ではいけません。 エクササイズを終了したら、きっとすぐにくびれが消失してしまって、寸胴ウエストに逆戻りになります。 だから、きれいなくびれを維持するためには、ご紹介した ウエストダイエットのエクササイズを継続して続けけていくようにしましょう。 そうすれば、キュッと引き締まったきれいなくびれを維持することができますし、くびれだけでなく、お腹周り、さらには全身のダイエットができて、人から羨ましがられるスタイルになることができるはずです。 くびれを作るウエストダイエットについてのまとめ ・ウエストのくびれを作る方法 「脂肪を燃焼させる」「腹斜筋を鍛える」 ・ウエストのくびれを作る準備 「体を冷やさない」「お風呂にゆっくり入る」「しっかりと睡眠をとる」「食べ過ぎには注意」「正しい姿勢を保つ」 ・即効性が高いくびれを作るウエストダイエット 「8の字ダイエット」「フラフープ」「ドローイン」「くびれ作り」「エクササイズ」 ・キレイなくびれを維持するためには、ウエストダイエットのエクササイズを続ける くびれを作るための即効性のあるウエストダイエットの方法をまとめました。 キュッと引き締まったウエストは、本気で取り組めば1週間程度で効果が現れてくるはずです。 ただ、くびれができたからと言って、そこでダイエットを止めてしまったら、またくびれがない寸胴ウエストになりますので、くびれのためのエクササイズは、ずっと継続していきましょうね!.

次の