就労 ビザ 取得 方法。 就労ビザの期間とは?取得・更新方法を解説

マレーシアのビザ11種類の特徴と申請方法と徹底解説!

就労 ビザ 取得 方法

ドイツ在住6年目になりました。 その間にビザを 4回切り替えた私ですが、つくづく感じるのが 「ドイツで仕事するのって難しい、、、」ということ。 特に、ドイツ人との婚姻に依らずにドイツで働きたい場合に取得する 「就労ビザ」で働くのが1番難しいと感じます。 というわけで、今回の記事では ドイツの 就労ビザにスポットを当てて、その取得方法や問題点をまとめていきます。 ドイツの「就労ビザ」とは 「就労ビザ」と書きましたが、実際には ドイツに「就労ビザ」と名の付く査証はありません。 滞在許可証(Aufenthaltserlaubnis)に労働許可の付いたもののことを、この記事では便宜上 「就労ビザ」と呼ばせていただきます。 ドイツで働くことの出来るビザは、主に以下の4種類があります。 ワーホリビザ• 就労ビザ• 婚姻ビザ• 永住権 永住権はドイツに数年住んでいないと取れないので、1番最初にドイツに移住する際は ワーホリビザか 婚姻ビザを取得する方がほとんどです。 (学生ビザでもドイツに滞在は出来ますが、月々稼げるお金に制限があるため今回の記事では除外します。 ) ただし、 婚姻ビザはドイツ人のパートナーが居ないと取れませんし ワーホリビザには年齢制限があり、その枠から外れてしまうと取ることが出来ません。 いろいろあるビザの中でも 就労ビザは ワーホリや婚姻ビザに該当しない方でもドイツで就職することのできる唯一のビザ です。 就労ビザの取得方法 就労ビザは• 仕事先と一緒に申請する必要があり• 取得後はその仕事先でしか働くことが出来ない という特徴があります。 ですので、就労ビザを取得するためにはまず 仕事先を見つける必要があります。 そしてその仕事先で、 正社員として雇ってもらいます。 (もしくは、雇ってもらう約束をします。 日本のように、週40時間働く人が正社員というわけではありません。 就労ビザ取得の際には• 年金や税金を納めているか• 健康保険に加入しているか• 生活していくのに足るだけのお金を稼いでいるか などをチェックされますので、必然的に正社員として働くことが求められます。 その人の生活状況によっても必要額は変化するようです。 その他にも、人事の指示で 「なぜドイツに居たいのか」というラブレター(!)を書いて申請書に添えたりもしました。 就労ビザ申請時の事情に関しては、勤務先の人事担当の方が1番詳しいと思うので 勤務先とよく相談する必要があります。 とにかく、就労ビザ取得のためにあなたがするべきことは• ビザサポート可能な勤務先を見つけること の1点に限ります。 ドイツ就労ビザの問題点 「ビザサポート可能な勤務先を見つける。 」 文字にするのは簡単ですが、 これがなかなか難しい。 ではなぜ、ビザサポート可能な勤務先を見つけるのが難しいのか。 そして、ドイツで就労ビザを取るのは難しいのか。 以下では、その理由と就労ビザの問題点について挙げていきます。 ビザサポートに積極的な企業が少ない 就労ビザは、勤務先の企業とあなたが一緒に申請するものですが ビザ申請には当然時間や手間・お金がかかるため、就労ビザ目当ての人は敬遠されやすいです。 もし同じ能力を持つ、働けるビザ(ワーホリや婚姻ビザ、永住権)を持つ人とそうでない人が募集してきたら 企業は間違いなく 既に働けるビザを持っている人を採用するでしょう。 そもそも求人の要項欄に 「働けるビザを持った方のみ」と書く企業も少なくありません。 外国人よりはドイツ人を就労させたいドイツ政府 ドイツ政府は、ドイツ国内での 失業率改善のために全力を尽くしています。 したがって、 ドイツ人に出来る仕事であればドイツ人を優先的に雇いたいと考えています。 そのため、いざビザサポートをしてくれる企業が見つかったとしても ドイツ人でも出来る仕事で就労ビザを申請するのは非常に難しいのです。 ドイツで仕事をしたいEU出身の外国人が多い ドイツはEU圏なので、 EU圏出身の人はドイツでもビザなしで働くことが出来ます。 例えばここ数年は、失業率の高いスペインから多くの優秀な若者がドイツに仕事を探しに来ていますし 西欧の貧しい国からドイツに出稼ぎに来ている人もたくさんいます。 最近では難民の問題もあり、彼らの多くもドイツで職を探しています。 このような事情があるため EU圏外出身の外国人を雇う大きなメリットがない限り、企業がビザ申請を手伝ってくれることはありません。 職種が限られる 上記のような理由から、 日本人が就労ビザを取得できる仕事というのは非常に限られてきます。 基本的に就労ビザを取得できるのは、 日本食レストランや 日本企業、また 専門的な職業(看護師など)に限られます。 日本企業が日本人を現地採用する場合、 ドイツ語能力を重視する場合が多いですし 専門的な職業に関しても、日本での実務経験の他に業務に差し支えない程度のドイツ語能力が問われます。 日本人であることが重要視されない専門職の場合、求人上のライバルがドイツ人なのでよりシビアです。 となると、日本から来たばかりでドイツ語能力の高くない人が就職できるのは 日本食レストランのみとなります。 雇用先に縛られる 就労ビザは雇用先に依った滞在許可のため、 その仕事を辞めると滞在許可自体が失効してしまいます。 辞めたり転職したりするとドイツに住み続けることすらできなくなってしまうめ、 雇用先では常に弱い立場に置かれる可能性も。 もちろん、きちんと対等に扱ってくれる職場がほとんどだとは思いますが、、、。 最後に:ドイツで就労ビザを取得するための最善策とは 今回の記事では ドイツでの就労ビザ事情 について書きました。 、、、なんだか否定的なことばかり書きましたが 日本人がドイツで就労ビザを取ることは、決して不可能ではありません。 また就労先がビザ申請の手続きを手伝ってくれるので、語学力があまりなくても大丈夫というメリットもあります。 就労ビザを取得したい人にとって1番大事なのは、とにかく 職場探しです。 ビザサポートをしてくれるかどうかをよく確認しましょう。 就労ビザでドイツに滞在する現実的な方法としては 最初は日本食レストランで働き、ドイツ語を勉強して様子を見ながらその後のことを考える というのが最善かと考えます。 もしかしたらドイツで素敵なパートナーが見つかって結婚するかもしれないし コネが増えて、ビザサポートをしてくれる他の求人が見つかるかもしれないし。 とにもかくにも、現地に住み始めることが肝心です。 そうすれば、何かしらの変化があります。 私も最初は日本食レストランで働き就労ビザを得ましたが、日本食レストランでの仕事もとても楽しかったですよ。 日本食レストランはビザサポートに慣れている所も多いですし ドイツにはチップの制度があるので、額面以上の収入を得ることも可能です。 もちろん、手に職やコネ・高いコミュ力のある方は、他にも求人が見つかるかと思いますが。 海外で働くために持っておくべきものは「手に職」と「コミュニケーション能力」だとつねづね思う。 言葉は話せるに越したことはないけど、それよりも大事なこともある。

次の

インドネシア就労ビザの取得方法【保存版】(その1)

就労 ビザ 取得 方法

主なビザの種類 ビザとは入国査証、または査証とも言われ、海外渡航者が正当な理由で入国した(入国する)ことを、滞在する国が証明するためにあります。 ただし、ビザの取得=入国許可ではなく、入国に関する判断はあくまでも入国審査官に委ねられています。 ビザの種類は目的によって「観光ビザ」「学生ビザ」「就労ビザ」などと分けられており、国によっては、その カテゴリーの中でも細分化され、その数や種類は国によって異なります。 例えばオーストラリアでは、現在ビザの種類が100種類以上もあり、目的に応じたビザを取得しなければなりません。 観光ビザの取得 留学や就労を目的しない方で、なおかつ結婚などの予定がない方の多くは観光ビザを取得します。 ビザの有効期間は国や地域によって異なりますが、 短期~中期滞在に向いています。 国や地域によっては現地の入国管理局で延長をすることもできます。 観光ビザは日本で取得できるケースと、第三国で取得をするケース、または現地で取得するケースがあり、国によってルールが違うので、必ず大使館で確認をしておきましょう。 日本で観光ビザを取得 日本で観光ビザを取得する場合、原則としては 日本にある該当国の大使館に書類を提出します。 書類は大使館のサイトからダウンロードできる国もあれば、大使館に用紙が置いてある国もあります。 その他の書類や申請用紙に貼る写真、申請費用については各大使館のサイトをチェックし、不明な点があれば問い合わせをしましょう。 国によっては日本の大使館でビザを取得する場合、必要とされる書類が多いこともあります。 第三国で観光ビザを取得 また、ビザなしで一定期間の入国が認められている国では、先にビザを取得せずに入国し、滞在有効期限前に隣国などの第三国へ出国、そこで観光ビザを取得するか、あるいは入国前に第三国へ立ち寄り、観光ビザを取得してから入国することも可能です。 この場合、メリットとしては日本でビザを取得するよりも必要書類が少なく、国によってはビザの費用を安く抑えることもできます。 一方で、第三国にある大使館の開館時間や休館日などが分かりにくく、さらに必要書類に関する 説明が現地の言葉もしくは英語のみで、正しく把握できない懸念もあります。 大きな都市では、現地から第三国へのビザ取得ツアーを企画している会社もあるので、心配な人は利用を検討してみるのも一つの手段と言えるでしょう。 現地で観光ビザを取得 一部の国では現地の空港などで観光ビザを取得します。 その場合、滞在期間は短期になることが多いので、長期滞在には向きません。 また、ビザなし入国が認められている国によっては、滞在期間の延長手続きをすると、延長された期間内までが観光ビザへと切り替えられることもあります。 学生ビザなど他のビザへ切り替えたい時は、現地で切り替えが可能な国と、日本あるいは第三国でしか切り替えられない国があるので、事前に確認をしておきましょう。 学生ビザの取得 海外の学校への進学や語学留学などをする際には、 学生ビザの取得が必要です。 国によっては学生ビザの取り扱いそのものがない国や、学生ビザの中でも大学なのか?語学スクールなのか?で、ビザの種類を分けている国もあります。 いずれの場合も、観光ビザよりも多くの書類を必要とし、留学先の学校からも複数の書類を用意してもらわなければならないことがあり、時間を要します。 日本で学生ビザを取得 日本にある大使館で学生ビザを取得する場合に気をつけたいことは、留学先からの提出書類の有無です。 学生ビザを申請する際、現地の学校から送られて来た入学許可書を持参することが多く、国によっては学校長のサインが入った原本を求められます。 また、入学許可書を発行してもらうために、まずはこちらから現地の学校へ入学申込書を送ることになるので、 書類が両国間を往復する時間が生まれ、国によっては、かなりの日数が掛かります。 各国で郵便事情も異なるので、せめて日本から書類を送る際には、追跡ができるようにしておきましょう。 第三国で学生ビザを取得 先にビザなし、または観光ビザなど、他のビザで入国をしていれば、現地の学校から書類をスムーズに受け取ることができます。 また、国によっては求められる必要書類が日本にある大使館よりも少なく、ビザ費用そのものも安く済む可能性があります。 デメリットは観光ビザと同様で、 第三国にある大使館情報が分かりにくいこと。 ホームページの更新が遅く(されず)、なおかつ現地の言語か英語でしか記載されていないことも多いので、正しい情報が掴みにくい傾向があります。 現地で学生ビザを取得 国によっては留学先の学校が、 現地で学生ビザを取得してくれることがあります。 この場合は、ビザなしで入国した後に、該当国内で学生ビザへ切り替えられます。 就労ビザの取得 非常に複雑なビザの一つに就労ビザが挙げられます。 国によっては、就労の方法によって、さらに細分化されていることが多く、企業に属する方(属している方)は、企業の担当者がビザ取得のフローを説明してくれることがほとんどです。 取得方法は大きく分けると 5つのケースに分かれています。 必ず大使館などで最新の情報を入手しましょう。 その後、再入国をする」 複雑なフローですが、このケースに該当するのは香港です。 各国のビザ情報一覧 各国のビザ情報については、下記のページに国別ごとに詳しくまとめてありますので、御覧ください。

次の

カナダ就労ビザまとめ~種類、取得条件、期間、申請方法(2017年更新)

就労 ビザ 取得 方法

就労ビザ このページでは:• 概要 米国移民法に基づき、非移民として一時的に米国で就労することを希望される場合、労働内容に基づく所定のビザが必要となります。 短期就労者の大半は、就労ビザを申請する前に将来の雇用主もしくは代理人が請願を行い、米移民局 USCIS の許可を得なければなりません。 H、L、O、P、Q ビザを申請するすべての者がUSCIS による許可を得なければなりません。 大使館もしくは領事館で就労ビザを申請する前に、請願書の許可を得なければなりません。 請願が許可されると、雇用主もしくは代理人は請願書が許可されたことを通知する許可通知 I-797フォームを受領します。 面接時に、領事館官吏が国務省の請願書情報管理システム PIMS で請願許可を確認します。 請願書の許可を確認するために、大使館もしくは領事館での面接時に I-129 請願書受付番号を必ずご持参ください。 米国移民法に基づきビザの申請資格がないことが判明した場合は、請願の許可が必ずしもビザの発給を保証するものではないことにご注意ください。 Blanket Petition 包括請願書 申請の場合はをご覧ください。 ビザの種類と資格 H-1B 特殊技能職 H-1B ビザは事前に取り決められた専門職に就くために渡米する方に必要です。 職務が求める特定分野での学士あるいはそれ以上 もしくは同等の学位 の資格が必要です。 雇用が特殊技能職としてみなされるか、あるいは申請者がその職務に適格かは USCIS が判断します。 雇用主は、労働省に雇用契約の内容や条件に関する労働条件申請書を提出する必要があります。 H-1B1 (自由貿易協定専門家ビザ) チリとシンガポールで締結された自由貿易協定により、資格のある チリおよびシンガポール国籍の方は、特定の状況のもと、一時的に米国で働くことができます。 配偶者や子どもは他の国籍でもかまいませんが、主たる申請者としての資格があるのは チリとシンガポール国籍の方に限られます。 H-1B1ビザ申請者は、雇用主から、米国内で特定の業務に就くための仕事のオファーをすでに得ている必要がありますが、雇用主は、非移民就労者のための請願書、I-129フォームを提出する必要はありません。 また、申請者は、ビザを申請する前に請願許可通知、I-797フォームを取得する必要もありません。 ただし、請願者は米国労働省にビザ申請に必要な外国人労働許可を事前に申請する必要があります。 H-1B1ビザに関する詳細は、をご参照ください。 H-2A 季節農業労働者 H-2A ビザは、米国労働者がいないため、一時的に農作業に就く目的で渡米する外国籍の方を米国の雇用主が雇用するためのビザです。 米国で一時的に季節的な農作業もしくはサービスに従事することを目的とする場合、H-2A の非移民ビザが適用されます。 米国の雇用主 もしくは共同雇用主である米国農業生産者の組合 が、非移民労働者請願書 I-129 を提出する必要があります。 H-2B ビザ 熟練・非熟練労働者 このビザは、一時的、季節的かつ米国労働者が不足している職業に就く目的で渡米する方が対象となります。 雇用主は、請願書の根拠となる、この職種に適格な米国人労働者がいないことを確認する労働省の証明を取得しなければなりません。 H-3 研修生 H-3 ビザは、大学院教育やトレーニング以外にも分野を問わず、雇用主が行う最長2年間の研修を受ける目的で渡米する方が対象となります。 研修の報酬を得ることができ、また実践的作業も許可されます。 研修は生産的雇用ではなく、研修生の本国では受けることができないものでなければなりません。 H-4 同行家族 有効な H ビザの保有者の配偶者および未婚の子ども(21歳未満)は、主たるビザの保有者と共に米国に滞在するために家族用の H-4 ビザの発給を受けることができます。 H-1ビザ所持者の配偶者や子供が米国の学校で勉強する際、F-1ビザ申請が必要となる規定はありませんので、H-4ビザで就学することができます。 ただし、F-1としての条件を満たす場合はF-1ビザを申請することもできます。 就学年齢の子供を持つ方はF-1ビザに関する規定をご参照ください。 H-4ビザ所持者は、家族用のビザで働くことはできません。 就労を希望する場合は適切な就労ビザが必要です。 L-1 企業内転勤者 多国籍企業の従業員が、米国内の親会社、支社、系列会社、子会社へ一時的に転勤する場合は、L-1ビザが必要です。 多国籍企業とは米国もしくは米国外の会社に該当します。 L-1 ビザの申請資格を満たすには、管理職または役員であること、もしくは専門知識を有し、米国の会社で以前の役職と同等の職位である必要はありませんが、管理職または役員職に就かなければなりません。 加えて、米国への入国申請に先立ち、申請者は転勤を命じる多国籍企業において、過去3年のうち1年間米国外で継続的に勤務していなければなりません。 米国の企業もしくは系列会社が包括(ブランケット)もしくは個人のいずれかの請願書許可を USCIS から受けた後に L-1 ビザを申請することができます。 ブランケットL-1ビザ 企業内転勤となる多数の駐在員のためのビザが必要な会社は、USCISにBlanket Petition(包括請願書)を申請することもできます。 包括請願書の規定は比較的大規模で複数の業種を扱い、多くの関連事業を持つ既存の会社に限り適用されます。 また、既存の会社で役員、管理職、専門職として働く方のみが対象となります。 フォームはのサイトよりダウンロードできます。 L-2 同行家族 有効な L ビザの保有者であれば、その配偶者および未婚の子ども(21歳未満)は、この家族ビザの発給を受けることができます。 最近の法改正により、配偶者は就労許可を求めることができます。 配偶者は自身の L-2 ビザで米国に入国後に、申請料を添えて記入した USCIS で入手してください を提出します。 子どもは米国内で就労することはできません。 O O ビザは、科学、芸術、教育、事業、スポーツにおける卓越した能力の持ち主、または映画やテレビ製作において卓越した業績を挙げた人ならびに、それらの遂行に必要な補助的な業務を行なう人に発給されます。 O-2(O-1同行者) 運動選手や芸能人の競技や公演に不可欠な役割を担い、米国には存在しない技能と経験を有する方は、O-1ビザ保有者と同行するためのO-2ビザの申請をすることができます。 P 芸術家、芸能人 P ビザは、活動のために渡米する特定の運動選手、芸能人、芸術家および必要な補助的な業務を行なう人に発給されます。 P-2(芸術家または芸能人) P-2ビザは、米国あるいは他の複数の外国との間で相互交流訪問プログラムに基づき、米国の1つまたは複数の団体との短期交流または芸能活動のために渡米する芸術家または芸能人に認められます。 P-3(芸術家または芸能人) P-3ビザは、文化的に独自なプログラムの中で公演・訓練・指導を行なう個人またはグループの芸術家または芸能人に認められます。 Q Q ビザは、実地訓練、雇用、および訪問者の国の歴史・文化・伝統の普及を目的とした国際文化交流プログラムに参加するために渡米する人に発給されます。 プログラムの主催者が請願書を提出し、USCIS の許可を得る必要があります。 申請時期 大使館もしくは領事館は、I-797に記載された雇用が開始される最大90日前よりH、L、O、P もしくはQ ビザの申請手続きを進めることができます。 これらの就労ビザ保有者が渡米し入国審査を受けることができるのは、I-797またI-129Sに記載されている就業開始許可日の10日前からです。 申請必要書類 H、個人のL、O、P、R もしくは Qビザを申請される際は、下記の必要書類を提出してください。 オンライン申請書DS-160フォーム。 DS-160についての詳細情報は を参照してください。 パスポートは、(米国での滞在予定期間に加えて)少なくとも6ヶ月間有効でなければなりませんがによってこれが免除される場合があります。 パスポートに1名以上が併記されている場合は、ビザを必要とする各人申請書が提出する必要があります。 過去10年間に発行された 古いパスポート• 証明写真1枚 (5cmx5cm、6ヶ月以内に撮影した背景白のカラー写真)DS-160確認ページ左上部に顔にテープがかからないように留めてください)。 に必要な写真の条件に関する情報が掲載されています。 注:眼鏡を着用した写真不可。 面接を予約されたことを確認する 面接予約確認書を提出してください。 面接予約は。 請願書受付番号: 請願書受付番号 レシートナンバー はI-129請願書またはI-797請願書許可通知に記載されています。 I-129請願書またはI-797請願書許可通知のコピーを面接時に提出する必要はありません。 包括請願書(もしくはBlanket L請願書)を提出するL-1申請者の方で、企業内転勤者のための包括請願書がすでに許可されている場合は、通常の申請書類とともに下記の書類を提出してください。 申請者の役職名が明記されたI-129Sのコピー 2部 フォームは のサイトよりダウンロードできます。 発行日はフォーム左下に記載されています。 I-797請願書許可通知のコピー(米国内の系列会社、子会社のリストを含む)2部 *注:上記のI-129SとI-797をセットにして、2セット提出してください。 雇用者からの推薦状1部 注) 上記以外の書類(会社の年次報告書、財政証明書、パンフレット・カタログ)は 提出しないでください。 審査の際、必要があれば、こちらから要求します。 ブランケットL請願書(もしくは包括請願書)を提出するL-1申請者は、500ドルの詐欺防止費用(Fraud Prevention and Detection Fee)および該当する場合はを支払う必要があります。 これらの費用は現金、またはクレジットカードでお支払いいただけます。 (ドルまたは日本円のどちらでも結構ですが、できれば日本円でお支払ください。 )クレジットカード認証システムが使えない場合もありますので、現金のご用意をお勧めいたします。 クレジットカードでのお支払いはドルで請求されます。 日本国籍以外の方は、下記書類も必要です。 外国人登録証または在留カードの両面のコピー これらの書類に加えて領事が審査をする際に参考になると思われる書類があればご持参ください。 ビザが発給される場合、申請者の国籍に応じて、相互互恵的関係に基づく発給手数料が課金されることがあります。 発行手数料の詳細は国務省のに記載されています。 申請方法 申請手続きについての完全な詳細は、してください。 補足書類 重要: 決して不正な書類を提出しないでください。 虚偽記載もしくは不実記載をされると、ビザ申請資格を永久に失うことになります。 機密性を心配される場合は、封をした封筒に書類を入れて大使館もしくは領事館に申請者が持参してください。 大使館もしくは領事館はこの情報を一切開示せず、情報の機密性を保持します。 領事は各申請を個別に審査し、専門性、社会性、文化などの要素を検討します。 領事館は申請者の具体的な意志、家族の状況、自国での長期的な展望や将来の見込みなどを検討します。 各事例が個々に審査され、すべての判断は法律に基づいてなされます。 初めてビザを申請される場合は、下記の書類を面接にご持参頂くと時間を節約することができます。 英語以外の書類には翻訳が必要です。 大学の学位を含む仕事に必要な資格の証明。 申請者の職位や関わったプロジェクト、勤務年数などを詳述した現在および過去の雇用主からの書簡原本。 あなたが現在 H-1B ビザを保有し勤務している場合は、 当暦年の給与明細書および米国内で勤務したすべての年の連邦納税証明 IRS フォーム1040 および W-2。 下記の書類の提出が必要です。 現在もしくは直近の勤務先の給与明細• 現在および過去の勤務先の人事部長の氏名および現在の電話番号• 履歴書 同行家族 同行家族は非移民ビザに必要なすべての書類に加えて以下の書類を提出する必要があります。 I-797請願書許可通知のコピー• 家族が後日申請の場合は、主たる申請者のビザのコピーも必要です。 詳細情報 H、L、O、P および Q ビザについての詳細情報は、国務省のを参照してください。

次の