オスカー プロモーション 社長。 オスカープロモーション大量退社!黒い噂とは?

オスカー崩壊危機…契約解除のぺこぱがブレイク、全日本国民的美少女コンテストは風前の灯

オスカー プロモーション 社長

株式会社オスカープロモーション Oscar Promotion Co. ltd. 市場情報 非上場 略称 オスカー、オスカープロ 本社所在地 〒107-0061 三丁目6-7 青山パラシオタワー5F 設立 (45年) 事業内容 芸能タレント等の育成ならびにマネージメント 映画、テレビ、ラジオ番組等の企画、制作、請負な版権事業 演芸、演劇、音楽、映画、公演その他の請負・興行他 代表者 (代表取締役会長) 石川薫(取締役社長) 従業員数 180名(所属タレントを除く) 主要子会社 オスカー企画 オスカー音楽出版 オスカー商事 オスカーインターナショナルエージェンシー 外部リンク 株式会社オスカープロモーション(Oscar Promotion Co. ltd. )は、に本社を置くの。 概説 にあったセントラルアパート内の一室でとして3月26日に設立された。 その後は後半より業務を兼ね、モデル業界において最大手となっている。 ぐらいより現在において男性タレントの、お笑い芸人のと並び、美女タレントのオスカーと業界では称されている。 2011年には本社を青山パラシオタワーへ移転した。 また「」「」「」等の大規模オーディションを開催するなど、所属の発掘・宣伝にも積極的であり、毎年女王を輩出する。 「美文化の創造」を企業活動のポリシーとし、総員約6000名のタレント・モデルが多方面に活動している。 当社所属タレントは25歳まで恋愛禁止という規則がある。 この理由としては、「『これからは、ファン、業界関係者、事務所スタッフなど、みんなの応援があれば、夢がかなう』という段階まで来たところで恋愛が発覚してしまえば、みんな応援しようというモチベーションが下がってしまう」というものである。 一方で所属タレントの熱愛の噂は度々流れており、結局は曖昧な規則ではないかとの疑問も残っている。 全日本国民的美少女コンテスト 詳細は「」を参照 第二のを探すべく、・・・・・・らを輩出してきたは、「美文化の創造」を目指し1987年から始まった、オスカープロモーションの主力オーディションである。 国民的美少女コンテストで選ばれた受賞者は数年にわたりレッスンを行なった上でデビューさせているため、息の長い芸能活動を前提とした位置づけとされている。 上戸彩も本コンテストの第7回大会の審査員特別賞を受賞しているが、約5年のレッスンと下積みを重ねデビューしている。 このオーディションのイメージモデルでもある後藤久美子について副社長の鈴木誠司氏は2018年のインタビューで全所属タレントの中で後藤久美子だけは別格扱いだと答えている。 2014年9月に「第2回」が開催された。 全日本美声女コンテスト オスカープロモーション・・の3社が共同で立ち上げた「ブルーオスカープロジェクト」の一環で開催した声優発掘オーディション。 このオーディションで選ばれた数名は、オスカープロと青二プロの同時所属で活動している。 「オスカープロお笑いライブ」を主催するほか、同年末からも所属するようになった。 2008年1月には「お笑いタレントお披露目記者会見」が行われ、同年10月に1年制養成スクール「オスカープロ・コメディー・ファクトリー」を開設。 お笑い芸人のネタ動画がオスカーランドでも配信開始となった。 しかしいつまでも賞レースの決勝戦などで活躍するほどの芸人が育たず、マネージャーなどの人件費ばかりがかかって採算が取れず、先が見えないと判断されてお笑い界からの撤退を決定 、2019年4月をもって「オスカープロお笑いライブ」は終了。 大半のお笑いタレントも退所することとなり、5月18日には「元オスカーお笑いライブ最終回~みんなフリーになっちゃいました~」が開催。 同年を以ってバラエティー部門を廃止。 なお部門撤退したその年のにて、退社した(に移籍)が決勝進出を果たし、3位となった。 デジタルコンテンツ分野 IT系の知識に精通したデジタルコンテンツ事業本部という部署がある。 オスカープロモーションのデジタルコンテンツの歴史は、1995年に芸能プロダクションの中で最初にホームページを立ち上げたことから始まる。 モバイルサイトの「国民的美少女」、動画サイトの「オスカーランド」、ECショッピングサイトの「スタコレ」等、自社で運営しているサイトが多い。 テレビ番組制作 に加盟している。 2000年以降、テレビ番組制作において、企画開発・提出まで関与していたが、放映の2時間ドラマ「」以降本格的に制作プロダクション業務に進出した。 進出に当たっては外部の製作会社から多くの有能なプロデューサーを招聘。 現在まで2時間ドラマを中心に実績を積み重ねている。 作品では、自社所属タレントにこだわらず他社所属のタレントも積極的に主役に起用している。 制作したテレビドラマ• (2011年、・)• (2012年 - 2014年、・)• (2013年、・)• (2014年、・)• (2015年、テレビ朝日・単発ドラマ)• (2016年、テレビ朝日・単発ドラマ)• (2016年、・)• (2016年、TBS・月曜名作劇場)• 第5作以降は別の制作会社が担当している。 (2017年、・)• (2017年、・)• (2018年、テレビ朝日)• さくらの親子丼2(2018年、東海テレビ・オトナの土ドラ)• 銭の捜査官 西カネ子2(2019年、TBS・月曜名作劇場)• (2019年、TBS・月曜名作劇場) 所属スタッフ• 山田大作(元)• (元)• (元)• (元)• アジア進出 中国の大手モデルエージェンシー「CHINA BENTLEY」と業務提携をしたり、の国民的人気モデルの、『』で日本でも知られるようになったパク・ソルミ、韓国からの逆輸入女優であるなどと契約している。 スポーツ分野 オスカープロモーションはスポーツ関連人物のマネジメントも実施しており、過去には競馬騎手のなどが所属していた実績もあった。 同事務所所属の赤井沙希が、2013年8月にに参戦したのをきっかけに、2014年6月にDDTプロレスリングとの業務提携を結び 、同時にDDT所属のとの2選手をオスカープロモーションがマネージメントすることとなった。 また、子役経験のないフィギュアスケーターのも、妹のがオスカープロモーションに移籍した事が縁となりマネジメント契約を交わしている。 所属者の私生活について 「20歳以上ならデビュー後5年、10代なら25歳まで恋愛禁止」というルールがある。 事務所の方針でアルバイトは禁止されており 、発覚するとクビもあり得るとのこと。 所属タレント 女性タレント 以下に示す女性タレントから選抜した「オスカー美女軍団」としてプロモーションすることもある。 (元)• MAIKO• (元)• 前田美月(元AKB48)• 前野千代子• 水谷ゆう• 皆川奈美• 武藤美幸• 山口恵里奈• 山越小妃江• 山﨑紗彩• 横町ももこ• ら・わ行 男性タレント• 安倍康律• 大島賢一• 清野秀美• (業務提携)• キャスター・レポーター• (元)• (元)• (元)• (元)• (元フジテレビ)• (元フジテレビ)• (元)• 男性グループ• 女性グループ• (に活動休止)• (以降は活動休止状態)• (に解散)• バラエティ部門(お笑い芸人) 2007年3月設立。 2019年5月に部門が閉鎖され大半の芸人が退所となったが、数組残っている。 文化事業部• (旧名:)• かつて所属していたタレント 女優・俳優• (現・夫人)引退• (ピーター)• (石原真理子)• (在籍中に病死)• (現・夫人)• (在籍中に自殺)• (現所属:)• (のち和由布子)• (引退)• (業務提携中に病死)• パンジー• タレント• (現・夫人)• (叶恭子)• (現・村上弘明夫人)• (本名時代に在籍)• 橋本愛実(現・)• (現・BENI)• (旧姓の「指田秀明」時代に在籍)• 根食真実(現・) モデル• (のち成海舞)• (浦浜アリサ)• (の娘)• (綾瀬早智子)• 横井美帆(現・)• アイドル• (現・)• (その後)• (松田樹利亜)• (元・ジャニーズJr. (、)• あっくん• (コテ、いけだのひーくん)• (タカギマコト、島田ひでとし、矢野ともゆき)• じゅんざぶろう• セェキットン(福原広喜、山内カズヲ)• 達磨屋サンデーマンデー(小高健、浅岡卓也 より移籍。 旧コンビ名「モルモンガー」)• (ヨシダマチコ、ムラキミナミ)• チバとナリセ(千葉哲也、成瀬慶晃 浅井企画より移籍。 旧コンビ名「プレゼント」)• BAN! ねりまだいこん。 (影山直柔、村野俊一)• (2008年9月5日付でマネジメント契約。 2009年3月15日付で退社。 (浜園みか、ミシェル)• com)• ユースフルデイズ(しょーご、潤人) アナウンサー• (元・)• (現・)• (活動当時はモデル、その後アナウンサー)• (元サッカー日本代表監督の通訳)• 星川玲奈(本名:、活動当時はタレント、現・TBSアナウンサー)• (元・) 漫画家• (漫画家) 気象予報士• (現・岡田みはる)• その他• (プロゴルファー。 在籍中に病死)• (「」の、しん君。 現在はプロボクシング・トレーナー)• (映画プロデューサー• 映画監督)• (政治家)• (振り付け師) 脚注• ,J-CASTニュース,2013年2月27日• niftyニュース 2019年5月26日. 2019年12月25日閲覧。 お笑いナタリー 2019年5月1日. 2-19-05-03閲覧。 - 2014年6月10日東スポweb• - 2014年6月11日東スポweb• - 2014年6月11日デイリースポーツ• J-CASTニュース ジェイ・キャスト. 2013年2月27日. 2013年3月8日閲覧。 いったん脱退して他事務所に移籍していた時期あり。 お笑いナタリー 2019年5月1日. 2019年12月29日閲覧。 関連項目• 外部リンク•

次の

オスカープロモーション大量退社!黒い噂とは?

オスカー プロモーション 社長

Contents• 剛力彩芽、前澤社長との交際を正式発表! 【熱愛報道】剛力彩芽、前澤友作氏と「真剣にお付き合いしています」 前澤氏も自身のTwitterで「まあバレたよね」「真剣ですよ!」とつづっている。 — ライブドアニュース livedoornews 人気タレントの剛力彩芽さんと、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する「スタートトゥデイ」の創業者、前澤友作社長の交際が先ごろ発表されました。 今日は剛力彩芽さんと前澤社長がいつから交際していたかという点に注目して様々な視点から検証していきたいと思います。 上戸彩さん、藤田ニコルさん、米倉涼子さんなどの人気タレントを始め、国民的アイドルのAKB48に所属していた前田亜美さん、前田美月さん、SKE48に所属していた平松可奈子さんなども抱えている大手の事務所です。 1992年生まれの剛力彩芽さんは、2017年の8月27日の誕生日を持って25歳の誕生日を迎えた事から、いよいよ大手を振っての恋愛が解禁された事になります。 二人は東京の広尾にあるレストランで食事をした後、車に乗り込み、腕をからめて楽しげに会話をしている様子が確認されています。 この報道を受けて、剛力彩芽さんの所属するオスカープロモーションは「仲の良い友人の一人と本人から報告を受けています」と、公定とも否定とも取れないコメントを発表していましたが、 直後に前澤社長が自身のTwitterで「マネージャー風を装って、彼女のカバン持って後ろ歩いてみたけど、まあバレたよね。 ただ真剣ですよ!ちなみに昔からファンでした。 」と、交際を認めるような内容の呟きを発信しました。 マネージャー風を装って、彼女のカバン持って後ろ歩いてみたけど、まあバレたよね。 ただ真剣ですよ!ちなみに昔からファンでした。 剛力彩芽さんの彼氏ではないかと疑惑の挙がった人物は、ほとんどが人気アイドルグループのメンバーや人気俳優とイケメン揃いだったため、熱愛疑惑の報道が出る度にTwitterなどのSNSでは彼氏候補の女性ファンから嫉妬のバッシングや誹謗中傷を受けていたようです。 交際の確証たる証拠も挙がっておらず、熱愛疑惑がささやかれていた時期が、それぞれ彼氏疑惑の男性とドラマや映画などで共演をしていた時期ばかりだったので、交際はあくまでウワサの域を出ない話ですが、剛力彩芽さんが所属するオスカープロモーションの「25歳までは恋愛禁止」という暗黙のルールがあったせいでおおやけには公表できなかったのかも?と考えると、もしかしたら疑惑の挙がった人物の中に本当にお付き合いまで発展した男性はいたのかもしれませんね。 現代アート企画は2018年の2月頃に発売されたGOETHE(ゲーテ)で取り扱っていた企画なので、この時期に知り合い、そこから今の仲まで発展していったようです。 交際が初めて正式発表された剛力彩芽さんと、そのお相手である前澤社長の今後の動向を温かく見守って行きたいですね。 スポンサーリンク.

次の

オスカープロモーション大量退社!黒い噂とは?

オスカー プロモーション 社長

次期社長H氏の評判があまりよくない。 オスカープロモーションは古賀誠一社長が一代で築き上げた芸能事務所だが、古賀社長ももう70代後半に差しかかり、そろそろ引退を考えている様子。 ただ芸能界でも隠然たる勢力を持つ「オスカープロモーション」のトップの座。 誰もが就きたいその座に座るであろうと思われる人物がいる。 それが オスカープロモーション現役員のH氏だ。 このH氏、何を隠そう 古賀社長の義理の息子に当たるのだ。 ただこのH氏、 あまり評判がよろしくない。 以下の記事をご覧いただきたい。 以下2018年のexciteニュースの記事より抜粋。 「K社長には、2人の愛娘がいます。 次女は歌手で女優の久我陽子、姉はオスカーの役員です。 その姉の旦那であるH氏がオスカーの役員になってからですよ。 去年から今年にかけて、すでに40人以上の従業員が退社しています」 夕刊紙記者 出典: 次期社長のH氏の本名と顔写真 先ほどの記事は、古賀社長がK社長となっているので完全にイニシャルでの報道である。 なのでイニシャルに「H」のつく役員が、これらの報道に該当する古賀氏の義理の息子H氏と思われる。 そして以下が現在のオスカープロモーションの役員一覧である。 「H」がイニシャルの人物は一人しかいません。 専務取締役の 「堀和顯(ほりかずあき)」さん 彼が報道の「H氏」とは断定できませんが、その可能性は高いと思われます。 ちなみに堀氏の写真付きのインタビュー記事も発見したので、 堀氏の顔写真を見たい方は以下のリンクからどうぞ。 しかし2年前から次期社長のH氏のパワハラ疑惑は報道されており、いまだにこのパワハラが収束していないということなのだろうか。 ヨンアの退社に関連してはこんな記事も見受けられた。 以下文春オンラインの記事より抜粋 「社員に厳しく、カネにもうるさい。 ミスをしたことを責め、すぐに始末書を書かせる。 パワハラ的な叱責を受けてマネジャーらが大量退社していると報じられていますが、まさにその通り。 現在も社員たちは閉塞感を感じながら仕事をしています。 ヨンアさんはそんなところでやっていられないという本音があったようです。 自分のマネジャーが自腹を切ったりする様子を見て、やるせない思いだったと」(芸能関係者) 出典: この報道が事実とすると、オスカープロモーションの行く末はあまり明るいとは言えない。 芸能界の人々は、「普通の業界」とは違うと鼻にかけている部分があるように感じる。 ただし芸能界で働く人々も普通の人間であるし、パワハラをされればメンタルも傷付く。 この報道は、経営者の意識改革が必要なのではと考えさせられる。 パワハラを行う方には、イソップ童話の「北風と太陽」を是非読んでもらいたい。 そして内面も美しい事務所へと変化を遂げることを期待したい。 【関連記事】.

次の