ピペット 種類。 ピペットチップのおすすめ人気ランキング8選【正確なピペッティング作業を実現】

ピペットチップ

ピペット 種類

種類 [ ] 画像のようなゴム製の物が一般的な形状だが、なかにはが1本しかないものや 、製のもの 、ゴム球の形状が違うもの などがある。 形状 [ ] 3つのボタンと真ん中とEボタン右側のゴム球がある。 真ん中のゴム球 A air ボタンと同時に押して、空気を抜くときに使われる。 Eボタン右側のゴム球 最後の一滴を出すために使われる。 A air ボタン 空気を抜くために使い、真ん中のゴム球の上にある。 S suck ボタン を吸い上げるときに使い、真ん中のゴム球の下にある。 E enpty ボタン の中の液体を出すのに使い、Sボタンの右側にある。 使い方 [ ]• 安全ピペッターをピペットに取り付ける。 Aボタンと真ん中のゴム球を同時に押し、球部の空気を抜く。 Sボタンを押し、標線 よりやや上まで液体を吸い上げる。 Eボタンを押し 、液体を抜いて標線 に合わせて、他の容器に移す。 Eボタンを押し、Eボタンの先にある穴を塞いで、Eボタン右側のゴム球を押して最後の一滴を出す。 洗浄 [ ] 安全ピペッターの中に液体が入ってしまうなどのことで、安全ピペッターを洗浄する時は、適当なで洗う。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• www. funakoshi. 2019年12月12日閲覧。 www. amazon. 2019年12月12日閲覧。 かりんの日記. 2019年12月12日閲覧。 sci-pursuit. com. 2019年12月12日閲覧。 zen. shinshu-u. 2019年12月12日閲覧。 この形にはワケがある!ビーカーくんとそのなかまたち ゆかいな実験器具図鑑. 誠文堂新光社. www. setsunan. 2019年12月12日閲覧。

次の

ピペット操作|研究用語辞典|研究.net

ピペット 種類

実験器具図録 実験器具図録 試薬溶液が出来た所で、実験開始です。 では、他の器具をどう使うか、ご紹介していきましょう。 ホールピペット・メスピペット ピペットは、溶液を量り取る器具です。 写真の向かって左の2本をホールピペット、右の1本をメスピペットと言います。 ホールピペットは前のページに載せていると同じように、決まった量しか量れません。 10mLのホールピペットは、メスピペットより正確に10mLを量ることは出来ますが、8mLとか9mLの溶液を量り取ることは出来ないのです。 メスピペットの方は、と同じように、サイズによって最小目盛が違います。 ホールピペットは、「全量ピペット」とも言い、標線の所まで吸い上げて、全部の溶液を流し出した時が、表示の液量になります。 メスピペットの方は、「先端目盛」という全部流し出した時表示の液量になるものと、「普通目盛」という先端部分には目盛が無く、先端近くに表示の液量に当たる標線があって、それより先端の部分の溶液は流し出さずに残すものとがあります。 安全ピペッター 安全ピペッターというのは、溶液をピペットに吸い上げて、流し出すために使うものです。 溶液は、口で吸い上げることも出来ますが、溶液が有害なものの場合、間違って口に入ってしまうと困るので、この様な器具を使います。 安全ピペッターにも、色々な形のものがありますが、これが一番多く使われている形です。 写真の一番下の所にピペットを差し込み、「A」の弁を押して丸い玉の空気を抜き、「S」の弁を押すと、溶液が吸い上がってきます。 標線より上まで吸い上げたら、ピペットの先端を溶液面から離し、「E」の弁を押して溶液を流し出しながら、標線に液面を合わせます。 溶液を移す容器の上にピペットを持ってきて、「E」を押して流し出します。 溶液を流し出す時に、間違って「S」を押して、ピペッターの中に溶液を入れてしまうという失敗が多いので、慎重に扱わなくてはならない器具です。 ヨウ素フラスコ ヨウ素滴定という、酸化還元反応を利用した滴定に用いる器具です。 棒状の柄がある栓の付いたフラスコで、溶液を入れて反応が開始したら、直ちに栓をして、栓の上のカップ状の所に「ヨウ化カリウム溶液を」入れます。 反応している溶液から発生するヨウ素ガスが、栓の隙間から外に出てしまうのをこの「ヨウ化カリウム溶液」で捕獲するのです。 反応終了後に、栓を抜いてこの「ヨウ化カリウム溶液」をフラスコ内に流し込み、更に精製水で洗い込めば、発生したヨウ素が全部フラスコ内に集まることになります。 これを、滴定するのです。 ビュレット 滴定に用いる器具です。 これは、50mLの溶液が入るタイプで、最小目盛は0.1mLです。 滴定には、酸塩基滴定やヨウ素滴定などがあり、それぞれの標準液をこのビュレット内に入れて滴下させ、反応の終点から目的の物質を定量するものです。 ヨウ素滴定の場合は、ヨウ素フラスコの溶液に、このビュレットから「チオ硫酸ナトリウム溶液」を滴下して、指示薬によって求めた反応の終点から、フラスコ内のヨウ素の量を求めます。 また、一番最初のページに載っていたを用いた酸塩基滴定では、酸性のものを滴定する場合はビュレットには「水酸化ナトリウム標準液」を、アルカリ性のものを滴定する場合には「塩酸標準液」を入れて滴定します。 また、を指示薬として、「pHメーター」を使わずに酸塩基滴定をすることもあります。 ビーカー・コニカルビーカー 向かって左のものが普通のビーカー、右のがコニカルビーカーです。 どちらも試薬を溶かすのに用いたり、酸塩基滴定で反応溶液を入れて反応させるのに用いたりします。 多様な用途があり、サイズも色々です。 このビーカーは200mLと書いてあり、200mLまでの目盛のようなものが書いてありますが、これはメスシリンダーなどの計量用器具に付いている目盛とは違って、おおよその量を示すものです。 コニカルビーカーの方は、300mL用のものですが、これに付いている目盛状のものも、正確な目盛とはほど遠いものです。 試しに、この100mLの線まで水を入れ、メスシリンダーに移してみると、きっと量の違いにびっくりすると思います。 三角フラスコ 上のヨウ素フラスコと似ていますが、これは栓がありません。 三角フラスコには栓がないか?...そんなことはないのです。 これは栓のないタイプですが、「共栓三角フラスコ」という栓の付いたタイプのものもあります。 気化しやすい溶液を入れて反応させるのに用いたりしますが、栓が付いていても保存容器としては用いません。 使い方は、ビーカー類とほぼ同じですが、口が細いので滴定には用いません。 これに付いている目盛状のものも、上のビーカーのと同じで、おおよその量を示すだけのものです。 この他に、「フラスコ」という名の付いたものには、「ナス型フラスコ」とか、「ケルダールフラスコ」という特殊な用途のフラスコもあるのですが、1年次の実習には使わないので、ここでは紹介しません。 薬学部トップページへ.

次の

知らないの?とバカにされないための正しいピペッティング操作とテクニック

ピペット 種類

製品トピック 2016年4月13日 柴田科学はお客様に信頼のある品質と適正な価格で応えるため、日々改善活動を実施しています。 またガラス加工品は総合カタログなどに未掲載であっても特注加工として承ります。 ぜひご相談ください。 はじめに 私たちが子供のころ学校の理科室にあったビーカー。 そして今また見ている化学実験用ガラス器具の各種…。 たとえ直径3cm(10mL)の小さいビーカーにも1921年創業以来、今日まで約100年の歴史を歩んできたものが脈々と息づいています。 柴田科学は理化学用のガラス加工を本業としてスタートし、現在ではさまざまな分野で専門的な役割を果していますが、これからも品質にこだわりながら信頼もお届けします。 ガラスの材質とマークについて 当社では、ガラス製品の材質を下記のような材質マークで表記しています。 カタログ品名の末尾や、製品に材質マークを入れています。 ガラス器具の種類と役割 ガラス製容器 理化学用ガラス容器は、化学薬品類を注いだり・熱をかけたりするため、素材が特に重要です。 ビーカー 液体の取り出し・運搬・混合・反応・蒸発などに用います。 口を細めたコニカルビーカー、長めのトールビーカー、普通型の3種類があります。 普通型のものをグリフィンビーカーとも言います。 目盛は概略(APPROX)で体積計ほど正確ではありません。 フラスコ 液体の受器、反応、分析・蒸留などに用いる容器です。 丸底と平底がありますが平底は圧力や熱的ひずみに弱いので、多くは受器として用います。 多口型は蒸留フラスコとして薬品注入、温度計、分留管、冷却器、撹拌機などの付設器具を同時に組み込むことができます。 実験に当たって使用するフラスコの容量を適正に選ぶ必要があります。 注)平底型は応力に弱いので基本的に受器以外には使用しません。 逆に丸底型は机上に立てることができないので、受台を用意する必要があります。 三角フラスコ 受器や滴定分析用容器などに用います。 エルレンマイヤー・フラスコと呼ばれることもあります。 目盛は概略(APPROX)で体積計ほど正確ではありません。 実験に当たって使用するフラスコの容量を適正に選ぶ必要があります。 枝付きフラスコ 枝管の高さ(位置)や枝管の長さについての定めはなく、分留用に用います。 実験に当たって使用するフラスコの容量を適正に選ぶ必要があります。 ケルダールフラスコ 頸部(首)が長く混合効果に優れています。 また球状部の均温性も良いと言われています。 実験に当たって使用するフラスコの容量を適正に選ぶ必要があります。 試験管 少量の物質を取り分けるときに使用します。 シャーレ ペトリ皿ともいいますが、ガラス製とプラスチック製があり、試料の保存や微生物の培養に用いられます。 ロート(漏斗) 常圧(自然)ろ過には三角ロートに濾紙を折りたたんで用います。 また減圧(吸引)ろ過にはブフナ型ロート(ヌッチェ)の目皿の上に濾紙をおき、吸引びんと組み合わせてアスピレーターや真空ポンプなどで減圧して使用します。 いずれにしてもろ過すべき沈殿物の粒径に応じて濾紙の質を選び、ろ液と同質の液(普通は蒸留水)でロートに十分密着しておきます。 ガラス製と磁製があり、目的にあったものを選びます。 濾紙が使用できない薬品に対しては、それに耐えるろ材を選ぶ必要があります(ガラスろ過器など)。 分液ロート(分液漏斗) 2相を形成する液の分離に用いられ抽出操作に不可欠です。 一般には丸型とスキーブ型がありますが、混液のうち片方の液が少ない場合はスキーブ型が使い易いです。 必ずロート台や切り欠きリングなどを用います。 冷却水は使わず外気で冷やし蒸気を液化させます。 リービッヒ冷却器 オーソドックスな冷却器で一般に傾斜状態で使用します。 ウエスト冷却器 リービッヒ冷却器にくらべて、外套部分が細いのが特徴です。 リービッヒ冷却器と同じ使い方です。 球入冷却器 (アリン冷却器) 還流用の冷却器として垂直にたてて使用します。 蛇管冷却器 (グラハム冷却器) 蛇管の中を蒸気が通過するうちに冷却されて液化します。 冷却水は蛇管の外側全体を覆っているので、高い冷却効果が得られます。 垂直にたてて使用します。 ジムロート冷却器 沸点の低いものに用いる冷却器です。 冷却水は蛇管の中を流れます。 垂直にたてて使用します。 二重管式冷却器 小型で冷却効率のよい冷却器です。 低沸点の溶媒精製などに用います。 フリードリッヒ冷却器 垂直にたてて使用しますが、蒸気は斜め上から流れてきて冷却され液化します。 溶媒の精製、分解、反応などに用います。 デシケーター 固形物質の乾燥に使用します。 一般的には電気定温乾燥器を用いたりしますが、物質により乾燥温度が試料に適しているかどうかを検討してから試料を器内に入れます。 デシケーターによる乾燥の場合は常温・常圧で行い、封入する乾燥剤の平衡蒸気圧に相当する含水率まで乾燥させるもので、一昼夜くらいの放置時間が必要です。 しかし急激に減圧するとデシケーター内の微粉末が舞い上がるので、ゆっくり減圧しなければいけません。 また反対に急激に常圧に戻した場合も試料や乾燥剤が飛散するので、ゆっくり常圧に戻します。 減圧にアスピレーターを用いる場合は、水の逆流で思わぬ失敗をすることがあるので、必ずバッファータンクをつけて使用します。 メスシリンダーなど目盛まで入れて判定する、これを入用製品といいます。 トレーサビリティー 当社のガラス体積計の実体積測定方法はJIS R3505-1994年に基づいて行っています。 JIS R3505-1994年では、衡量法及び比較法と呼ばれる2種類の測定方法が決められています。 衡量法とは「体積計に受け入れられた水又は体積計から排出された水の質量,及び温度を測定して実体積を求める」方法で、当社ではこの方法を用いて体積計の試験を行っています。 もう一つの比較法とは、「体積計に受け入れられた水又は体積計から排出された水の体積を標準ビュレット又はこれと同等の性能をもつ体積標準器によって測定する方法」です。 当社で行っている衡量法は、前述のように質量、温度の計測によって算出される組立量です。 ですから、体積計については質量及び温度についてトレーサビリティを確立しています。 質量については、東京都計量検定所にてJCSS校正された分銅を社内標準器とし、測定に用いる天秤を定期的に校正しています。 温度については、 株 ネツシンにて校正された温度計を社内標準器とし、測定に用いる温度計を定期的に校正しています。 体積計の種類 メスシリンダー JIS規格クラスA基準の「スーパーグレード」と「カスタムA」があります。 両方ともTC(入用)の製品で、試薬濃度の調整などに使用します。 また本体には左右2通りの目盛が刻んであります。 同じ入用のメスフラスコに比べ、胴径が大きい分だけ精度(許容誤差)はラフになります。 メスフラスコ 無色透明と茶褐色のメスフラスコがあり、両種ともJIS規格クラスA基準の「スーパーグレード」と「カスタムA」があります。 目盛は1本の回線が入っておりTC(入用)の製品です。 一定の試薬濃度を調整するときに使用します。 (ただし無色透明のみです) ビュレット 下部のコック(活栓:ガラス・PTFE)を操作しながら、ビュレット内の液を排出し滴定や試薬調整、添加などに用います。 このビュレットは手軽に操作できますが、必ずビュレット用架台とビュレット用挟みが必要です。 よって使用しないときは試薬を抜いておいてください。 自動ビュレット 当社の自動ビュレットは、すべて「スーパーグレード」の精度で製作しており、TD(出用)の製品です。 主に滴定用として使用さています。 活栓を操作して所要の液を流出させますが、活栓には「ガラス製コック」「PTFE製コック」「平面コック」の3種類があります。 また、「無色透明ガラス」のほか、遮光目的の「茶褐色」、目盛の読み取り精度をあげる「青筋入り」の自動ビュレットを揃えています。 よって使用しないときは試薬を抜いておいてください。 ピペット 一定量の液体を採取する目的でピペットがあります。 母液の中に先管を浸し、ピペットの上部から陰圧にして液を吸い上げ、ゆっくりと目盛り線まで排出して一定量に合せる。 添加、調整、滴定などの目的で使用します。 駒込ピペット 比較的少量液を粗分量ほど採取し、その液をほかの容器に注入・滴下するときに便利なピペットです。 粗分量ピペットですのでTD(出用)~TC(入用)の区別はありません。 また駒込ピペットはJIS R3505にありません。 通常スポイド的な方法で操作しますので、ゴム球などが必要になります。 ホールピペット メスピペットと同様に「スーパーグレード」と「カスタムA」の2種類があり、 いずれもJIS規格クラスA基準のTD(出用)製品です。 1mLの製品は最下部の表示(印字)が0. 9mLになっているので、ピペットの中の全量を流出したとき1mLになります。 最下部に印字してある容量表示をその呼称に用いています。 ピペットの中の全量を流出させるものではありません。 また、US型は更に大きい(通常ピペットの内径は2倍)これはピペット内の(液体の)落下速度を早くするものです。 落下速度が速いため先端目盛になっています。

次の