ヤフー 買収。 ヤフー、ZOZO買収でEC強化 「国内ナンバーワンの悲願にようやく手が届く」

ベライゾンが米ヤフー買収を発表し波紋 ソフトバンクが恐れる事態は

ヤフー 買収

前澤友作氏=2018年7月撮影 ZOZOはヤフーのTOBに賛同するとし、36. 76%の株式を保有する筆頭株主の前澤氏は、その大半の株式(30. 37%)を売却するとしている。 TOBにより、ヤフーは最大で50. 1%の株式を取得し、ZOZOの上場は維持する方針。 ヤフーはZOZOを傘下に収めることで、EC事業を強化する考えだ。 ヤフーは「ヤフオク! 」「Yahoo! ショッピング」などを展開し、特に中高年齢層のユーザーを多く抱えるのに対し、ZOZOTOWNは若年層のユーザーが多い。 連携により、相互送客を狙う。 ヤフーは今秋、新しい通販サイト「PayPayモール」を立ち上げる予定。 同サイトには、ZOZOTOWNに出店している企業が出店できる仕組みを設ける。 ZOZOは、ZOZOTOWNにモバイル決済サービス「PayPay」の導入などで、さらなるユーザーの獲得を見込む。 この他、ヤフーのEC事業と、ZOZOの古着通販サイト「ZOZOUSED」、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」などとの提携も検討していく。 関連記事• ZOZOの19年4月〜6月期は大幅増益だった。 「ZOZOSUIT」の配布数を減らしたことで利益率が改善したという。 ヤフーの19年4〜6月の連結業績は、増収減益。 経営権を巡り対立している子会社アスクルの増収などが貢献したが、前年同期にIDCフロンティアの売却益79億円を計上した反動で減益に。 ヤフーが、フリマアプリ「PayPayフリマ」と通販サイト「PayPayモール」を今秋から提供する。 「PayPay」のユーザー向けに特典やキャンペーンを用意し、競合のメルカリなどと差別化する。 アスクルの岩田彰一郎前社長の後任として、吉岡晃COOが社長に内部昇格。 吉岡新社長は「ヤフーからのプレッシャーは感じない」「岩田前社長のDNAを受け継ぐ」と強気の姿勢を示した。 「LOHACO」事業の業績改善にも積極的に取り組むとした。 関連リンク•

次の

Yahoo!

ヤフー 買収

Yahoo! の本社 略称 Yahoo! 、ヤフー(米ヤフー、米Yahoo! (ヤフー)は、Verizon Media社が運営する、などのインターネット関連サービス。 または、同サービスを創始したの企業である Yahoo! Inc. を指す。 同社は関連サービスの提供を行っていた企業の草分けのひとつであったが、Yahoo! のサービスは2017年にグループへと売却された。 Yahoo! 社は同年に へと社名変更され、業態としてもインターネット関連サービス企業とはみなされなくなった。 以下でYahoo! と言うときで特段明示がない場合は、サービスとして2019年現在現存するYahoo! と、そのサービスを運営していた企業Yahoo! Inc. (Yahoo! 社)のいずれかまたは両方を指す場合があることに注意されたい。 Yahoo! は「 Y! 」と略される場合があった。 日本では、かつてのYahoo! 社と資本関係のあった企業である(東京都千代田区)と区別するために「米ヤフー」「米Yahoo! 」のように呼ばれる場合がある。 創立者の楊致遠(左)とデビッド・ファイロ(右) ファイロと楊の2人はの学生のころ、中に見つけた興味深いページを「 Jerry's Guide to the World Wide Web」 へ掲載していた。 リンクが階層的に分類され、ジャンル別に検索しやすくなったこのウェブサイトは評判となり、それに伴い同ウェブサイトが置かれていたスタンフォード大学のネットワーク負荷が増えてきたため、のはじめにの勧めでの大型コンピュータに移行した。 やがて2人はに事業化を持ちかけられ、、に Yahoo! Inc. を共同設立し、会社法人として事業を開始した。 4月には でした。 は「 YHOO」。 ちなみにこの株式公開とほぼ同時期に、 のサービス開始などの関係からによる出資を受け入れており、一時はソフトバンクが同社の筆頭株主だった。 現在でもYahoo! JAPANを運営するはソフトバンクが筆頭株主であり、利用者情報などを含めてアメリカYahoo! とは独立した事業運営をしている。 成長期(1997年 - 1999年) [ ] 後半には、、、 ( エキサイト )など、多くのポータルサイトが立ち上がった。 こうしたポータルサイトは人気を得て、ユーザーの多くはポータルサイトに滞在するようになった。 、 Yahoo! はウェブメールサービスの Four11 ( フォー・イレブン )を買収した。 これがのちの Yahoo! Mail ( ヤフー・メール )の原型である。 また、 ClassicGame. com(クラシック・ゲーム・ドット・コム)も買収し、これも Yahoo! Games ( ヤフー・ゲームズ )となった。 にはを、には eGroups ( イー・グループス )を買収した。 eGroupsは Yahoo! Groupsになっている。 には、 ( ヤフー・メッセンジャー )を開始している。 には、ヤフーは世界でもっとも人気のポータルサイトで検索エンジンでもあった。 ドットコムバブル(2000年 - 2001年) [ ] には、株価が最高で475ドルにまで達する。 この16日後には、Yahoo! JAPANのが1億円を越え、1億140万円にまで達した。 一方、2000年、 www. yahoo. comに数時間のを受け、株価が4. このころには、 との合併も取り沙汰されており、ケーブルテレビのもこれについて議論している。 合併こそ実現しなかったものの、両社はマーケティングや広告に関する協定をに結んでいる。 2000年、 Yahoo! は、のサーチエンジンを利用することに合意した。 ドットコムバブル以後(2002年 - 2007年) [ ] には、SBCとプロバイダ事業を共同で開始し、1月には、 BT Openworld ( ビー・ティー・オープンワールド )との提携関係を結んだ。 には、社とDSLサービスを開始している。 2002年後半になると、ほかの検索エンジンの買収を開始し、2002年の12月に社を、2003年1月にはとその子会社の、を買収している。 にはGoogleの検索エンジンの利用をやめ、自社の検索エンジンの利用を開始している。 2004年4月に始まったGoogle社のメールサービス ( ジー・メール )に対抗して、 Yahoo! はメールサービスの増強を図った。 通常の利用分は100MBに、 Yahoo! Mail Plus ( ヤフー・メール・プラス )では、1GBの容量になった。 2004年、電子メールプロバイダの Oddspot ( オッド・スポット )を買収し、インターフェイスの搭載を行った。 また、グーグル社の ( グーグル・トーク )に対抗して、には、 Yahoo! とが、それぞれのメッセンジャーに互換性を持たせることを発表している。 その後も買収を続け、特に ( ウェブ 2. 0 )関係のサービスの強化を図っている。 2005年には音楽関連のサービス Yahoo! Music ( ヤフー・ミュージック )を開始し、には、写真共有サービスの ( フリッカー )を買収している。 同年6月にはblo. gsというサービスの会社を、にはカレンダー共有サービスのUpcoming. orgを、にはソーシャルブックマークの ( デリシャス )を、にプレイリスト共有コミュニティの webjay ( ウェブジェイ )をそれぞれ買収している。 に、 Yahoo! は Yahoo! Mail ( ヤフー・メール ) の新バージョンをリリースする。 新バージョンには新しい機能( ( ウィンドウズ・ライブ・メッセンジャー )の利用者にもインスタントメッセージが送れるようになるなど)が追加され、またコンピューターから携帯電話にテキスト形式のメッセージをインド、カナダ、フィリピン、米国の携帯電話に無料で送信できるようになった(受信は無料でない)。 経営難とリストラ(2008年 - 2015年) [ ] Yahoo! の経営悪化の状態は2008年ごろから顕著に現れ、それから従業員削減を繰返して行い、CEOも相次いで交代した。 また再建のための新事業の投資や経営戦略を見直すも、企業買収もしくは売却の危機にさらされ続けた。 マイクロソフトによる買収の試み [ ] マイクロソフトとYahoo! は、最終的にすべて失敗に終わったが、2006年および2007年に合併交渉を行った。 しかしYahoo! 側が難色を示し実現しなかった。 また当時のアナリストは、これら2つの企業による合併は賢い選択なのかと懐疑的であった。 それらの友好的買収の申し入れがYahoo! に拒絶されたあと、2008年2月1日にマイクロソフトは現金と株式の446億ドルで、Yahoo! 側が求めてもいない一方的な買収を申し入れ、それはのちに敵対的買収をめぐる攻防になっていった。 数日後、Yahoo! は、との連携か 、大手IT企業のGoogleの支援か 、敵対的買収に乗り出すマイクロソフトとの合併の代案をいろいろ考えてみたうえで、Yahoo! のブランド、使用者、投資金、および成長見通しを実質的に過小評価しているとして、Yahoo! は、2008年2月11日にマイクロソフトの申し出を拒否することを決めた。 2月22日、デトロイトの2つの年金企業の申し立てによると、好条件になるかもしれないマイクロソフトの買収提案に反対し、価値破壊的な第三者の取引を追求するということは、株主に対して義務に違反するとYahoo! と取締役会を訴えた。 3月初旬、GoogleのCEOのが「マイクロソフトがYahoo! 買収に成功した場合のことを心配している」と述べたという記事が出た。 それによると同氏が、「合併はインターネットのオープン性を損なうことになり、インターネットを痛めつける可能性がある」という考えを持っているということである。 4月5日に、マイクロソフトのCEOであるは、「もしも3週間のうちにYahoo! が取引を受け入れなければ、マイクロソフトは、合併協議(敵対的買収)が進むことを期待して、新しい取締役を選出させるために直接株主に近づくだろう」と述べた。 そして、Yahoo! の取締役会に結論を迫る書簡を送った。 4月7日のYahoo! の応答では、「Yahoo! としては合併を反対しないとの姿勢で、よりよいオファーを望んでいた。 また、マイクロソフトの積極的なアプローチは、Yahoo! との関係と友好的合併の可能性を悪化させた」と述べた。 同日、Yahoo! は従来の446億ドルのオファーは受け入れられないと述べた。 これに続いてYahoo! とAOLがマイクロソフトとの合併の代案として事業統合の交渉していると報道が出た。 2008年5月3日、マイクロソフトが買収を撤回した。 Yahoo! は、スティーブ・バルマーとジェリー・ヤンの書簡の中のマイクロソフトの提示額「一株当たり33ドル」の申し出を高めるために、50億ドル多い「一株当たり37ドル」を要求していた。 2008年6月12日、Yahoo! は、マイクロソフトとのすべての買収協議が終了したと声明を出した。 また同日の午後、Yahoo! はGoogleと検索広告についての提携を発表した。 しかし、4か月後の11月5日に提携合意が解消されたことが発表された。 Yahoo! の判断に納得のいかない億万長者の投資家、はマイクロソフトと交渉のために接近し、理不尽さを感じるYahoo! の現在の経営陣を呼び出して経営陣を刷新する構えを見せた。 2008年7月21日にYahoo! は新たな取締役にアイカーンと2名の仲間を指名して送り込むことで合意して和解した。 その後、アイカーンは2009年10月23日にアクティビスト(物言う株主)を取締役として置いておく必要はないと述べ、辞任している。 2008年11月20日、一連の騒動からほぼ10か月経って、Yahoo! の株価(YHOO)は、マイクロソフトの提示額が「一株当たり33ドル」だったのに対し、52週安値(過去52週の中で低い値 の「一株当たり8. 94ドル」で取引されるまでに下降してしまった。 2008年11月30日、マイクロソフトがYahoo! の検索ビジネスを200億ドルで買収すると報道が出た。 しかし報道のすぐ後に関係者は否定した。 2009年7月29日、マイクロソフトがYahoo! の検索技術について最大限利用でき、Yahoo! はマイクロソフトのプロジェクトの検索エンジン「 」を今後使用する10年間の契約が発表された。 創業者のCEO辞任 [ ] に、Yahoo! は同社の厳しく、苦しい経営状況では、検索エンジン業界のリーダーであるGoogle社と相乗的に市場競争ができないとして、全従業員1万4,300人のうち7%である1,000人を(人員削減)すると発表した。 Yahoo! は急成長が見込まれ会社の拡大が期待できる分野に経営資源を集中することにしている。 に、のオンライン動画プラットフォームプロバイダーの Maven Networks ( メイブン・ネットワークス )を1億6,000万ドルで買収。 に、創業者のジェリー・ヤンはCEOを辞任し、以前の役職であるチーフに就任。 には業績悪化に伴い、世界で1520人の従業員のレイオフを始めた。 キャロル・バーツ時代 [ ] に、 Yahoo! は、ジェリー・ヤンの後任のCEOに就任したの指揮のもとで経営立て直しを試みることになった。 には、 Yahoo! のウェブサイトにマイクロソフトの検索技術と検索広告プラットフォーム「adCenter(現・)」を使うことでマイクロソフトと Yahoo! は提携に合意した。 に、 Yahoo! は新しいバージョンのトップページを公開した。 トップページ左側のカスタマイズ可能な Yahoo! JAPANの お気に入りに該当する「 MY FAVORITES ( マイ・フェイバリッツ )」には Yahoo! のサイト上で提供されているサービスのみならず、、、などの他社のウェブサイトのサービスを選んで配置できるように、その当時はなっていた。 、バーツは突如、取締役会長の電話で解任された。 一方、会社の全体または一部事業の売却を検討しているとされた。 売却先として、、などが候補に挙がっているとされた。 しばらくの間は()が暫定的CEOを勤めていた。 スコット・トンプソン就任と解任 [ ] 、社長のがCEOに指名された。 2012年末の完了後、Yahoo! はレイオフで「年間3億7,500万ドル」が節減されたと発表した。 には、Yahoo! はに特許を侵害されたと提訴した。 にはFacebook側から逆提訴をされている。 、スコット・トンプソンはYahoo! は顧客最優先であるべきだという彼の見解を何度も繰り返した電子メールを従業員のもとに送っていた。 トンプソンにとって顧客とはユーザーと広告主の両方だと定義していた。 トンプソンは、さらに完全にYahoo! の再編成を行った。 再編成はに効果が現れ、その要因は「消費者」「地域」「テクノロジー」と3つの大きなグループの経営戦略だった。 しかし、トンプソンがコンピュータ・サイエンスのを有しているとした誤りから起こった「」問題が発覚。 5月13日、就任からわずか4か月でCEOを解任された。 そして、役員のロス・レビンソンが暫定CEOに就任した。 マリッサ・メイヤーのCEO就任 [ ] 、ライバル企業であるの元役員での社外取締役であるが新たなCEOに就任した。 メイヤーはの会社の中では若い部類のCEOになった。 、は、Yahoo! の取締役会が設立6年目のブログサービスの会社(タンブラー)を現金11億ドルで買収することを承認したと報道した。 Tumblrは買収後も創業者のが大株主で引き続きCEOも務める。 Yahoo! が所有する写真サービスのがに全面リニューアルと無料で1TBの保存容量をユーザーに提供することを発表した。 Tumblrの買収の公式発表もその日にされた。 、Yahoo! がビデオサイトのに関心を持っていると報じられ、Yahoo! 側が買収額として6億ドルから8億ドルを提示したとも伝えられた。 しかしこの買収は実現しなかった。 、Yahoo! はソーシャルブラウザにかかわる (ロックメルト)の買収を発表した。 買収によって懸念されていたCEOのエリック・ビシュリア、そしてCTO()のティム・ハウズを含むRockMeltチームはYahoo! のチームの一部となることになった。 その結果、すべてのRockMeltアプリや既存のWebサービスは8月31日から終了となった。 、Yahoo! はから新しいロゴの最新版を導入することを発表した。 それを記念するために、同社は切り替え日までの30日間にロゴを日替わり表示する「30日間の変化」キャンペーンを開始していた。 の間、インターネット視聴率調査会社のが照合したデータよると、前月と比較して米国ではGoogleのウェブサイトより多くの人々がYahoo! のウェブサイトを訪問したことを明らかになった。 Yahoo! がGoogleを上回るのは2011年以来では初めてとなった。 データはYahoo! が所有するTumblrのサイトや携帯電話のためのサイトの訪問統計は含まれていなかった。 、Yahoo! はWanderというソーシャル日記の会社を買収した。 、Yahoo! は技術系求人の会社Distillを買収した。 2014年3月12日、Yahoo! がGoogleのように、よりよいサービスと競争するために、ローカル検索結果でビジネスを後押しするのに役立つ社と提携したことを発表した。 2014年11月11日、Yahoo! は約6億4,000万ドルで動画広告会社のBrightRollを買収することになると発表した。 動画関連は同社の主要な成長分野のひとつであり、買収でYahoo! の動画広告プラットフォームは米国最大になる。 2014年11月21日、Yahoo! がを買収したことが発表された。 マリッサ・メイヤーのCEO就任以降、2013年第4四半期にはYahoo! の株価は2倍以上上昇した。 しかし、2015年12月の同社の株価は35ドル近辺で、2013年11月に約35ドルでピークに達した水準と同じである。 2015年12月2日に、取締役会により将来を決するだろうミーティングが開かれたというニュースが流れ、昼下がりには株価は36. 04ドルに上がった。 その内容は、Yahoo! Inc. が約15%を保有する中国の業績好調な電子商取引サイトの株で別会社を興す()かどうかであった。 その後、正式に検討すると表明したが、断念した。 また、苦戦のインターネット検索や電子メール事業などの身売りを検討するのではないかという観測が出ていた。 事業の売却先候補としては、、IAC/インタラクティブコープ、ソフトバンクなどが挙がっていた。 メイヤーは就任後にさまざまなアクションを主導し、株価を上げるなどの成果を得たが、就任時点で同業他社に比べて大きく出遅れていたスマートフォンなどのモバイル分野では業績を挙げられなかった。 また、成長分野とされた映像コンテンツ事業で4,200万ドルの損失を出し、それらの分野が結果的に必ずしも有益でなかったことを証明する形となった。 Yahoo! は「物言う株主」から、会社・中核事業の売却と大規模な人員削減、およびメイヤーのCEOの退任を要求されるようになった。 ベライゾンによる中核事業買収・AOLとの統合(2016年 - 2017年) [ ] 2016年2月2日、Yahoo! Inc. は最終局面であった。 2016年7月25日、米通信大手 がYahoo! のポータルサイト・ニュース・電子メールサービスなど、ほぼすべての事業を約48億3,000万ドルで買収することで合意。 事業部門は今後ベライゾン傘下のに統合されることになった。 買収時点でYahoo! の時価総額の大部分を占めるとの保有株式はYahoo! に残り、Yahoo! は買収完了後「 」に社名を変更して投資会社として生まれ変わり、刷新された経営陣のもとで上場を継続する方針が示された。 これにより、1994年に創業しインターネット黎明期から名を馳せたYahoo! は、単独の事業会社としての歴史に幕を下ろすこととなった。 2016年9月22日、Yahoo! は2014年後半にハッカーによって、少なくとも5億人のユーザアカウントされていたと発表した。 2017年2月21日、ユーザー情報流出事件を受けて買収金額を約44億8,000万ドルに引き下げ、訴訟費用は両社で分担することで合意と発表した。 2017年6月13日、買収手続きが完了。 旧Yahoo! の事業部門はAOLとともに新会社「 」に移管された。 メイヤー自身もCEOの辞任を発表した。 Altaba Inc. [ ] 2017年6月16日、ベライゾン・コミュニケーションズによって買収されなかったYahoo, Inc. の残りの部門は、 Altaba Inc. (アルタバ)へと改名。 のウェブサイトによると、新会社は「非多角のクローズドエンド型投資信託会社」として分類されている。 2018年9月11日、アルタバは、26. 82%保有していたヤフージャパン株をすべて売却すると発表。 これに伴いアルタバは約4,830億円を調達し、ヤフージャパンとの資本関係が一切なくなる。 2019年11月4日、解散・清算手続きが行われた。 名前の由来 [ ] Yahoo! の名前の由来は英語の「 Yet Another Hierarchical Officious Oracle」(さらにもうひとつの階層的でお節介な神託)の略だといわれている。 また、ファイロとヤンは自分たちのことを「ならずもの」だと考えているので、「粗野な人」という意味がある「 Yahoo」(『』に登場する野獣の名前が由来)という言葉を選んだと主張している。 さらに感嘆符がついていることに関しては「ヤッホー!」「やったー!」を意味する英語の「 」とかけているとも考えられる。 Yahoo! の事業 [ ] 検索エンジンとしてのYahoo! [ ]• 上のを調査し• で分類してとして蓄積し• 必要なコンテンツを探すに対して検索フォーム()を提供する というの運用と検索サービスの提供という図式は、 Yahoo! をはじめとする数社によって始められ、かつ確立された。 このような形のを(入り口)と呼ぶようになった。 なお、が提供しているを見ると、アクセス全体に占める search. yahoo. com(検索サービス)のアクセスは全体の10. 近年の業績悪化に伴い、2010年には自社開発の検索エンジン からマイクロソフトの ( ビング )に検索エンジンを切り替える方針を明らかにしており、2010年8月より順次各国語版で切り替えを開始している。 ただしYahoo! JAPANはBingではなくを採用する方針。 検索オプション [ ] Yahoo! では、 Web(文書)、 Images(画像)、 Video(ビデオ)、 Audio(音声)、 Directory( Yahoo! に登録されたウェブサイトの目録)、 Local(ローカル)、 News(ニュース)、 Shopping(買い物サービス)で分類して検索するシステムがある。 Yahoo! のサービスサイト [ ] Yahoo! には、メインページ中央やや上部に、下のような Yahoo! が所有するサービスサイトがある。 サービス名に冠する「 Yahoo! 」は省略形の「 Y! 」で表されることがある。 カッコ内に Yahoo! JAPANの対応するサービスを明記する。 omg! (エンターテインメントトピックス - Yahoo! ニュース)• Shine• MyBlogLog• My Yahoo! Upcoming()• Yahoo! Account Information(Yahoo! JAPAN ID登録情報)• Yahoo! Address Book()• Yahoo! Alerts()• Yahoo! Answers()• Yahoo! Autos()• Yahoo! Avatars()• Yahoo! Yahoo! Bookmarks()• Yahoo! Buzz• Yahoo! Calendar()• Yahoo! Yahoo! Chat()• Yahoo! Company Info(Yahoo! JAPAN会社概要)• Yahoo! Connected TV()• Yahoo! Developer Network()• Yahoo! Directory()• Yahoo! Education()• Yahoo! Entertainment• Yahoo! Finance()• Yahoo! Food()• Yahoo! Games()• Yahoo! Green(Yahoo! JAPANの環境への取り組み)• Yahoo! Greetings(、終了)• Yahoo! Groups()• Yahoo! Health()• Yahoo! Help(Yahoo! JAPAN ヘルプセンター)• Yahoo! Yahoo! Image Search()• Yahoo! International()• Yahoo! Kids()• Yahoo! Local()• Yahoo! Mail()• Yahoo! Maps()• Yahoo! Message Boards()• Yahoo! Mobile()• Yahoo! Movies()• Yahoo! Music()• Yahoo! News()• Yahoo! Notepad()• Yahoo! OpenID• Yahoo! People Search• Yahoo! Personals()• Yahoo! Profiles()• Yahoo! Real Estate()• Yahoo! Research()• Yahoo! Safely(Yahoo! セキュリティセンター)• Yahoo! Search()• Yahoo! Security Center()• Yahoo! Shopping()• Yahoo! Small Business()• Yahoo! Sports()• Yahoo! TV()• Yahoo! Yahoo! Toolbar()• Yahoo! Travel()• Yahoo! Yahoo! Voice … 電話サービス• Yahoo! Weather()• Yahoo! Widgets()• Yahoo! Women … 女性向けサービス• Yahoo! Search Blog()• Yahoo! for Good• Yahoo! Yahoo! Yellow Pages()• など 「」も参照 世界のYahoo! の一覧 [ ] ほとんどの国・地域のYahoo! は「(国・地域の). yahoo. com」のを使用しているが、では「jp. yahoo. com」ではなく「yahoo」を使用している。 また、やは「(ccTLD). search. yahoo. com」のドメインがトップページとなっているほか、はccTLDの「. my」が「」とバッティングするため「malaysia. yahoo. com」が使われる。 の「Yahoo! 奇摩」は地域のローカル検索事業者との合併に伴う名称となった結果、サイト名から地名が除かれている。 また、の「Yahoo! 7」は大手放送事業者・との合弁に伴い、1月よりサイト名を変更した。 ヨーロッパ・中東・アフリカ [ ]• - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - 、圏(ほか)の Yahoo!。 - ・圏(ほか)の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 以前はアイルランドと合同であった。 - の Yahoo!。 - ・圏の Yahoo!。 - ・圏の英語版の Yahoo!。 - の Yahoo!。 南北アメリカ [ ]• - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の版の Yahoo!。 - カナダの圏(おもに)の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - 圏(おもに)の Yahoo!。 以前は「 Yahoo! Telemundo」の名称であった。 アジア・オセアニア [ ]• - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 - の Yahoo!。 以前はニュージーランドと合同であった。 - の Yahoo!。 以前は「 Yahoo! Xtra」の名称であった。 廃止 [ ]• Yahoo! Asia( asia. yahoo. com) - 全域に向けた Yahoo!。。 雅虎中文( chinese. yahoo. com) - 世界各地の中国系住民に向けたの Yahoo!。 Yahoo! yahoo. com) - 圏の Yahoo!。 Yahoo! Korea( kr. yahoo. com) - の Yahoo!。 2012年12月31日でサービス終了。 中国雅虎( cn. yahoo. com) - の Yahoo!。 2013年8月31日でサービス停止。 Yahoo! Danmark( dk. yahoo. com) - の Yahoo!。 Yahoo! Suomi( fi. yahoo. com) - の Yahoo!。 Yahoo! Nederland( nl. yahoo. com) - の Yahoo!。 Yahoo! Norge( no. yahoo. com) - の Yahoo!。 Yahoo! Polska( pl. yahoo. com) - の Yahoo!。 Yahoo! yahoo. com) - の Yahoo!。 Yahoo! yahoo. com) - の Yahoo!。 Yahoo! Thailand( th. yahoo. com) - の Yahoo!。 2013年以降、ヨーロッパ地域を中心にサービス廃止国が増えている。 これらの国ではサービス(Yahoo! Mail)は引き続き提供されている。 脚注 [ ]• 朝日新聞社 : p. 夕刊 2• 『』 2017年6月14日• JAPAN• - ソフトバンク・1996年4月12日• BBC News. 1998年6月5日. 2017年12月16日閲覧。 September 26, 2014• - 誌• - グーグル社• - Flickr• 2016年2月4日閲覧。 2016年2月4日閲覧。 2016年2月4日閲覧。 2016年2月4日閲覧。 2016年2月4日閲覧。 2016年2月4日閲覧。 2016年2月4日閲覧。 2016年4月30日閲覧。 2016年4月30日閲覧。 2016年6月1日閲覧。 2016年5月12日閲覧。 2016年9月19日閲覧。 2014年4月16日閲覧。 2014年4月16日閲覧。 2014年4月16日閲覧。 2014年4月16日閲覧。 2015年1月23日閲覧。 2014年2月13日閲覧。 2014年4月22日閲覧。 2014年4月28日閲覧。 2014年4月28日閲覧。 2014年4月22日閲覧。 2014年4月16日閲覧。 2014年4月10日閲覧。 2014年4月16日閲覧。 2014年4月16日閲覧。 2014年2月13日閲覧。 2014年2月13日閲覧。 2014年2月13日閲覧。 2014年2月13日閲覧。 2014年4月10日閲覧。 2015年1月23日閲覧。 2015年1月23日閲覧。 2015年1月23日閲覧。 2015年1月23日閲覧。 2015年1月23日閲覧。 2016年11月8日閲覧。 2015年1月23日閲覧。 2016年9月19日閲覧。 2019年3月31日閲覧。 2016年11月8日閲覧。 日経新聞. 2017年6月14日. 2017年6月14日閲覧。 , Yahoo! Media Relations, 2005年• Yahoo! Search Technology ( ヤフー・サーチ・テクノロジー )• 移行の本格スタートと SearchMonkeyの終了を発表 - ITmediaエンタープライズ・2010年8月18日• - ITmedia・2010年7月27日 関連項目 [ ] ウィキニュースに関連記事があります。

次の

一休を買うヤフー、1000億円は高いか安いか

ヤフー 買収

なお、2015年7月、ソフトバンクは「ソフトバンクグループ」に、ソフトバンクモバイルは「ソフトバンク」に商号を変更しています。 従って、厳密に言うと現在のソフトバンクは「ソフトバンクモバイル」のことですが、便宜上この記事ではソフトバンクグループを指す名称として、ソフトバンクという表記を用います。 ソフトバンクの大まかな歴史は以下の通りです。 詳しい買収事例については後述します。 1981年 日本ソフトバンク設立• 1990年 ソフトバンクに商号変更• 1994年 日本証券業協会に株式を登録• 1995年 世界最大のコンピューター関連の見本市「コムデックス」を運営する米国The Interface Groupの展示会部門に資本参加• 1996年 米国Yahoo Inc. との共同出資によって日本法人ヤフーを設立• 1998年 東京証券取引所第一部へ上場• 2003年 ビー・ビー・テクノロジー、ソフトバンクネットワークス、ソフトバンク・イーシーホールディングス、ソフトバンク・コマースの子会社4社が合併し、ソフトバンクBB(現 ソフトバンク)が誕生• 2004年 日本テレコム(現 ソフトバンク)を子会社化し、固定通信事業へ参入• 2005年 福岡ダイエーホークス(現 福岡ソフトバンクホークス)を子会社化• 2006年4月 ボーダフォン(現 ソフトバンク)を子会社化し、移動通信事業へ参入• 2006年10月 日本テレコムからソフトバンクテレコム(現 ソフトバンク)に、ボーダフォンからソフトバンクモバイル(現 ソフトバンク)に商号変更• 2008年 アリババを合弁会社化• 2013年1月 イー・アクセス(現 ソフトバンク)を子会社化• 2013年4月 ガンホー・オンライン・エンターテイメントを子会社化• 2013年7月 米国Sprint Nextel Corporation(現 Sprint Corporation)を子会社化• 2014年1月 米国Brightstar Corp. を子会社化• 2014年7月 イー・アクセスがワイモバイル(現 ソフトバンク)に商号変更• 2015年4月 ソフトバンクモバイル(現 ソフトバンク)が、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルを吸収合併• 2015年7月 ソフトバンクがソフトバンクグループに、ソフトバンクモバイルがソフトバンクに商号変更• 2016年 英国ARM Holdings plc(現 Arm Limited)を買収• 2017年5月 サウジアラビア政府の公共投資ファンドと10兆円規模の投資ファンドソフトバンク・ビジョン・ファンドが発足• 2018年 中国Arm Technology China Co. , Ltd. 英国の子会社Arm Limitedの中国完全子会社 を合弁会社化• 2019年10月 Zホールディングス発足。 ヤフー株式会社がZホールディングス株式会社に、紀尾井町分割準備株式会社はヤフー株式会社へ、紀尾井町金融分割準備株式会社はZフィナンシャル株式会社に商号変更• 2019年11月 ZホールディングスがZOZOを買収• 2019年11月 ZホールディングスがLINEと経営統合で合意 以上がソフトバンクの大まかな歩みです。 次にソフトバンクの事業の変遷について考えてみましょう。 ソフトバンクは、もともとはソフトウェア流通事業を行う会社としてスタートしました。 設立当初のソフトバンクは、ソフトウェア流通企業として様々なソフトウェアを提供することを事業としていました。 しかし、現在のソフトバンクは通信企業というイメージの方が強いのではないでしょうか。 これは、日本テレコムの買収によって固定通信事業へ、ボーダフォン買収で携帯電話による移動通信事業へ参入したことが理由です。 加えて 報酬も業界最安値の水準であるため、お気軽にご利用いただけます。 「同志的結合」とは 買収される側と買収する側が同じ志のもと、お互いを尊重しあうことで成長していくということです。 そして「同志的結合は金銭的 資本的 結合より強い」という信念がその思いを支えています。 つまり「同志的結合」という考え方は、 資本的な結合ではなく、同じ志を持つものがそれぞれの役割を全うし、協力することで戦略的なシナジーを目指すことを重要視しているのです。 「同志的結合」という考え方は、新規事業へ参入する際に最も重要な哲学だと言えます。 買収ニーズさえ登録しておけば、独自のAIで条件の合う会社を自動的にマッチングいたします。 「コムデックス」を運営する米国The Interface Groupの展示会部門に資本参加• 米国Yahoo Inc. との共同出資によって日本法人ヤフーを設立• JスカイB(現 スカパー!)についてオーストラリアThe News Corporation Limitedと提携• 日本債券信用銀行(現 あおぞら銀行)へ資本参加• 日本テレコムを子会社化• 福岡ダイエーホークスを子会社化• ボーダフォンを子会社化• アリババを合弁会社化• イー・アクセスを子会社化• ガンホー・オンライン・エンターテイメントを子会社化• 米国Sprint Nextel Corporation(現 Sprint Corporation)を子会社化• フィンランドのSupercell Oy株式を取得• 米国Brightstar Corp. を子会社化• 英国ARM Holdings plc(現 Arm Limited)を買収• ZOZOを買収• との共同出資によって日本法人ヤフーを設立しました。 当時のヤフーの知名度はまだ低いものでしたが、ソフトバンクは1億ドル以上を出資し、その後も数回にわたって出資しています。 スタートアップの段階でのヤフーを見出し、巨額の資金を投資したことは後のソフトバンクのビジネス戦略の嚆矢と言えるでしょう。 結果としてヤフーへの出資はソフトバンクに莫大な含み益をもたらすこととなります。 スタートアップ企業に巨額の投資をするという手法は、その後のソフトバンクの代表的な戦略の一つとなっています。 しかし、決して球団経営をおざなりにしていません。 また、福岡ソフトバンクホークスの本拠地・福岡ドームの命名権をグループ企業のヤフーやペイペイに取得させることで、それらの企業の知名度向上にも貢献しています。 ソフトバンクは2013年にアメリカのSprint Nextel Corporation(現 Sprint Corporation 以後スプリントと表記)を子会社化しています。 スプリントを買収したことにより、ソフトバンクは名実ともに世界でも最大規模の移動通信企業となりました。 しかし、スプリントは巨額赤字がネックとなっており、ソフトバンクグループの2017年の12月31日時点の有利子負債は15兆8049億円を計上。 スプリットはコストカットを実施することで持ちこたえていましたが、有効な打開策は打ち出せていませんでした。 そんな中、2018年4月にアメリカ携帯電話業界3位のスプリントと同4位のTモバイルUSの経営統合が発表されます。 そもそも、この経営統合はソフトバンクが構想しており、スプリントとTモバイルUSを買収し合併させることで、米国の移動通信業界における上位2社に対抗しようとするものでした。 しかし「競争環境が停滞する恐れがある」とされ米国の規制当局から許可が下りず、立ち消えとなっています。 そして同様の理由で、今回の合併についても反対する意見が多数見受けられます。 もし今回の統合が実現すれば、TモバイルUSの親会社となるドイツテレコムとの株式交換で、持ち株比率はドイツテレコムが41. 例えば、ソフトバンクは2010年に「戦略的シナジーグループ5,000社」の実現が掲げられ、30年間でグループ会社5000社を目指す姿勢を明らかにしています。 2019年には持ち株会社のZホールディングスを設立し、ZOZOを買収。 さらにLINEとの経営統合を発表しました。 このように、近年のソフトバンクは通信事業企業という枠にとらわれず、多角的な事業展開をする傾向を強めています。

次の