野菜 冷凍保存方法。 冷凍保存できる野菜一覧!超簡単な保存方法と期限やコツなど【忙しいママ必見】

【ズッキーニの保存】丸ごと冷凍できる!3週間長持ちするテクニック

野菜 冷凍保存方法

Contents• 野菜炒めは冷凍保存できる?メリットやアレンジ方法も! 野菜炒めは、一回でたくさんの野菜を食べることができ、調理方法もとってもカンタン!栄養のバランスも整っており、昔から家庭料理を代表する一品です。 その野菜炒めを冷凍で保存できるの?と疑問に感じる人もいるかも知れませんが、答えは「YES」! しかも野菜炒めは冷凍保存ができるというだけではなく、場合によってはいろんなメニューにアレンジすることができる優れものなのです。 保存方法のコツなどはあとで詳しくご紹介しますが、この冷凍保存した野菜炒めは、とにかく万能! もちろん、後日同じものを食べる時は、解凍して再加熱するだけ。 でもせっかくだから、すこしアレンジを加えたいという時も、• ちゃんぽんの具• 野菜たっぷりチャーハン• あんかけ焼きそば• 具だくさんの肉野菜餃子• 野菜炒めの卵とじ• 野菜たっぷりお好み焼き などとたくさん使い回しが効くんです。 冷凍庫に野菜炒めがあれば、どんなに忙しいときでも準備する手間が省けるし、家族も満足するボリューミーな食事を提供することができます。 家庭用の冷蔵庫は業務用のものと違って冷凍できるパワーがやや弱い• 1日に何回も開け閉めするため、同じ温度を保つことができない こういった理由で一般的に家庭で調理されたものを冷凍する場合は、2週間程度で食べきってしまうのが良いとされています。 2週間もあればすぐに消費できてしまうので、万が一余ってしまっても冷凍しておけば次回アレンジして食卓に並べることができますよね。 しかし、冷蔵庫は1日のうちで何度も開け閉めをくりかえすため温度が安定せず、食材が傷むのも早くなってしまいます。 なので冷蔵庫で保存する場合は、2日以内で食べきった方が安全かもしれませんね! スポンサーリンク 野菜炒めの冷凍保存方法とコツ 野菜炒めの保存方法は、とってもカンタン。 アレンジせずに後日もう一度同じものを食べるなら、ある程度冷ました野菜炒めをジッパーバックに入れて、冷凍庫に入れるだけでOKです。 ただし、この時に気をつけたいのが 「できるだけ空気を抜く」ということ。 酸素が入ってしまうと、酸化してしまい、味が落ちてしまいます。 空気をうまく抜くコツは? 空気をうまく抜くコツは、ジッパーバックの口を8割くらい締めて、全体が平らになるように手のひらで押したり、くるくると巻くようにすればかなり抜けます。 また、端にストローをさして、空気を吸いながら抜くという方法もあるので、ぜひ試してみてくださいね。 ただし、ストローを使う場合は、誤って中身まで吸わないようご注意ください。 解凍後にアレンジしたい場合は?自然解凍しやすい小分けがおすすめ! 使う分を小分けにしてラップで包み、それをジッパーバックに入れておくと少量ずつ取り出して、調理することができるので便利です。 小分けなら自然解凍するにもそれほど時間がかかりませんよね! 私はいつも味付けをしない野菜炒めを大量に作り、その中からアレンジする分を取り出し、残った野菜炒めに味付けをするというようにしています。 そのほうが、アレンジするときに味付けが二重にならず、味が濃くならないのでカラダにも優しくなります。 アレンジする分を保存する場合は味付け無しの野菜炒めがオススメです。

次の

冷凍保存できる野菜、できない野菜一覧!見分け方は簡単で…

野菜 冷凍保存方法

丸ごとの白菜はそのまま新聞紙に包んで、涼しい場所に立てて常温で保存します。 新聞紙のインク移りが気になる人は、キッチンペーパーで包んだ上から新聞紙で包むようにするといいでしょう。 外側の葉から外して使うようにし、小さくなってきたら冷蔵庫の野菜室へ移します。 なお、いちばん外側の葉っぱは、変色していたり、乾燥していたりすることがありますが、捨てずにとっておくのがポイント。 保存する際は、とっておいたいちばん外側の葉っぱで残った白菜を包んでおくことによって、白菜の水分が適度に保たれるため、日が経っても美味しくいただくことができます。 白菜は冬に限らず1年中流通していますが、夏など暑い季節については、常温ではなく冷蔵もしくは冷凍保存がおすすめです。 すでにカットされている白菜を購入した場合は、必ず冷蔵庫で保存するようにします。 冷蔵保存する場合は、白菜の成長を止めて鮮度を保つために、必ず芯に深い切り込みを入れるか、芯を丸ごと切り落としましょう。 中心の盛り上がってくる部分を取り除くのも効果的です。 なお、すべての切り口から水分が抜けていってしまうため、そのままラップで包んでしまうと抜け出た水分が白菜の切り口とラップの間にたまって、変色や傷む原因となります。 切り口全体を乾いたキッチンペーパーで覆ってから、ラップで包むか保存袋に入れて保存するようにしてください。 冷蔵庫で保存する場合は、野菜室に立てて保存すると長持ちします。 高さがぶつかって立てられない場合は、切り口を下に向けた状態で保存するといいでしょう。 たけのこは鮮度が命。 時間が経てば経つほどアクが強くなってしまうので、購入後はそのまま放置せず、すぐにゆでて保存するようにします。 まずは、たけのこの外側の皮を2~3枚だけ外したら、えぐみが強い先端を3~4㎝ほど斜めに切り落として、縦半分に切り分けてから米ぬかといっしょにゆでます。 ゆで上がったら、ゆで汁に漬けたまま鍋ごと一晩置いて冷ましましょう。 翌日にたけのこの皮をすべてむいて流水で洗い、保存容器に水といっしょに入れて冷蔵室で保存します。 水は毎日取り替えてください。 市販のたけのこの水煮やお店ですでにゆでた状態で売られていたものについても、同じように水といっしょに保存容器に入れて、毎日水を取り替えながら保存します。 長ねぎは冷凍すると、辛み成分である硫化アリルが抜けて甘みが増します。 凍ったまま炒め物やスープなどに利用することができるので、冷凍しておくととても便利です。 冷凍保存袋のサイズに合わせて長ねぎを等分にカットし、保存袋に入れて保存します。 縦向きに入れると、使うときに取り出しやすくて便利です。 使うときは、凍ったまま好みの大きさに切って、そのまま料理に使います。 凍ったままでもサクサク切れるので、手間のかかるみじん切りは冷凍後がおすすめです。 また、ななめ切りや小口切りなど、自分の使いやすい大きさに長ねぎをカットしてから冷凍保存袋に入れて冷凍することもできます。 くっつかないように、きれいに並べた状態で保存袋に入れて冷凍しましょう。 調理の際は、凍ったまま使用します。 (パッケージに入れたまま保存する場合) 根つきの豆苗は、未開封であれば購入時のパッケージに入れたまま保存することができます。 葉の部分がつぶれないように立てた状態で、冷蔵室もしくは野菜室で保存するようにしてください。 なお、買ったばかりの豆苗は根元に水分が含まれていますが、保存している間も成長を続けているため途中で水分が不足してしまいます。 根元が乾いてきたら、大さじ3~4杯程度の水を足すようにしましょう。 (水に浸して保存する場合) カットものや、根元からカットした状態で保存をする場合は、豆苗を保存容器に入れてから水をひたひたに注ぎ、フタをして冷蔵室もしくは野菜室で保存をします。 水は3日おきに取り替えましょう。

次の

【ズッキーニの保存】丸ごと冷凍できる!3週間長持ちするテクニック

野菜 冷凍保存方法

バランスのよい食生活に欠かせない野菜、どのように保存していますか?ラップをして冷蔵庫に入れたり、乾燥させたりとさまざまな保存方法がありますが、冷凍される方も多いはず。 食材の保存方法としてすっかり当たり前になった冷凍保存ですが、解凍してみると、味や食感が変わってしまった経験は、ありませんか? しかし、コツさえ覚えれば、上手に冷凍保存できる野菜もあるのです。 今回も、ニチレイフーズに入社して14年。 冷凍チャーハンや春巻きなどの商品開発に関わる庄司有希さんから、今日から使える冷凍保存のコツを伺いました。 「凍らせた野菜はそのまま調理した方が美味しい」「冷凍した野菜は1週間を目安に使い切る」など、庄司さんから、すぐに使える冷凍テクニックを教えてもらうことができました。 野菜を美味しく冷凍するなら、すばやく凍らせるのがコツ 野菜を冷凍保存すると、解凍した時に中身がスカスカになったり、水っぽくなったりするなど、野菜の食感が大きく変わってしまった経験はありませんか? その原因は家庭の冷凍庫にあります。 冷凍食品工場にあるような業務用の冷凍庫が、マイナス30~40度という低い温度で一気に「急速凍結」するのに比べて、家庭用の冷凍庫は庫内の温度が高く、「緩慢凍結」と言われるように食材をゆっくり冷やします。 そもそも「冷凍」は食品中の水分が冷やされて、食材が凍る現象ですが、その過程で発生する氷結晶が食品の組織や細胞を壊してしまいます。 また、氷が溶けた時にできる空洞が原因で、スカスカしたり、ぐしゃっとした食感に変わってしまうのです。 急速凍結は、この氷結晶が大きくなる前に凍結させることができるため、味や食感の変化を抑えられます。 それを応用して、家庭で上手に野菜を冷凍するためには、できるだけすばやく凍らせる工夫が必要です。 例えば、以下のようなことに気を付けてください。 ない場合は、ラップの上からアルミホイルで包んで冷凍する これらのコツを覚えておけば、家庭用の冷凍庫でも、上手に野菜を冷凍できるでしょう。 水分と繊維の多い野菜は冷凍に向いていない? 先ほどご紹介した「急速凍結」と「緩慢凍結」のことを考えると、水分や繊維質の多い野菜は、あまり冷凍に向いていない野菜です。 水分が多い野菜は、凍結させた時に、食材の味や食感を変える氷結晶が大きくなってしまいます。 一方、繊維質の多い野菜は、解凍した時に繊維の周りの組織が空洞化し、筋っぽい感じが強くなってしまうのです。 具体的には、水分の多いレタスやトマト、人参や大根、ゴボウなどの根菜類は冷凍に適さない野菜です。 逆に冷凍に適した野菜は、ほうれん草や小松菜などの葉物野菜、ブロッコリーなどです。 これらの野菜はなるべく新鮮なうちに下茹でし、小分けにして冷凍しておくと、色や食感を保ったまま保存できます。 綺麗にみずみずしく冷凍するコツと、冷凍の小ワザ 話は変わりますが、冷凍後の野菜が色あせてしまったことって、ありますよね?野菜はできるだけ、みずみずしく綺麗な色のまま食卓に並べたいものです。 野菜の色あせを防いで冷凍するにはどのようにすれば良いのでしょうか? 野菜は冷凍前に下茹ですると酵素の働きを止めることができるので、変色を防いで冷凍することが可能です。 当社で販売している冷凍のいんげんやオクラなども「ブランチング」と言って、下ゆでをすることにより、酵素の働きを抑制して製品にしています。 また、解凍した後のことを考えて下処理しておくのもポイントです。 例えば玉ねぎは、みじん切りにしたら、ラップに包んで小分けにしたり、冷凍用保存袋に平たくして入れておくと使いやすいと思います。 冷凍した野菜は離乳食にも活用できることもしっていましたか?私の場合、子どもが小さい時には、ミニトマトをそのまま冷凍していました。 解凍時には皮が水でするっと剥けるんですよ。 そのまま食べるには、少し水気が多いですが、つぶして煮たりして活用するには便利なんです。 また、茹でて裏ごししたさつまいもを冷凍しておき、解凍後にミルクと混ぜて加熱して子どもに与えていました。 この他にもいくつかの小ワザをご紹介します。 これを覚えておくと、効率よく調理ができると思います。 いずれも便利なテクニックなので、ぜひ活用してみてください。 野菜別、おすすめの冷凍方法 ここからは代表的な野菜を例に、それぞれおすすめの冷凍方法をお伝えします。 煮込み料理など加熱調理前提であれば、湯剥きして、サイコロ状にカットして、冷凍しておいてもいいでしょう。 冷凍に向いているのは、加熱して皮をむいた後にすり潰した状態です。 また、焼き芋にして、一度水分が抜けた状態にしておくと冷凍に適した状態になります。 *<もやし> 冷凍方法をでご紹介しています。 *<ゴーヤ> 冷凍方法をでご紹介しています。 *<かぼちゃ> 冷凍方法をでご紹介しています。 上記以外の野菜についても、 で冷凍方法とコツをご紹介しています。 解凍時に気を付けるべきポイント 冷凍した野菜は使う時に解凍する必要がありますが、その時、どのように解凍すればいいかご存知ですか? 実は、電子レンジや流水で解凍する以外に、「凍ったまま使う」という方法がおすすめです。 素材に余計なダメージを与えずに調理が出来て、美味しく仕上がるからです。 そのまま鍋に入れて煮込んだり、フライパンで炒めたりして使ってみましょう。 また解凍方法だけでなく、覚えておきたいのが保存期間です。 ご家庭で冷凍した食品は、1週間を目安にできるだけ早く使い切るのがベストです。 その理由は、まな板や包丁などの調理器具の衛生状態と冷凍庫の開け閉めにあります。 特に冷凍庫の扉を開け閉めすると、庫内の温度が上がることよって、冷凍した食品に霜がついたり食品自体の温度が上がったりして劣化しやすくなります。 冷凍野菜の品質を保つためにも、扉は長く開けず、庫内の温度が上がらないようにしましょう。 特に気温の高い夏は、野菜の傷みも早くなりがちです。 ご紹介した冷凍テクニックを使って、無駄なく賢く野菜を使い切ってみましょう。

次の