ライアー 漫画 11 巻 ネタバレ。 【漫画】響~小説家になる方法~11巻ネタバレと無料で読む方法

漫画「ライアー」の見所を紹介!嘘つきな大人たちの恋愛を覗き見【ネタバレ注意】

ライアー 漫画 11 巻 ネタバレ

最新話をいち早くまとめ記事にしています。 下記リンクをタップしてくださいね。 『liar』はもぁらす先生原作、袴田十莉先生作画の作品です。 めちゃコミなどで連載されています。 単行本はどこの電子書籍サイトでも購入出来ると思います。 『liar』の前回(100話)のあらすじは・・・ 美紗緒は市川よりも出野が好きになったと市川に告げました。 市川は偶然出会ってもうまく話しかけられず、怖いと美紗緒に言われてしまいます。 てっきり出野とうまくいってるのかと思われた美紗緒は調子が悪そうにしており、市川は美紗緒を呼び止めるのでした。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 102. 103話 最新話のネタバレ 何もしてやれない市川 美紗緒を心配する市川。 お前普通じゃないだろうと言います。 美紗緒は青ざめ、痩せていました。 美紗緒は忙しいからとだけ答えます。 市川は美紗緒がまた自分の時と同じように一人で抱えて、言いたいことも言えてないのではと思います。 市川が美紗緒と呼ぼうとすると美紗緒の顔が強張ります。 市川は俺にしてやれることは何もないのだと痛感します。 けれど、美紗緒への想いや記憶は消せません。 あくる日、出野に呼び出される市川。 つい美紗緒のことばかり追ってしまいます。 忘れたくても関わらないといけない、社内恋愛のリスクを感じる市川。 その後も美紗緒の表情はすぐれず市川は気になってしかたありません。 会議の後、百菱の吉田会長が辞任することを出野に聞く市川。 次期会長は岩城に決まったそうです。 美紗緒の訪れた場所 岩城は市川の父親と同期の役員でした。 岩城の娘が孫と婚約をしたらしいです。 市川は父親が出所と結婚させたかったのはわかるし、駒として使われるのも誇らしかったと思います。 しかし、そのせいで美紗緒を危険にさらし、泣かせてしまっていた市川。 市川は美紗緒がおかしくありませんかと出野に聞きます。 出野は「成田が決めることだ」と自分で言ったのにそれを聞くのかと言います。 散々泣かせてきたのだから、美紗緒にはもう構うな、俺が美紗緒をどうしようが関係ないだろうと続けます。 それでも、と言いつのる市川でしたが、出野は失ってからでは遅いよと切り捨てます。 出野が言うことは正しかったですが、やはり美紗緒が辛そうなのは放っておけないと思う市川。 市川は父親に電話をしますがつながりません。 市川は美紗緒と関係を修復したいと願うようになりました。 せめて美紗緒を笑顔を守れる立場になりたいと思います。 そして休日、会社の同僚の松永が美紗緒が同じ産婦人科のクリニックに通っているのを見て声をかけます。 怯えるように質問用紙を隠す美紗緒。 松永の密告と危険 松永は美紗緒もピルですかと尋ねますが、美紗緒はぎくりとして、いえ、と答えます。 松永は美紗緒が妊娠していることを知ってしまいます。 市川と出野、どちらの子なのかと思う松永。 どちらにせよ、大事にしてもらえるのだろうと嫉妬します。 松永は弱さを装って離れていく男をとどまらせようとする卑怯な女っていますよね、と美紗緒に嫌味を言って去りました。 松永は少し考えると教えてあげたら喜ぶよね、と誰かに電話をかけます。 そしてその夜、松永の家を訪ねてきたのは市川の父親でした。 なんと松永は市川の父親の愛人だったのです。 市川の父親はお前はいつもいい情報をくれるな、と松永を褒めてくれます。 久しぶりの逢瀬にうっとりとする松永。 しかし市川の父親は紅茶だけ飲むと早々に帰ろうとします。 病院にいくという市川の父親。 「付き添いだよ、あの女の。 これでやっと全ての決着がつく」 松永はまさか、嘘でしょうと顔を青ざめさせます。 市川の父親が美紗緒の子を殺そうとなんかしないよね、違うよね、と不安になる松永。 美紗緒に危険が迫ります。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

死役所の原作漫画11巻の結末ネタバレ感想!傍聴にハマった男性の末路!

ライアー 漫画 11 巻 ネタバレ

もくじ• liar11巻を無料で読む方法 最新刊の11巻を無料で読むには VODサイトの を使います。 U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトで、 電子書籍も配信しており、見放題の映画・アニメが90,000本もあります! そのU-NEXTを使えば、liarの最新刊11巻が なんと 無料で読めます!!! 初めて申し込みの方には31日間の無料トライアル期間があり、 その申し込み時に付与される600円分のポイントを使えば、 liar11巻(税込440円)が 無料になります。 そんな美紗緒を酒でも飲もうと誘う出野。 タクシーに乗り込み到着したのは湾岸の高級ホテル。 戸惑う美紗緒だが、出野は美紗緒を優しくエスコートし、部屋に案内する。 案内されたのはスイートルーム。 出野に下心は無く、店だと美紗緒が思いっきり泣けないからという理由で部屋を取った。 そして出野に、市川と別れたことを報告し、 別れるときに好きな人がいると言って、出野の名前を出してしまったことを謝罪する。 出野はその嘘を本当にしてみるかと冗談めかして言う。 その晩は思いっきり酒を飲み、泣き明かした美紗緒。 翌日二日酔いで頭が痛くなるが、心は軽くなっていた。 そして出野はただ優しく話を聞いてくれ、昨夜は何もなく終わった。 市川・国見と鉢合わせ ホテルを出た2人は休日出勤する。 国見と玄関で会い、国見は美紗緒の服装が昨日と同じだと口にする。 その時、市川がエレベーターから降りてきた! 出野を一瞥し、その場を去る市川。 弁解しようと市川を追おうとする美紗緒を止める出野。 国見と先に上に上がってろと言い、出野は市川の後を追う。 残った仕事を片付けていると、市川の部下の松永がやって来る。 松永は美紗緒に市川と別れたのかと尋ねる。 そして意味深な一言と、市川は女グセ悪すぎなので、別れるのは正解だと言い、去っていく。 呆然となる美紗緒。 そして田所の件を思い出す。 昔自分は市川の浮気相手だった。 そして今回も市川の相手が自分だけじゃなかったのではと…。 食事ものどを通らない…。 松永と市川が一緒に歩いているのを見るたび苦しくなる美紗緒。 食欲がわかず、ごまかすように仕事に没頭する。 そして時折社内で市川と顔を合わせるのがツライ。 そんな美紗緒を優しく励ましてくれるのは部長の出野であった。 来週の名古屋出張で美味しいものを食べさせてくれると言う。 しかし、美紗緒の食欲は一向に回復しない。 職場にいると昼食を食べろと気遣われるのでなるべく昼を外回りにあてる美紗緒。 昼食は食べなくても、栄養を取らばければと感じ、 給湯室で栄養ドリンクを飲もうとする。 その時「成田」と声を掛けられる。 なんと声を掛けてきたのは別れたはずの市川であった。 実は11巻中盤で、美紗緒にあることが起こります。 そのことは美紗緒以外誰も知らないはずなのに、 何故か市川の父親から電話がかかってきます。 そして呼び出された喫茶店に出向く美紗緒ですが、 呼び出した市川父、 その席でとにかく美紗緒を罵倒しまくるんです。 キミのような庶民の血が混じったら困るとか、 考えなしに浅はかな行動した美紗緒が悪いとか、 本当に人格否定に近いことを平気で言います。 僕に言わせれば、市川父は頭で考えて「正しい」ことをするのでしょうけど、 自分の「心」に従う勇気のない臆病者です。 美紗緒もその頭で考える「正しさ」に圧倒されて、従ってしまっている状態です。 美紗緒にある大きな出来事が起こりました。 (これはホントに物語の展開を左右する大きな出来事なので、あえてネタバレはしません。 美紗緒はその場所で、松永と偶然会ってしまいました。 そして松永から市川父に連絡が入ったのです。

次の

ライアー×ライアー

ライアー 漫画 11 巻 ネタバレ

7巻面白かったです~! 表紙の透が頬赤らめているのがなんともww なかなか二人の仲が進展しませんが、今回少しだけ進んだのかな…? 風邪を引いてしまっていつの間にか寝込んでいた湊。 そして、こちらもいつの間にか、透が部屋にいました。 しかも湊気づかずに着替えていますw 湊はというと、デートキャンセルのメールをみなから透にしようと思って携帯を見ると、透から急用で行けなくなったというメールが来ていました。 しかしその急用というのが、湊の看病だったのですよ…! 湊はそれを、家族として愛情を持って接してくれていると思いホロリとします。 うん、本当透から愛を感じる…やっぱり透は湊のことがとっても好きなんだな~。 湊はいよいよ透にカミングアウトをする気満々。 そしていよいよというところで、なんと透から 「おれたち別れたほうがいいと思うんだ」 なんと意外な展開です。 透はみなに全て話します。 自分に血の繋がっていない姉がいること、その姉がみなにそっくりなこと。 そしてみなが気になったのも、自分の好きなひとに似ているからで、だけど途中からみな本人に惹かれていた。 だけど、どうしても透の中の優先順位は姉が一番になってしまう。 それが申し訳なくて別れよう、と。 とうとうハッキリ透の気持ちが聞けました…! みなは汗ダラダラですがwww 「透はその義理のお姉さんをいつからその ……す 好きなの……?」 「好きって言うと語弊があるかも……好きっていうか」 「愛してるんだ」 サラッと言いましたwww しかも高校も大学も湊を追いかけてきたみたいでストーカー状態ww 普段全然わからないけど、重いですね透! だけど、透としては湊とどうこうなりたいというのはないらしく… 姉が奇異の目で見られたら嫌だしそんな関係は望んでおらず、ただ姉がいい人と一緒になって幸せになってくれたら言うことないという…愛だなマジで………。 湊が周りから変な目で見られたくないから気持ちを打ち明けるつもりはないという重い透に対して、湊はカミングアウトできなくなってしまい、実は大学に落ちて親のいるエクアドルに戻らなくてはいけないという嘘をまたつきました。 そしてみなと別れて一人暮らしをやめた透とこれ以上ひとつ屋根の下で過ごすには限界があると考えた湊は、就職して一人暮らしをする決意をします。 サークルのほうは、烏丸くんの妹ちゃんとお友だちが入ったり、会長(激やせしてイケメンになってるw)のナルシストな弟が入ったりますます個性的なメンツになりました。 そんな合間に就活を頑張った湊。 ようやく内定が出て、夏休み中に一人暮らしをすることを決めます。 これは良い展開です! ってこれじゃ何のために家出るのかって感じですがw漫画的にはオイシイので嬉しいです。 で、引越準備中にみなの携帯をまだ持っていたことに気づいた湊。 電源をいれるとなんとまだ解約しておらず、塚口先輩から鬼のようなメールがw 就職して髪が黒くなってスーツ姿の先輩爽やかです…! 真樹ちゃんに塚口先輩に狙われてると言われた湊ははっきりと彼氏がいることをアピールします。 先輩、かなり落ち込んでましたね…でも、結局は同じ人を好きになったのであって、無駄に2度失恋しちゃいましたねww 一緒に暮らし始めた湊と透ですが、新居で透は頭をぶつけまくってます。 最初は身長が高いからだと思っていた湊ですが、桂くんから 「焦ったときとか狼狽してる時にぶつけてるね」と聞く湊。 そして一緒にスーパーに行った二人。 まるで新婚さんです…! そこでまたまた頭をぶつける透。 ってそんなにぶつけまくってるってことは逆に透のほうが意識しすぎてるような気がしますけどねw大丈夫なんでしょうか今後。 しかしみなと別れてから、日替わりで女の子を連れている透。 今のところはただお茶してるだけみたいですが。 以前のように女関係がだらしなくなったらと心配する湊。 またまた真樹ちゃんに相談します。 「弟くんに幸せになってほしいんならさ… もうあんたが幸せにするしかないんじゃね?」と笑う真樹ちゃんですが、是非そうしてほしいものです! だって透の幸せ=湊が幸せになることですもんね。 透は湊の幸せばかり祈って自分のことはどうでも良いとまで言っちゃってます。 そうすると湊は自分が透を幸せにするという一択に絞られてしまうのです。 そして湊はとうとう言いました。 「わたしが透が好きなの」 8巻につづく…!そして8巻来年2月予定だいぶ先です。 でも8巻でもあまり進展なさそうな予感ww 8巻の感想はです。

次の