セリア スノー ボール。 セリアのダンボールはメルカリなどに大活躍!引っ越しでも使えるかを調査

手作りスノードームの作り方!100均セリアを活用で簡単!

セリア スノー ボール

もくじ• ちなみに、スノーボールとは英語圏での呼ばれ方になります。 私もついつい買ってしまうくらい好きなお菓子です^^ 他にも、かぼちゃ・プレーン・ショコラなどの味がありました。 (上記の時間に、生地を休ませる時間は含まれていません。 ) 写真にはローストアーモンドもありますが、こちらはお好みでOK。 アーモンドも同じくセリアで購入しました。 無塩バター・マーガリンどちらでも大丈夫です! 作り始める前に下準備として、バターが柔らかくなるように 室温に戻しておきましょう。 裏の説明書きには、泡立て器を使うと書いてありますが ゴムベラでも大丈夫です。 笑) 混ぜていくと、徐々にクリーム状になってきました。 大体クリーム状になったら、次に抹茶ミックスとお好みでアーモンドや ナッツなどを入れ、 ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせていきます。 粉っぽさがなくなって、ひとかたまりになるくらいまで混ぜていきます。 バターの油だけでちゃんとまとまるのか不安でしたが、少しずつまとまってきました。 混ぜ進めていくと、かたまりが段々と細かくまとまってきました! ここまでになると、これ以上ゴムベラで混ぜ合わせても変化がなさそう だったので今度は直接手で混ぜ合わせていきます。 ちなみに使い捨て手袋はもともと持っていたのですが、100均で買いました。 30分経ったら、冷蔵庫から取り出し12等分にして丸めていきます。 焼き時間はあくまでも目安なので、ご家庭でお使いのオーブンによって 異なってきます。 最初は時間通りに焼いてみて、まだ焼けてないようであれば少しずつ 時間を調節してみて下さいね。 あとはお好みで粉砂糖をまぶして。。。 今回は粉糖をまぶしているので、ちょうど良い甘さになりました。 あっという間に出来て簡単なのに、そうは見えないクオリティー! 小さなお子様と一緒に作ったり、親しい人へのプチプレゼントなどにもピッタリです。 是非、ご参考にしてみて下さいね^^ Sponsored Link.

次の

手作りスノードームの作り方!100均セリアを活用で簡単!

セリア スノー ボール

下準備• バター(無塩マーガリン)は、室温に戻し、やわらかくしておきます。 天板にオーブンペーパーを敷いておきます。 (焼き時間はオーブンにより異なります。 セリアスノーボールクッキーかぼちゃ・いちご・ココアの味や食感は? 統一を期すため、試食は一晩ラップに包んで翌日に行いました。 ソフトな歯触りで、口の中に入れるとほろっと崩れていきます。 作る前に、サクっとかほくほくとか、それぞれ食感が違うのかな~?と思っていたのですが、 3つとも同じような食感でした!でもいちご味はフリーズドライのつぶつぶいちごがの食感がプラスされています。 いちご味は、いちごの爽やかで甘い香りと味。 フリーズドライいちごが適度な酸味を与えています。 ピンク色が発色良くとてもキュートです! かぼちゃ味は、優しいカボチャの甘い香りと味。 粉砂糖をまぶしていてもしつこくなく、丁度良い甘さです。 オレンジ色が発色良くとてもきれいです! ココア味は、甘さ控えめでココアのほろ苦さが心地よい、ビターな味わいです。 黒茶色が粉砂糖の白とあいまって、とってもおしゃれな印象なクッキーです。

次の

スノーボールってどういうこと?

セリア スノー ボール

そんなとき、 100均で販売している造花のクオリティーの高さに気付き、 インテリアとして飾ってみることに! 造花の美しさに日々癒されています。 今回は、 セリア(Seria)で購入した造花をご紹介。 どこかしら、 アジサイに似ているような〜。 パステルカラーが似合う 春にぴったり。 花びらが重なり合っているところが素敵ですよね。 セリアの造花コーナーでも 白色や 青色など様々なバラがありました。 そのなかでチョイスしたのが 黄色。 周りの 葉っぱが黄色のバラをより引き立てています。 「カラーパレット パステルスノーボール」と「ローズブッシュ」、「シャビーガーベラブッシュ」の3つを一緒に持ったら、なんと ブーケのようになりました。 かつて友人の結婚式でもらったブーケにそっくり。 もっと花を増やせば、 豪華なブーケになりそうですね。 こちらは、全長約100cmのアイビーガーランド。 筆者は、 ゴミ箱につけてみました。 付け方は、ゴミ箱にアイビーガーランドを巻きつけて、後ろを購入時に一緒についていた 白色のワイヤーでくるくるっと! シンプルだったゴミ箱に 葉っぱが入ってオシャレ。 生活の中に緑があると、心が穏やかになります。 やはり、部屋の中に花があると気持ちが 明るくなって良いですね。

次の