ポケット マネー と は。 LINEポケットマネーの審査は厳しい?結果判明まで1週間?体験して調査

ポケットマネー・自腹・自費の違い

ポケット マネー と は

LINEポケットマネーは、2019年8月29日にリリースされた新しい融資サービスです。 このサービスはLINE株式会社のグループ企業である「LINE credit」と、「株式会社みずほ銀行」「株式会社オリエントコーポレーション」が合併することで誕生しました。 ただし LINEポケットマネーを利用するには、 まず審査に通過しなければいけません。 審査を無事通過するには、審査内容や申込手順をきちんと把握しておくことがとても重要です。 ここでは LINEポケットマネーの審査内容や、申込手順などについて解説します。 また、 LINEポケットマネーにはない無利息期間、職場連絡なし相談可能なカードローンも紹介しています。 LINEポケットマネーの審査基準 LINEポケットマネーは、みずほ銀行の審査ノウハウを利用して審査を行っています。 基本的には、以下の 基準を満たしている方なら誰でも申し込むことが可能です。 満20歳以上満66歳未満の方• 安定した収入を得ている方• 保証会社の保証を受けられる方 ただしLINEポケットマネーの審査を行うのは、保証会社であるオリエントコーポレーションです。 そのため大手銀行カードローンに比べると、 審査の難易度はそれほど高くない可能性があります。 チャージ感覚で使えるLINEポケットマネーの利用を考えている方は、気軽に申し込んでみてもいいかもしれません。 審査の際はLINEスコアも利用される LINEポケットマネーの審査を行う際は、 「LINEスコア」を使ったAI審査も実施されます。 LINEスコアはLINEアプリを通して利用者の行動を分析し、信用スコアを算出するサービスです。 AI(人工知能)が利用者の行動を分析し、算出されたデータをスコア化してくれます。 このLINEスコアの評価が良いと、 審査を有利に進めることが可能です。 スコアの評価に合わせて金利・限度額も変動するため、LINEスコアの評価はとても重要なポイントです。 スコアは以下の方法で確認が可能です。 ・LINEアプリのウォレットタブ内のポケットマネーをタップ ・「まずはスコアを診断」から規約に同意し、診断スタート ・全15項目を埋めるとスコアが算出されます LINEスコアは100が最低値となり、最大値が1000となります。 LINEポケットマネーの審査は スコアが200以上ないと通過できない可能性が高い為、必ず自身のスコアは確認するようにしましょう。 在籍確認は公言されていないが基本はある LINEポケットマネーの審査では在籍確認なしで借りられた人の口コミ、 職場への電話連絡があった人の口コミがあります。 必ずしも職場への確認が入るわけではありませんが、審査状況によっては在籍確認があります。 お金を借りることを周りの人にバレたくない方は、 職場連絡なしの相談ができるカードローンがおすすめです。 親・知人に知られることなく、お金を借りることができます。 金融会社は基本的に職場連絡による在籍確認を行いますが、柔軟な審査を行ってくれる会社もあります。 そのなかでも、プロミスはWeb申し込み後の本人確認の電話で相談することで、職場への連絡を省略してもらえる可能性があります。 職場連絡をされるのが嫌だという方は、利用してみてもいいかもしれません。 融資までにどれぐらい時間がかかる? LINEポケットマネーの審査は1日~3日程度時間が必要です。 大手の消費者金融に比べると審査に時間がかかることが特徴です。 今すぐにお金を借りたい、どうしても今日中にお金を借りたい方には向いていないでしょう。 即日融資でお金を借りたい方は、LINEポケットマネーよりもプロミスやアコムに申し込みをすることをおすすめします。 また、 大手の消費者金融のような無利息期間は設定されていません。 プロミスは出金日からの翌日から30日間無利息、アコムは契約の翌日から30日間無利息で借りることができます。 下記に当てはまる方は、大手の消費者金融の方がおすすめです。 今すぐにお金を借りたい• 無利息期間がある会社で借りたい• 審査に通るか事前に知りたい 実はLINEポケットマネーの上限金利は大手の消費者金融と同じなので、金利的なメリットは高くありません。 お金を初めて借りるときは、上限金利が適用されることが多いので上限金利が低いところに申し込みをすると利息が少なくすみます。 無利息期間がある、職場連絡なしの相談ができるという意味では、大手消費者金融の方が向いている方も多いでしょう。 プロミスとアコムなら本人確認の電話で職場連絡なしの相談にも柔軟に乗ってくれます。 また、 50万円以下の申込み、他社総額の借入が100万円以下の場合なら収入証明不要で借りることも可能です。 LINEポケットマネーとプロミス、アコムの比較は、以下の内容を参考にして自分にあった申込先を選ぶとよいでしょう。 プロミス アコム LINEポケットマネー 審査・融資スピード 最短即日 最短即日 翌日~3日 極度限度額 1万円~500万円 1万円~800万円 5万円~300万円 利率 実質年率 4. 5%~17. 8% 3. 0~18. 0~18. 借入を行った後は、すぐにLINEPayの残高を確認してみてください。 審査時間は申込者ごとに異なる LINEポケットマネーは、LINEアプリからいつでも申し込むことができます。 スムーズに審査を完了させることができれば、 即日融資にも対応することが可能です。 ただし審査時間は、申込内容やスコア結果に応じて変動することが多いです。 LINEポケットマネーにも、(日本信用情報機構)やで信用情報を照会するからです。 LINE Credit(株)のに主な信用情報照会機関が掲載されております。 そのため人によっては、 審査が完了するまで1日以上かかってしまうこともあります。 即日融資を希望する方は気をつけてください。 今すぐにお金を借りたい方はをご覧ください。 今なら2,000円相当のLINE PAY残高がもらえる LINEポケットマネーに契約すると、今ならLINE PAY残高2,000円相当の特典を受けれます。 特典内容はいつ変更・修正されるか分かりませんので、普段からLINE PAYを利用している方もそうでない方も、 お得なこの期間に申し込んでみるのもいいかもしれません。 手軽に融資を受けられるのがLINEポケットマネーの魅力。 しかし、他の消費者金融と違い無利息期間の設定が無く、金利が高くなる場合があるので注意が必要。 現金化には一定の手数料がかかりますので、ご自身の生活スタイルに照らし合わせて検討したいものです。 しかし利用する際は、以下の点に注意する必要があります。 LINEポケットマネーを利用する際の注意点 ・返済方法は元利定額リボルビング方式 ・現金化する際は手数料が発生する ・他のカードローンに比べて極度限度額が少ない この章では、上記の注意点について詳しく解説していきます。 返済方法は元利定額リボルビング方式 LINEポケットマネーで借りたお金は、「元利定額リボルビング方式」で返済することになります。 元利定額リボルビング方式とは借入金額に応じて、毎月の支払い金額が設定される返済方法です。 この返済方法は毎月の返済額を一定に保つことができる分、返済期間が長引いてしまうことが多いです。 そのため借入額によっては、 利息や返済総額が高くなってしまう場合があります。 利用する際は返済シミュレーションを使って、事前に利息や返済総額をよく確認しておいてください。 現金化する際は手数料が発生する LINEポケットマネーはセブン銀行などのATMを使うことで、借入した資金を現金化することができます。 しかし現金化を行う際は、ATM手数料(216円)が発生します。 現金化を1回行うだけなら手数料はそれほどかかりませんが、 何度も現金化を行えば手数料はその分だけ高くなってしまいます。 そのため「(ラインペイ)」をあまり使わない方や、現金での借入を希望する方には不向きです。 LINEポケットマネーで借りたお金を現金化する際は、手数料が発生することを忘れないでください。 他のカードローンに比べて限度額が少ない LINEポケットマネーの借入限度額は5万~300万円までと、 他のカードローンに比べて少額に設定されています。 各カードローンの借入限度額は、以下の通りです。 カードローン名 金利(実質年率) プロミス 500万円 SMBCモビット 800万円 アコム 800万円 アイフル 800万円 そのため借入を希望する方によっては、十分な額の資金が確保できない場合があります。 100万円以上の融資を希望する方は、他社のカードローンを利用してみてください。 短期間の借入を考えている方は、30日間の無利息サービスがある プロミスのご利用がおすすめです。 30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 プロミス アルバイト、主婦(パート・アルバイトなどの安定した収入のある方)、自営業、学生の方もお申込みできます。 まとめ LINEポケットマネーの審査について解説しましたが、いかがでしたでしょうか? 急にお金が不足してしまっても、LINEポケットマネーなら必要な資金をすぐ用意することが可能です。 信用情報とLINEスコアを考慮しつつ審査を行ってくれるので、 審査落ちした方でも審査を通過できる可能性は十分あります。 しかも今なら契約するだけで、1,000円相当のLINEPay残高をもらうことができます。 「複数のカードローンに申し込んだが全て落ちてしまった」という方は、LINEポケットマネーを検討してみてください。

次の

社長のポケットマネーの支出から費用収益について考えてみる【事業主借と事業主貸】

ポケット マネー と は

事業主のポケットマネーで経費を支払ってはいけないのか? 答えは、「 支払ってもよい」です。 「事業用の現金から支払わなくてもよいのか?」と聞かれそうですが、 経費は必ず事業用の現金を使用して支払う・・・などという規定はありません。 法人についても、社長がとりあえず立て替えておいて、会社できちんと精算処理を行えば何の問題もありません。 個人事業主がポケットマネーで経費を支払った場合の処理は、その取引の記帳と領収書の保存でOKです。 例えば、消耗品をポケットマネー100円で購入した場合の仕訳は、 借方:消耗品費 100 貸方:事業主借 100 という仕訳になります。 この「事業主借」という勘定科目は、事業主が個人財産を事業に持ち込んだときによく使用します。 「現金で支払ったのに、何で「現金」勘定を使用しないんだ?」と思われるかもしれません。 でもポケットマネーは、「事業用の現金」ではないんですね。 この仕訳は、事業主がポケットマネー(個人財産)をいったん事業に持ち込み、直ちに消耗品を購入したと考えれば理解しやすいでしょう。 借方: 現金 100 貸方:事業主借 100 ・・・まずポケットマネーを事業用にして、事業用の現金が100円増加し、 借方:消耗品費 100 貸方: 現金 100 ・・・すぐに消耗品を購入し、事業用の現金が100円減少した。 実際に現金は動いていませんから、「現金」勘定を相殺(消去)すると、 やはり、 借方:消耗品費 100 貸方:事業主借 100 という仕訳になります。 一方で法人の場合には、「事業主借」のような、ある意味便利な勘定科目はありません。 法人はそれ自体独立した人格ですから、きちんと精算処理を行い、会社は社長に立替分の現金を支払う必要があります。

次の

社長のポケットマネーの支出から費用収益について考えてみる【事業主借と事業主貸】

ポケット マネー と は

日本の空港に設置されたポケットチェンジ 「pocket change(ポケットチェンジ)」は、手持ちの海外紙幣および硬貨を、手軽に日本の電子マネーに交換できるサービスのことです。 2017年に、羽田空港を皮切りにスタートしたこのサービス。 今では全国の空港や主要駅、一部のショップなどで目にするようになりました! 海外旅行で余った外貨は、日本で両替するのが難しかったりもしますよね。 そもそも外国通貨から日本円への両替を行っていない銀行も多いのが現状です。 定期的に海外へ旅行する人ならまだしも、手元に置いておくだけで、その使い道に困っている人も多いと思います。 そんなときは、お近くのポケットチェンジ端末で、日本国内で使える「電子マネー」に外貨を交換してみてはいかがでしょうか? ポケットチェンジなら、簡単に手持ちの外貨を電子マネーに交換できちゃいます! 緑の端末が目印 ポケットチェンジは、緑の端末が目印です。 空港や駅構内、旅行代理店などに設置されており、その数は年々増えています。 日本語はもちろん、多言語に対応しているので、訪日外国人でも利用しやすいのがポイント! 登録は必要なし ポケットチェンジの利用には、個人情報の登録やIDの提示は一切必要ありません。 気軽に使えるのがポケットチェンジの最大の魅力! 氏名や電話番号の入力もないので、誰でも気軽に利用できます。 対応通貨 2020年3月現在、ポケットチェンジは以下の10種類の通貨に対応しています。 なお、一部の通貨に関しては「紙幣のみ」の取り扱いとなっているので、注意が必要です。 ・日本円(紙幣&硬貨) ・アメリカドル(紙幣&硬貨) ・ユーロ(紙幣&硬貨) ・中国元(紙幣&硬貨) ・韓国ウォン(紙幣&硬貨) ・台湾ドル(紙幣のみ) ・シンガポールドル(紙幣のみ) ・香港ドル(紙幣のみ) ・タイバーツ(紙幣のみ) ・ベトナムドン(紙幣のみ) 交換レート 交換レートは、交換する時刻の為替レートをもとに計算されます。 なお、レートは交換先サービス、投入通貨、設置場所、キャンペーンなどによって変動します。 交換できる電子マネーの種類 交換できる電子マネーの種類は次の通りです。 なお、ポケットチェンジでは「現金」への交換はできません。 ポケットチェンジ:設置場所 日本の空港の様子 ポケットチェンジは、全国の空港や主要駅構内、旅行代理店などに設置されています。 「羽田空港」や「成田空港」はもちろん、「東京駅」などにも何台か設置されていますよ! ちなみに筆者は、「新千歳空港」の国際線到着ロビーで見かけました。 お近くのポケットチェンジを探す際は、ポケットチェンジのを確認しましょう! また設置場所によって、営業時間や対応サービスが違います。 HPでくわしく掲載されているので、ぜひ参考にしてみてください。 先ほどご紹介した国内の交換先のほかに、海外の電子マネーサービスにも対応しています。 ICカードはもちろん、スマートフォンでもOKです。 紙幣と硬貨は、それぞれ指定された投入口に入れます。 なお、硬貨は一度に大量に入れすぎると、処理に時間がかかるので、少しずつ投入するようにしましょう。 なお、対応外の通貨は「返却」もしくは「寄付」することができます。 寄付を選択すると、ユニセフをはじめとした3団体に、自動的に寄付されます。 金額と交換先の確認を行い、問題なければ「確定」ボタンを押します。 交換先は金額を見てから、再設定することもできます。 チャージが無事完了すると、レシートが印字されます。 さまざまな国で使える、ポケットチェンジの活用法をご紹介します。 アメリカドルのほか、ユーロなどにも対応しています。 ・Domino's Pizza eGift Card Custom アメリカ国内の「Domino's Pizza(ドミノピザ)」で、注文時に使えるギフトカードです。 ・Target アメリカの大手スーパー「Target(ターゲット)」で、注文時に使えるギフトカードです。 ・WeChat モバイル決済ツール「WeChat Pay」アカウントにチャージして、電子マネーとして利用できます。 ・T-COIN T-COINを韓国の交通カード「」にチャージすることで、鉄道、バスの支払いに利用できます。 まとめ.

次の