なまえ の ない ねこ。 楽天ブックス: なまえのないねこ

韓国語 絵本『なまえのないねこ』文:竹下文子/絵:町田尚子(韓国版/ハングル) :DCB14:にゃんたろうず NiYANTA

なまえ の ない ねこ

みなさまは。 犬派ですか?猫派ですか? こちら、 第3回未来屋えほん大賞・大賞! 第12回MOE絵本屋さん大賞2019第1位! 第10回リブロ絵本大賞・大賞! 第8回静岡書店大賞〈児童書新作部門〉第2位! すごくないですか?? 簡単に言うと、 書店 が、独自に選んだものになるんですが、 業界から評価されているということです。 こちらの超人気の絵本を紹介します。 『なまえのないねこ 』• ある日、お寺の猫に「自分で好きな名前をつければいいじゃない」と言われ、名前を探すことに。 名前のない猫が見つけた「ほんとうに欲しかったもの」とは? 愛猫家で猫が主人公の作品を多く発表している作家と、同じく愛猫家で猫の絵が人気の画家による猫愛に溢れた絵本。 (引用:) 『 なまえのないねこ』感想 ねこの目がめちゃくちゃキレイ。 (画像:) 町田さんの絵といえば・・・・ ブラティスラヴァ世界絵本原画展に入選。 海外からも高い評価をされてるんですね。 わたしも原画、日本に巡回したとき見に行きました。 そのときの作品はこちらです。 お話も、おもしろいですよ。

次の

『なまえのないねこ』(竹下文子)の感想(51レビュー)

なまえ の ない ねこ

この作品の関連記事• 「黒ねこサンゴロウ」シリーズ 偕成社 の竹下文子さんと、 『ネコヅメのよる』 WAVE出版 の町田尚子さんがタッグを組んだネコ絵本。 その触れ込みだけで、期待感がグッと上がります。 表紙にはこちらをじっと見上げるキジトラ模様のネコ。 その表情は少し寂しげで不安げ。 何かを一生懸命訴えているようにも見えます。 鼻と片耳にはケンカの跡。 きっと野良猫なのでしょう。 靴屋のネコは「レオ」、本屋のネコは「げんた」、八百屋のネコは「チビ」。 町のネコにはみんな名前がついているのに、このネコには名前がありません。 お寺のネコ「じゅげむ」に「じぶんで つければ いいじゃない。 じぶんの すきな なまえをさ」と言われて、町を歩きながら自分に合う名前を探しはじめます。 「かんばん」「やじるし」「くるま」「のらねこ」「へんなねこ」「あっちいけ!」 なかなか名前は見つかりません。 ベンチの下、空を見上げて、雨が止むのを待つネコ。 その心の中まで、雨音が響き渡ってきます。 すると「ねえ。 おなか すいているの?」とネコに訪ねる優しい声。 その声を聴いて、ネコは自分が本当に求めていたことに気づきます。 それは……。 空前のネコブームと言われる昨今。 スコティッシュフォールドやマンチカンなどの人気の猫種がいる反面、 絵本に登場するキジトラは、日本に一番多い模様のため、 里親などに出されても、あまり引き取り手がいないのだそうです。 名前を探して町中をさまようネコの姿を見ていると、 「名前のないネコ」が一匹でもいなくなり、どのネコにも名前がつき、 あたたかな家庭に迎えられるよう、作者お二人の願いが込められているようにも感じます。 絵本に登場する動物たちにはどれもモデルがいるそうで、見返しに全員大集合しています。 どのネコがどのページに登場したか、探してみるのもオススメです。 (木村春子 絵本ナビ編集部) 第12回MOE絵本屋さん大賞2019第1位! 第3回未来屋えほん大賞・大賞! 第10回リブロ絵本大賞・大賞! 第8回静岡書店大賞〈児童書新作部門〉第2位! 八百屋や書店、パン屋、蕎麦屋、喫茶店などの飼い猫たちが、みんな持っている「名前」に憧れている、ひとりぼっちの猫。 ある日、お寺の猫に「自分で好きな名前をつければいいじゃない」と言われ、名前を探すことに。 名前のない猫が見つけた「ほんとうに欲しかったもの」とは? 愛猫家で猫が主人公の作品を多く発表している作家と、同じく愛猫家で猫の絵が人気の画家による猫愛に溢れた絵本。

次の

『なまえのないねこ』 / 作 竹下文子/ 絵 町田 尚子

なまえ の ない ねこ

竹下文子文、町田尚子絵『なまえのないねこ』 縦27. 6cmx横21. 8cmの大型絵本です。 文章はごくわずか、絵がメインの、幼いお子さんが大人と一緒に見てたのしむ絵本です。 猫の絵に興味のある人以外は、大人が購入するような本ではありません。 でも、 に魅せられてしまった町田尚子ファンであれば、持っていて損にはならないかも。 ストーリーは、たぶん、猫好きさんなら表紙をみただけで想像できるのではないでしょうか。 はい、おそらくそれ、合っています。 お決まりの「さくら耳猫」が出てくるのですが、それが1頭ではない、にゃんと兄弟そろってさくら耳で、しかも一緒に飼われているのです。 予想通りとはいえ、絵本はやっぱりこうでなきゃ、です。 私の蔵書の中から、猫が出てくる本を中心に、動物に関係する本を選びました。 猫好きな人、動物好きな人へおすすめの本たちです。 一般的な評価は、他の書評サイトをご覧ください。 またサイト作成はタグ打ちから文章作成・画像加工まですべて管理人一人で行っております故、お見苦しい個所もあるもしれませんがお許しください。 誤変換等、教えていただけますと大変ありがたいです。 そのため申し訳ありませんが、作家様・出版社様等、その作品と直接な利害関係にある方からの本の寄贈はお断りさせていただいております。

次の