大阪 市立 大学 ユニパ。 公立大学法人大阪|職員採用|採用情報|公立大学法人大阪

大阪市立大学複合先端研究機構

大阪 市立 大学 ユニパ

化学バイオ工学科は、化学技術やバイオテクノロジーを基に環境調和型の「ものづくり」に挑戦します。 「ものづくり」を通じて、持続的な発展と地球環境保全が両立した豊かで安全な社会の構築に貢献する人材を育成します。 研究面では、化学の原理や方法に基づき、原子や分子の世界から生活に欠かせない物質や材料を創り出す分野と、複雑な生体分子や細胞機能に基づき先端バイオ技術を創造する分野が共存し融合することで、化学・生物・工学をキーワードとした新しい分野を開拓していきます。 教育面では、専門知識だけでなく、科学技術が社会に及ぼす影響について地球的規模で総合的に洞察し、自ら適切に判断できる専門技術者・研究者の養成を行うためのカリキュラムを整備しています。 東 雅之 教授 酵母や大腸菌をモデルとして、微生物の可能性を探究 バイオテクノロジー分野で重要な役割を担っている微生物の利用。 すでに細胞内の多くの現象が解き明かされ、本格的な応用研究が進んでいます。 なかでも当研究室では、酵母や大腸菌をモデルとして微生物の新たな可能性を探究している。 遺伝子工学的手法を用いた改良によって、食品・環境・エネルギー・医薬など幅広い分野への応用をめざしています。 特に私が注目しているのは、酵母の表層構造です。 古来、発酵や醸造などに利用されてきた酵母は、増殖スピードが速く、応用性が高い。 その表層は頑強で、加工にも適しています。 しかも酵母の表層には、免疫を活性化させる構造体があるため、例えば食品分野であれば、免疫機能を最大限に発揮できるパン酵母が作れないかと改変を進めています。 さらにパン酵母の変異株には細胞自体に強い乳化作用があることを見出し、特許を出願。 免疫賦活作用と乳化作用を併せ持つ成分の応用に向けて、メーカーと協働し研究を進めています。 最新の技術を駆使することで、新しい世界を開ける分野 一方、金属を吸着させる酵母細胞壁の機能を活用すれば、有害な重金属や稀少なレアメタルを回収することも可能です。 研究では、多糖のリン酸化を行うことで吸着力が高まる現象を発見。 実用化に向け、さらなる高機能化や低コスト化にチャレンジしています。 ほかにも酵母を活用した副作用の少ない抗真菌薬の開発や、微生物燃料電池に適した触媒微生物の開発などにも取り組んでいます。 微生物燃料電池とは、微生物が糖などの有機物を代謝することで作り出される電子を、電気エネルギーとして取り出す装置のこと。 大腸菌の遺伝子を改変することで、実用化に必要な出力の向上をめざしています。 現在すでに、遺伝子組換えだけでなく、酵母の染色体を人工合成する技術も確立されています。 さらに研究を進めれば、思いも寄らないところにも微生物を応用できるはず。 古くから活用されている細胞に対し、最新の技術を駆使することで、新しい世界を開ける…非常に面白い研究分野だと感じています。 アドミッションポリシー 本学科における教育では、少人数教育と4年一貫教育という本学の教育理念に則り、物質・生命およびその変化を原子・分子レベルや遺伝子・細胞レベルで理解できる基本的考え方を身につけ、化学・バイオに関わる基礎理論と技術の実際を学びます。 さらに、化学・バイオの先端領域で活躍し、かつ技術者としての責任感・倫理観を身につけ、広く社会に貢献できる人材を育成することをめざしています。 そのため、本学科では次のような人を求めています。 化学・バイオについての基礎知識を理解できる能力を有し、意欲的に勉学に取り組める人• 化学現象や生命現象に対する興味と探究心が強く、新技術の開発に熱意を有する人• 実験や自然観察が好きな人• 論理的な記述、論理的な発表力など、研究能力とともにコミュニケーション能力を高めることに努力する人幅広い教養の 習得に熱意をもち、倫理観のある人.

次の

化学バイオ工学科

大阪 市立 大学 ユニパ

TOPICS 2018. 20 を公開しました。 2018. 12 を掲載しました。 2018. 05 朝日新聞に沈・神谷グループの研究が紹介されました。 26 複合先端研究機構 OCARINA で推進中の研究プロジェクトの内容を分かりやすく紹介したポスターを2月26日〜3月8日まで学術情報総合センター1Fツクルマで公開中です。 ぜひ一度足をお運びください。 15 を掲載しました。 2017. 21 第4回 女性研究者表彰制度「岡村賞」 表彰式・記念講演会が開催されました。 14 山口良弘テニュアトラック特任准教授が「OCUテニュアトラック研究集会2017」にて研究発表を行いました。 27 吉田朋子教授が第4回大阪市立大学 女性研究者特別賞を受賞されました。 14 を公開しました。 2017. 29 が開催されました。 2017. 14 を公開しました。 2017. 11 されました。 2017. 14 を掲載しました。 2017. 27 増川 一特任准教授らのグループが、藻類の光合成を利用した水素増産に成功しました。 23 サイエンスカフェ「色が変わる!光る!!光合成の反応を目で見よう? 光合成から人工光合成へ」を課開催いたしました。 17 を掲載しました。 2016. 26 を掲載しました。 2016. 25 人工光合成研究拠点キックオフ・セミナーを開催しました。 20 平成28年度大阪市立大学人工光合成研究センター共同利用・共同研究の公募を開始しました。 詳しくはをごらんください。 2016. 26 を掲載しました。 2016. 20 2016. 20 を公開しました。 2016.

次の

大阪市立大学 偏差値 学費 学部学科 情報 2020

大阪 市立 大学 ユニパ

TOPICS 2018. 20 を公開しました。 2018. 12 を掲載しました。 2018. 05 朝日新聞に沈・神谷グループの研究が紹介されました。 26 複合先端研究機構 OCARINA で推進中の研究プロジェクトの内容を分かりやすく紹介したポスターを2月26日〜3月8日まで学術情報総合センター1Fツクルマで公開中です。 ぜひ一度足をお運びください。 15 を掲載しました。 2017. 21 第4回 女性研究者表彰制度「岡村賞」 表彰式・記念講演会が開催されました。 14 山口良弘テニュアトラック特任准教授が「OCUテニュアトラック研究集会2017」にて研究発表を行いました。 27 吉田朋子教授が第4回大阪市立大学 女性研究者特別賞を受賞されました。 14 を公開しました。 2017. 29 が開催されました。 2017. 14 を公開しました。 2017. 11 されました。 2017. 14 を掲載しました。 2017. 27 増川 一特任准教授らのグループが、藻類の光合成を利用した水素増産に成功しました。 23 サイエンスカフェ「色が変わる!光る!!光合成の反応を目で見よう? 光合成から人工光合成へ」を課開催いたしました。 17 を掲載しました。 2016. 26 を掲載しました。 2016. 25 人工光合成研究拠点キックオフ・セミナーを開催しました。 20 平成28年度大阪市立大学人工光合成研究センター共同利用・共同研究の公募を開始しました。 詳しくはをごらんください。 2016. 26 を掲載しました。 2016. 20 2016. 20 を公開しました。 2016.

次の