ティックトック 個人情報流出。 若者に人気のTikTokにセキュリティ脆弱性!個人情報流出の恐怖!|豆腐のホットスパークライフ

【ティックトック】個人情報流出の恐れ!セキュリティー上の欠陥発見!

ティックトック 個人情報流出

(ブルームバーグ): サイバーセキュリティ会社チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、中国のバイトダンス(字節跳動)が運営する動画共有アプリ「ティックトック」のセキュリティー上の欠陥に注意するよう呼び掛けている。 チェック・ポイントによると、ハッカーがこの欠陥を悪用してユーザーのアカウントに不正侵入した可能性があるという。 米議会から批判を浴びてきたティックトックにとって、さらなる打撃となる。 ティックトックのユーザー数は10億人を超える。 チェック・ポイントはリポートで、一連の脆弱(ぜいじゃく)性を指摘。 これをハッカーが悪用すればユーザーのアカウントと情報の不正操作が可能になり、個人データを流し、動画を削除できると説明した。 同社は既にティックトックに欠陥の存在を伝えており、ティックトックは対策を施したという。 ティックトックは修正プログラムを確認した上で、ユーザー情報の保護に努めるとした。 今回の欠陥発覚で、ここ数年爆発的に人気が高まってきたソーシャルメディアサービスへの監視の目が強まる可能性がある。 バイトダンスは主にティックトックに支えられ、世界で時価総額最大の新興企業となった。 しかし米中関係の緊張激化に伴い、米議員はティックトックが米安全保障上の脅威だとし、調査を求めてきた。 バイトダンスはこうした懸念に対応するため、複数の選択肢を検討している。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

ティックトックで個人情報流出!?:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

ティックトック 個人情報流出

ニックネームから答えまで、全ての項目を書いてください。 ニックネームにフルネーム(名字・名前の両方)が書かれた回答は紹介 しょうかい できません。 読んでいる人がいやな気持ちや、悲しい気持ちになるようなこと、お友だちを傷 きず つけていると思えるものは書かないでください。 自分やお友だちの本当の名前、住所、電話番号、メールアドレスなどは書かないでください。 送ってくれた回答は全て、キッズ nifty編集部 へんしゅうぶ が確認 かくにん してから、紹介します。 キッズ nifty編集部の判断で、一部を削除しての紹介や、紹介できない場合などがあります。 (誹謗中傷 ひぼうちゅうしょう ととられる内容、他のホームページへのリンクなど)• 夜11時〜朝6時までの「相談の答え」の投稿は受け付けていません。 掲載された回答投稿の削除の依頼をいただく場合がありますが、キッズなんでも相談では、利用にあたり会員登録などを行っていません。 投稿されたユーザーの個人を判断することが出来ないため、削除依頼には対応することは出来ません。 「短編小説」カテゴリへの回答には小説を読んで、感動したことや、感想を書いてください。 小説や書いてくれた人への悪口、小説と関係ない内容が書かれている場合は公開しません。 投稿文章内の誤字 ごじ の指摘は回答として公開しません。 カテゴリごとの新着相談• 07月15日• 04月24日• 03月23日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月20日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月20日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月19日• 07月18日• 04月28日• 04月26日• 04月23日• 07月19日• 07月19日• 07月19日•

次の

「TikTok」など中国製アプリ禁止検討 米国務長官、情報流出を懸念

ティックトック 個人情報流出

Table of Contents• TikTok ティックトック からいじめに発展した実例 ティックトックに動画を投稿したことが理由で、いじめに発展することは多くあるようです。 最近では、 PTAをも巻き込む大問題になっています。 学校で禁止しても、家庭では OKなのか、もし子供が使っていたらどのように指導すればいいのかなど問題は山積み状態になっています。 ティックトックからいじめに発展したケースも多くあります。 ここでは、何件かの実例を紹介します。 動画を投稿していることがクラスの子にバレて、中傷を受けた。 Yさん 15歳 は、ティックトックにダンス動画を投稿したことが友達にバレてしまい、いじめともとれる中傷を受けたといいます。 Yさんがティックトックに動画を投稿していることは、学校の誰にも話していなかったのに、クラスの子にバレてしまって、キモイと罵られ、クラスのみんなにその動画をばらまかれました。 結局、この問題は教師から指導され、動画を削除することで、大きくはならなかったそうです。 それからYさんは、スマホを使うことで親子げんかになったりして親子関係がギスギスする問題が、何カ月も続いたそうです。 他の子が写っている写真を許可をとらずに投稿してブーイングを受けた ティックトックに友達が、他の子たちが載っている卒業式の写真を投稿しました。 そのことで、その友達は皆からブーイングを受け、教師から指導を受け、心がずたずたに崩れました。 過去に出した動画がまとめ動画に乗せられ先輩からいじめられるようになった。 ティックトックに 2年前ぐらいは、顔出しで動画を投稿していました。 今は、ハンドメイドの動画を投稿していて、顔出しはしていません。 しかし、ティックトックの動画をまとめた動画に、「勘違いブス」というタイトルで、乗せられていました。 そのことがきっかけになって、友達にもバレ、先輩からもいじめを受けるようになりました。 ブス、死ね、キモなどと言われました。 ブスなのはわかっていますが、私は好きでティックトックをやっていただけで、こんな思いをすることになるとは想像もしていませんでした。 TikTok ティックトック で顔出しをする危険性とは? ティックトックだけではなく、 Twitterや Instagramなどの SNSで、ネット上に顔を出すことにはリスクがあります。 顔出しによって、すぐに個人が特定される危険性 ティックトックで流行りのダンス動画や口パク動画を投稿しようとすると、どうしても顔を出すことになります。 ティックトックは現実の友達と楽しむのはいいですが、不特定多数のユーザーから見られることになってしまいます。 そのため、自分の顔が全ユーザー全体にバレてしまう恐れがあります。 そのユーザーの中には、同じ学校の先輩や、あまり仲良くない友達もいるかも知れません。 個人情報の流出 の危険性 ティックトックを見ていると、学校で撮影している子がたくさんいます。 高校生にもなると、スマホの持ち込みを OKしている学校が多いため、授業中以外の時間に撮影する子が多いようです。 ここで問題になるのが、顔出しだけでなく、制服や体操服が写ることです。 学校名がわかれば、顔出しをしているのですぐにばれてしまいます。 また、私服でも撮影した背景や風景から、住んでいる場所を割り出すこともわりと簡単だっとりします。 これらは動画でも画像でも言えることですが、動画はその情報量が多くなるため、より危険性が増します。 友達を増やすいい機能ではありますが、同時にセキュリティをちゃんと考えないといけません。 ネット上の知らない大人や犯罪者を誘発する可能性が出てきます。 直接、会話をすることになるので、そこで LINEなどの個別 SNSに誘導して、言い寄られたり、脅されるという事件も多発しています。 深刻な問題になっていて、「自画撮り」被害も、ティックトックから発生していることもあるようです。 1度ネット上に上げた動画は消せないという危険性 こちらもティックトックに限りませんが、 1度動画をインタネット上に上げると、自分が削除しても残り続ける可能性があります。 他人が勝手に動画を違法にダウンロードし、保存して、拡散するかもしれません。 そのため、投稿者がいくら動画を削除しても、インターネット上から動画が消えることがありません。 自分の知らないところで、動画まとめなどにまとめられたり、悪意のあるコメントをつけられて再アップロードされてしまうと、中傷される可能性が高くなります。 逮捕や裁判沙汰につながる危険性 ティックトックの動画は多くの人の目に留まるので、十分に注意が必要です。 動画を撮影する時や動画を投稿する時は、他の人に迷惑をかけないようにしたり、不快にさせないようにしましょう。 たくさんの人に注目されたいからという理由で、わざと炎上する動画を投稿すれば目立ちます。 炎上するような過激な動画を投稿したり、撮影過程で他の人に迷惑をかけてしまうと、 ・警察に逮捕され、罰金を支払うことになる。 ・裁判沙汰になる。 ・観ている人からの通報で、アカウント停止処分を受ける。 ・学校や会社などから処分を受ける可能性がある。 などの、自分だけでは解決できないような大きな問題に発展してしまいます。 普通に動画を撮影するのはいいですが、他の人の迷惑も考えましょう。 TikTok ティックトック に顔出し動画を投稿する際は、よく考えて! ティックトックはやっている人も多く、楽しめるアプリです。 しかし、楽しいだけで危険性を知らずに利用しているととても危険です。 とくに未成年の小学生~高校生は、注意が必要です。 今回は危険性だけを紹介しましたが、ティックトックでは投稿した動画を見れるユーザーを自分だけだったり、友達だけと特定して楽しめる方法もあります。 それらを上手く利用して、ティックトックの危険性を理解した上で楽しむようにしましょう。

次の