エアコン 水 ポタポタ。 【駐車したクルマの下から液体が!?】クルマトラブル一発解消‼これってどこが壊れたの?

【駐車したクルマの下から液体が!?】クルマトラブル一発解消‼これってどこが壊れたの?

エアコン 水 ポタポタ

こんにちはー。 今日も暑い。 電車が涼しいとありがたい。 ぬるい電車こまる。 なんと、こんなに暑いのにこないだエアコンから水がポタポタ。 うーん、なんか音がするなぁ、と思ってたけど、洗濯機かなぁとかおもって、ほっといたら、結構なお水が。 動画撮ったけど、に載せられない。 うちは、エアコン1台なので、壊れると焦る。 笑 でも、水はすごいけど、冷気は出るからまだましだなーとか思いながら、慌ててとお掃除本舗のお世話になってる人に連絡。 お掃除本舗の人には前の家の時から、エアコン掃除とかお世話になってて、いい人なので助かる。 今回も当日に見にきてくれると言ってくれたので、ありがたやーーー。 でも、なんとかならないかなーと言うことで検索してたら、だいたいはドレンの詰まり。 しかし、お外にみにいくと、一応ちゃんと水は出てる。。 うーん、まぁもう10年以上たってるしなぁ。 寿命かなぁなんて思いながらも、検索であったのをホームセンターで買ってきて試してみた。

次の

エアコンから水滴の落ちる音?

エアコン 水 ポタポタ

エアコンと水(結露)の関係とは? エアコンの結露は空気の温度差によって発生する エアコンからポタポタと水が落ちる原因を紹介していく前に、まずはエアコンと水の関係について見ていきましょう。 エアコンから水が落ちるケースが多く発生しやすい時期というのは、ある程度決まっています。 それは、一番暑さの厳しい「真夏」です。 気温の高い部屋にエアコンから冷えた空気が入り込めば、それだけ室内の温度との間に温度差が生まれます。 温度の異なる2つの空気が混在する事により、エアコン内に結露が発生し、その結果、エアコンから水がポタポタと落ちるような現象を引き起こすのです。 水はエアコンにとって必要不可欠 先ほど、エアコンから水がポタポタと落ちる原因は、温度差が原因であるというのはお話しましたが、そもそもエアコンと水の関係は切っても切れない関係なんです。 エアコンが冷房や暖房の機能を使えるのも水があってからの事です。 冷房は、部屋の温風を吸い込んでエアコンの中で冷たい空気に変換して吐き出しています。 この、温かい空気を取り込んで冷たい空気に変換する際に、水が発生するのです。 ギンギンに冷えたグラスを冷蔵庫から取り出すと、特に真夏のような気温の高い時期にはグラスにたくさんの結露が付くのを目にする事もあると思います。 これがまさに、エアコン内部で起こっていると考えるとイメージしやすいと思います。 ここに、エアコンの送風の使い方についての記事がありますので、冷房や暖房の使い方を改めて学ぶ機会としてみて下さい。 正しい使い方や掃除の仕方を知っているだけでも長くエアコンを使用する事も可能となるはずです。 エアコン内部の掃除が長年されていないと、どうしてもホコリや汚れが溜まってしまう事によりドレンホースが詰まってしまいます。 場合によっては、外部から小さな虫などが侵入して詰まっている事もある程です。 また、ドレンホースの先端が上向きになっている事もあるようです。 業者が設置した後に、水漏れを起こすようになったという場合にはドレンホースの先端の向きについても確認する必要がありそうです。 強い洗剤を使用してホースを洗浄したり、エアコンを購入して長年経っているという場合には、ホース自体が劣化している可能性もあります。 ドレンホース自体はホームセンターなどでも購入できます。 また、エアコンの機種例えば、東芝や日立、三菱など様々なメーカーから直接取り寄せたい場合には、各メーカーに問い合わせして取り寄せるというのも良いでしょう。 メーカー品だとどうしてもコストが高くなる傾向にありますが、それでもホースを間違う心配はありませんよね。 洗浄した後に、取り付け方が悪いと水漏れの懸念があります。 もし、破損している場合には、その破損している箇所を修理したり、新しい物に取り換えしなければ水漏れを解消する事はできませんので、プロに任せるというのが良いでしょう。 エアコンの配管は、銅管の上に断熱材を隙間なく被せてあります。 その上からテープなどを使って、冷媒ガスやドレンホースを一つにまとめてあると思います。 この冷媒ガス管の中に水が溜まっているという事があります。 経年劣化によって、このテープの隙間から水が浸入しているケースもありますので、水滴が垂れる、結露ができているというような場合には、この部分も確認してみるというのもおすすめです。 ここに、エアコンの臭い消しについての記事があるので、エアコンの臭いは気になる場合には、対策を講じる為にも読んでみて下さい。 ドレンホースの先端にこのポンプを取り付ける事により、このポンプを押したり引いたりして中の詰まりを取り除く事ができます。 このつまりをメーカーに依頼すれば、出張料などのコストが嵩み、高くなってしまいます。 その為、ホームセンターなどでポンプを入手して、まずは自分でやってみるというのがおすすめです。 ポンプ自体は、3千円以下程で入手する事ができますので、業者に依頼しても修理内容は同じだとすれば、自分でやった方がコストを抑える事ができるのは当たり前です。 誰でも簡単にできますので、自分で試すのもおすすめです。 ドレン用サクションポンプの使い方• 1ドレンホースにドレンポンプ先端を片手で密着するように取り付ける• 2もう一方の手でポンプのハンドルを引く• 掃除機とドレンホースの間に1枚タオルを咬ませて、掃除機でホースの中を吸い込むようにして使います。 劣化によってドレンホースに亀裂があると、どうしてもその亀裂から空気が漏れてしまいます。 その為、このような状態でいくら汚れを吸い込んだとしても意味がありません。 見た目にも劣化が進んでいるようであれば、新しいホースに取り換えるなどの対処法を取った方が良いと思います。 ここに、室外機に汚れが溜まらないようにする事もできる室外機カバーを作る方法を紹介している記事があるので、参考にして下さい。 室内機の中には、室内を舞っているホコリなども一緒に取り込んでいます。 その為、室内機の中には、少なからず埃やあらゆる汚れなども一緒に取り込んでいる可能性があり、これが原因で水滴が落ちる可能性もあります。 それでも水滴がポタポタ垂れるのが直らない場合の対処法は? 壁の中でドレンホースが持ち上がっているかを確認する 対処法1つ目は、壁の中でドレンホースが持ち上がっているかどうかを確認するというものです。 こうなると、水が排出されないという状況になってしまいます。 この場合には、自分ではどうする事もできませんので、エアコンを取り付けた業者に連絡して再施工の依頼をする必要があります。 ドレパンやドレンホースの緩みや抜けが原因の場合には業者に依頼 対処法2つ目は、ドレパンやドレンホースの抜けや緩みが原因である場合には、業者に依頼して確認してもらうというものです。 この場合には、ある程度中身を分解する必要がありますので、自分ではしない方が無難です。 熱交換器に発生する結露は、ドレパンに溜まり、ドレパンに接続したドレンホースにより排出されます。 しかし、ここに緩みがある場合には、その部分から水漏れする可能性が高まります。 そうなると、ポタポタ水漏れする事もあります。 ここに、エアコンから水が降ってきた際の対処法についてまとめた記事がありますので、この記事を参考にして、大量の水が垂れるという場合の参考にしてみて下さい。 エアコンから水滴が飛ぶようになった場合の対処法は? 結露が飛ぶ場合にはルーバーを下向きにしたまま継続して冷房運転をしない エアコンから水滴が飛ぶようになった場合の対処法1つ目は、ルーバーを下向きにしたまま継続して冷房運転をしないというものです。 湿気の多い季節でもある夏場にルーバーを下向きにしたまま持続して冷房運転すると、温度差でルーバーが結露する事があります。 ルーバーについた結露は対処する術はありません。 ルーバーというのは、エアコンの吹き出し部分にある板の事で、機種によってはこの部分に飛び散り防止の為にスポンジが貼ってあることもあります。 ルーバーを極端な下向きにしないというのも飛び散り防止には欠かせません。 結露が垂れる・飛び散る場合には風向きと風量を自動にしておく エアコンから水滴が飛ぶようになった場合の対処法2つ目は、風向きと風量を自動にしておくというものです。 結露による水滴の落下を防止する為には、室内と冷房内の温度差をなくす努力をするというのが一番です。 その為、風量と風向きを自動設定にしておくと、温度差を少しはなくす事もできます。 ここに、無理のない節約術を紹介している記事がありますので、電気代を節約する方法なども併せて学んでみて下さい。 無理のない範囲でする節約であれば、継続する事も簡単にできるはずです。 エアコンからポタポタと落ちる時には適切に早めの対処をしよう 今回は、「エアコンからポタポタと落ちる時の対処法や原因」をテーマに、エアコンから水が落ちてくる度合いによっての対処法なども紹介してきましたが、いかがでしたか?エアコンからポタポタと水が落ちてくる場合の多くが、ドレンホースのつまりが原因である事が多いのも事実です。 なかなかホースを掃除するというのも気にした事がない人がほとんどだと思いますので、そういう意味でも少しでもエアコンの水滴が気になった場合には、中身を確認してみるというのも良いでしょう。 ぜひこの記事を参考に、水滴対策を講じてみて下さい。

次の

エアコンから水滴の落ちる音?

エアコン 水 ポタポタ

エアコンから水がポタポタ漏れるのは故障なのか? エアコンには除湿をする機能が付いています。 エアコンの使用時に除湿をすると、内部にどうしても結露が発生してしまいます。 そのためエアコンにはこの結露によって発生した水を逃がす機能が備わっています。 この機能がうまく働かないと、エアコンから水がポタポタと漏れてくることがあります。 ときには水がドバドバ出てきてしまうこともあるようです。 しかし、エアコンから水かポタポタ漏れてくるからといって、必ずしも故障しているということではありません。 ちょっとした原因でエアコンの水を逃がす機能がうまく働かなくなってしまっていることが多いです。 次章以降でなぜ、エアコンの水を逃がす機能が働かなくなっているのか、またその対処方法について詳しくご紹介していきます。 エアコンから水がポタポタ漏れる原因 エアコンから水を排出する際、水はドレンホースというホースを伝わって外へ排出されます。 しかし、このドレンホースが詰まっていると、水がうまく流れていきません。 それどころか、水が逆流してきてエアコンからポタポタと漏れてきてしまいます。 ドレンホースはとても細く、ほこりなどのゴミが詰まりやすくなっています。 エアコンから水がポタポタと漏れてくる場合、このドレンホースの詰まりが原因であることがほとんどになります。 もし、ドレンホースの詰まりがエアコンから水がポタポタと漏れてくることの原因でないのであれば、他の原因として以下のようなことが考えられます。 ・エアコン内部にあるフィンに結露が起こっている ・ドレンパン(結露の水が集められるところ)が汚れている ・エアコンの部品が故障している ・ドレンホースがたるんだり、劣化したりしている これらのことがエアコンから水がポタポタと漏れてくる原因になります。 原因によっては自分で解消することが難しくなってきます。 エアコンからの水のポタポタを解消する方法 エアコンから水がポタポタと漏れてくる原因は、上記で述べたようなものになります。 それらの原因となっていることを解消するためには、どのような方法があるのでしょうか?ここでご紹介していきます。 ドレンホースの掃除 ドレンホースの掃除を行うことで解消されます。 エアコンから水がポタポタと漏れてきたら、まずこの方法を試してください。 ドレンホースの掃除の方法は、ポンプを使った方法と掃除機で吸い取る方法の2種類があります。 エアコンのフィンやフィルターを掃除する フィンの結露が原因だと思われる場合は、フィンやフィルターの掃除をしましょう。 フィルターの掃除はそれほど難しくありませんので、自分で行うことができます。 ですが、フィンの掃除を自分で行うのはなかなか大変です。 ドレンパンを掃除する ドレンホースやフィン、フィルターを掃除しても、まだエアコンから水がポタポタと漏れてくる場合はドレンパンの汚れを疑いましょう。 ドレンパンが汚れていると疑われる場合は、ドレンパンの掃除が必要ですが、自分で掃除することは難しいです。 ドレンホースや他の部品を交換する 上記のような掃除を行っても解消されない場合は、ドレンホースがたるんでいる・劣化している、何かの部品が故障していることが考えられます。 その場合はもう交換を行うしか方法がありません。 掃除で解消できない場合は業者に頼る方法を エアコンから水がポタポタと漏れてくる症状の解消は、上記でご紹介したようにほとんどのケースで掃除をすることによって解消できます。 しかし、掃除をしても解消されない場合は、ドレンホースや部品を交換しなければいけません。 この場合交換は自分ではできないので、業者へ交換を依頼することになります。 ドレンホースのたるみ・劣化は自分でも確認できますが、その他の部品が故障している場合は、自分で何が悪いのか判断することも難しいです。 また、フィンの掃除を自分で行うのは注意することも多く大変で、ドレンパンの掃除は自分ですることがかなり難しいです。 これらの掃除も、業者へ依頼することがおすすめです。 まとめ エアコンから水ポタポタ漏れてくると、家具にかかって家具の劣化を招いてしまうことにもつながります。 早めに対応して解消するようにした方がいいでしょう。 エアコンから水がポタポタ漏れてくる原因のほとんどは、ドレンホースの詰まりです。 まずは、ドレンホースの掃除をしましょう。 ドレンホースの詰まりが原因でなかった場合も、他の部分を掃除することで解消されることが多いです。 しかし、それでも解消されない場合は、ドレンホースや他の部品の交換が必要になると思われます。 その場合は業者へ交換の依頼をしましょう。 また、掃除は場所によって難しい場合があります。 掃除が難しい場所も、業者へ掃除を依頼することをおすすめします。 エアコン修理を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の