シマンテック ブロード コム。 ブロードコムが巨額買収、シマンテック法人事業を約1.1兆円で

Symantec製品を利用中のお客様に、メールセキュリティ戦略の再検討をお薦めします

シマンテック ブロード コム

米アクセンチュア(Accenture)は2020年1月7日、米ブロードコム(Broadcom)からシマンテック(Symantec)のセキュリティサービス事業を買収することに同意したと発表した。 アクセンチュア・セキュリティが展開するマネージドセキュリティサービス(MSS)などを強化する狙い。 買収条件は非公開。 ブロードコムは昨年11月に、シマンテックのエンタープライズセキュリティ事業の買収を完了した。 買収額は現金107億ドルで、法人向けセキュリティ製品事業(エンドポイントセキュリティ、クラウドセキュリティ、DLPなど)とサービス事業(SOC、MSS、インシデント対応サービスなど)が含まれる。 現在のシマンテックは、ブロードコムのシマンテック・エンタープライズ事業部門(Symantec Enterprise division)としてビジネスを展開している。 今回は、このうちサービス事業をアクセンチュアが買収するもの。 アクセンチュアでは、この買収と統合、マネージドサービスの強化を通じて、顧客企業に対しエンドトゥエンドでのセキュリティサービスを提供できると述べている。 ピックアップ• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• AMDが映像プロダクション向けPCを展開• 優勝賞金100万円のeスポーツ大会出場選手の裏事情• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• HUAWEI P liteシリーズの最もお手頃なモデルを詳しく紹介!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!• このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズは3モデル!• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• フレーバーだけでなく、デバイスそのもののデザインや質感にも徹底的にこだわりぬいた• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• これ1台でなんでもこなせるモバイルノート• ゲームも写真も動画も大容量化でストレージは危機的状況• Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

アクセンチュアがブロードコムからシマンテックの法人向けセキュリティ事業を買収

シマンテック ブロード コム

アクセンチュアは1月8日、ブロードコムから、シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業を買収することに同意したことを発表した。 この合意の条件は非公開。 シマンテックのサイバーセキュリティ関連サービスには、セキュリティオペレーションセンター(SOC)のネットワークを介した、サイバー攻撃の監視と分析、サイバー攻撃者および業界固有の脅威に対するリアルタイムな捕捉・分析、およびインシデント対応サービスが含まれる。 この買収について、アクセンチュアの最高経営責任者ジュリー・スウィート氏は、次のように述べている。 「サイバー脅威に対して適切なセキュリティ策を講じることは、業界や場所を問わず、すべての組織にとって最も重要な事項と言えるでしょう。 アクセンチュア・セキュリティにシマンテックのサイバーセキュリティサービス事業が新たに加わることにより、サイバー攻撃の脅威の早期検出から対策に至るまで、世界で最も包括的なマネージドサービスを提供できる組織の一つとなります。 」 一方、シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業の副社長兼ゼネラルマネージャー・ジョン・リオナト氏は次のように述べている。 「アクセンチュア・セキュリティに加わることは、世界中のお客様とサイバー脅威と戦う戦士にとって、大きなチャンスとなります。 アクセンチュアとシマンテックの業界有力企業である2社が持つ競争力の高いサービス、機能、ソリューションを融合させることで、次世代のサイバーセキュリティサービスを提供することができます。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

流転のシマンテック、サービス事業を買収したアクセンチュアが狙う「あの業界」

シマンテック ブロード コム

発表日:2020年1月8日 アクセンチュア、シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業をブロードコムから買収 アクセンチュア・セキュリティは本買収によって、世界レベルでのマネージド セキュリティサービスのさらなる強化を実現 【ニューヨーク発:2020年1月7日】アクセンチュア(NYSE:ACN)は、Broadcom,Inc. (NASDAQ:AVGO)から、シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業を買収することに同意したことを発表します。 この買収により、アクセンチュア・セキュリティは世界レベルでのマネージド セキュリティサービスのさらなる強化を実現し、近年急増するお客様からのセキュリティ支援要請に応えていきます。 本合意の条件は非公開です。 シマンテックのサイバーセキュリティ関連サービスには、セキュリティオペレーションセンター(SOC)のネットワークを介した、グローバルで発生するサイバー攻撃の監視と分析、サイバー攻撃者および業界固有の脅威に対するリアルタイムな捕捉・分析、およびインシデント対応サービスが含まれています。 シマンテックでは、米国、英国、インド、オーストラリア、シンガポール、および日本の6ヵ国にSOCを保有しており、サイバー攻撃に関するログ収集や技術的情報を安定した通信環境から提供しています。 アクセンチュアの最高経営責任者であるジュリー・スウィート(Julie Sweet)は次のように述べています。 「サイバー脅威に対して適切なセキュリティ策を講じることは、業界や場所を問わず、すべての組織にとって最も重要な事項と言えるでしょう。 アクセンチュア・セキュリティにシマンテックのサイバーセキュリティサービス事業が新たに加わることにより、サイバー攻撃の脅威の早期検出から対策に至るまで、世界で最も包括的なマネージドサービスを提供できる組織の一つとなります。 」 アクセンチュア株式会社 執行役員 セキュリティ コンサルティング本部 統括本部長の市川 博久は次のように述べています。 「日本でセキュリティビジネスを事業化して2年が経過しました。 立ち上げ当時と比してセキュリティ事業に携わる社員数は10倍以上、売上はそれを凌駕する勢いで成長を遂げています。 この成長の背景には、日本におけるデジタルトランスフォーメーションの浸透、ならびに複雑、巧妙化するサイバー犯罪の手口、さらには国境を超えるサイバー犯罪組織の関与などによって、もはや一企業では対応しえない状況と、真の意味でアクセンチュアがエンド・ツー・エンドでセキュリティサービスを提供する企業である差別化が進んだ側面があります。 マネージド セキュリティサービスの提供においては、日本にも拠点を構えるサイバーフュージョンセンターにてお客様が保有するアセット情報を、脆弱性情報や脅威インテリジェンスなどと突合して、サイバー攻撃からの早期防御、最新鋭の予兆運用を実現しています。 今回の買収は、増え続ける日本のお客様からのニーズに合致するものです。 アクセンチュアでは、マネージド セキュリティサービスをさらに拡張させると同時に、シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業に従事してきた高度なセキュリティ人材を迎え入れることで、サービスの高度化を図ってまいります。 」 現在、シマンテックのエンタープライズ向けセキュリティサービス事業はブロードコムの事業部門の一つであり、その拠点は米国カリフォルニア州マウンテンビューにあります。 世界中で300人以上の専門家を擁し、金融サービス、公益事業、医療、行政、通信・メディア・ハイテクや小売など、さまざまな業界のトップクラスの組織にサービスを提供しています。 添付リリース.

次の