シェンムー 3 売上。 『シェンムーIII』が本日発売! 中盤の舞台となる鳥舞は想像以上に広大な街だった!!【特集第3回/電撃PS】

【悲報】シェンムー3の売上、ヤバい・・・・・・

シェンムー 3 売上

『シェンムー』はシリーズ第一作『シェンムー 一章 横須賀』が1999年に、2001年に続編の『シェンムーII』が発売。 セガ・ドリームキャストのハードの命運を賭けて送り出されたものの、商業的には不遇な結果となり、全16章とされたストーリーも結末を見ることなく志半ばで終わっていました。 しかし、自由度の高い「FREE」システムは後のオープンワールドの元祖とされ、欧米では高い人気を誇ることに。 そうしたカリスマ性もあり、続きを描く新作『シェンムー3』は、生みの親の鈴木裕氏のもとで鋭意開発中です。 Eurogamerが公開した映像では、HDリメイク版が全般的に高画質化していることが目に見えて確認できます。 高解像度化されたテクスチャやアンビエントオクルージョン(環境光がどの程度遮られているかを反映したレンダリング)、シャドウマップ(影用のテクスチャ)も実装。 原作では平面テクスチャで処理されていた屋根瓦などが3D化されていたりと、風景の隅々までディティールが深まっています。 開発中止された原因は明らかではありませんが、Eurogamerは予算の制約や開発の遅れによるのではないかと推測しています。 8月に発売された後者に多数のバグがあったと伝えられているのは、「もともとはHDリメイクを発売予定だったが、昨年8月に急きょオリジナル移植に近い方向へと変更し、時間が足りなくなった」ことが理由かもしれません。 原作の『シェンムー』シリーズ自体が、鈴木裕氏をはじめセガのスタッフの作品愛が大きすぎるあまり、開発期間も開発費用も膨れ上がったという経緯があります。 本作には、プロのクリエイターを営利事業の枠から逸脱させる魔力があるのかもしれません。

次の

シェンムーとは (シェンムーとは) [単語記事]

シェンムー 3 売上

シェンムー3といえば発売直前に配信版はエピックゲームストア独占にし 大きな論争を巻き起こしていた。 発売後は賛否が割れ、いくらか批判的な評論もあった。 そして今一つの事実が明らかにされ どうもこのゲームは大きな関心を集めたニッチなソフトに過ぎなかったようである。 まず、はっきり言ってしまえば今作は商業的に失敗した。 これは販売元であるディープシルバー社が認めている。 報道陣との対談に応じた同社の代表はシェンムー3について、エピックでの販売本数を追う権利は 自分達にはないのでこの部分は分からないとしながらも 昨年10~12月期の間に同作をPS4でプレイした人数は約5万人程度だと話していたからだ。 当然ながらこの数字は彼らの予測を下回っている。 実際、今作の伸び悩みにより彼らは今期決算を下方修正しなければならない事態に直面しているのだから。 シェンムーの生みの親である鈴木裕は3に続き4も開発したいと意気込んでいたが この状況を鑑みると、彼の望みがかなうかどうかはかなり不透明なように思えてしまう。 兎も角、我々としては全てが良い方向へ進むことを願いたいところだ。

次の

【悲報】シェンムー3の売上、ヤバい・・・・・・

シェンムー 3 売上

『シェンムー』はシリーズ第一作『シェンムー 一章 横須賀』が1999年に、2001年に続編の『シェンムーII』が発売。 セガ・ドリームキャストのハードの命運を賭けて送り出されたものの、商業的には不遇な結果となり、全16章とされたストーリーも結末を見ることなく志半ばで終わっていました。 しかし、自由度の高い「FREE」システムは後のオープンワールドの元祖とされ、欧米では高い人気を誇ることに。 そうしたカリスマ性もあり、続きを描く新作『シェンムー3』は、生みの親の鈴木裕氏のもとで鋭意開発中です。 Eurogamerが公開した映像では、HDリメイク版が全般的に高画質化していることが目に見えて確認できます。 高解像度化されたテクスチャやアンビエントオクルージョン(環境光がどの程度遮られているかを反映したレンダリング)、シャドウマップ(影用のテクスチャ)も実装。 原作では平面テクスチャで処理されていた屋根瓦などが3D化されていたりと、風景の隅々までディティールが深まっています。 開発中止された原因は明らかではありませんが、Eurogamerは予算の制約や開発の遅れによるのではないかと推測しています。 8月に発売された後者に多数のバグがあったと伝えられているのは、「もともとはHDリメイクを発売予定だったが、昨年8月に急きょオリジナル移植に近い方向へと変更し、時間が足りなくなった」ことが理由かもしれません。 原作の『シェンムー』シリーズ自体が、鈴木裕氏をはじめセガのスタッフの作品愛が大きすぎるあまり、開発期間も開発費用も膨れ上がったという経緯があります。 本作には、プロのクリエイターを営利事業の枠から逸脱させる魔力があるのかもしれません。

次の