ちゃんちゃんことは。 【還暦とは?】還暦の由来や意味など、意外と知らない還暦の基礎知識

ちゃんちゃん焼きの「ちゃんちゃん」とはどういう意味なのでしょ…

ちゃんちゃんことは

卒寿は何色のちゃんちゃんこ? 卒寿は「白色」または「紫色」 卒寿は白と紫がお祝いの色です。 紫色、または白色のちゃんちゃんこを着てお祝いします。 昔は、こういうお祝いを大切にしてきましたが、今は少なくなってきましたね。 若い世代は知らない人も多いのではないでしょうか? ぜひこの記事でおさらいしましょう。 お祝いごとは、人生の区切りとしてまた新たな気持ちになれます。 そのためにも、自分自身も長寿祝いの年代を知っておきましょう。 卒寿の意味 卒寿の意味でのよくある間違えは、「人生を卒業するから卒寿」というのは大きな間違えです。 本当の意味はどうなんでしょうか。 「卆」と書きます 卒寿の卒の字は、本当は「卆」と書きます。 九十と縦に読めますよね。 その当て字が卒になり、卒寿となったそうです。 「そのままに卆寿でも良かったのでは?」と思割れる人もいますが、卒寿の方が漢字として有名だからなのでしょうか。 なんにせよ、90歳を祝うのが卒寿です。 長寿祝いに花を贈ろう 卒寿のお祝いに、白色や紫色の花を贈るのはいかがでしょうか? 他と違い、卒寿だけが「白色と紫色」の2つの色が使えます。 紫は高貴な色。 白は純白で無垢な色。 花を贈るなんて、一番特別な長寿祝いになるのではじゃないでしょうか。 あと、生まれた干支にもどるため、「生まれたころの赤ちゃんに戻る」という意味も込めて赤いちゃんちゃんこなんだそうですよ。 紫色にはどんな由来があるのでしょうか。 昔、紫色はたいへん貴重でした。 古代、色というのは、植物などから染めるなどして色付けしていました。 その中でも、紫色というのは、「紫草」という植物の根っこから作っていたのだそうです。 この根っこは貴重であり、そこから色を出すのは大変手間のかかる作業であったので、紫色のものは高級品扱いでした。 紫の衣などは、一握りの高貴な方々しか着用を認められていなかったという時期も、日本の歴史にはあります。 80代の長寿祝いはすべて黄色と覚えておきましょう。 金色や茶色でも可能です。 そのこともあり、白色がお祝いの色にも使われるようになりました。 長寿祝いの色知ってますか?:まとめ 今回「終活ねっと」では、長寿の色をまとめさせていただきました。 年配の方を敬う長寿祝いには様々な色が使われていることがわかっていただけたのでしょうか? みなさんに、日本に残る長寿祝いの文化について正しい知識を身につけてもらうために、この記事が少しでも役立ていればと思います。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では、他に以下の記事も公開しています。 ぜひご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

長寿祝いの「色」まとめ〜卒寿は何色のちゃんちゃんこか知ってる?〜|終活ねっと

ちゃんちゃんことは

子供の袖 そで なし綿入れ羽織。 形態は後ろ身頃 みごろ 並幅一幅で脇 わき に襠 まち を入れ、衿 えり は羽織衿と同様の折り衿、紐 ひも は表と共布で芯 しん に真綿を入れ、紐先に飾り糸をつける。 丈は標準寸法で50センチメートル。 身頃に木綿綿 もめんわた (青梅 おうめ 綿)を入れ、防寒用として幅広く着用できる。 表布は綸子 りんず 、富士絹、モスリン、綿織物、化繊織物など。 男女児それぞれに向くかわいらしい柄 がら 、色を選ぶ。 裏布は薄手羽二重 はぶたえ 、シンモスなどが使われる。 色は男女児とも白、また男児は淡いブルー、女児は淡いピンクなどを用いる。 女児用に衿を被布衿にして、これにレースまたは細かく折り畳んだ襞 ひだ を挟み込んだものなどを用いることもある。 なお、還暦の祝いに赤い袖なし羽織を着る風習があり、これも「ちゃんちゃんこ」という。 これは襠の幅が広く、衿は半纏 はんてん 風の立ち衿である。 近年、この風習は敬遠されている。 また農村では、袖がなく労働動作の面で機能的であり、着脱が容易で重ね着がしやすいことなどから、今日なお大人にも用いられている。 [藤本やす].

次の

忙しくてもOK!還暦祝いのちゃんちゃんこを最短1日で用意する方法【思い出のカレンダー制作サービス】

ちゃんちゃんことは

「還暦(かんれき)」といえば、60歳のお祝いです。 英語では60th birthday。 しかし、なぜ60歳を特別に祝うのか、還暦という言葉の意味は何なのか、どうして赤い物をプレゼントするのかなど、詳しいことはよく知らないという方も多いかもしれません。 そこで今回は、還暦の由来や意味など、意外と知らない還暦の基礎知識についてご紹介します。 還暦の由来と意味 還暦祝いは中国で発祥し、日本には奈良時代に伝わったといわれています。 伝わったばかりの頃は、貴族階級の間だけで行われており、室町時代から江戸時代にかけて民間にも広まったようです。 還暦という言葉の意味は、日本でもおなじみの十二支(じゅうにし)と、「甲・乙・丙・丁・戌・己・庚・辛・壬・癸」の十干(じっかん)を組み合わせた、干支(かんし/えと)が関係しています。 十二支と十干の組み合わせは60種類にもおよび、人間が生まれてから60年経つと、この60種類の干支が一巡します。 このことから「生まれたときと同じ暦に還る(赤ちゃんに還る)」という意味で「還暦」と呼ぶようになりました。 還暦をお祝いする時期は、本来であれば数え年で61歳になったときですが、最近では満60歳になる誕生日にお祝いするケースが増えています。 数え年で祝う場合は、お正月などで家族や親戚一同が集まったときに祝うことが多いようです。 なぜ「還暦といえば赤いちゃんちゃんこ」なの? PIXTA 還暦祝いで贈られる赤いちゃんちゃんこ。 なぜ赤いちゃんちゃんこを贈るのでしょうか? その理由は、赤い色に「魔除け」の力があるとされていたことと、ちゃんちゃんこが赤ちゃんに着せる羽織だったことにあります。 赤ちゃんを病気や悪いものから守るために、魔除けの力があると考えられていた「赤い色」のちゃんちゃんこを着せていたのです。 そのため、「生まれたときと同じ暦に還る(赤ちゃんに還る)」という意味を持つ還暦に、赤いちゃんちゃんこを贈るようになりました。 これまでの労をねぎらい、「これからも長生きしてね」という願いが込められています。 最近の還暦祝いでは、赤いちゃんちゃんこは記念撮影に用意しておき、それとは別にプレゼントを用意する人も多いようです。 記念になるお祝いの場をお探しの方へ センスのある贈り物をお探しの方へ.

次の