鳥獣 戯画 作者。 鳥獣戯画とは?作者は誰?ミステリアスな国宝を徹底解説ッ! | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

鳥獣人物戯画(国宝)

鳥獣 戯画 作者

鳥獣戯画とも呼ばれ親しまれている国宝・鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)。 米津玄師が作詞・作曲したNHKの2020応援ソング「パプリカ」の動画でも注目を集めています。 うさぎやサル、猫といった動物たちがかわいらしく擬人化され、相撲や水遊び、宴会を繰り広げる絵巻物。 実は、私たちがよく知るそれらの場面は、謎に満ちた鳥獣戯画のほんの一部なのです。 全部で4巻からなる絵巻物で、その全長は約44mにも及びますが、そこに描かれたさまざまな戯画が、いったい何を表そうとしたものなのかも判然とはしていません。 「鳥獣人物戯画絵巻」国宝 四巻 紙本墨画 甲巻31. 6㎝、乙巻31. 5㎝、丙巻31. 1㎝、丁巻31. 6㎝、甲乙巻・平安時代、丙丁巻・鎌倉時代 高山寺 漫画やアニメのルーツとして高く評価され、日本はもとより、世界的にもその名が知られる「鳥獣戯画」。 特に有名な甲巻は、うさぎや猫などの動物たちが画面の中を縦横無尽に駆け回り、遊び尽くすという斬新にしてとてもモダンな内容。 これが、今から800年も前の平安時代末期に描かれたとは、俄(にわか)には信じ難いほどです。 その魅力はまさにタイムレス。 永きにわたり多くの人々を虜にし、作品が宿す輝きは時を超えて未来永劫、受け継がれて行くことと思われます。 鳥獣戯画の作者は? 有名にして希有なる存在のこの絵巻ですが、実はいつ何時、だれが何の目的をもって描いた、あるいは描かせたのかということは、今もはっきりしたことがわかってはいないのです。 作者は、滑稽・風刺を目的とした戯画を得意とした、平安後期の高僧・鳥羽僧正覚猷と伝えられてきましたが、確証はありません。 各巻の筆致の違いから、複数の絵師の手になるものとも推定されています。 平安中期の比叡山の僧・義清が、「嗚呼絵」(戯画)をよく描いたと「今昔物語集」に記されており、こうした絵が寺院に多く伝わることから、画技に優れた僧侶が余技として戯画を描く伝統があったことも指摘されています。 鳥獣戯画の謎 動物たちが遊び戯れる様子を擬人化した甲巻、麒麟(きりん)や犀(さい)といった空想上の動物を含む、馬や牛、鳥などを描いた乙巻は、恐らく平安時代の後期に、また前半に人々が遊び戯れる様子を、後半に擬人化した動物を描いた丙巻、仏事や田楽、法力比べなどに興じているさまざまな人々の様子を描いた丁巻は鎌倉時代に、それぞれ制作されたのではないかということが、ほぼ唯一判明している事実です。 しかし、逆に言えば何もわかっていないからこそ、この愉しさ溢れる絵巻は却っていつの世にも人々の目に新鮮なものとして映り、それぞれが真っ新な目でマンガやアニメのルーツともいわれる墨線のみで描かれた白描に向き合うことができるのかもしれません。 さらに言えば、この絵巻の収められた場所が、小鳥がさえずり栗鼠(りす)が住む境内の山中で座禅しひたすらに精進を重ねたという鎌倉期の名僧・明恵上人(みょうえしょうにん)縁の高山寺だったところに、この絵巻に秘められた真の意味と価値があるのではないでしょうか。 「鳥獣戯画」4巻を解説、甲巻・乙巻・丙巻丁巻 マンガの原点!? 鳥獣戯画【甲巻】 山奥の渓流で飛び込んだり泳いだりと、さまざまに水遊びを楽しむ莵と猿たちの姿から幕を開ける甲巻。 やがてその場面は野原へと移って弓の競技がはじまります。 右から左へと順に見て行く絵巻の特性を生かした物語描写が、甲巻の最大の見どころにしてマンガの原点といわれる理由。 甲巻は全部で23紙からなり、その全長は約11. 5mにも及びます。 うさぎや犬も登場、鳥獣戯画【乙巻】 甲巻とほぼ同じ時期に描かれたとされている乙巻。 普段目にする馬や牛、犬や鶏といった動物たちのさまざまな生態とともに、麒麟や龍、獏(ばく)や犀といった空想上の動物が数多く描かれています。 戯画といった雰囲気のほかの3巻に比べ、明らかにシリアスな風情が漂っているのが、乙巻の特徴です。 猿とカエルが主人公 鳥獣戯画【丙巻】 丙巻は前半と後半で作風ががらりと変わっています。 前半は僧侶と俗人が入り乱れて首引きをしたり双六(すごろく)をしたりして戯れ遊ぶ様子が、後半は猿が鹿に乗ったり、猿と蛙が蹴鞠(けまり)をする様子などが描かれています。 甲巻のように擬人化された動物たちが人間の遊びを繰り広げている反面、甲巻よりも莵が少なく猿とカエルが主人公になるなど大きな違いも。 人間のみが登場 鳥獣戯画【丁巻】 丁巻に描かれているのは人間のみで、僧侶や俗人、貴族などが、老若男女、入り乱れて描き出されています。 それもほかの3巻とは明らかに違うラフなタッチで構成されており、全面にわたって誇張された滑稽な表情がこれぞ「戯画」と呼ぶにふさわしい内容。 また石を投げ合う場面などに描かれる効果線はこれぞ漫画の技法の原点と言えます。 「鳥獣戯画」の見どころは、なんといってものびのびとした闊達な筆遣いで、動物たちが遊び戯れるユーモラスな姿が自在に描かれていることでしょう。 絵巻の中から今にも動物たちのさんざめく歓声が聞こえてきそうです。 絵巻中に兎と蛙が「賭弓」という宮廷年中行事を行なう場面が描かれていますが、後白河法皇の命で制作された「年中行事絵巻」にも、擬人化された猿や兎や蛙が競馬の神事をする絵が描かれていることから、「鳥獣戯画」には宮廷絵師が関与していたともいわれます。 特筆すべきは、動物の表情の豊かさと、筆運びの抜群の上手さです。 正確なデッサン力に加え、墨の濃淡やかすれを駆使した技巧的な筆遣いで、生あるものが現世を謳歌する喜びを描き出しています。 また、ユーモラスな「遊び」の表現の豊かさは日本絵画で群を抜いており、白描絵巻の珠玉の名宝です。 鳥獣戯画のある高山寺とは 京都・西北の山中、右京区梅ヶ畑にある栂尾山高山寺。 京都市内から日本海側の小浜へと抜ける周山街道を約1時間。 山深く切り裂くように流れる清滝川の清流を望む、静かな山間にその寺はあります。 創建は奈良時代にさかのぼりますが、平安末期の名僧・文覚が同じく梅ヶ畑にある真言密教の聖地・神護寺を復興した際には、その別院として存在していたと言われています。 その後、建永元(1206)年、後鳥羽上皇が文覚の弟子だった明恵上人にこの寺域を与えることとなり、明恵はこの寺を華厳宗再興の根本道場として寺観を整えるのです。 このとき、後鳥羽上皇から「華厳経」に由来する「日出先照高山之寺」の勅額(写真下)を賜ったことから、高山寺と号するようになったと伝えられています。 今も、高山寺のある栂尾の地は、紅葉のシーズンを除いて、静かな佇まいを守り続け、明恵上人が研鑽を積んだころを彷彿させます。 明恵が再興した当時の金堂も阿弥陀堂も兵火によって焼失してしまいましたが、深い杉木立の間からの優しい木漏れ日や苔を濡らす山の湧水に、心が和んでいきます。 また、当時の経蔵を改造・移築したという国宝建築の石水院や再建された開山堂などが佇む様は、まさに明恵上人の理想郷であり、「心洗われる名刹」であることを静かに物語ります。 こうした高山寺の豊かな自然を背景にして「仏眼仏母像」や「華厳宗祖師絵伝」、さらには「明恵上人像(樹上坐禅像)」などの、優れた美術品の数々が生み出されることとなり、高山寺は現在にまで続く文化財の宝庫と呼ばれる寺となったのです。 世界遺産 栂尾山 高山寺 情報 住所 京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8 TEL 075-861-4204 FAX 075-865-1848 お問い合わせ時間 8:30〜17:00 おまけ:「鳥獣人物戯画」順番が違うって本当? 甲乙丙丁の4巻からなり、それぞれ全長9m強〜12m弱の長さ。 23枚の和紙がつなげられた甲巻は擬人化された動物たちが描かれています。 2009年からの修復の際に、光で透かして紙の特徴を観察する透過光調査を実施したところ、23枚目と11枚目を見ると、製紙工程ではけを使って和紙をなでた際につく筋の跡がつながっていることが判明しました。 11枚目と23枚目は当初1枚であったのが、切断されて、絵順が入れ替えられたようなのです。 間違っていたのがこちら! 正しい順番はこっち こちらのほうがストーリーの流れが自然! 江戸時代の初め、後水尾天皇の中宮だった東福門院和子(とうふくもんいんかずこ)によって本格的な修復が行われたことがあり、その際に、絵の順番の入れ替えや切断などが行われた可能性があるのだとか! 国宝だからといって、今見ているものが当初の姿とはいえないというのが興味深いところ。 今後もあっと驚くような新発見が出てくるかもしれません。

次の

漫画の原点は今から800年前に描かれた「鳥獣人物戯画」だった!

鳥獣 戯画 作者

朝日新聞文化財団は平成21年(2009)、文化財保護に関する助成の第一号として国宝「鳥獣人物戯画」の修復を決定、着手しました。 制作から約800年が経過した絵巻には、劣化や損傷、汚れがみられ、平成25年(2013)3月まで、4年がかりで修理が完成しました。 修理は、解体の後、本紙のクリーニング、折れの部分を補強するための折れ伏せ、裏打ち紙の取り替えなどが行なわれ[写真1]、縦折れが出来にくいようにするため、巻子本の径を大きくして太巻き仕立てとし、一巻ごとの収納箱および全体を収納するための外箱も新調されました。 この修理過程において、長らく前半が人物画、後半が動物画という組み合わせに疑問が持たれていた丙巻について、もとは表裏の両面に描かれていたものを相剥(あいへぎ)し、つないで一巻に仕立てたもの[写真2]だという新知見が得られました。 また、四巻の旧補修紙は、裏面に数か所付着した墨線や墨の詳細な観察により、もとは丁巻の本紙を裏面からうすく剥ぎ、それを甲、乙、丙、丁すべての補修にあてたものであったことも確認されました。  鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)は、京都市右京区の高山寺に伝わる紙本墨画の絵巻物。 鳥獣戯画とも呼ばれる。 現在の構成は、甲・乙・丙・丁と呼ばれる全4巻からなる。 内容は当時の世相を反映して動物や人物を戯画的に描いたもので、鳴呼絵(おこえ)に始まる戯画の集大成といえる。 特にウサギ・カエル・サルなどが擬人化して描かれた甲巻が非常に有名である。 一部の場面には現在の漫画に用いられている効果に類似した手法が見られることもあって、「日本最古の漫画」とも称される。 成立については、各巻の間に明確なつながりがなく、筆致・画風も違うため、12世紀 — 13世紀(平安時代末期 — 鎌倉時代初期)の幅のある年代に複数の作者によって別個の作品として制作背景も異にして描かれたが、高山寺に伝来した結果、鳥獣人物戯画として集成したものとされる。 作者には戯画の名手として伝えられる鳥羽僧正覚猷(とばそうじょう かくゆう)が擬されてきたが、それを示す資料はなく、前述の通り各巻の成立は年代・作者が異なるとみられることからも、実際に一部でも鳥羽僧正の筆が加わっているかどうかは疑わしい。 おそらく歴史上無名の僧侶などが、動物などに仮託して、世相を憂いつつ、ときには微笑ましく風刺したものであろう。 現在は甲・丙巻が東京国立博物館、乙・丁巻が京都国立博物館に寄託保管されている。 脱落や繋ぎの変更があり、本来は鳥獣人物戯画の一部であったと思われる「断簡」が多数ある。 それらは現在の形になる以前に模写された模本により、描かれた当時の姿、あるいは時代経過に従って進む錯簡を推定することができる。 描かれた萩などの植生から、秋の光景とみられる。 断簡や模本から、甲巻は成立当初は2巻立て以上のそれら自体で独立した絵巻物だったと考えられ、内、少なくとも1巻は、草むらからの蛇の出現によって動物たちは遁走し、遊戯が終わりを迎えるという構成だった。 現在の甲巻は、後世に遭遇した火災による焼損被害や、失われた(恐らくは何らかの形で持ち去られた)断簡による不自然さを補うための加筆が一部に見られる。 絵師たちが絵を描く際に手本とする粉本であった可能性も指摘されている。 後半部分については、甲巻の動物の遊戯を手本に描かれたものとも言われる。 前半と後半の筆致に違いがあることから、別々に描かれた絵巻を合成して1巻とした巻とみられていたが、京都国立博物館による修復過程で元は表に人物画、裏に動物画を描いた1枚だった和紙を薄く2枚にはがし繋ぎ合わせて絵巻物に仕立て直したものだと分かった[1][2]。 19枚目の歩く蛙の絵に墨跡があり、2枚目のすごろく遊びをする人の絵と背中合わせにすると、19枚目の墨跡(烏帽子の滲み)と2枚目の人物画の烏帽子の位置と合致すると判明した後、この他にも1枚目と20枚目、3枚目と18枚目というように墨跡などが合致することが分かった。 これにより元々は10枚の人物画の裏に動物画が描かれ江戸時代に鑑賞しやすいように2枚に分けられたと推定されている。 描線は奔放で、他の巻との筆致の違いが際立つ巻。 京都国立博物館所蔵模本(狩野探幽によって模写。 またその映画の音楽を基に間宮芳生が合唱のためのコンポジションシリーズの一つとして鳥獣戯画というタイトルの作品を製作している。 福音館書店『こどものとも』で『かえるのごほうび』として、甲巻から場面を抽出してコマ割りされ、新たなストーリーを構成して使用された。 2005年にはキリンビバレッジ「茶来」のおまけとして鳥獣人物戯画のカエル・ウサギ・キツネ・サルの携帯ストラップが登場した。 日本には「劇団鳥獣戯画」という絵巻物から名前をとったミュージカル劇団がある。 2013年1月25日、岩手県平泉町の柳之御所遺跡で、カエルを擬人化した絵が書かれた木片が出土したと岩手県教育委員会が発表した。 木片は、他に出土した遺物などから12世紀後半奥州藤原氏の時代のものと見られ、鳥獣人物戯画の成立時期と同じ時代とされる。 都の最先端の表現技法が、既に平泉にまで到達していたことを示す貴重な資料である[3]。 「鳥獣戯画」に似たカエルの墨絵 12世紀後半、平泉で出土.

次の

鳥獣戯画 ~奇想の絵巻誕生の謎~|日曜美術館

鳥獣 戯画 作者

はじめに 今回は京都高山寺の『鳥獣人物戯画』を解説していきます。 京都高山寺、Wikipediaより引用 『鳥獣人物戯画』解説 甲巻 甲巻とは全四巻のうちの第一巻のことです。 一般に「鳥獣戯画」として知られるのは第一巻 つまり甲巻 です。 ちなみに第二巻 乙巻 には現実の獣や鳥、空想の龍や獏などの動物の生態の写生、第三巻と第四巻は擬人化された鳥獣に加えて、主として僧侶や俗人の戯画、当時の遊戯や勝負事、行事の情景などが描かれています。 乙巻、獅子たち 下の甲巻の絵を見てみましょう。 兎と蛙が相撲を取っています。 その周囲に萩やすすき、女郎花といった草花が咲いているところをみると、季節は秋です。 毎年旧暦7月には宮中の年中行事として相撲節 すまいせち がおこなわれていました。 しょこくから相撲人 すまいびと が召され、その取り組みを天皇が観戦しました。 この絵はその催しのパロディだと考えられます。 鳥獣人物戯画 甲巻 、作者不詳、京都高山寺 「ゲラゲラ」という言葉がよく似合いますね 見事な墨の濃淡による表現と軽妙洒脱な筆づかいが鑑賞者の目を惹き付けます。 画面上部には川の堤が描かれており、 岸辺には芦や沢瀉 おもだか が描き添えられ画面を引き締めています。 甲巻は猿と兎が谷川で水遊びする場面から始まって、賭弓、田楽、相撲、法会などで擬人化された猿、兎、狐、蛙などが戯れる場面が描かれています。 おそらく当時の世相を面白おかしく風刺したものだと考えられますが、具体的なものは分かっていませんが、 僧侶の姿で登場する猿が社会的な権威の象徴で、兎や蛙は一般の庶民を表しているようです。 甲巻、水遊びをする動物達 解釈がどうのこうのというのは置いておいて動物を愛する心は昔の人も変わらないのだと実感します 甲巻、泥棒猿を追いかける兎と蛙 猿が追いかけられています。 今も観光地などに現れては人間とのデュエルを繰り広げているお猿さんですが、昔も似たような状況だったのでしょうか。 作者は? 作者は不詳ですが、 鳥羽僧正覚猷の筆と伝えられています。 鳥羽僧正は説話集『今昔物語集』の編者に擬せられている源隆国の子で、早くから僧籍に入り大僧正の位を得ている高僧です。 山城国鳥羽荘の証金剛院にいたことから鳥羽僧正と呼ばれました。 参考文献 『日本美術101鑑賞ガイドブック』 この記事は『日本美術101鑑賞ガイドブック』 神林恒道 新関伸也編 を参考にしています。 日本美術に興味を持って方は気軽に読んでみて下さい。 検索: 検索 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー• 20 プロフィール.

次の