火星 人 マイナス 2020 日 運。 火星人マイナス2020年運勢!恋愛・復縁・結婚・仕事・健康運は?月運

【2020年】火星人マイナス(-)の年運・月運を六星占術で徹底解説!

火星 人 マイナス 2020 日 運

六星占術における運命周期は年・月・日それぞれに存在し、12種類の運気で構成されています。 それぞれ年運・月運・日運といいます。 運命周期は季節に例えられ、春「種子・緑生・立花」夏「健弱(小殺界)・達成・乱気(中殺界)」秋「再会・財成・安定」冬(大殺界)「陰影・停止・減退」の順で移り変わります。 殺界の時期は良くない運気とされています。 六星占術では、年運・月運・日運によって、そのときがどのような運勢なのか知ることができ、新しいことを始める時期を見定める参考にすることができます。 また、運命周期によって恋愛や結婚に適した時期や仕事運が良い時期も見定めることができます。 六星占術 木星人マイナスの大殺界はいつ? 木星人マイナスの大殺界は2022年から3年間 前述したとおり、六星占術では大殺界では大きな決断は控えるとされています。 大殺界中に始めたことは、うまくいかないか、最初はうまくいってても徐々にうまくいかなくなることが多いでしょう。 特に年運・月運・日運が大殺界の日は最悪です。 大殺界の時期の転職・結婚・引越しは特に良くないとされています。 結婚については、相手の運勢の影響を受けることがあり、特に大黒柱の男性の運気の方が重要とも言われていますが、女性側でもできるなら避けることが無難でしょう。 どうしてもという場合は、月運・日運を考慮すると運勢が少し上がるでしょう。 恋愛や結婚はうまくいかないとされる大殺界ですが、その先のライフステージである妊娠・出産については問題ないとされています。 勉強などのスキルアップについても、オススメです。 また、以下の記事では大殺界について詳しく紹介されていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。 六星占術において、家庭を大切にする性格とされている木星人マイナスは、恋愛においてもモテる傾向があります。 しかし、慎重で優柔不断な性格ゆえにチャンスを逃してしまうことも多いでしょう。 この人と決めると一途ですが、浮気も本気になりやすいので気を付けましょう。 家庭運があり、結婚すると家庭を大切にします。 コツコツ努力ができる性格なので、仕事でも成果を出すことができます。 変化を嫌う安定志向の性格なので、裏方や組織の一員として働くのが向いています。 また、慎重な性格なので衝動買いはせず、お金を貯めることができる性格でしょう。 【2020年】木星人マイナスの今年の運勢|総合運・仕事運 【2020年】木星人マイナスの今年の年運は財成 六星占術において、木星人マイナスの2020年の仕事運は、かなり好調です。 上司や他の会社から認められ、昇進やヘッドハンティングが期待できます。 また、転職を希望している人は、良い転職先に恵まれるでしょう。 今年入社の新社会人は、入社した会社に長く務めることをオススメします。 仕事運においても年運が大殺界に入ってしまえば、運勢が低迷してしまいます。 仕事運ダウンとならないよう、来年までに仕事を軌道に乗せたり、新しい仕事に着手したりなどの対策を取りましょう。 今年は何をしても稼ぎに繋がる年なので、仕事運は大チャンスの年です。 【2020年】木星人マイナスの今年の運勢|恋愛運・結婚運 【2020年】木星人マイナスの今年の恋愛運 六星占術における木星人マイナスの2020年は、結婚するにも絶好の良い運勢です。 玉の輿に乗れる可能性もあります。 再来年から始まる大殺界の前に、パートナーを決められなければ、良いタイミングでの結婚は2022年以降になります。 パートナーが大殺界でなければ、結婚に向けて動くのがオススメです。 ちなみに、2020年に大殺界の運命星は、土星人マイナス・水星人プラス・水星人マイナスで、2021年に大殺界の運命星は、木星人プラス・水星人プラス・水星人マイナスです。 結婚を考えるにあたり、お互いの年運だけでなく月運を考慮することで、運気をより高めることができます。 月運については以下で説明します。 六星占術 木星人マイナスの年運と月運 木星人マイナスの2021年から5年間の年運 木星人マイナスの今年の年運は財成です。 前述のとおり、四季に例えると秋にあたる季節です。 また、来年から5年間の年運は次の表のとおりで、冬である大殺界が到来し、2025年には春にあたる年運に突入します。 木星人マイナスの2021~2025年の年運 年 年運 2021年 安定 2022年 陰影(大殺界) 2023年 停止(大殺界) 2024年 減退(大殺界) 2025年 種子 恋愛運・結婚運・仕事運などにおいても、年運はかなりの影響があります。 年運を確認することで、いつ何をするのがいいのか、参考にすると良いでしょう。 日運についても、年運と同じように干支と対応して循環していますので、その日の干支を調べれば簡単に知ることができます。 月運については次でご紹介します。 木星人マイナスの月運 年運の次に月運も参考にすると、物事の決断の時期の見極めにさらに役立ちます。 月運は毎年同じです。 思い返すと、毎年同じ時期を大変に感じたり、逆に運勢が良かったり、そういったことがよくあるかもしれません。 木星人マイナスの月運は次のとおりです。 木星人マイナスの月運 月 月運 1月 安定 2月 陰影(大殺界) 3月 停止(大殺界) 4月 減退(大殺界) 5月 種子 6月 緑生 7月 立花 8月 健弱(小殺界) 9月 達成 10月 乱気(中殺界) 11月 再会 12月 財成 特に良い月は7月・9月・11月・12月、良い月は1月・5月・6月、良くない月は8月・10月、もっとも良くない月は2月・3月・4月です。 年運や日運と共に確認し、大事な決断の日取りの参考にしてみてはいかがですか。 木星人マイナスと他の運命星との相性 木星人マイナスと他の運命星との相性|生まれ持った相性 木星人マイナスと他の運命星の運命周期を見ると、その年のそれぞれの運命星との相性運がわかります。 今年の木星人マイナスとの相性運が良い運命星は、金星人プラス(立花)、火星人プラス(達成)、天王星人プラス(再会)、木星人プラス(安定)、木星人マイナス(財成)です。 逆に木星人マイナスとの相性運がいまいちな運命星は、土星人マイナス(減退)、水星人プラス(停止)、水星人マイナス(陰影)です。 お互いの運命周期の良し悪しが影響し合い、お互いの運勢が変わってきます。 例えば仕事などの割り切った付き合いについて、良い運勢の人との仕事の場合は仕事運がアップするでしょう。 生まれ持った相性よりも、その年の相性運の方が及ぼす影響は大きいとされています。 もし恋愛中や結婚を考えているのパートナーとの生まれ持った相性が良くなくても、お互いの運命周期を元に結婚のタイミングを決めると良い運勢に恵まれるでしょう。 その際はお互いの月運や日運なんかも考慮するとさらに良いです。 【2020年】木星人マイナスの霊合星人の今年の運勢は? 木星人マイナスの霊合星人は金星人マイナス 六星占術において、霊合星人とは、生まれた年の運命周期が停止の人のことです。 自身の運命星の対極の運命星の運勢の影響を受けます。 土星人と天王星人、金星人と木星人、火星人と水星人が対極の運命星です。 木星人の霊合星人の場合は金星人の運勢の影響を受けます。 木星人マイナスの霊合星人は卯年生まれが該当します。 木星人マイナスの霊合星人は、金星人マイナスの性格の要素を合わせ持っています。 持ち合わせる要素の度合いに個人差がありますが、たとえば恋愛について、木星人マイナスの奥手な恋愛要素に金星の肉食系の要素が加わり、自ら行動するでしょう。 また、運の良い金星人の要素で、努力家に運が加わり、仕事運も絶好調でしょう。 【2020年】木星人マイナスの霊合星人の今年の運勢.

次の

大殺界早見表、水星人マイナスの年運、月運(六星占術の運命周期)

火星 人 マイナス 2020 日 運

六星占術における2020年の火星人マイナスの運勢は、少し停滞を感じるようになるでしょう。 2019年までの数年間は運勢が徐々に上がっていき成果の出やすい運勢でした。 しかし2020年の火星人マイナスの運勢は「健弱」と呼ばれる小殺界です。 どうしようもなく運勢が悪いというほどではありませんが、2019年に比べると勢いが落ち、成功や達成を感じにくくなるでしょう。 またそのせいで頑張りすぎてしまい、体に不調が起きやすい年でもあります。 前年と比べて落ち込んだり、結果が出ない責任を自分に持たせないことを意識しましょう。 2020年はこれまでエネルギーに溢れていた火星人マイナスの人にとってはもどかしく感じるかもしれませんが、休憩をする時期だととらえると気が楽になるでしょう。 大人しく過ごすことが大切になります。 今年は素晴らしい一年になりそうですが、 吉凶背中合わせなのは事実なので、油断大敵です! 六星占術における2020年の火星人マイナスの恋愛運は、あまりよくない運勢になるでしょう。 2019年までの恋愛運の上昇がなくなり、上手くいくことが減っていきます。 去年は積極的な行動が実を結びやすく、自分からどんどん行動していたという人も、今年は抑えめにしたほうがよさそうです。 恋愛関係の大きなトラブルに合うというわけではありません。 ただ、積極的に出会いの場に赴いてもいい出会いがなかったり、意中の相手にアピールをしても伝わりにくいでしょう。 ついていない、と感じる年になりそうです。 今年は積極的に行動をすることは避けて、自分の中でどのよう恋愛を求めているのかじっくりと考える時間にしたほうがいいでしょう。 六星占術における2020年の火星人マイナスの仕事運は、結果が思うように出ない困難の年になるでしょう。 仕事の成果を自分自身でも感じられなかったり、他人からの仕事に関する評価もなかなかされず、どうしていいかわからなくなることも増えそうです。 特に、六星占術における火星人マイナスの人は常にエネルギーがあり、仕事に関しても一生懸命な人が多いです。 だからこそ、仕事が思うようにいかず落ち込みやすくなるでしょう。 モチベーションが落ちやすいので、運勢が悪いと割り切ることも大切です。 結果が出るまでがむしゃらに頑張るということは今年は避け、自分なりの仕事のペースをつかみましょう。 真面目にコツコツと仕事を続けていれば、来年からまた運気が回復します。

次の

【2020年】絶対に引越しを避ける大凶方位は「東」「西」「南」。その対処方法

火星 人 マイナス 2020 日 運

2020年(令和2年)火星人マイナス(-)の運勢(総合運)は? 2020年(令和2年)火星人マイナス(-)の運勢は「健弱」。 小殺界の時期にあたり、2019年に比べるとペースダウンしたり、少し低迷を感じる運勢になりそうです。 2019年までの3年間は火星人マイナスの人にとっては幸運期で、様々な出会いや、良い出来事が起こりましたが、健弱の時期は、今までの3年間に溜まってしまった疲れが心身に出やすくなりますので、特に健康面でバランスを崩しやすいので無理は禁物です。 2020年は少し自分に甘いくらいでちょうどよく、小休止をする時期ととらえるといいでしょう。 2019年までのペースで物事をこなそうとすると、どこか今までと違う感覚を得られると思います。 やる気がダウンしたり、気持ちがあっても体そのものがついてこないという感覚になるかもしれません。 無理をすればするほど心身に疲れが溜まってしまいますので、無理をせず、2021年に再び訪れる幸運期のための準備機関として無理なく過ごすことを心がけるといいでしょう。 無理やり何かを始めたり、物事を自ら広げようとするよりも、今あることを原状維持することを大切に行動していきましょう。 恋愛運は、少し陰りが見えてきそうな運勢です。 異性とのコミュニケーションがうまくいかないと感じることもあるかもしれません。 気持ちが伝わりにくく、またお相手もあなたの本心がわからないという気持ちのズレを感じやすくなります。 また恋愛に対して優柔不断な気持ちが生まれ、好きでもない相手を妥協して相手を選んでしまったり、勢いでその場限りの関係を結んでしまう可能性もあります。 いずれもトラブルの原因を引き起こしがちになるので気をつけなければなりません。 フリーの人は出会い自体があまりないかもしれませんので、自分磨きに精を出し、魅力アップにつなげるといいでしょう。 すでにパートナーがいる人は、相手のいいところより欠点にとらわれてしまうこともありそうです。 バランスよく相手を見るようにしましょう。 また急いで結婚を決めない方が無難でしょう。 仕事運は、2019年まではとても順調にキャリアアップをすることができましたが、2020年は全てが現状維持になります。 スキルや業績もこれまでと比べると伸びしろが少なくなり、焦ったりイライラすることも多くなりそうです。 また頑張りすぎてしまうと体調を壊しやすくなりますので、注意が必要です。 今まで順調にいっていた事柄ほど、ストップがかかり、残念な思いをすることもありますが、自分の仕事の仕方を見直し、また新しい資格を取得するなど、自分自身のスキルアップを目指すことに重点を置くと良いでしょう。 金運は、かなり衝動買いをしてしまいそうな運気です。 元々はお金にあまり困ることはないのですが、2020年に限っては、収入と出費のバランスが大きく変動し、お金が手元にないということでかなり焦ったり、不安になることもあるかもしれません。 衝動買いでストレスを発散することを極力控え、なるべくお金が手元に残ることを意識することが大切です。 健康運は、特に低迷した運気になります。 これまではかなり無理がきき、体力的にも持ちこたえることができましたが、途端に無理がきかなくなりそうです。 無理をすると心身ともにバランスを崩しやすく、回復するのにも時間がかかりますので、規則正しい生活や食事、運動などをして日頃の体力と気力作りに力を入れるといいでしょう。 お酒の飲み過ぎには特に注意が必要です。 人間関係運は、トラブルが多く発生しそうな運気です。 あなたの個性が人にはとらえどころがないと映ってしまい、距離をおかれてしまうこともありそうです。 また普段はあまり人のことを機にすることは少ないのですが、この時期は妙に他人のことが気になってしまい、「もしかしたら自分の悪口を言われているのかも」というような被害妄想的な思考に発展しやすい傾向があります。 人は人、自分は自分とそれぞれの領域をわきまえ、踏み込まない、踏み込ませないというバランスが大切です。 2020年(令和2年)火星人マイナス(-)の月運 それでは詳しい月ごとの運勢を見ていきましょう。 2020年(令和2年)1月の月運「達成」 2019年までの運気を引きずっているので、 年の初めは比較的好調なスタートを切ることができ、気分も爽快で過ごしやすい運気でしょう。 しかし、ここで無理をしたり、調子に乗りすぎてしまうと一気にバランスが崩れてしまうこともあるので注意が必要な時です。 また、これまでと同じように続けていたことも「あれ?」と思う瞬間が数多くなりそうです。 運気が次第にペースダウンしていくので、それに自分も合わせていくような工夫などが必要です。 2020年(令和2年)2月の月運「乱気(中殺界)」 次第に運気が低迷し、やることなすことに停滞感を感じられるかもしれません。 自分がつまらないと感じたり、周りが面白くないと感じたり、自分と自分の周りの世界が一気に灰色になってしまうような味気なさを経験することもありそうです。 何をやってもパッとせず、また気乗りしないときは無理をしないようにしましょう。 また他の人からの誘いも激変するので、妙な孤独感を覚えてしまうこともありそうです。 2020年(令和2年)3月の月運「再会」 温かい季節になると、自分の気持ちもようやく晴れ、爽やかな空気感の中を過ごせるでしょう。 時期的なものも関係し、出会いと別れを経験することもあるでしょう。 仲の良い友人が引っ越すことになったり、また同僚なども違う部署に行くなど、さみしさを味わうこともあるでしょう。 別れがあれば、また新しい出会いもあり、ひと月を通して送別会などのイベントも多くなります。 気持ちよく誰かのお祝いをすることや感謝をする気持ちが大切です。 2020年(令和2年)4月の月運「財政」 引き続き、好調な運気です。 新しい年度になり、今までとは少し違う風を感じるでしょう。 職場の雰囲気自体が変化したり、新しい環境や仲間に慣れることで神経を費やすことも多くなりそうです。 あれよあれよという間に毎日がスピード感をもって過ぎていくでしょう。 その分、なかなか自分のやりたいことができなかったり、楽しみにしていたことを後回しにしなければならないこともありそうです。 まずは無理をしないことを大切にしましょう。 2020年(令和2年)5月の月運「安定」 新年度の始まりのざわつきも落ち着き、自分の中で余裕を感じられそうな時期です。 先月までに後回しにしていた何かに取り組み、新しいことを始めたり、思い切り自分の時間を充実させることを心がけるといいでしょう。 同時に、人からのお誘いも多くなり、ハードスケジュールになることも予想されますが、あまり無理をせず、自分のペースでいることを大切にしましょう。 2020年(令和2年)6月の月運「陰影(大殺界)」 一気にペースダウンを感じる時期になります。 思うように物事が運ばず、イライラしたり感情的になりやすく、心のバランスが少し崩れてしまうような運気です。 自分を正当化することで誰かのせいにしてしまうなど責任転嫁しやすいこともあり、そこから人間関係のトラブルに発展する可能性もあるので、人付き合いに注意しましょう。 当たらず障らずの距離感を誰の間でも心がけること。 2020年(令和2年)7月の月運「停止(大殺界)」 さらに運気が低迷し、全く物事が思うようにいかないような時期です。 焦ってことを動かそうとしてもマイナスに終わってしまうでしょう。 特に人間関係ではストレスを負いやすく、誰かのちょっとした言葉で傷つきやすくなってしまい、過敏に気持ちが反応しやすいので、人付き合いの中で負のパワーが強い人や闇の部分を持っている相手には気をつけなければなりません。 2020年(令和2年)8月の月運「減退(大殺界)」 夏の暑さが体力も気力も奪ってしまうような運気です。 この時期をうまく乗り越えないと後々にまで影響を及ぼしてしまうこともありそうです。 早い時期の夏バテや夏風邪はズルズルとひきづってしまうので、暑さに負けない体力づくりをしたり、健康そのものを維持することを心がけるといいでしょう。 特にお酒の飲み過ぎは体力を減退させるので、調子に乗り過ぎないことが大切です。 2020年(令和2年)9月の月運「種子」 暑さもピークを過ぎると次第に気力も体力も回復し、自分のペースを取り戻すことができるでしょう。 よくわからない出来事が多く発生しやすく、すぐに意思決定をせず、一旦保留にし、あえて物事を停止させ、様子を見ることを心がけると良いでしょう。 まずは何事もマイペースで取り組み、一旦立ち止まって様子を見ることの繰り返しをして行くと運気の回復も早いでしょう。 2020年(令和2年)10月の月運「緑生」 次第に調子が出てきて、自分なりのやり方や合理的な方法を見出すことができるでしょう。 良い意味で人との距離感が上手に保てるので、精神的にも安定し、心地よい人間関係を築くことができるでしょう。 恋愛面ではちょっとした嬉しい出来事もあり、これからの進展に期待が持てそうです。 悲観的になるより、「なんとかなるさ」という楽観的思考が運気を向上させます。 2020年(令和2年)11月の月運「立花」 ようやくあなたらしさを発揮することができる時期です。 これまではバランスを顧みながら慎重に行動してきましたが、それが功をそうするときがやってきそうです。 無理せずにマイペースで何事も行い、現状維持しながらゆっくりと新しい方法を試して行くことをオススメします。 まずは安定して、心身を整えていくことが大切です。 ヨガや瞑想などの自分でできる集中法を見つけるのも吉。 2020年(令和2年)12月の月運「健弱(小殺界)」 グッと冷え込むと体調がダウンし、風邪などを引きやすくなるでしょう。 しっかりと自分の体調を整え、無理をしないことが何よりも大切です。 一旦体調を壊してしまうと回復までに長い時間がかかるので、まずは予防することを心がけましょう。 次第に運気が整えられ、2021年度への希望が湧いてきます。 その希望を温めながら前向きに進んでいけるときです。 micaneの占いは楽しんで頂けましたか? 「micaneの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。 」 「もっと無料の占いを試して見たい…。 」 「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。

次の