月下の君 無料。 月下の君2巻を無料でまるごと試し読み!安全にダウンロードする方法

麗姫と始皇帝~月下の誓い~

月下の君 無料

月下の君のあらすじ紹介 主人公・光の君 ひかるのきみ は 人を好きになることは 辛いことだと思っており 恋を怖がっていた。 そんな中 藤壺 ふじつぼ という 女御 にょうご と出会い 優しそうな目をした彼女に 一目惚れしてしまう。 元々藤壺は 帝 光の君の父 の 妻となるためやってきたが 年が近い光の君の 母代わりになってほしい と帝に言われ それはできません と断るのだった。 すると光の君は 侍女の一人にお願いし 着物に隠れることで 御簾の中へと忍び込む。 結局自分から出て見つかるが この出来事をきっかけに 藤壺と光の君は 姉妹のように仲良くなる。 それからしばらくして 光の君の元服の日取りが 決められ…。 月下の君のネタバレと今後の展開は? 元服を迎えれば 藤壺と会えなくなるーー。 元服の日取りが決められた夜 光の君は告白するため 彼女のもとを訪れます。 そこで 想いを告げるとともに 口づけしますが 藤壺から 光の君と親しくしていたのは 帝の御子 みこ だからよと 冷たくあしらわれ… そして元服当日。 美しい髪を切り めでたく大人となった 光の君でしたが 藤壺への儚い想いは 諦めきれずにいて…。 一方藤壺もまた もう会えない光の君を想い 涙するのでした。 元服した光の君は 光源氏 ひかるげんじ と 名を改めるものの 藤壺を想い女を抱いては 自分を満たしていました。 それは 女に触れそうになると 手が震えるというもので…。 桜が満開の春 葉月は17歳の誕生日を迎え いつものように 授業をサボっていました。 校内を歩きながら 花見でもするかな とつぶやくと どこからか そうだね… と声がしました。 サイト内で【 月下の君】を検索! 月下の君の読んでみた感想・評価 「月下の君」は 源氏物語をよく知らない 自分でも楽しめました! 平安と現代を舞台にした 二つのラブ・ストーリーは 儚くて惹きこまれます。 作者・嶋木あこさんの描く 絵も綺麗でよかった…! キャラクターの 髪の毛一本一本にも 動きがあり切なさを感じます。 現代のラブ・ストーリーも 面白いですが 平安のラブ・ストーリーも ロマンチックでいいですね~。 想いをこめて 紅葉を空へ放つと 運命の人の元へ導いてくれる …ってやばくないですか? 雅な平安の貴族らしくて 私もやってみたい と思いました! 光の君と藤壺の女御は どうにかならないのかと やきもきしましたよ。 だって明らか 両思いのはずなのに 立場上くっつくことが できないとは…切なすぎます。 もし帝 光の君の父 が 二人の事情を知ったら どうなるのでしょう? あくまで 藤壺は帝の妻であるので 知られたら修羅場ですよね…。 それでも二人の幸せを 願わずにはいられません! 月下の君はこんな方におすすめな作品!必見 異色のラブ・ストーリーを描く 作品と出会いたい…。 作者は『ぴんとこな』で 知られる嶋木あこさん。 一度でも 名前を聞いたことがある方は 多いのではないでしょうか? ピンとこなくても 絵を見ていただければ きっと分かると思います。 ストーリーの見どころは 平安の光源氏・光の君と 現代の光源氏・葉月です。 そんな二人が 奇跡の出会いを果たすのは 葉月が17歳となった春…。 花見でもするかなと つぶやいたその時 桜を眺めながらそうだね…と やり取りするシーンは 幻想的で見どころです。

次の

【月下のふたり~もういない君は、この恋を許さないだろう~が1冊無料】まんが王国|無料で漫画(コミック)を試し読み[巻](作者:今村リリィ)

月下の君 無料

源氏物語をテーマにした漫画はたくさんありますが、 その中でも真っ先に思い浮かぶのが、 嶋木あこ先生の 『月下の君』です。 この作品は 「源氏物語」をそのまま漫画にしたのではなく、 光源氏の生まれ変わりという設定の主人公が、運命の恋を手に入れるまでを描いた学園ラブファンタジーになっています。 数ある源氏物語を題材にした漫画の中でも、まさに異色! 嶋木あこ先生の美麗なイラストで描かれた、かなりオリジナリティ溢れる少女漫画に仕上がっているんです。 今回は、 『月下の君』の最終回までのネタバレと、 主人公たちの心理描写を徹底的に考察してみました。 各エピソードの考察は筆者の主観になります 目次• 『月下の君』の1〜7巻のあらすじ 時は平安時代。 幼い光の君は、父の後妻である藤壺の女御に恋をしてしまう。 しかし、藤壺の女御は"父親の再婚相手"。 拒絶された光の君は、藤壺への叶わない想いを埋めるかのように、 数々の女性たちと浮名を流す。 光源氏は17歳の時、美しい少女に出会い、紫の君と名付け、藤壺の身代わりとして彼女を愛する。 紫の君を愛おしみながらも、藤壷の女御に叶わぬ想いを抱き続け、女性との愛を求め続ける光源氏。 紫の君を傷つけていると知りながらも、毎夜、戯れに女性たちのもとへ通うその呪縛が、 千年後の現代で前世の因縁となって現れる。 時は変わって現代。 そんなある日、 転校生の女の子・舟(シュウ)に恋をする。 しかし、その日から葉月は体に異変が起きるようになり、度々千年前の光源氏の意識が葉月の体を乗っ取るようになった。 近づきたいのに触れられず、女遊びを誤解され、舟の心を傷つけてしまう葉月。 一方で千年前の光源氏も、紫の君と交わりながらも、彼女を深く傷つけていた。 他の女の元へいこうとする光源氏を「行かないで」と引き止める紫の君。 紫の君への愛を自覚した光源氏だが、 まるで『決められた物語』に操られているかのように、その行動を変えることができない。 平安時代で月が陰った時、千年後の世界で、葉月と舟は想いを通わせ結ばれる。 しかし、それを許さないというかのように、葉月は後輩の女の子に監禁され、舟を守るために自分が世界一嫌いな男・光源氏なったふりをする。 葉月の行動に傷ついた舟だったが、不器用なやり方で自分を助けてくれたことを知り、葉月に自分の好意をぶつけ、2人は仲直りする。 千年前の世界では、光源氏が「千年後、共に生まれ変わろう」と紫の君に約束をしていた。 そんな夢を見た葉月は、自分の中に知らない短歌の記憶があったり、鏡に映る自分が光源氏の姿をしている幻覚をみる。 ある事故をきっかけに、ついに自分は 『光源氏の生まれ変わり』だと自覚した葉月は、 紫の君との千年越しの約束を果たすため、"紫の君捜し"を始めるのだった。 舟を忘れて紫の君捜しを続ける葉月だったが、胸には現世の恋人だった舟への想いが溢れて止まらない。 「舟が紫の君だったら」と思いながら、諦めきれないでいた。 舟を狙う同級生と決闘することになった葉月。 千年前の約束か現世の恋か、板挟みになった葉月は、自分の舟への想いを自覚し、舟を選ぶ。 現世の想いが前世に勝った時、今まで見えていなかった 舟が紫の君の生まれ変わりであることに気づくのだった。 葉月は、かつて光源氏としての自分が心から愛しんだ少女・紫の君が、現世の恋人・舟として甦っていることに気づき、嬉しい気持ちを隠せない。 前世の記憶を取り戻していない舟は、葉月が紫の君の話ばかりして、現実の自分を見てくれないことに、寂しさが募っていく。 そんな折、栄養失調で倒れた舟に、葉月は気付いてやれなかったことを悔やみ、一緒に暮らすことに。 一方、千年前では、光源氏が紫の君を都に残して須磨に落ち、紫の君に会えない孤独と寂寞の想いを募らせていた。 葉月の継母への意見の違いからぶつかり合う葉月と舟だったが、そんな中で、葉月は 再び体が頻繁に乗っ取られていることを感じ始める。 最初は気づかなかった舟も葉月の友人も、次第に葉月の様子がおかしいことに気づくが、それが別人がなりすましているとは思わない。 光源氏の意識は度々葉月の体を乗っ取り、光源氏は須磨に流された寂しさから、 現世の葉月になりすまそうとする。 しかし現世の知識のない光源氏は、舟を狙う同級生を気づかぬうちに唆し、舟を深く傷つけてしまう。 葉月に他に好きな人ができたと思い込んだ舟は、葉月の家をでていくことに。 舟を取り戻したい葉月(中身:光源氏)は、自分は葉月ではないことを告げるが信じえてもらえない。 葉月の異変に、次第に葉月ではないことに気付いた舟。 なぜ紫の君である舟が、自分を選んでくれないのかと憤る葉月(中身:光源氏)。 舟は葉月(中身:光源氏)に対して、「残された紫の君だって辛かったはず」と、思わぬ言葉が口をつく。 深い意識の中で、対峙する葉月と光源氏。 現世で光源氏と紫の君である舟が添い遂げることで、前世の因縁が解き放たれると言われた葉月は、その体を 舟をために器として譲ってしまう。 しかし、それならば舟もまた、自分の体を紫の君に明け渡すと光源氏に告げる。 舟が"光源氏"ではなく、"葉月"を求めていると知った光源氏は、葉月に体を返した。 このまま自分といれば、 舟は前世の運命に囚われたまま傷つくことになると知った葉月は、舟に元に戻ったことを告げることを躊躇する。 だが、2人ならば乗り越えられるはずと決意するのだった。 ここから最終回へ! 最後は物語の最終局面を、主観も交えてご紹介します。 『月下の君』の結末は? 物語の最終局面は、千年前、光源氏が須磨で浮気をした時にできた子どもを、紫の君に育ててもらうという 非情なエピソードが絡んできます。 その前世から逃れられないとすれば、葉月が舟を裏切り、結婚してしまうということ。 千年前の記憶で 「もう縛られるのは耐えられない」と泣きながら光源氏に訴える紫の君。 そんな前世の因果から逃れられないと覚悟した葉月は、 せめて現世の恋人・舟だけでも前世の呪縛から逃れさせようと別れを告げます。 光源氏の魂は、舟を愛することで紫の君に出会い、千年前の約束を果たせると考えていましたが、葉月は舟を守るためにこそ、二度と合わないと決意するのです。 しかし、葉月を引き止めようと無茶をする舟に、2人の体は引き寄せられるように駅のホームで再会しました。 「忘れたくない、離れたくない」と思う葉月に、舟は「私たちは離れられないわ」と告げ、2人は前世を乗り越えるのです。 〜最終回〜 生まれ変わりである2人が成仏し、周囲の記憶から葉月と舟が消えてしまう。 そんな2人を見守ってきた 葉月の友人の夢から始まります。 現実では、親子の縁を切ってでも舟と一緒にいることを選んだ葉月。 紫の君の魂は、葉月と舟に自分たちの分身として、 自分たちとは違う物語を作ってほしいと告げます。 "光源氏の生まれ変わり"という記憶に縛られず、葉月は葉月として、舟は舟として、ハッピーエンドの物語を紡ごうとする葉月。 結局紫の君のことを覚えていない舟に、これまでの出来事は夢だったのではないか感じます。 「大昔にある約束したけれど何でしょう」と言う葉月に、前世を覚えていないはずの舟は 「千年後、一緒に生まれ変わろう」と新たに約束をするのでした。 『月下の君』各エピソードの考察 解説1 千年前の物語が変化した兆し 3巻で葉月と舟は、身も心も一度結ばれます。 これは 千年前の物語が、少しずつ変わり始めた兆しでもあったんです。 千年前、光源氏は紫の君を置いて、他の女の元へ行こうとしていました。 紫の君を愛おしく思う自分を自覚しているのに、 まるで物語の上を歩かされているかのように筋書きを変えられない。 そんな道筋が、月光が陰り、光源氏の姿が隠されたことで変わっていくんです。 (当時は電灯もなく、真っ暗闇だったので、夜這いしてきた人の顔が見えなければ誰かわからない(笑)) 『女の元へ通うのをやめ、紫の君だけを愛する』というのは、 『 源氏物語』ではありえないこと。 千年後の葉月たちが、まるで千年前の光源氏たちに影響を及ぼしているかのような描写がなされています。 解説2 なぜ葉月は舟=紫の君の生まれ変わりと気づけなかったのか? 初対面の時から、 舟=紫の君という構図を読者は予想できていたのですが、葉月はずっと気づけませんでした。 葉月が光源氏の生まれ変わりと自覚したのは、舟を好きになったあとです。 "紫の君捜し"の時もなぜか勘で『舟は紫の君じゃない』と決めつける始末。 これは4巻の最後で、紫の君と舟、どちらをとるかの選択を迫られた際に、 葉月が自身の心で、 現世の舟を選んだ=紫の君を自力で見つけだしたという結果になったからこそ解決できたのだと思います。 千年前に光源氏によってたくさん傷つけられてきた紫の君ですから、 そう簡単に、生まれ変わった!結ばれよう!とはならないわけですね。 ここからようやく葉月=光源氏、舟=紫の君の生まれ変わりとして物語が進んでいくわけです。 解説3 なぜここにきて、光源氏の意識が葉月を乗っ取ったのか 月が陰った時のエピソードから、 千年前と現世がリンクしていると考えれば、千年前の世界で須磨に流された光源氏の状態が、現世の葉月に影響したと考えられます。 『現世の葉月の体にいれば、紫の君に似ている舟とずっと一緒にいられる』 そう考えた光源氏は、その 孤独な思いの強さから葉月の体を乗っ取ることに成功したのではないでしょうか。 最終回の考察 舟は紫の君の生まれ変わりとされていますが、葉月のように前世の記憶が出てきたり、乗っ取られたりすることは終始ありませんでした。 この物語の主題は「源氏物語」の中でも、 光源氏が紫の上を裏切り続ける物語。 千年後に生まれ変わった2人は、そう簡単には幸せになれません。 けれどこの最終回で、最後の最後に 紫の君の想いがでてくるのです。 定められた物語の中で、お互いの想いを告げることができずに悲劇に終わった光源氏と紫の君。 それが物語のせいなのか、物語がなければそもそも出会うことさえできなかったのか、 前世の物語はもう変えることができないのです。 だからこそ自由な世界で生まれ変わった葉月と舟には、「源氏物語」に縛られず違う物語を作ってほしかったー ここでようやく 「 葉月と光源氏、舟と紫の君がたとえ生まれ変わりでも違う人間」となりました。 想いは受け継ぐけれど、物語は引き継がない、前世の因縁を断ち切れるという終わり方になったのだという意味だと考えています。 あとがき・総評 この作品、主人公・葉月と光源氏の幻が代わる代わるでてきて、さらに平安時代と現在の描写が絡み合って... とにかく複雑なんです! 1回さらっと読んだだけではわからなかった心理描写がたくさんありました。 それでも、色気ある光源氏と美しい絵柄に後押しされて、 『源氏物語』の中でも"光源氏と紫の君の関係"にだけに焦点を当てているのがとても面白かったです。 色気たっぷりのお色気や継母のエピソードで、ストーリーが少し散らかってしまったのが残念な点でした。 数ある『源氏物語』を題材にした漫画の中でも、 美しく色っぽさの溢れるイラストと表現はダントツで素晴らしい作品です。 毎回ドキドキしながら読んでいたので、 やっぱり嶋木先生の描く歴史ものは素晴らしいなぁと感じました。 同じような(? )作品で、こちらは 僧侶の輪廻転生ものです。

次の

月下の君の7巻をZIPやrarより無料で安全にダウンロードするならこれ!

月下の君 無料

リーダー・野崎梅太郎の元に集った御子柴実琴、鹿島遊、堀政行、若松博隆、そして野崎真由。 歌って踊れて、マンガが描ける6人のアイドルユニット『浪漫ゼクスPROJECT』の結成記念となる公式パンフレットの発売が決定! プロフィール付きグラビアや素顔に迫るロングインタビュー、さらに椿いづみ先生の描き下ろし漫画も収録!! アクリルスタンド アイドルVer. トレーディングアクリルキーホルダー アイドルVer. トレーディング缶バッジ アイドルVer. 全14種 MY推しメンをGETできるか…!? クリアファイル アイドルVer. BIGうちわ カモン、オーディエンス! A1タペストリー 御子柴実琴 誰のモノにもならないはずの永遠の愛の探求者 ラブハンター 、今だけ、アナタのモノに…!? 実際の商品とは異なる場合がございます。 メインキャラクター• 野崎梅太郎 のざき うめたろう 男子高校生でありながら人気少女マンガ家。 乙女心を繊細に描写するマンガ家として有名だが、本人自身は鈍感でデリカシーに欠ける。 佐倉の気持ちには気づいていない。 無表情。 佐倉千代 さくら ちよ 野崎に片思いをする女子高生。 告白したはずが勘違いされ、何故か野崎のマンガアシスタントになる。 少女マンガ好き。 美術部に所属しており、その技術は野崎にも評価されている。 御子柴実琴 みこしば みこと 野崎のアシスタント。 花や小物・効果などの作画を担当。 言動や見た目はチャラついているが、本来の性格は健気でデリケート。 瀬尾結月 せお ゆづき 佐倉のクラスメイト。 空気を読まない言動で、周囲の人間の反感を買ってしまうことが多い。 本人は無自覚で、むしろ自身の性格を気遣い屋だと思っている。 声楽部に所属しており、その歌声は「声楽部のローレライ」と称されるほど美しい。 鹿島遊 かしま ゆう 演劇部に所属する女子。 キザな台詞を日常生活で使用する。 そのため女生徒に非常に人気が高く、女子でありながら「学園の王子様」の異名を持つ。 御子柴とは出会った当初ライバル関係にあったが、あらゆる面で鹿島が勝り今では友達関係を築いている。 堀政行 ほり まさゆき 演劇部部長。 演技力は高いのだが、身長が低いため主役を張れず、現在は大道具を担当している。 サボり魔でトラブルメーカーの鹿島を指導する際は、暴力も辞さない。 野崎のアシスタントもしており、背景を担当している。 若松博隆 わかまつ ひろたか バスケ部所属の1年生。 中学校時代もバスケ部に所属しており、同じ部活の先輩野崎に憧れていた。 バスケの練習試合の際、瀬尾のラフプレーのせいで不眠症が悪化したが、正体を知らずに聴いた瀬尾の歌声のおかげで熟睡できるようになった。 繊細な心の持ち主。 身長対比図 サブキャラクター• 宮前剣 みやまえ けん 野崎の担当編集者。 無愛想でそっけない態度を野崎に対してとるが、野崎本人はクールでカッコイイ大人として好意的に受けとっている。 やりとりは基本メール。 返事が早い。 前野蜜也 まえの みつや 野崎の前担当編集者。 チャラい。 自分のアイデアを作家に押しつける。 タヌキが好きで、担当作品にむりやり登場させたりする。 都ゆかり みやこ ゆかり ファンタジーも現代も意欲的に描くマンガ家。 別冊少女ロマンス等で活躍。 担当編集の前野の趣味のせいで、作中にもれなくタヌキが登場する。 野崎の部屋のあるマンションの、上の階に住んでいる大学生。 天然さん。 野崎真由 のざき まゆ 野崎の弟。 無口かつ非常に面倒くさがりで、メールの文章は単語だけ、会話の返答も筆談で返すほど。 但し筆談も面倒くさくなるとしゃべる。 一人暮らしの兄とは別に、両親と共に実家で暮らしている。 中学生。 瀬尾遼介 せお りょうすけ 結月の兄。 20歳の大学生で、都ゆかりのクラスメイト。 カフェでアルバイトをしている。 都ゆかりに思いを寄せているが、漫画家であることは知らない。 家に遊びにやってくる佐倉や鹿島とは顔馴染み。 野崎夢子 のざき ゆめこ 野崎家の末っ子。 少女マンガ好きの中学生。 夢野咲子の大ファン 神様と称するほど だが、その正体が兄の梅太郎であることは信じない。 夢見がちな少女マンガ的思考をよくする。 絵が下手。 佐倉十和 さくら とわ 千代の弟。 中学2年生。 千代が野崎の話ばかりしてくることに少々食傷気味。 野崎のことをモデルと勘違いしており、サインをもらったことがある。 野崎に対する印象は「言動は怪しいけど良い人」。 テニス部。 鹿島麗 かしま れい 鹿島の妹。 小学校から女子校に通っているせいか異性交遊に免疫がなく、男女を見ると勝手に妄想を膨らませてしまう。 夢野咲子のファンで、その正体が野崎であることも本人から教えてもらった。 鈴木 イケメンのヒーロー。 自転車通学。 マミコ 内気なヒロイン。 モデルは御子柴。 人物相関図 月刊少女野崎くん 11巻 少女漫画家男子周りに、告白の季節がやってきた。 ローレライに恋する「若松博隆」に、「瀬尾結月」が遂に正体を告白!! 兄の「瀬尾遼介」は「都ゆかり」とデートして告白!? 更には「佐倉千代」も「野崎梅太郎」以外のイケメンから告白されちゃう…!! 乙女ゲーム 謎のお嬢様も登場し、ますますラブ&ギャグが過熱する、少女漫画家男子コメディー第11巻!! 2019年8月22日発売 B6判 本体545円+ 税• 月刊少女野崎くん 11巻 特装版 「着せ替えクリアシートスタンド」付き特装版! 堀・鹿島・御子柴の組み立て式クリアシートスタンドが付いた特装版!! 付属の特製シールを貼って、お気に入りのコスチュームに着替えさせよう!! 2019年8月22日発売 B6判 本体1,296円+ 税 関連書籍 月刊少女野崎くん 公式ファンブック 少女漫画家男子は、公式ファンブックになりました。 椿いづみ完全協力&描き下ろし大量掲載! 野崎くんファンのファンによるファンのための一冊! 大ボリュームのカラーイラストギャラリー• メインキャラクターの新プロフィールや初期設定、ボツ案公開• 読者参加型企画「キャラクターに質問! Q&A」• 読者参加型企画「キャラクター人気投票」結果発表• 「月刊少女野崎くん」楽屋裏描き下ろしマンガ• 幻のボツネタ描き下ろしマンガ• 前野蜜也のアオリ教室 コンプリート版• 野崎くんと愉快な仲間たちによる漫画の描き方講座• 「少ロマ」花形編集コンビが贈る編集入門ガイド などなど! 椿いづみ完全協力によって実現した、盛り沢山なコンテンツを収録。 2014年8月22日発売 B6判 本体857円+ 税• 月刊少女野崎くん アンソロジー 少女漫画家男子は、二次創作されました。 「月刊少女野崎くん」初のアンソロジーコミック!! 総勢20名もの豪華執筆陣が描く、まったく新しい「月刊少女野崎くん」。 椿いづみ自らによる描き下ろしマンガも収録!! イラスト• ヨシノサツキ/• 山内泰延/• 樋口橘/• 高尾滋 マンガ• 椿いづみ/• 秋野キサラ/• 朝倉亮介/• いちかわ暖/• 川上真樹/• 菊地七菜/• くろは/• 紺吉/• namo/• 浪咲ゆか/• ねこクラゲ/• 野原ゆた/• ふじ/• ミキマキ/• みじんこうか/• 陽東太郎 2014年8月22日発売 B6判 本体494円+ 税• 関連商品.

次の