春巻龍。 春巻龍を怪演! 大東駿介が『浦安鉄筋家族』で見せた驚異の“原作再現”に衝撃

【浦安鉄筋家族】春巻龍役の大東駿介の演技が面白・再現度高過ぎと話題に!|yuyu自適

春巻龍

芸名:大東駿介(だいとうしゅんすけ) 旧芸名:大東俊介 生年月日:1986年3月13日(34歳) 出身:大阪府堺市 身長:182cm 血液型:A型 ジャンル:俳優・タレント・ファッションモデル 事務所:A. Atlantis 大東駿介さんは芸能界には昔から興味があり、高校3年生の進路相談の時に役者を志して大阪府から上京し、役者の一歩を歩んでいきます。 大東駿介さんの壮絶な生い立ちはかなり有名で父親は8歳の時に生き別れし、母親はネグレクトにより中学2年時からは伯母に育てられています。 また高校生の時は兄と2人で住んでおり、極貧生活を送っていたそうです。 そんな大東駿介さんですが、2005年の19歳の時に山下智久さん・亀梨和也さん出演のドラマ「 野ブタ。 をプロデュース」 谷口健太役を演じ俳優デビューし注目を浴びます。 かなりこのニュースはびっくりしました! 2015年12月に極秘結婚しており、今現在は3人のお子さんもいるとのことで、過去に女優の水川あさみさんとの交際が報じられており、その時は「 不倫」になりますね・・・。 大東駿介さんと水川あさみさんの熱愛情報は 「結婚間近か?」とかなり注目されたので、奥さんはたまったもんじゃなかったのではないでしょうか。 こういった部分をみると、俳優として順調に仕事をしている大東駿介さんのイメージそのものが悪くなってしまう気がします。 一般の方のコメントも多数寄せられており、「最悪」や「不倫はだめ」など評判・評価が非常に悪くなっています。 大東駿介さんは2020年4月より別居していた嫁さんとお子さん3人(全員男の子)と5人で住んでいます。 嫁さんは 一般の方で飲食業に従事していており現在は辞めて専業主婦であることが分かりました。 また、どんな方なのか顔の画像も気になり調べてみましたが、 現在は情報が出ておりません。

次の

浦安鉄筋家族第4話のあらすじと感想!大東俊介の春巻先生がヤバイ!?

春巻龍

本記事では、大東駿介さんについてご紹介します。 2020年4月10日より「浦安鉄筋家族」のテレビ放映がスタートとなり、早くも「面白い!」と話題を呼んでいます。 僕も漫画を読んでいたので、大筋のストーリーとキャラクター解説については、ドラマを観なくても熟知しています(笑) そ んな浦安鉄筋家族の主要なキャラクターとして「春巻龍」という小学校の先生がいます。 名優「ブルース・ リー」がモデルで、ブルース・リーが映画「死亡遊戯」に出演していた際に着ていた「黄色いジャージ?」がトレードマークになっています。 また、話し言葉の語尾に「ちょー」がつきます(笑) キャラクター設定として、幼い頃にいじめを受けており、人に威張れる職業が「先生」だったということで、小学校の先生になったダメダメ教師です(笑) 春巻は、個人的にとても好きなキャラクターでもあります。 そんな春巻を演じている大東駿介さんとはどんな人か気になったので、色々と調査しました。 「大東駿介さんって誰?」と僕と同じように気になった方はぜひご覧ください。 大東駿介さんとは? まず、大東駿介さんのプロフィールから解説します。 【名前】 大東駿介(だいとうしゅんすけ) 【生年月日】 1986年3月13日 【年齢】 34歳 【身長】 182cm 【血液型】 A型 【出身地】 大阪府堺市 大東駿介さんは2005年に放映された 「野ブタ。 をプロデュース」でデビューされており、その爽やかなイケメン姿が話題となり、一躍有名になりました。 映画やテレビドラマ・そして大河ドラマにも出演しており、役者としての経験値を高めて、現在の春巻の名演に至っています。 僕は漫画から実写化するドラマがあまり好きじゃないのですが、今回の春巻についてはキャラクター性をうまくつかんでるなとビックリしました(笑) また、過去に原付バイクを運転中に自動車と衝突する事故を起こしており、太もも(大腿骨)を骨折した経験があるようです。 治療のため、そのときに出演されていた「タンブリング」というドラマの撮影に参加することができなかったそうですね…。 浦安鉄筋家族の春巻先生役が似てると話題 こちらは、世間の声から見てみましょう。 『浦安鉄筋家族』4話、大東駿介演じる春巻龍が200点満点でした。 まさか「チョリソー」とか「ホアキン」みたいな浦安独特の叫び声をあそこまで違和感なく放り込めるとは思わなかった。 — namarako namarako 春巻先生、誰かと思ったら、「いだてん」の鶴田義行 大東駿介 じゃないか。 たまげたなぁ… — Taka otmovie20503 「今回はとにかく春巻龍を演じる大東駿介さんがすごい。 実写なのに劇画調の顔、語尾など、とにかく再現度が高い。 そして何より鼻を堂々とほじる姿や、素手で白米を食べるなど、今までの大東さんでは考えられない演技に驚いた。 」 すごい表情の春巻先生がいっぱい!笑 — かよりん kayorinrin 世間からの評価は大好評のようですね。 僕も原作漫画を知っているので春巻先生がどんな人物なのか分かっているだけに、この「怪演」とも呼べる大東駿介さんの演技力は凄いなと驚きました。 春巻先生は基本ダメダメなキャラクター(原作では極まれにかっこいいシーンがあります)なので、鼻ほじとか普通ですからね(笑) この見事な原作の再現度の高さは圧巻です。 春巻先生は本来の自分を捨てきらないと演じられないキャラクターかと思います(笑) 大東駿介の生い立ちが壮絶 中学生の時にはすでに両親がいなかったため、その頃から1人だけで暮らしていた大東。 部屋のライフラインは止まってしまい、飼っていたウサギのフンが散らかったままの部屋で寝ていたという。 引用元: 中学生で一人暮らしって…。 壮絶すぎますよね。 その頃の自分を回想されており「野良犬のようだった」「助けてくれる人にも牙をむいた」とコメントしています。 そして、8歳のときに生き別れになったお父様の住んでいる場所が分かった状況でも「会うもんか」と頑なに会うことを拒否。 30歳手前の頃に「やっぱり会おう」と決心したのですが、その頃にはお父様が他界されていたようです…。 僕も父はいないので「親が健在のうちにどれだけ接することが大切なのか」を考えさせられる内容でした。 「野ブタ。 をプロデュース」の画像まとめ デビュー作である「野ブタ。 をプロデュース」の出演画像についてまとめました。 当時19歳だった大東駿介さんの画像ですが、現在もそうですが相当なイケメンですよね。 ですが「野ブタ。 をプロデュース」に出演して以降、目立った活動がなかったので、大東駿介さんの現在の活動は何をしているのかと心配されていた声もありました。 まとめ 今回は大東駿介さんについてご紹介しました。 5月現在でドラマ「浦安鉄筋家族」は第四話まで放映されており、大東駿介さん演じる春巻先生が随所に登場しています。 非常にインパクトのあるキャラクターですので、爆笑必至かと思います(笑) 幅広い役柄と演技力を武器に、これからも様々な作品に出演してほしいですね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

春巻龍 (はるまきりゅう)とは【ピクシブ百科事典】

春巻龍

2019年からNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(以下『いだてん』)、NHKよるドラ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』(以下『ゾンみつ』)、『伝説のお母さん』と、連続ドラマに立て続けに出演、それらすべての作品で異なる強い印象を与えてきた大東駿介。 そんな彼が、浜岡賢次のギャグ漫画をドラマ化した『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系)で、原作の最人気キャラの「春巻龍」を見事に演じている。 同作の原作は、千葉県浦安市の小学生・大沢木小鉄を主人公とした下ネタ満載ドタバタコメディだが、ドラマ版では主人公を佐藤二朗演じる小鉄の父・大鉄に変更。 それにともない、舞台も学校などを中心とした小鉄まわりではなく、「大沢木家」中心に変わり、毎度「ちょっとイイ話」に着地する、にぎやかホームコメディに変わっている。 ドラマ版は、原作ファンにとって少々印象が異なるテイストとなっているが、そんな中、とびぬけた再現度の高さで注目されているのが、小鉄の担任・春巻龍を演じる大東駿介だ。 実写キャラのビジュアルが公開された時点で、見事な再現ぶりはネット上で話題になっていた。 ただし、それはあくまで「写真」で「見た目」の話。 春巻は、ブルース・リー風の見た目なのに、体力は全くなく、運動もできず、お腹も弱く、アホで、貧乏で、遭難癖があって、かつていじめられっ子だったことから「威張れる仕事」と言う理由で教師を選んだのに、小学生たちにもやっぱりバカにされる、最弱かつ最も愛されているキャラだ。 ここが非常に大事なポイントで、春巻は単なるおバカやクズではなく、笑えて、ニクタラしくて、でもちょっと不憫で、教え子の小学生たちも読者・視聴者も放っておけない「愛すべきおバカ」なのである。 そこを魅力的に演じられるかどうかは、ビジュアルの再現度以上のキモだった。 その点、大東駿介は完璧だ。 劇画調の力みなぎる顔で繰り出される数々のおバカな表情と動き。 さらに「俺は100メートルを3秒で走るちょー!」などと虚勢をはる姿は、まるで弱く小さな子が泣き出す寸前の謎のブチキレ方のように見え、なんだか放っておけない。 汚い箸の持ち方で、周りにボロボロこぼしつつ、目をひんむいて泣きながら必死でご飯に食らいつく姿などは、野生動物のような趣があって(でも最弱ですぐ死にそう)、やっぱり放っておけない。 くだらない理由から近所で遭難してしまう原作ではお約束のパターンも、「この春巻ならありそう」と妙に納得できる。 単に「春巻に似ている」のではなく、春巻というありえないほどアホなフィクション上のキャラを、現実世界に地続きで存在させてしまう説得力があるのだ。

次の