オリックス銀行カードローン おまとめ。 オリックス銀行カードローンでおまとめすべきでない2つの理由

オリックス銀行カードローンの審査の流れと審査に関する口コミ

オリックス銀行カードローン おまとめ

ローンを見なおすとき、誰もが 「どこから借入れするのが一番得か?」 を考えますが、その際、 まずは銀行系をチェックすれば間違いありません。 銀行系のローンは(無担保のカードローンであっても)消費者金融など他の金融会社よりも明らかに低金利だからです。 しかも銀行ローンは高額融資が期待できるほか、保証会社(保証人のかわり)として大手の消費者金融が審査まで行うところが増えたため、審査基準自体も驚くほど敷居が下がっています。 これを見逃す手はありません。 このページでは、 人気の高い銀行カードローン各社を、 100万円から300万円まで、それぞれの借入れ金額別に金利を比較していきます。 と同時に、おまとめ専用ローンとして有名な東京スター銀行や、消費者金融大手のおまとめ専用ローンとの比較もしてまいります。 ・ 審査パスの確率 は消費者金融並み ・ 金利 は消費者金融より低め ・高額融資が期待できる といったメリットがあります。 「おまとめローン」と言うと、多くの方は東京スター銀行などの 「おまとめ専用ローン」をまっ先に考えますが、「おまとめ専用」は利用者が多重債務者に限られているため、審査が厳しめに設定されているというデメリットがあります(確実に「おまとめ」を成功できるので、正社員や公務員の《審査に強い人》にはおすすめしたいところですが)。 一方、実は通常の銀行カードローンなら 金利も低く、審査は「おまとめ専用」よりラクなんです。 …というわけで、金利が低く人気の銀行カードローンを、ランキング順に紹介していきましょう。 楽天銀行スーパーローン 楽天銀行のカードローン「スーパーローン」の審査・保証は、グループ企業の楽天カード(株)と、信販会社(株)セディナが請け負っています。 つまり、どちらかの審査にパスすれば〇。 したがって知名度抜群の銀行でありながら、 融資ハードルも高くなく、金利も低め。 まさにバランスの良いローンといえます。 「おまとめ専用ローン」とは、複数ある借金をまとめて一本に借り換え、返済負担を減らすことを目的とした専用ローンのことです。 消費者金融であっても、おまとめ専用ローンであれば 総量規制の対象外となり、年収の3分の1以上の借入れも可能とされています。 しかし利用者は多重債務者に限られ、融資額も高額になりがちなため、 返済能力に疑問符のつく人は審査からはじかれてしまうというデメリットがあるんです。 また、消費者金融のおまとめローンは、 銀行系ローンに比べて金利が高めで、高額融資も期待しにくいため、おまとめをするメリットはあまりありません。 もちろん、おまとめ専用ローンであれば 借り換えた他社への返済を、本人に代わり行ってくれるなど、便利な面もあります。 当サイトではおまとめ用として普通の銀行ローンを推していますが、審査に通る可能性の高い公務員や正社員の方で「おまとめ専用ローン」を希望するのであれば、 消費者金融ではなく、銀行系のおまとめ専用ローンをオススメします。 以下に、主要なおまとめ専用ローンの紹介を載せておきます。 東京スター銀行スターワンバンクローン(おまとめローン) 「おまとめローン」の元祖はこの東京スター銀行ワンバンクローンです。 おまとめを目的としているので、 1000万円までの高額融資が可能。 また、ローン残高が利用限度額を下回っている場合、その範囲内で 何度でも借入ができるのも嬉しいですね。 ただし 「給与所得者」「年収200万円以上」という条件があるため、パートやアルバイト、自営業者の人は申し込みできませんので注意してください。 それでも、審査に通ってしまえば 他社への返済を東京スター銀行に丸投げできる(=楽におまとめ成功)のは魅力的です。 正社員で年収もクリアしている!という人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 7~18. 0%と、銀行系ローンに比べると高めです。 18%は法定の上限金利ギリギリです。 また、借入限度額が300万円と、おまとめするには少し心もとない金額かもしれません。 審査も厳しめですので、おまとめローンとして選択するメリットはあまりなさそうです。 おまとめというのは、複数あるローンを金利の低いローンに借り換え、借入金額をまとめること。 それにより金利が下がり、返済の負担も減らし、最終的に借金を完済することを容易にするわけです。 だから、 審査に通る見通しがあり、現在の借入より 低金利で借り換えられるカードローンなら、どれでもおまとめローンに使えます。 各金融機関が「おまとめ専用」と打ち出しているローン商品もありますが、たとえば 東京スター銀行のおまとめローンは、借金の一本化を進めやすい一方、年収200万円以上の給与所得者という条件があり、 審査程度は一般のキャッシングより厳しめです。 アコムやプロミスなどの大手消費者金融でもおまとめ専用のローンがありますが、 金利が高い上に融資限度額が低く、審査も厳しいため、わざわざ「おまとめ用」として選択するメリットはないでしょう。 ぶっちゃけ、パートやアルバイト、自営業者などの「収入が不安定な人」は、審査落ちの確率が非常に高いので、特に銀行系のおまとめ専用ローンは避けた方が賢明です。 (アイフルのおまとめローンなら可能性はあります) 全9社スペック比較一覧表 業者名 商品名 金利 限度額 融資までの日数 オリックス銀行 オリックス銀行 カードローン 1. 7~17. 8% 最大800万円 契約後スピード融資可能 三菱UFJ バンクイック 1. 8~14. 6% 10~500万円 テレビ窓口利用で 最短翌日 横浜銀行 横浜銀行カードローン 1. 9~14. 6% 10~1,000万円 最短翌日 みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 2. 0~14. 0~14. 5% 10~800万円 必要書類提出後 最短翌営業日 東京スターローン スターワンバンクローン(おまとめローン) 5. 8~14. 8% 30~1,000万円 最短数日 アコム 借り換え専用ローン 7. 7~18. 0% 1~300万円 最短即日 プロミス おまとめローン 6. 3~17. 8% 1~300万円 最短即日 アイフル おまとめMAX 3. 0~17. 5% 1~800万円 最短1日 100万円・200万円・300万円の借入れで、それぞれ返済額を比較 金利金利と言っても、実際の金額って、なかなかピンとこないですよね。 そこで、主要銀行カードローンの金利から、同じ金額を借り入れて、同じ条件で同じ期間で返済した場合のシミュレーションをしてみました。 0~12. 8% ¥3,285,554~¥3,628,533 ¥285,554~¥628,533 三菱UFJ銀行バンクイック 7. ちなみに、大手消費者金融代表として アコムのカードローンで計算を出してみると、100万円を12ヶ月で返済した場合、年利18%として利息は ¥100,160です。 最低金利で計算した オリックス銀行カードローンと比べると、その差はなんと 二倍以上…。 やっぱり銀行カードローンがダンゼンお得です。 (返済方法や返済回数で支払い額は変わってきます) ただし、銀行系でも三井住友やみずほ銀行カードローンは 審査が厳しいので、申込には注意が必要です。 心配な方は審査落ちを防ぐためにも、やなどがよいでしょう。 【結論】どこに申し込むと、いちばん得なの? ずばりオススメなのは、消費者金融より 金利が低めで審査ハードルも庶民的、 でしょう。 金額は少なめになりますが、アルバイトやパートの方にも融資実績があります。 また、全国区ではありませんが、スペックにおいてメガバンクに引けを取らない優秀なカードローンとして、 もオススメです。 対象地域に入っている人はかなりラッキーですよ。 やっぱり銀行カードローンだと色々安心ですよね。

次の

オリックス銀行カードローンの審査の流れと審査に関する口コミ

オリックス銀行カードローン おまとめ

多重債務とは、消費者金融やクレジットカード会社など、複数の貸金業者から借金していることをいい、その借金の返済が難しい状態になっている人を多重債務者といいます。 金融庁にようると、5社以上の借り入れ先がある人と定義されています。 また、4社以上の借金を抱えているとおまとめローンの審査には通りにくくなっています。 つまり、おまとめローンの審査に通りやすい人をは、次のような人です。 返済能力を超えていない• 借入件数は3社以下 おまとめローンは、返済に困窮した多重債務者を助ける為のローンだと思った人、ごめんなさい。 そうではありませんでした。 まだ返済に困ってはいないが、もっと返済を楽にしたい人向けのものでした。 おまとめローンの審査に通るためのポイント おまとめローン審査に通るためにはいくつかのポイントがあります。 おまとめローンに申し込む前にできる対策もあります。 借入件数が3社以下になるようにする。 複数の借金のうち、まだ限度額に余裕があるカードローン等があれば、そこで借りて他の借金を全部返済できないか考えましょう。 限度額が足りなければ、限度額を上げられないか、カードローン会社に問い合わせてみましょう。 これまで延滞せず返済してきていれば、限度額を少し上げてもらえるかもしれません。 こうして、なんとか3社以下に借金をまとめましょう。 申込みは1社だけにする。 数打ちゃ当たるで一度に複数社に申し込むと、審査で落とされることがあります。 いわゆる申込みブラックという状態です。 申込みは1社ずつにして審査を待ちましょう。 転勤の予定があればその前に。 できるだ勤続年数は長い方が安定した収入があると見られますので、転職してからの申込みは不利です。 もし、転職して収入が大きくアップするのであれば、ローンの返済にも余裕が出て急いでおまとめする必要もないという状態なら、半年から1年くらい待ってから申込みをするといいでしょう。 おまとめローンの審査に通りやすくするためには、上記の4点をおさえておきましょう。 こんな人は、おまとめローンの審査に通らない おまとめローンの審査に通りやすい条件をクリアしていても、次のような人は審査に通らない可能性が高くなります。 過去に延滞したことがある人・・・過去に他社であっても返済が遅れたことが何度かある人。 うっかり返済日を超えてすぐに返済する程度は問題ありませんが、約2ヶ月以上延滞すると個人信用情報に記録され5年間は保存されます。 現在は借金がなくても過去5年以内にこうした延滞したことがあると、審査に通らなくなることがあります。 過去に債務整理 任意整理、個人再生、自己破産 等をした人・・・延滞と同様に、個人信用情報に5年〜10年記録が残るので、審査には基本的に通らないでしょう。 短期間に何社も申込みをしたことがある人・・・例えば1か月に3社以上連続申し込みを行ったりすると、いわゆる申込みブラックと扱われて審査には通りにくくなります。 個人信用情報には、実際に契約に至らなくても申込情報が6ヶ月残りますので、連続して申込みをしていると、かなりお金に困っていてリスクの高い人と見られ、審査には通りにくくなります。 おまとめローンの審査に通りやすい時期がある? 貸金業者や銀行はお金を貸すのが商売なので、申込みが少ない時期は、なるべく契約を増やそうとし、申込みの多い時期は、手が回らなくなるので、審査のハードルを上げ、安全な人にだけ貸し出しをします。 また、決算期は、なるべく業績を良くして決算報告をしたいため、審査のハードルは低くなります。 つまり、決算期や申込みが少ない時期を狙って申込みをすれば、審査に通りやすくなる可能性が高いと言えます。 3月 決算期• 6-7月 ボーナスが出てお金を借りる人が減る• 9月 中間決算期• 12月 ボーナスが出てお金を借りる人が減る 逆に申込みが多く、審査のハードルが上がる時期は、• 5月 連休明けでお金を借りる人が増える• 8月 お盆の連休明けでお金を借りる人が増える 3月は新生活の準備や引越でお金が必要になり、お金を借りようとする人が多い時期ですが、決算期でもあるため金融機関は審査のハードルを少し緩めてくることでしょう。 銀行カードローンでおまとめはできない 現在、一部銀行を除いては、銀行カードローンでのおまとめは金融庁の締め付けによってできなくなっています。 そのため、もしかして、おまとめローンの審査に通りやすい銀行が探せばあるのでは?という甘い考えは捨ててください。 現在おまとめローンを行っているのは、銀行では、そして消費者金融のみです。 特に消費者金融のおまとめローンは、カードローンではありません。 現在の借り入れ先へも代理返済されます。 そのため、借りたお金を他で使ってしまうことがなく、本気で完済したい人に効果的だといえます。 銀行カードローンによるおまとめ 複数の会社から借り入れをしている場合、1社にまとめることで金利が安くなる場合があり、おすすめなのがおまとめローンです。 しかし2017年、金融庁は過剰融資や自己破産者の増加を指摘し、全国の銀行は無視できない状況となり、自主的に融資を規制するようになりました。 その結果、以前に比べ銀行からローンを組むのが難しくなりました。 おまとめローンにしなくても、銀行カードローンで借り入れを行いそのお金を返済に充てればいいのではと思われる方もいるかもしれません。 確かにそれは言えるのですが、いくつか問題点があります。 ここでは、その問題点を紹介します。 1つ目の問題点は、そもそもおまとめ専用ローンではないことです。 おまとめ専用ローンはカードローンに比べて金利や審査が甘くなっているという特徴があります。 よって、借金を完済したい人にはおすすめとなっているのですが、カードローンはおまとめローンではないため、金利も審査も厳しくなっています。 かえって借金が増えてしまうということにもなりかねません。 2つ目の問題点は、カードローンだとおまとめ以外にも使えてしまうということです。 借金を返済できない人多いのが、借り入れを行っても返済以外のことについつい使ってしまうというケースです。 人間であるため誘惑に負けてしまうというのは仕方ない面がありますが借金返済という面ではよくありません。 3つ目の問題点は消費者金融を完済するとまた消費者金融から借り入れを行う事ができる点です。 こうなってしまうと、結局借金を増やしてしまうだけでありおすすめできません。 おまとめローンの代わりに銀行のカードローンを利用しようかなと考えている人は、上記に紹介した問題点を一度考えてみてくださいね。 リボ払いのおまとめなら普通のカードローンでおまとめも クレジットカードのキャッシングやリボ払いなどのおまとめならば普通のカードローンで借りてまとめるのも効果的だといえます。 この場合、借入額が少額であるため、普通のカードローンで借りてまとめるのもいいでしょう。 リボ払いは金利が高めに設定されていますが、消費者金融のおまとめローンよりも金利が安くなっている場合があり、場合によってこちらの方がいいという可能性もあります。 借入額が少ない場合は、消費者金融のおまとめローンよりも銀行のカードローンが金利が安いためおすすめです。 借入額が100万円を超える場合には消費者金融のおまとめローンでも金利は15%まで下がるため、消費者金融のおまとめローンという選択肢も出てきますが、借入額が100万円以下の場合は銀行のカードローンでおまとめの方が金利が安くなります。 また、リボ払いに限りオリックス銀行では借り換えローンの申し込みが可能になるため、これを利用してみるのもいいでしょう。 普通のカードローンの場合は、返済以外の用途でお金を使ってしまうというリスクがありますが、消費者金融のおまとめローンよりも金利が安いため、リボ払いのおまとめなら普通のカードローンを利用してみるのも1つの手ですよ。 おまとめローンでまとめられない借金もある おまとめローンは、どんな借金でもまとめられるわけではありません。 特に、消費者金融の「貸金業法に基づくおまとめローン」は、貸金業者(みなし貸金業者を含む)から借りた借金に限り「おまとめ」できます。 よって、銀行カードローンや、クレジットカードのショッピング枠の利用分、クレジットカードのリボ払いは、「貸金業法に基づくおまとめローン」は利用者できません。 また、自動車ローンや教育ローン、デンタルローン、ペットローン等の「目的ローン」と呼ばれるものも「貸金業法に基づくおまとめローン」は利用者できない場合があります。 ただ、同じクレジットカードでもキャッシング枠の利用は貸金業者扱いになるため「貸金業法に基づくおまとめローン」の対象になります。 こういった 「貸金業法に基づくおまとめローン」が利用できない借金をまとめたい場合は、銀行のおまとめローンを利用できます。 銀行のおまとめローンは、各社独自の規定があるので一概に言えませんが、貸金業者よりは適用範囲は広いと言えます。

次の

『オリックス銀行カードローン』おまとめローンの審査申込~返済まで|借りとく.net

オリックス銀行カードローン おまとめ

ご契約までの流れ 貸金業法に基づくおまとめローンは、WEBで簡単にお申し込みを行うことができます。 お申し込み方法から審査・ご契約までの流れと、商品についてのご紹介です。 お申し込みフォームに必要事項を入力・送信し、必要書類をアップロードしてお申し込み完了です。 電話またはEメールで審査結果をご連絡いたします。 法令に基づいて、ご返済負担が軽減されるプランをご提案いたします。 お送りするご契約書類に必要事項を記入のうえ、ポストに投函してください。 ご提出いただいた書類を弊社で確認し、契約完了となります。 お振り込み後、法令に基づく書面(シークレットハガキ)を簡易書留でご自宅へ送付いたします。 その他上記以外の書類をご用意いただく場合がございます。 [重要なお知らせ]• 本商品は、貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号または第1号の2に基づく商品です。 規則第10条の23第1項第1号の商品として利用される場合は、以下の条件を満たした契約内容となります。 借換えの対象となる債務は、貸金業者以外からの借入債務(銀行、クレジットカードのショッピング等)も対象とすることができます。 毎月および全体の返済負担が軽減される条件を検討いたします。 本商品は、借換対象債務の将来返済総額を上回らない貸付けとなります。 本商品は返済のみで追加の貸付けはできません。 規則第10条の23第1項第1号の2の商品として利用される場合は、以下の条件を満たした契約内容となります。 借換えの対象となる債務は、「貸金業者(みなし貸金業者を含む)」からの借入債務(銀行、クレジットカードのショッピング等は対象外です。 )です。 毎月の「返済額」および「金利の負担」が軽減される条件を検討いたします。 約定に基づく返済により、段階的に残高を減らしていく返済内容を設定します。 本商品は返済のみで追加の貸付けはできません。 審査の結果、ご希望に添えない場合もございます。 おまとめ対象となる債務の金利(貸金業法完全施行前(H22. 17以前)に契約をしたもの)が、利息制限法を上回っていた場合は、旧貸金業規制法第43条(みなし弁済)が適用される場合を除いて、上回っている部分の支払利息が元金に充当、又は返還されるケースがあります。 詳しくは、ご自身で最寄りの弁護士等にご相談ください。

次の