エキサイトモバイル キャンペーン。 エキサイトモバイルの評判と詳細・速度・口コミ

エキサイトモバイルの評判、エキサイトモバイルはどんな会社&使っている人達の満足度調査の結果

エキサイトモバイル キャンペーン

エキサイトモバイルの通信速度は、高速データ通信時は、下り最大788Mbps・上り最大50Mbps、低速データ通信時は上り下りともに最大200kbpsです。 エキサイトモバイルの通信速度の切り替え方 通信速度の切り替えは、から行います。 excite IDセンターのマイページへは、エキサイトモバイル公式サイトの、マイページからログインできます。 ログイン後、利用しているサービスをクリックします。 アプリでの速度の切り替え 通信速度の切り替えは、残念ながら、エキサイトモバイル公式アプリはリリースされていません。 ですが、「エキサイトモバイル クーポンスイッチ(エキモス)」は、非公式ながらも通信速度の切り替えが簡単にできるので紹介します。 エキモスはアプリの起動後に表示されているバーをクリックすれば、通信速度の切り替えが可能です。 通信速度の切り替えの活用方法 低速通信の切り替えは、様々な場面で活用できます。 高速データ通信を使った分だけ料金を支払う「 最適料金プラン」は、低速データ通信の切り替えを活用することで、 自分で月々の支払額の調整が可能です。 月に使える高速データ通信量が決まっている「 定額プラン」は、月の途中で高速データ通信を使いすぎた場合などに、低速データ通信に切り替えることで、 容量の節約が可能です。 低速データ通信では、Youtube等の動画の閲覧や、写真を多く掲載しているWebサイトなどでは、ストレスを感じる通信速度です。 ですが、テキスト主体のメールやLINEの送信などでは、高速データ通信時と変わりなく、サクサクっとやり取りが可能です。 このような、高速データ通信をそこまで必要としない場面では、積極的に低速データ通信を利用しましょう。 また、スマホをいじっていなくても、起動しているだけでデータ通信は行われています。 通信容量はごく僅かですが、スマホを使わない時は低速データ通信に切り替えておくことで、データ通信の容量を節約することができます。 サイト閲覧時等に快適なバースト機能 エキサイトモバイルには、「 バースト転送機能」が備わっています。 バースト転送機能とは、 低速通信時の始めの一定量を高速で通信できる機能です。 低速通信では、読み込みに時間がかかってしまう写真や動画の埋め込み等が多いページなどでも、バースト転送機能が働くとストレス無く閲覧することができます。 低速通信に切り替える際の注意点 エキサイトモバイルの高速データ通信は、データ通信の使いすぎによる速度制限はありませんが、 低速データ通信時は 3日間で366MB以上データ通信をすると、速度制限されてしまいます。 ラジオ番組を聴ける「radiko」や、音楽配信サービス「Spotify」などは、低速データ通信でも問題なく利用できますが、1時間で「radiko」は20~30MB、「Spotify」は50~60MBほど通信しますので、低速通信だからといって使いすぎには注意が必要です。 エキサイトモバイルの速度制限については以下の記事で詳しくまとめています。

次の

エキサイトモバイルの通信速度は遅い? 速い?|お得な申し込み方法も紹介

エキサイトモバイル キャンペーン

エキサイトモバイルの通信速度は、高速データ通信時は、下り最大788Mbps・上り最大50Mbps、低速データ通信時は上り下りともに最大200kbpsです。 エキサイトモバイルの通信速度の切り替え方 通信速度の切り替えは、から行います。 excite IDセンターのマイページへは、エキサイトモバイル公式サイトの、マイページからログインできます。 ログイン後、利用しているサービスをクリックします。 アプリでの速度の切り替え 通信速度の切り替えは、残念ながら、エキサイトモバイル公式アプリはリリースされていません。 ですが、「エキサイトモバイル クーポンスイッチ(エキモス)」は、非公式ながらも通信速度の切り替えが簡単にできるので紹介します。 エキモスはアプリの起動後に表示されているバーをクリックすれば、通信速度の切り替えが可能です。 通信速度の切り替えの活用方法 低速通信の切り替えは、様々な場面で活用できます。 高速データ通信を使った分だけ料金を支払う「 最適料金プラン」は、低速データ通信の切り替えを活用することで、 自分で月々の支払額の調整が可能です。 月に使える高速データ通信量が決まっている「 定額プラン」は、月の途中で高速データ通信を使いすぎた場合などに、低速データ通信に切り替えることで、 容量の節約が可能です。 低速データ通信では、Youtube等の動画の閲覧や、写真を多く掲載しているWebサイトなどでは、ストレスを感じる通信速度です。 ですが、テキスト主体のメールやLINEの送信などでは、高速データ通信時と変わりなく、サクサクっとやり取りが可能です。 このような、高速データ通信をそこまで必要としない場面では、積極的に低速データ通信を利用しましょう。 また、スマホをいじっていなくても、起動しているだけでデータ通信は行われています。 通信容量はごく僅かですが、スマホを使わない時は低速データ通信に切り替えておくことで、データ通信の容量を節約することができます。 サイト閲覧時等に快適なバースト機能 エキサイトモバイルには、「 バースト転送機能」が備わっています。 バースト転送機能とは、 低速通信時の始めの一定量を高速で通信できる機能です。 低速通信では、読み込みに時間がかかってしまう写真や動画の埋め込み等が多いページなどでも、バースト転送機能が働くとストレス無く閲覧することができます。 低速通信に切り替える際の注意点 エキサイトモバイルの高速データ通信は、データ通信の使いすぎによる速度制限はありませんが、 低速データ通信時は 3日間で366MB以上データ通信をすると、速度制限されてしまいます。 ラジオ番組を聴ける「radiko」や、音楽配信サービス「Spotify」などは、低速データ通信でも問題なく利用できますが、1時間で「radiko」は20~30MB、「Spotify」は50~60MBほど通信しますので、低速通信だからといって使いすぎには注意が必要です。 エキサイトモバイルの速度制限については以下の記事で詳しくまとめています。

次の

【最新版】エキサイトモバイルをキャンペーンでおトクに利用しよう!

エキサイトモバイル キャンペーン

エキサイトモバイル(exciteモバイル)は、最低料金プランと定額プランの2つの料金体系が人気の格安SIMです。 しかし、元々、安い料金設定のせいか、キャンペーンは他の格安SIMと比較して少ないです。 とはいえ、その分、仕組みがシンプルで選びやすい利点があります。 キャッシュバックや月額料金が安くなるキャンペーンもあるので、有効活用してみてください。 また、3枚のSIMカードを契約できるプランがあり、家族での利用は格段にお得。 このような、キャンペーン以外のエキサイトモバイルのお得な使い方もみていきます。 このページでは、価格の観点からみるエキサイトモバイルのお得さ、割引方法、キャンペーンなど最大限に安く契約、利用する方法を紹介します。 料金が安く最安で500円(税抜)から利用できます。 データ通信3GBまででも880円(税抜)と1,000円をきる安さですよ。 また、SIMカードを3枚まで利用できるプランもあります。 3枚を合算した料金になるので、少しづついろんな端末を利用する人にとっても使い勝手がいいんです。 最低料金プランは、以下のような人にメリットがあるプランです。 ・月によってはほとんど使わない ・2台目のスマホ用にデータ通信を利用できるようにしておきたい ・複数の端末(スマホ、タブレット)を利用している 他の格安SIMでは1枚ごとに月額料金がかかることもあるのでエキサイトモバイルは割安です。 自宅用、移動用、仕事用など端末を使い分けたい人は利用価値が高いです。 定額プラン|家族で利用するなら割安 定額プランは、決められた容量を毎月定額で使えるプランです。 本来の格安SIMの料金体系ですね。 こちらもデータ通信3GBで900円(税抜)。 割安ですが、他の格安SIMと比較しても驚くような安さではありません。 しかし、最低料金プランと同様にSIMカードを3枚まで利用できます。 これを、家族(父、母、子ども)で分ける使い方ができます。 これなら、家族の通信料を大幅に削減できるメリットがあります。 例えば、多めに考えて20GBのプランを契約しても、4,750円(税抜)。 一人当たり約1,583円です。 一人6GBは使えるので普通の使い方なら十分すぎると思います。 ソフトバンクやドコモを比較しても格段に安いですよね。 また、エキサイトモバイルは余った容量を1か月繰り越せるサービスが秀逸。 例えば、3GBのプランを契約していて、2GBしか使わなければ1GBは次月に繰り越せます。 次月は3GBに加え、余った1GBを使えるので合計4GB使えることになります。 定額プランは、以下のような人にメリットがあるプランです。 ・家族で複数枚のSIMカードを利用する ・月によって利用する容量にばらつきがある ・いざという時のためにデータ容量が余っていると安心する 私も格安SIMを利用しているのですが、旅行の移動中や待ち時間が長いときに、まとまったデータを消費することがあります。 使わなかった分を繰り越せると、余裕ができるので安心です。 端末料金が安い エキサイトモバイルでは、SIMフリー端末を同時購入できます。 人気のHUAWEIやZenFoneの取り扱いがあります。 私もこれまでHUAWEIの端末を2台使ってきましたが、コスパがすごくいいんですよね。 価格は変動することもあるので、具体的な価格は書けませんが、購入の際は比較してみることをおすすめします。 エキサイトモバイルは安いですよ。 オプションが最大2ヶ月無料 エキサイトモバイルには、以下のようなオプションをつけられます。 ・ウイルスバスターモバイル ・Smart Checker ・i-フィルター ・トビラフォン ・タブホ ・AOS Cloud ・スマート留守電 いずれも別途、月額料金がかかります。 しかし、エキサイトモバイルでは、いずれも最大2か月間は無料で利用できます。

次の