マスク ハッカ 油。 【マスクスプレー】をハッカ油で簡単手作り♪作り方と使ってみた感想

【マスクスプレー】をハッカ油で簡単手作り♪作り方と使ってみた感想

マスク ハッカ 油

「マスクにハッカ油」は夏の暑さ対策になる?暑いときこそ注意が必要! ハッカ油を嗅ぐと、スーッと鼻が通って気持ちがよく、気分もリフレッシュし、快適に過ごすことができますよね。 花粉症や風邪が気になるシーズンには、ハッカ油を少し垂らしたマスクやハンカチで、鼻や喉の不快感を取り除いている方もいらっしゃると思います。 現在ネット上では、スーっとひんやり爽やかになるハッカ油の性質を利用して、マスクの暑さ対策にハッカ油を使う方法が取り上げられています。 長年愛用してる北海道北見のハッカ油。 しかし、清涼感がありますが、熱中症対策にはなりません! 今回は、マスクにハッカ油を使う場合の使い方や注意点を詳しく解説したいと思います。 ハッカ油は、使い方に注意して上手に使うと、暑い夏を快適に過ごすことができますよ。 使いやすいハッカスプレーは以下のサイトで購入できます。 ハッカ油とは ハッカ油は、ハッカソウ(ハッカ草)を乾燥させて抽出した植物油のことです。 英語ではミント(Mint)で、ハッカはミントの品種のひとつなんです。 ハッカ油は、肌に触れると、スーっとしてひんやりとした涼しさを感じることができるので、制汗グッズや冷感グッズに使われています。 また、害虫はミントの香りが苦手です。 ハッカ油に防虫効果がある性質を利用して、虫よけスプレーにも使われています。 天然素材なので、小さなお子様にも安心して使えていいですよね。 そのほか、リラックス効果、消臭効果、除菌効果など様々な効果が期待される万能な植物油なのです。 じつは、ハッカ油は涼しさを感じるだけで、実際は体温を下げているわけではありません。 ハッカ油に含まれる「メントール」という成分が、脳に冷感を錯覚させているのです。 体が感じる温度を下げてくれる効果があることから、ハッカ油は、暑い夏を快適に過ごすためのクールダウンに使われるんです。 特に、メントールを一番感じやすい体の部位は目と鼻腔です。 なので、ハッカ油をマスクにつけると、マスク中に熱がこもる不快感を取り除けるうえ、マスクでも夏場を快適に過ごせる、というわけなのです。 — みねこ yuukurimineko 暑くなってきてマスクが辛い😷 ハッカ油塗ったら快適なんじゃ?と思って試してみたら恐ろしく涼しい!笑 直接肌に当たると刺激強いから外側に1吹きだけ。 これ塗って扇風機当てると凍えそうに涼しくなるし虫除けにもなるので、夏フェスやキャンプの時に愛用してる。 次に、ハッカ油を利用する際の注意点をご紹介したいと思います。 原液をそのまま皮膚に使わないようにする。 マスクや衣類など、素材によっては変質(変色)するおそれがある。 体温を下げているわけではないので、水分補給を忘れないようにする。 適宜適量を守って、使い過ぎないようにする。 ハッカ油は天然素材なので安全ですが、使い過ぎると、ヒリヒリして痛みを感じるなど、肌トラブルを引き起こす可能性があります。 原液を直接肌につけるのはやめてくださいね。 特に、ハッカ油が目や鼻に入ってしまうと刺激が強いので、マスクにハッカ油を垂らす場合には、直接目や鼻の粘膜にあたらない場所に使うように注意しましょう。 水で薄めたハッカ油をマスクの外側にスプレーすると、スーッとして気持ちいい😊 間違っても内側にスプレーしちゃダメですよ。 眠気覚ましどころじゃない衝撃がきます 一度経験済み 🥶 — アメヤ まったり活動中 amenbou04 ハッカ油スプレーをネットで買ってマスクにシュッとしてみた。 爽快感が半端ないと同時に目がッ鼻がぁぁぁぁーーーーッッ!!ってなった。 つけすぎ注意よぉン!🦋🧔💦ミント大好きなので幸せ。 ってなるから気をつけろぉ — まどか smilemadocachan また、ひんやり涼しい感じがすると、ついつい水分補給を怠ってしまいがちです。 体の温度が下がって涼しくなっているわけではありません。 暑い場所では、どんどん体中の水分が失われていきますので、水分補給を忘れないよう注意してくださいね。 【マスクにハッカ油】夏場は特に気を付けよう 暑さやほてりを和らげるのに、夏場はハッカ油の登場機会が多くなります。 ハッカ油は、ひんやり涼しく感じられるだけで、体温を下げているわけではありませんので、熱中症対策にはなりません。 特に今年はマスク着用が必須になりそうなので、熱中症のリスクが指摘されています。 マスクにハッカ油を使うと、清涼感が喉の渇きを気付きにくくする可能性があります。 水分をこまめに取るよう気をつけましょう。 また、お風呂やシャワーの後の暑さを軽減するためにハッカ油を使う場合も、水分補給を忘れないでくださいね。 【マスクにハッカ油】ペットには要注意です おうちで猫ちゃんを飼っている方は、ハッカ油に注意が必要ですよ! 【ハッカ油ご利用にあたって】 一部のユーザー様からもリプライをいただいているように猫や一部の小動物はハッカ油の成分が苦手と言われております。 ペットを飼っている方はご使用の際、使用部位や用途にご注意ください。 安全にご使用いただくために、ご一読ください。 じつは、 猫にとってハッカ油の成分はよくないのです。 なので、猫ちゃんがいる空間にはハッカ油を使用しないようにしましょう。 猫ちゃんに限らず、ハムスターや小鳥などの小動物にも注意してくださいね。 【マスクにハッカ油】使い方は? マスクでのハッカ油の使い方をご紹介します。 マスクにハッカ油をスプレーする ハッカ油は、刺激が強いので、目や鼻の粘膜に直接スプレーしないでくださいね。 マスク着用の際にハッカ油をスプレーする場合は、肌に直接スプレーするのではなく、マスクへスプレーしましょう。 スプレーする場所は、マスクの内側ではなく、ハッカ油の刺激を感じにくい外側へスプレーしてください。 その際、 スプレーを50㎝ほど離してシュッと1プッシュ噴きかけてくださいね。 暑くてマスクが苦痛な時はマスクの外側からハッカスプレーすると爽やかで 息もしやすいです 北見ハッカのハッカ油です — あやな ayanasan1208 マスクにハッカ油をつけないでコットンを使う まずはコットンにハッカ油を数滴垂らします。 マスクにハッカ油がつかないように、もう一枚のコットンと合わせます。 ケース、またはジッパー付きのビニール袋の中に、上記の2枚のコットンを入れます。 このとき、 ハッカ油がついていない方のコットンがマスク側になるよう気をつけてくださいね。 フタをすると、マスクにハッカの香りがついて、マスクがハッカの香りで爽やかになりますよ。 ハッカ油の保管方法について ハッカ油の保管に関するポイントは以下の通りです。 冷暗所に保管する• 火の近くや、子供の手が届く場所は避ける• ポリスチレンのスプレーボトルは避ける• ポリスチレン製のものをスプレー使用しない 日差しがあたる場所や温度の高い場所に保管すると、ハッカ油の品質が変わってしまう可能性があります。 光が届かない、涼しい場所に保管しましょう。 また、引火しないようキッチンや暖房などの火のそばに置かないでください。 小さなお子さんがいる方は、誤って飲んでしまうと危険ですので、手の届かない場所へ置くか、しまってくださいね。 ハッカ油に使うスプレーボトルや、容器の材質には特に注意が必要です。 ハッカ油には、ポリスチレン(PS)を溶かす性質があるんです。 なので、ハッカ油にはポリスチレン製の容器を使わないようにしましょう。 ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン製(PE)、ポリエチレンテレフタレート(PET)製の容器であれば大丈夫です。 材質が確認できない場合や、不安な場合はガラス製の容器を選びましょう。 虫除けや消臭の目的で、網戸やトレーなどにハッカ油を使う際、事前に材質がポリスチレン製かどうか確認することをおすすめします。 ハッカ油の清涼感や香りをほどよく楽しむためにも、状況に応じて、使い方や頻度に気をつけましょう。

次の

「ハッカ油を1滴」夏のマスク問題をスーッと解決!? 担当者に注意点も聞いた

マスク ハッカ 油

いよいよ暑くなってきて、日中は真夏並みの気温になるところも。 今年も猛暑になると思われますが、ただでさえ医療機関が混乱状態なので、熱中症にはいっそう気をつけなければなりません。 しかしこの夏は「暑くてもマスクをしなければならない」という過酷な課題がありますね。 夏にマスクをしていると暑いですよね!冬のマスクは「けっこう温かいな~」なんてうれしい面もありましたがその反対ですからね。 顔半分を覆うと熱がこもってしまい、熱中症になりやすくなります。 対策として、熱をこもらせない、つまり放熱してあげることが必要になってきます。 そこで大事なのが、皮膚から放熱するためにマスク以外の部分を薄着にすることと、汗が蒸発するときの気化熱の利用です。 気化熱は、汗でなくても水分を与えれば熱を奪いながら蒸発してくれますし、夏に人気の「ハッカ油」も気化熱反応でスーッとするんですね。 もくじ• 夏マスク対策にハッカ油? ハッカ油はお風呂に入れてもよし、シャツやタオルにスプレーしてもよし、スーッと気持ちの良い夏の友ですよね。 夏マスクの熱中症対策として、「ハッカ油」や「メントールのアロマスプレー」の利用がすすめられたり、商品が売られたりしているようです。 でも私はあえて「待った」と言いたいです。 ひんやりスーッとするためにマスクにシュッ…なんてことは、おすすめしません。 その理由は次の3つです。 皮膚感覚が涼しく感じるだけで熱が放出されるわけではない• ハッカ油の刺激が強すぎる• ハッカ油の香りが強すぎる スーッとしても体は冷えない まず、メントール(ハッカ油やミントのスーッとする成分)の冷却効果は、皮膚の表面で起こっているだけで、体の熱を逃してくれているわけではないこと。 メントールが肌につくとひんやりとして気持ちよく、涼しくなったような気になりますが、体内の熱はこもったままなので、かえってうっかりして熱中症になりやすい場合もあるのです。 刺激が強すぎる 次に、ハッカ油の成分は刺激が強いので、濃い液を肌に付けるとヒリヒリします。 皮膚刺激の感じかたには個人差がありますがいきなり原液を、しかも口の周りに付けるようなことは避けたほうがいいでしょう。 私は甥っ子の虫刺されにキンカンを塗ってあげて大泣きされたことがあります…。 とくに子供には注意です。 香りが強すぎる 3つ目ですが、ハッカの香りってけっこう強いです。 マスクに付けてしまうと、いつまでも残って気分が悪くなるかもしれません。 それに、周りにも匂います。 ハッカ油は、気分をスッキリさせたいときにハンカチに少し付けて自分だけクンクンするといいです。 でも、周りの人にもよかれと思ってどこででも使うのはダメです。 ハッカの香りが苦手な人もいるのです。 実は、私の夫がそうです。 息苦しく感じるそうなんです。 私は、ハッカ油は涼しいし虫よけになると思って、出先で(車の中など)利用していたのですが、それが夫には迷惑だったんですね。 しかも、外で使っていると虫よけどころかスズメバチが寄ってくるリスクがあるんだとか…。 いい香りも強すぎると「香害」になることがありますので、他の人がいるところでは注意して使ったほうがいいですね。 というわけで、夏マスクの熱中症対策としてハッカ油を利用することはおすすめできないんです。 ラベンダーやティーツリーなど他の精油についても、たとえ気分を良くしたり菌を抑える効果があったとしても、やはり香りや刺激の面でマスクにシュッとするのは避けたほうがいいと私は思います。 長時間顔に付けておくものですから。 精油のパワーの感じ方には個人差や体調によるところがあるので、例えば血圧が下がって気分が悪くなったりするかもしれません。 スポンサーリンク 夏マスクの熱中症対策は? 夏マスクの熱中症対策として「ハッカ油」にダメ出ししてきました。 それでは次に、どのような対策が考えられるかを3つ、挙げていきますね。 基本的な熱中症対策(体調管理)を万全にする• 涼しい素材のマスクを利用し、首周りは薄着にする• 気化熱を利用するために水スプレーを携帯する 体調管理をする まずは、基本的な熱中症対策をきちんと行うことです。 つまり、水分をこまめにとること、エアコンなどを利用すること、涼しい服装や日除けをすること…いろいろありますね。 とくに水分補給は、マスクをしていると喉が乾いていることに気付きにくいので、水を飲む時間を決めるなどして忘れずに行いましょう。 あとはやはり、睡眠不足にならないように夜もエアコンを利用してしっかり休み、朝食を食べる、バランス良く栄養をとるなど体調管理を怠らないことが大切です。 涼しいマスクをして首を冷やす 夏マスクは、涼しい素材のものを使って少しでも負担が軽くなるようにします。 涼感ハイテク素材でもいいし、楊柳などサラッとした素材でもいいですね。 また、マスクをしないというわけにはいかないので、顔半分は仕方ないとして、首筋は風通しよく薄着にし、熱が放出されるようにします。 首を冷やすマフラー(ネッククーラー)を利用するのも、血管が冷えて体温が下がるのでおすすめです。 温泉水スプレーを持ち歩く 最後に、ハッカ油の代りに持ち歩こうと思いついたところなんですが、温泉水などのスプレーが重宝するのではないかと思っています。 マスクや肌に水をシュッとスプレーすることで、気化熱を利用して体温を下げることができます。 顔に限らず、首筋に背中にと、メントールが入っていなくても軽く湿らせるだけで水分と一緒に熱を奪いながら蒸発してくれるので涼しさを感じることができるんですね。 また、マスクをすると汗や布の刺激によって肌が乾燥したり荒れたりすることもありますが、温泉水スプレーやミスト化粧水なら清潔に肌をケアすることができます。 温泉水は日焼けした肌の手当てにもいいので、持ち歩いていればすばやく対処できますね。 私は日頃ローズウォーターを愛用しています。 香りはありますが、抗菌効果がありリフレッシュもできるので、温泉水と半々に混ぜて薄め、スプレーとして利用しようかなと思っています。 温泉水は、肌が弱い人や調子が悪いときでも安心して使えるシンプルなローションです。 アベンヌウォーターが有名ですが、ほかにもいろいろ日本の温泉水もありますし、保湿成分が入ったミスト化粧水もいいですよね。 さっぱりした化粧水が好きなので、使い心地も気に入りましたが、選んだ理由は、値段が安いこととガンスプレーの容器が選べることです。 このスプレーヘッドがなかなか手に入らないので、使いまわそうと思っています。 ストッパーがついているので持ち運びもできますが、携帯するならもっと小さいスプレーがいいですね。 とにかくマスクをしながらも熱中症にならないよう、この夏はとくに注意して過ごしたいと思います。

次の

ハッカ油マスク用スプレーの作り方(水道水だけOK)NGな容器があるって本当?

マスク ハッカ 油

ハッカ油マスク用スプレーの作り方(その1)水導水+ハッカ油だけでOK 「ハッカ油でマスク用のスプレーが作りたい」と思っても、材料をそろえるのが大変だったり、作り方が面倒だと作らずに終わってしまいそうですよね。 ですので、ハッカ油と水のみで簡単にできる、マスク用のハッカ油スプレーの作り方を紹介しますね。 ハッカ油はドラックストアーなどでも売っているので、意外と簡単に手に入るんですよ。 マスク用ハッカ油スプレーの作り方 [材料] 水道水(精製水でもOK) 100ml ハッカ油 2~8滴(初めは2~3滴。 様子をみて8滴までOK) スプレー容器(100mlが入る容器) [作り方] 1. 容器に水道水を入れる 2. 1にハッカ油を2滴~3滴入れフタをする (入れすぎると使うときに目にしみますので、初めは少なめに入れて様子をみてください。 ) 3. 使う前に2をよく振ってからスプレーする 水とハッカ油で作ったハッカ油スプレーは、使う前に必ずよく振ってから使用してください。 使う前に振るのが面倒な場合は、無水エタノールを使用したハッカ油スプレーが便利です。 ハッカ油マスク用スプレーの作り方(その2)水道水に無水エタノールをプラスするだけ 【 ひんやりハッカ油マスク😷🍀の作り方 】 簡単な作り方動画になります。 こちらでは、無水エタノールを加えたマスク用のハッカ油スプレーの作り方を紹介します。 無水エタノールはドラックストアなどで購入できますが、コロナウィルスの影響で品薄です。 ハッカ油マスク用スプレーの作り方 [材料] 水道水(精製水・炭酸水でもOK) 90ml ハッカ油 2~8滴(初めは2~3滴。 慣れたら8滴までOK) 無水エタノール 10ml スプレー容器(100mlが入る容器) [作り方] 1. 容器に無水エタノールを10ml入れる 2. 1に水道水(精製水・炭酸水でもOK)90mlを入れる 3. 2にハッカ油2~3滴を入れ、フタを閉めてよく振ったら完成です。 こちらも入れすぎると使うときに目にしみますので、初めは少なめににして様子をみてください。 ハッカ油マスク用スプレーを作るのが面倒なときは? ハッカ油でマスク用のスプレーを作るのはとても簡単ですが、それでも面倒な時ってありますよね。 使おうと思ったら使い切っていた、、、 なんて時もあるかもしれません。 そんなときは、マスクに直接ハッカ油を1滴たらして使いましょう。 ただ、ハッカ油を直接使うと刺激が強いので、マスクの内側ではなく 外側に1滴たらすのがオススメです。 じつは、ハッカ油がスプレー容器に入って売っているものもあるんですよ。 今、私が使っているのはハッカ油がビンに入っているものと、ハッカ油がスプレー容器に入っているものがセットになったものです。 スプレー容器はガラスビンです。 ハッカ油がNGな容器については後ほどお伝えしますね。 スプレーは水で薄めているものではないので、マスクに吹きかけてすぐに使うと目にしみますので、少し時間をおいています。 将来的にはスプレー容器のハッカ油を使い終わったら、ハッカ油を水で薄めたスプレーを作って携帯用にする予定です。 ですが、ハッカ油100%のスプレーが意外と便利で、今は部屋中にハッカ油を吹きかけています。 おかげで虫よけもできているみたいですよ。 楽天で購入 ハッカ油マスク用スプレーを作って入れる容器の注意点とは? ハッカ油でマスク用のスプレーを作ったときに、入れる容器は注意が必要です。 というのは、ハッカ油や無水エタノールが プラスチックの種類によっては溶かしてしまうんです。 ですので、ハッカ油スプレーの容器は 溶けないプラスチック製品で作られた容器を使いましょう。 ハッカ油を入れて大丈夫なプラスチックは、 ポリプロピレン(PP)、 ポリエチレン(PE)です。 無水エタノールで利用できるプラスチックは、さらに注意が必要です。 無水エタノールに利用できるプラスチックは、 ポリエチレン(PE)、 ポリプロピレン(PP)、 ポリ塩化ビニルの硬質のみ(PVC・硬質のみ)。 しかし、 上記に記載されているプラスチックの種類でも利用できないものがあります。 利用できないものは注意事項に 「水のみの使用」、 「アルコール不可」など、無水エタノールのような アルコールを入れてはいけないことが記載されいている容器です。 無水アルコールを入れても大丈夫なものは、 「アルコールOK」なのど記載があります。 ですので、 無水エタノールを利用する場合は「アルコールOK」と記載されているものを選びましょう。 ガラスや 陶器でできた容器でしたら大丈夫です。 個人的には、ガラス容器のほうが残量が見えるのでオススメです。 インターネットでチェックすると、ハッカ油と携帯に便利な小さいガラス容器がセットになったものも販売していましたよ。 楽天で購入 ハッカ油マスク用スプレーを使う時の注意点!体温は下げません! マスク用ハッカ油スプレーを使う時の注意点を簡単にまとめてみました。 ハッカ油マスク用スプレーを使う時の注意点• マスクの生地に注意する• 体温を下げる効果はない• 水分をこまめにとる• 子供や高齢者に使うときは体の変化に気をつける• 皮膚や体質に異常があるときは、医師に相談する• 時間が経つと香りが変化するので1週間で使いきるようにする• 1度に何回もスプレーしない ハッカ油スプレーをするときは、マスクの生地に気をつけてください。 ハッカ油でマスクにシミできてしまう可能性があります。 (マスクを使用する前に内側にスプレーして放置してみるといいかもしれません。 ) また、ハッカ油スプレーは 体温を下げる効果はありません。 ですので、 夏は特に水分補給に注意してくださいね。 お子さんや高齢者は自分で熱中症に気づきにくいですので、体の変化に十分気をつけてあげてくださいね。 様子がおかしいと思ったら、すぐに使用を中止し、医師に診療してもらうようにしましょう。 そして、ハッカ油スプレーを1度に何回もマスクにスプレーしないようにしてくださいね。 マスクの左半分、右半分に分けて1回ずつ合計2回でも十分です。

次の