ファンレス ノートパソコン。 【Windows10】CPUの使用率を下げて放熱やファンの回転数を抑える方法

超小型PCの静音性ってどうなの?

ファンレス ノートパソコン

ファンレスノートパソコンには、冷却ファンがないので回転音がありません。 冷却ファンの回転音が気になる人にとっては、その音がないことがメリットとなります。 使いやすさに期待できる 冷却ファンのサイズは小さいですが、本体内部が狭いノートパソコンでは、冷却ファンが占めるスペースが結構大きいです。 また、本体には排気口、吸気口が必要です。 冷却ファンがなければ、排気口と吸気口もなくなり、薄型化・軽量化できる、外部インターフェースを増やせる、より使いやすい位置へ外部インターフェースを配置できる、ヒンジの開閉機構の自由度を高くできる等、様々なことを実現できノートパソコンが使いやすくなります。 ノートパソコンから冷却ファンをなくすことで使いやすくなっているかどうかは、メーカーの設計次第ですが、冷却ファンがないことを活かしているファンレスノートパソコンであれば、使いやすいです。 バッテリー駆動時間の長さに期待できる 冷却ファンの消費電力は非常に小さいので、冷却ファンの有無でバッテリー駆動時間の長さはあまり変わりません。 ファンレスノートパソコンには、発熱量が小さい CPU を搭載する必要があり、CPU は発熱量が小さいと消費電力が低いので、パソコンの消費電力の大部分を占める CPU の消費電力が低いことにより、バッテリー駆動時間の延びにつながります。 また、冷却ファンがなくなったことにより本体内部の部品配置の自由度が高くなり、バッテリー容量を増やすことができれば、バッテリー駆動時間の延びにつながります。 ノートパソコンに冷却ファンがないことを活かしバッテリー駆動時間が長くしているかどうかは、メーカーの設計次第ですが、ファンレスノートパソコンは、バッテリー駆動時間の長さに期待できます。 ノートパソコン内部が汚れにくい CPU ファンが動作すると、吸気口から排気口へ空気の流れができ、吸気口から吸い込まれたホコリ等が、ノートパソコン内部にたまります。 ホコリ等がたまりすぎると、ノートパソコンが安定したパフォーマンスを発揮しなくなる、故障につながる等の問題が発生しますので、定期的に掃除する必要があります。 ファンレスノートパソコンであれば、ノートパソコン内部にホコリ等が入り込みにくいので、汚れにくいです。 ファンレスノートパソコンを、ホコリ等が少ない環境で使うならメリットにはなりませんが、ホコリ等が多い環境で使うなら、汚れにくいことがメリットとなります。 冷却ファンが故障するリスクがない 冷却ファンは、永遠に故障せずに動作することはなく、いつかは故障します。 ファンレスノートパソコンであれば、冷却ファンが故障するリスクがありません。 ノートパソコンの故障原因は様々であり、冷却ファンが原因の故障率は低いでしょうが、冷却ファンの故障がなくなることにより、ノートパソコンの故障率が低くなります。 CPU は、性能が高いほど発熱量が大きくなりますので、ファンレスノートパソコンには性能が低い CPU が搭載されるとも言えます。 ファンレスノートパソコンに搭載されるような CPU の性能でも十分な人にとってはデメリットになりませんが、CPU に高い性能を求める人にとっては、性能が低いことがデメリットとなります。 本体上面や底面が熱くなる可能性あり ファンレスノートパソコンであっても、本体外部に熱を逃がす必要があります。 ファンレスノートパソコンでは、本体内部から発生した熱を筐体へ伝え、さらに筐体から外部の空気へ熱を逃します。 冷却ファンがあるノートパソコンでも、同様に熱を逃しますが、ファンレスノートパソコンは冷却ファンがなく、主に筐体を通して外部へ熱を逃すことになりますので、本体上面や底面が熱くなりやすいです。 どのくらい熱くなるのかは、メーカーの設計次第ですが、熱くなるファンレスノートパソコンだと、パームレストに手を長時間置けないほど熱くなる、膝の上に置けないほど本体底面が熱くなることがあります。 温度上昇によるパフォーマンス低下、電源落ち、故障率上昇のリスクがある 冷却ファンがないと、放熱能力が落ちます。 放熱能力が不足すれば、温度が上昇しすぎないよう CPU のパフォーマンス低下が発生し、それでも温度が高すぎるなら強制的に電源が落ちます。 また、各部品が高熱を持つと熱による劣化が進み、故障率が上昇します。 ファンレスノートパソコンの放熱能力が不足するのかしないのか、不足するとしたら使用環境や使い方によるのかは、メーカーの設計次第ですが、ファンレスノートパソコンには温度上昇によるパフォーマンス低下、電源落ち、故障率上昇のリスクがあります。 冷却ファンがあっても放熱能力が不足する可能性がありますので、冷却ファンがあるノートパソコンにも同様なリスクがありますが、ファンレスノートパソコンの方がリスクが大きいです。 ファンレスノートパソコンを、涼しい環境で負荷が小さい作業に使うなら、まず大丈夫でしょうが、暑い環境で負荷が大きい作業に長時間使うと、パフォーマンス低下、電源落ち、故障率上昇につながることがあります。

次の

【Windows10】CPUの使用率を下げて放熱やファンの回転数を抑える方法

ファンレス ノートパソコン

ファンレスのノートパソコンとは放熱用のファンがないPCのことです。 つまりファンが無くても熱がこもらないパソコンのことでHDDが付いていないパソコンがほとんどです。 ファンレスPCは、HDDが無くSSDのストレージの場合にはファンが付いていないノートパソコンがあります。 ファンの回転する音が無く静かで長持ちするためおすすめです。 さらに HDDよりもSSDの方が発熱が少ないのでノートパソコン自体の熱を持つということが少なくなります。 なので、放熱するための排気ファンが無くなるということですね。 しかも、SSDはHDDよりもはるかにスピードが高いのです。 パソコン内部の温度が高熱にならないため中のCPUなどの基板にとっても良いことです。 ただし熱を逃がす構造の場合にはパソコンの底面が熱くなる場合があります。 音が静かなファンレスのノートパソコン 通常はノートパソコンの内部を冷却するためにファンが付いていて熱くなるとファンが回ります。 夏場になるとファンがうるさく回って気になることもありますね。 ファンレスのノートパソコンはファンが回った時のノイズが聞こえないため静かです。 ノートのファンは小型なのでキーンという小うるさいファンの音のパソコンもあります。 ファンが付いているノートパソコンの場合にはホコリを吸い込むためパソコンの内部が汚れてしまいますが、ファンレスのタイプのノートパソコンなら空気の循環が少ないため内部は綺麗な状態を保てます。 ファンレスのメリットは静かさだけでなく消費電力も小さくなります。 ファンが必要な場合はずっと回っているのでファンレスは冷却で消費する電力分は電力のパフォーマンスが良いということですね。 静かなファンレスのノートパソコンは作業に集中できるので良いものです。 シーンと静まり返った中でファンの音が鳴っていると気になってしまうからです。 ファンが無いタイプのノートパソコンならSSDが入っているスペックを選びましょう。 >> Acer Swift7はファンレスのノートパソコンおすすめ Acer Swift7はファンレスのノートパソコンです。 パソコンの重さは約1Kgで9. 98mmしかありません。 ファンレスのノートならacer Swift7はおすすめです。 Swift7は ノートパソコンのデザインも美しく、Good Design賞を受賞しています。 使いやすさや機能もふくめてプロダクトデザインで評価されたということですね。 スペックも高くてずっと使えるノートパソコンですね。 もちろんストレージはSSDです。 ちなみに、外部ストレージはが高速でおすすめです。 Acer Swift7のスペック• OS:Windows 10 Home 64 ビット• CPU:インテルR Core i5-7Y54 プロセッサー• Webカメラ搭載• ディスプレイ:13.

次の

超小型PCの静音性ってどうなの?

ファンレス ノートパソコン

タブレット。 AndroidやiPadなどのタブレットには駆動音が発生するようなパーツは組み込まれていません。 だからとっても静か。 タブレットのなかにはドッキングで画面のみのタブレットにもなったり、キーボード付きのノートPCとして使える機種もあります。 これなんかだと、WindowsとAndroidの2つのOSが一台で使えます。 私が使用しているのはこういうタイプ。 Android専用タブレットですが、キーボードとドッキングさせた状態だとバッテリーのみで16時間 H. 264のハーフHDの動画を連続再生した状態での連続稼働時間 使用出来ます。 もちろん、冷却ファンなんて搭載していないので駆動時の音なんて皆無。 通常稼動時の消費電力も2. 5W程度なので発熱も殆どなし。 カテゴリー的にはノート型ではなくデスクトップ型になりますけど、こんなのが発売中です。 ディスプレイ内部にもクアッドコアCPUが内蔵されており、側面のスイッチで切り替えることでAndroidタブレットとして屋外に持ち出して使うことも可能。 (そのための大容量バッテリーもディスプレイに内蔵しています) 新たにWindows8を使おうとするならば10ポイントマルチタッチに対応しているディスプレイが欲しくなると思うのですけど、これ1台あればまぁノートPCの出番はないですね。 デスクトップ型の高性能PCですけど、CPUファンは12センチと大きく風量もあるのでアイドル中は800回転という低速運転です。 対するノート型は性能を抑えたCPUを採用することで発熱を抑えてはいるものの、空間的な制約からCPUクーラーは薄く小さくせざるを得ないためにファンの回転数で風量を稼ぐ必要があります。 うるさくなるのは仕方ない部分です。 Q いくら調べても、カスタマイズとか自作PCや 価格コムの満足度ランキングしか出てこなくて あまり参考になりません パソコンが壊れてしまったので新しいのが必要なんですが 外付けのハードディスクを買ったとき、ブーンという音が気になって 使わないときは切ってしまいます。 ですがパソコンではうるさくても 電源を切るわけにはいきません 今まで使ってたのが水冷式の静かなパソコンで 音に敏感なので、不安に感じています カスタマイズや自作PCは詳しくないので、選べないと思います。 できれば普通に電気屋さんで買えるものをと思うのですが 静音性を比較したサイトがなかなか見つからなくて困っています! 静かなパソコンというのは、今市販されてないんじゃないかと 絶望的な気持ちになってきました。 音が静かなデスクトップパソコンの比較サイトや 静音性を重視したメーカー比較サイトなど ご存知の方、教えてください。 よろしくお願いします A ベストアンサー 水冷は自作系が中心ですね。 ショップブランドは全てそうです。 自作パーツをショップで組み立てているだけの事です。 ですから、PCのメーカー(製造会社)というものは存在せず、マザーボードを始めとした各パーツの製造メーカーしかありません。 個別パーツの評価や性能を比較して決めて下さい。 とは言え、電源の水冷化パーツは無かったと思います。 ACアダプタタイプを選ぶしか無いのでは? 静かさを求めるならノートでしょう。 もしくは同等のパーツを使った一体型。 電源はACアダプタですからほとんどのモデルが無音(まれにファン付きもあります) 有名メーカーできちんと設計された物は冷却性能も良く、処理が軽くなるとファンが低速、もしくは停止して無音になります。 HDをSSDに替えてやればこれも無音。 あとは、ジーっという高周波ノイズが目立つかも? ロースペックにしてやればファンレスモデルもあります。 発熱を処理できないので高性能は無理ですが、元々ファンが無いのですから音は出ません。 タブレットPCなども同様。 geocities. html いわゆる静音タイプで60切れば優秀かと。 ark-pc. 外部に水冷ユニットが必要ですが、電源自体はファンレスですからほぼ無音でしょう。 itmedia. html こっちは電源ユニットに水冷ユニットが内蔵されている。 電源自体にはファンが付いているのでそこそこ音がするようです。 owltech. html 以前からファンレス電源もありますけど。 century. html それなりに通気などを確保しないとすぐに壊れます。 水冷は自作系が中心ですね。 ショップブランドは全てそうです。 自作パーツをショップで組み立てているだけの事です。 ですから、PCのメーカー(製造会社)というものは存在せず、マザーボードを始めとした各パーツの製造メーカーしかありません。 個別パーツの評価や性能を比較して決めて下さい。 とは言え、電源の水冷化パーツは無かったと思います。 ACアダプタタイプを選ぶしか無いのでは? 静かさを求めるならノートでしょう。 もしくは同等のパーツを使った一体型。 電源はACアダプタですからほとんどのモデル... Q 以前に比べ、最近ノートパソコンのファンがとてもうるさくなりました。 隣の部屋にまで聞こえるほどで、作業に集中できません。 電源を入れたときに鳴る音や、DVDを入れたときに鳴る読み込みの音ほど大きくはないので、温度を下げるファンがうるさいのではないかと思っています。 ネットの掲示板でファンに埃がたまっている可能性があると拝見したので、裏のねじを外しましたが、ファンは汚れていませんでした。 それでも念のためエアーを吹き付けて掃除しました。 パソコンの中身も、いらないデータは消し、デスクトップに出しているアイコンも少なくしました。 使用するときにはパソコンの下に隙間を作り、風通しが良くすることもしましたし、使用し続けずに電源を切ることもしていますし、部屋も涼しい環境です。 しかしファンはうるさいままです。 以前はとても静かだったのに・・・ 何か原因をつきとめる方法がお分かりの方や、上記を読んで何か思い当たる方は書き込みをお願い致します。 パソコンに詳しくないので、改造や増設等は一切していません。 よろしくお願いします。 以前に比べ、最近ノートパソコンのファンがとてもうるさくなりました。 隣の部屋にまで聞こえるほどで、作業に集中できません。 電源を入れたときに鳴る音や、DVDを入れたときに鳴る読み込みの音ほど大きくはないので、温度を下げるファンがうるさいのではないかと思っています。 ネットの掲示板でファンに埃がたまっている可能性があると拝見したので、裏のねじを外しましたが、ファンは汚れていませんでした。 それでも念のためエアーを吹き付けて掃除しました。 パソコンの中身も、いらないデータは消し... A ベストアンサー 以前からハードな作業をしている時や夏場等高温時に時々でも今の様な音がしていましたか? CPUや内部が高温になるとファンが高速に回り排熱するようなシステムになっているのですが、音の原因がファンのフル稼働によるものなのか、それともファン自体が劣化して騒音を発しているのかによって対応が変わってくると思います。 ・以前から高負荷時には同じような音がしていた場合 なんらか常駐プログラム(ウィルスソフト等)によるCPU負荷が増え発熱してファンがフル稼働していると考えられます。 もし、100%に近い使用率ならウィルスソフト等の常駐プログラムを終了させてみてください。 これによって負荷発熱が下がり静かになるかもしれません。 また、10%程度で大した負荷がかかっていない場合は埃などの原因やサーモスタットの故障が考えられますのでメーカーへの修理依頼される事をお勧めします。 ・以前はまったくこの様なうるさい音はしていなかった場合 ファン自体が劣化して音を出している可能性があります。 また、筐体のねじが緩んだりしたせいでビビり音がでて騒音の原因になっている可能性もあります。 この場合もメーカー修理をお勧めします。 以前からハードな作業をしている時や夏場等高温時に時々でも今の様な音がしていましたか? CPUや内部が高温になるとファンが高速に回り排熱するようなシステムになっているのですが、音の原因がファンのフル稼働によるものなのか、それともファン自体が劣化して騒音を発しているのかによって対応が変わってくると思います。 ・以前から高負荷時には同じような音がしていた場合 なんらか常駐プログラム(ウィルスソフト等)によるCPU負荷が増え発熱してファンがフル稼働していると考えられます。 初めてのノートパソコンなのですが、持ち運び性を重視せず、性能ばかり見てしまってかなり今では不満があります。 ひとつは購入したときからバッテリーが持って1時間ちょい、悪いときは40分で切れます。 現在は購入後から7ヶ月ほどですが、だいたい1時間でバッテリーは切れます。 ふたつは重い。 みっつめは、ファンがとてもうるさいのです。 重いのと、バッテリーは我慢できるのですが…ファンの音はどうにもなりません。 どうにか、静かにさせる方法はありますでしょうか? ファンの位置がノートパソコンの裏側にあるので、机の上においていると空気を吸っていない気がします。 排気口はノートパソコンの後方、プリンターポートなどが付いている場所にあります。 ファンの音を解消する方法はありますでしょうか? ご存知の方、よろしくお願いします。 dospara. php? お使いのPCの仕様表をご確認ください。 CPUの項に「モバイル…」とかの表記が無い場合は、デスクトップ用CPUが使われています。 デスクトップ用CPUは、ノート向けCPUと異なり、省電力、低発熱を重視していません。 従って、デスクトップ用CPUを採用したノートは、ノート用CPUを採用した製品よりもバッテリーの持ちが悪く、ファン音も大きくなります。 ファン音を解消する方法はありません。 出来るだけ、通風孔をふさがないようにして、内部に熱がこもらないようにしてお使いください。 ノートPCの放熱対策品が各種ありますので、それらを用いてみるのも良いです。 elecom. dospara. php? お使いのPCの仕様表をご確認ください。 CPUの項に「モバイル…」とかの表記が無い場合は、デスクトップ用CPUが使われています。 デスクトップ用CPUは、ノート向けCPUと異なり、省電力、低発熱を重視していません。 従って、デスクトップ用CPUを採用し... Q こんにちは。 タブレットPCまたはノートパソコン Win8 64bit の購入を考えている者です。 メモリについて質問があります。 使用目的としてはゲーム 将棋などのボードゲーム をしながら動画サイトで動画・音楽の視聴などです。 私が購入を考えているPCですと購入後のメモリ増設ができません。 色々と調べてみると「4GBで十分」という意見や「8GBは積んでおいた方が良い」という意見が混在していました。 家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC Windows7 homepremium 64bit で試してみました。 1GB~2. 8GB~3. 0GB これを見てみると4GBで足りているようです。 しかし、PCは数年たつとメモリ不足になり動作が重くなるとよく聞きます。 あとあと増設できない分、「その時のために初めから8GBを積んでおいた方が良いのか」とかなり悩んでいます。 皆さんはどれくらいのメモリを積んでいますか? また、そのメモリが必要となるような作業とはどのようなものなのでしょうか。 回答よろしくお願いします。 こんにちは。 タブレットPCまたはノートパソコン Win8 64bit の購入を考えている者です。 メモリについて質問があります。 使用目的としてはゲーム 将棋などのボードゲーム をしながら動画サイトで動画・音楽の視聴などです。 私が購入を考えているPCですと購入後のメモリ増設ができません。 色々と調べてみると「4GBで十分」という意見や「8GBは積んでおいた方が良い」という意見が混在していました。 家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC Windows7 homepremium 64bit で試してみました。 ニコニ... A ベストアンサー 難しい判断ですね。 通常は4Gで足りると思います。 ただし、これは将来に重くなったときに、入らない常駐ソフトをはずせる 知識がある場合です。 それがなければすなおに8Gにするか、少々遅くなってもがまんするかです。 4Gあれば使えなくなると言うことはないでしょう。 >家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC Windows7 homepremium 64bit で試してみました。 1GB~2. 8GB~3. 0GB 上記はあくまで目安程度の数字にすぎません。 年収400万円の人と年収800万円の人がハワイ旅行にいったとき、食事やオプションツアーなどが 異なるので、費用総額がかなり変わるはずです。 同様に、Windowsは現有メモリーにオ.維持手メモリーを使います。 ですから、他のマシンでのメモリー占有率はあくまでも目安程度のものです。 A ベストアンサー 会社でPC保守の仕事をしています。 これまでに1000台以上管理してきました。 パナからNEC、SONYなど。 法人用途なので一般よりハードに使います(日常的に持ち出しまくる)がその感想を。 全体的にみると結局は利用者の取り扱い次第ですね。 印象としては次の順番に壊れにくいという印象です。 法人なので購入よりレンタルの方が多いです。 ・国産:NEC・東芝・日立>パナ・富士通>SONY パナは容積に対する重量比が軽い(見た目でかいけど中が空間なので軽く感じる)事やバッテリの持ちが良いので利用者には人気でした。 SONYはデザインが良いのも多いのでこれも人気でしたが、パナは無線など通信系基板が弱く、SONYは高密度にまとめているからか突然死が多かったです。 SONYはOSが変わったときの対応が悪く、大体OSが変わったら買い換え(ドライバ対応に半年とかかかったり、対応しない場合もあったので)でした。 ほかの国産メーカーというか家電系とPC系メーカーでは、PC系メーカーの方が耐久性はありますね。 富士通は1ランク安いですが耐久性もそれなりです。 全体的に言えば、値段=壊れにくさではないと理解した方が良いです。 高くても超薄とかなら耐久性が高いとは言いませんし、安くて変に厚みがあっても、中に振動吸収のための空間がとってあったりで振動に強かったりしますので。 DELLは部品ごとに外せるからか壊れやすい印象がありますが、故障時に部品単位で交換できるので故障対応費用は比較的低めです。 HPでも国産ほどは耐久性は高くありません。 サポートは(金を出せば)手厚いですが。 ノートPCは20年近く前からの導入ですが、国産PCメーカーで古くから作っているメーカーがやはり強いですね。 オールオリジナルで作る必要があるのでメーカーごとのノウハウがいまだモノを言います。 壊れやすいかどうかはそのメーカーの弱点(家電系は基盤耐久度が弱い、海外は価格が安いが寿命が短い等)を知っていればそれほど問題にはなりません。 どのノートPCもマニュアルに取り扱い方法が載ってますがその注意事項をきちんと守れば後は当たり外れの世界です。 長く使うなら保証(特に、液晶破損。 利用者の責任による液晶破損は通常保障範囲内でも無償交換できない場合は多いです。 また、5万円以上と高価です)には入っておきましょう。 あとはノートPCは持ち歩き専用のPCではなく、持ち歩き「できるようにした(持ち歩きに特化しているわけではなく、できないものをどうにかしているだけ」デスクトップPCである事を気にしておくことですかね。 SONYに限らず、下手にデザインや軽さに傾倒したモデルは避けた方が良いですね。 薄くて軽いという事は、それだけ衝撃吸収機構が減っているので基本、壊れやすいです。 また、他のPCには無いデバイスも要注意。 OSが変わったとき(WindowsOSは基本3年ごとに新しいのが出ます)に対応がやたら遅れたり、対応しない場合がありますから。 参考になれば。 会社でPC保守の仕事をしています。 これまでに1000台以上管理してきました。 パナからNEC、SONYなど。 法人用途なので一般よりハードに使います(日常的に持ち出しまくる)がその感想を。 全体的にみると結局は利用者の取り扱い次第ですね。 印象としては次の順番に壊れにくいという印象です。 法人なので購入よりレンタルの方が多いです。 ・国産:NEC・東芝・日立>パナ・富士通>SONY パナは容積に対する重量比が軽い(見た目でかいけど中が空間なので軽く感じる)事やバッテリの持ちが良いので利用者には人気... A ベストアンサー ファンレス構造のパソコンと言っても、冷却不要なわけではありません。 強制冷却ではなく、自然に起こる熱対流で循環気流を作り出して冷却しているだけです。 従って、熱対流が起こらずに、CPUに外部の冷気が流れ込まなくなると過熱状態になり、安全装置が働いて電源が落ちます。 ファンレス構造にすると、外気が内部に入りやすいように放熱口を多く開けなくてはなりませんし、基盤を立てて、熱対流が下から上へ抜けるようにしなければなりません。 電圧や電流も過熱しないように制限されますし、性能を落とさなければ実現出来ないものです。 地球温暖化で真夏の猛暑日が多くなり、気温が高い時期には十分な冷却が出来なくて過熱し、電源が落ちるようになったのではないかと思います。 性能競争が激しいパソコン業界では、性能を上げにくいファンレス構造は難しくなったのでしょう。 8ビットパソコンの頃はファンレス構造が主流でしたが、夏場に熱暴走が起こる機種もありました。 16ビットパソコンから冷却ファンを付けるようになったようです。 冷却ファンが安価な現在では、ファンレス構造にしなければならない理由が見当たりません。 静音性はあるでしょうが、冷却ファンが付いている方がパソコンの性能を安定させるには有利です。 html ファンレス構造のパソコンと言っても、冷却不要なわけではありません。 強制冷却ではなく、自然に起こる熱対流で循環気流を作り出して冷却しているだけです。 従って、熱対流が起こらずに、CPUに外部の冷気が流れ込まなくなると過熱状態になり、安全装置が働いて電源が落ちます。 ファンレス構造にすると、外気が内部に入りやすいように放熱口を多く開けなくてはなりませんし、基盤を立てて、熱対流が下から上へ抜けるようにしなければなりません。 電圧や電流も過熱しないように制限されますし、性能を... A ベストアンサー パソコンの騒音の多くはCPUの冷却ファンの音ですが、HDDをSSDに交換した段階で、CPUに過度の負荷がかかっている為に騒音がしていると考えられます。 HDDは一般に一次バッファ用のRAMが搭載されていて、一時的なアクセスでは時間がかからないようになっていますが、SSDには一次バッファ用のRAMが搭載されていないのかもしれませんね。 wikipedia. wikipedia. その為、大量のデータの書き込みをすると、消去時間と重なって書き込みに時間がかかり、CPUアクセスが長くなります。 冷却ファンが騒音を発するのは、SSDの特性の為かもしれませんね。 パソコンの騒音の多くはCPUの冷却ファンの音ですが、HDDをSSDに交換した段階で、CPUに過度の負荷がかかっている為に騒音がしていると考えられます。 HDDは一般に一次バッファ用のRAMが搭載されていて、一時的なアクセスでは時間がかからないようになっていますが、SSDには一次バッファ用のRAMが搭載されていないのかもしれませんね。 wikipedia. 爆音ノートPCもありますから、使ってるノートPCも考慮しないと比較にならないかと レッツノート、ThinkPadを使ってますが通常時はとても静かです。 基本的に回り続ける電源ファンが一番の問題ですが、ファンなし電源だと筐体内の温度が 上がるのでCPUファンが回り動作音が上がります。 ACアダプタイプで完全に外部電源に するか、ファンレス無音PC以外には手がなくなるのが現実じゃないかと思います。 自作じゃなく、市販で静かさを求めるならEndeavor ST160EとかもありますがACアダプタ タイプで、静寂性を求めると熱の出るものを筐体内に置けないって事がわかります。 epson.

次の