参議院 選挙 兵庫 選挙 区。 選挙区・比例代表別議員一覧:議員情報:参議院

兵庫選挙区

参議院 選挙 兵庫 選挙 区

区域 [ ]• 歴史 [ ] 時代は、明石市は東播地区で、は阪神地区とともにであった。 導入に伴い、人口配分やが複数運行されていた ことなど地域的なつながりが考慮され明石市と淡路島が同じ区となった。 旧兵庫2区は元をはじめ、のや、、元の、のら有力候補が乱立し、衆議院議長経験者の原も毎回苦戦を強いられ、最下位での当選も珍しくなかった。 小選挙区制導入以降は自民党対、あるいは自民党対系のように、保守系候補同士が当選・次点を争う保守分裂選挙が続いている。 1996年のでは自民党の原健三郎、新進党の宮本一三(自民党を離党しを経て新進党へ合流)の保守同士の対決を宮本が制した(原は)。 2000年の、2003年の総選挙では、自民党現職宮本に(を退官し原の秘書を経た)保守系無所属新人のが挑み、第42回は宮本が制したが、第43回は西村が宮本に比例復活すら許さず、初当選。 その後、宮本は2005年のでは、2009年のではから出馬しているが、いずれも西村に敗れ、比例復活もならず落選した。 2009年の総選挙では自民党に猛烈な逆風が吹き荒れたが、西村は宮本を6万票超の大差で下し、兵庫県の自民党候補で唯一、小選挙区の議席を死守した。 民主党に猛烈な逆風が吹き荒れた2012年ので民主党はを擁立したが西村が圧勝し浜本は比例復活もできず落選した。 2014年のでは民主党が候補を擁立せず西村と共産党候補の一騎打ちになり西村が前回と同じく圧勝した。 第48回衆議院議員総選挙では、籍を持つ菊池が野党統一候補で出馬したが落選した。 小選挙区選出議員 [ ] 選挙名 年 当選者 党派 宮本一三 西村康稔 自由民主党 西村康稔 自由民主党 西村康稔 自由民主党 西村康稔 自由民主党 西村康稔 自由民主党 選挙結果 [ ].

次の

兵庫 開票速報

参議院 選挙 兵庫 選挙 区

ページ番号1004729 更新日 令和1年12月11日 回数 選挙執行日 尼崎市 兵庫県 全国 1 昭和22年4月20日 56. 20 63. 83 61. 12 2 昭和25年6月4日 65. 26 74. 20 72. 19 3 昭和28年4月24日 46. 09 59. 77 63. 18 4 昭和31年7月8日 42. 75 54. 88 62. 11 5 昭和34年6月2日 42. 46 51. 62 58. 75 6 昭和37年7月1日 55. 34 61. 64 68. 22 7 昭和40年7月4日 55. 11 62. 71 67. 02 8 昭和43年7月7日 56. 24 65. 96 68. 94 9 昭和46年6月27日 48. 39 54. 68 59. 24 10 昭和49年7月7日 68. 56 69. 27 73. 20 11 昭和52年7月10日 61. 35 65. 56 68. 49 12 昭和55年6月22日 65. 62 71. 63 74. 54 13 昭和58年6月26日 52. 16 55. 72 57. 00 14 昭和61年7月6日 64. 05 69. 16 71. 36 15 平成元年7月23日 62. 48 65. 01 65. 02 16 平成4年7月26日 46. 39 50. 83 50. 72 17 平成7年7月23日 36. 75 38. 29 44. 52 18 平成10年7月12日 53. 46 56. 95 58. 84 19 平成13年7月29日 50. 01 55. 63 56. 44 20 平成16年7月11日 51. 85 55. 11 56. 57 21 平成19年7月29日 55. 35 56. 61 58. 64 22 平成22年7月11日 53. 07 54. 41 57. 92 23 平成25年7月21日 48. 68 53. 02 52. 61 24 平成28年7月10日 51. 91 53. 74 54. 70 25 令和元年7月21日 46. 27 48. 60 48.

次の

兵庫選挙区

参議院 選挙 兵庫 選挙 区

開票速報一覧・記事の見方• は当選。 候補者名の右に「特定枠」とあるのは、特定枠での当選。 開票途中での当選者は、朝日新聞社の判定による。 得票の少ない候補を当選とする場合がある。 政党の獲得議席数が先に決まるため、 がついた候補者の数と一致しない場合がある。 集計途中では、比例区の政党と候補の得票の合計が政党得票総数と一致しない場合がある。 選挙区の数値は、上段が得票数、下段が得票率。 選挙区での政党の略称は、自民(自由民主党)、公明(公明党)、立憲(立憲民主党)、国民(国民民主党)、共産(日本共産党)、維新(日本維新の会)、社民(社会民主党)、れいわ(れいわ新選組)とし、その他は諸派とした。 ブラウザーや端末によって正しく表示されない場合があります。 選挙特設ページ• 2020年7月5日投開票 都知事選のニュースはこちら。 2019年7月21日投開票 ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的に• 2019年4月 亥年選挙がスタート。 候補者の顔ぶれや開票速報、企画連載も。 2017年10月22日投開票 自民、公明両党で定数の「3分の2」を維持し、与党が大勝。 2017年7月2日投開票 小池氏支持勢力が過半数、自民は過去最低を大きく下回る23• 2016年7月31日投開票 小池百合子氏が増田氏や鳥越氏ら破り、女性初の都知事に• 2016年7月10日投開票 憲法改正に前向きな「改憲勢力」、参院全体で3分の2を超す• 2015年11月22日投開票 大阪知事に松井氏、大阪市長は吉村氏。 ともに「大阪維新の会」公認• 2015年4月 投票率、各地で最低更新 無投票も増加、空洞化示す• 2014年12月14日投開票 自公大勝、3分の2維持 「アベノミクス」継続へ• 2014年2月9日 舛添要一氏が細川護熙元首相らを破る• 2013年7月21日 自公が圧勝、過半数を獲得。 衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態が3年ぶりに解消• 2013年6月23日投開票 自公が全員当選、民主は第4党に転落• 2012年12月16日投開票 自公320議席超、民主は壊滅的敗北。 安倍政権が誕生• 2012年12月16日投開票 石原氏が突然の降板 都知事選に猪瀬直樹氏が初当選.

次の