生姜 皮。 生姜の皮はむくべき?皮ごとはダメ?簡単な皮むき方法を5つ紹介

生姜驱寒治百病 食用生姜去皮与带皮有何不同

生姜 皮

【原形态】姜,多年生草本,高50-80cm。 根茎肥厚,断面黄白色,有浓厚的辛辣气味。 叶,排成2列,无柄,几抱茎;叶2-4mm;叶片披针形至线状披针形,长1 5-30cm,宽1. 5-2. 2cm,先端渐尖,基部狭,叶革鞘状抱茎,无毛。 花葶自根茎中抽出,长15-25cm;椭圆形,长4-5cm;苞片卵形,长约2. 5cm,淡绿色,边缘淡黄色,先端有小尖头;花萼管长约1cm,具3短尖齿;花冠黄绿色,管长2-2. 5cm,裂片3,披针形,长不及2cm,的中间裂片长圆状倒卵开,较花冠裂片短,有紫色条纹和淡黄色斑点,两侧裂片卵形,黄绿色,具紫色边缘;雄蕊1,暗紫色,长约9m,药隔附属体包裹住花柱;子房3室,无毛,花柱1,柱头近球形。 种子多数,黑色。 花期8月。 分布范围 药材基源:为姜科植物姜的根茎的根茎外皮。 拉丁植物动物矿物名:Zingiber officinale Rosc. 采收和储藏:秋季挖取姜的根茎,洗净,用竹刀刮取外层栓皮,晒干。 《本草图经》 【异名】生姜皮 《食疗本草》 ,生姜衣 《江苏植药志》。 【来源】为姜科植物姜的根茎的栓皮。 【采集】秋季挖取姜的根茎,洗净,用竹刀刮取外层栓皮,晒干。 【性状】干燥栓皮,呈卷缩不整齐的碎片,灰黄色,有细皱纹,有的具线状的环节痕迹,常具黄色油点。 质软,有特殊香气,味辣。 【性味】辛,凉。 " 功用主治 行水,消肿。 治水肿胀满。 " 【用法与用量】内服:煎汤,2. 上为粗末。 每服三钱,水一盏半,煎至八分,去滓稍热服之,不拘时候。 切忌生冷油腻坚硬等物。 《食疗本草》 【名家论述】《医林纂要》:"姜皮辛寒,凡皮,多反本性,故寒。 以皮达皮,辛则能行,故治水浮肿,去皮肤之风热。 姜发汗,则姜皮止汗,且微寒也。

次の

生姜皮的功效与作用及食用方法_生姜皮的营养价值及食用禁忌_生姜皮是寒性的吗_苹果绿

生姜 皮

もくじ• wanchan. jpg まずは生姜の皮はむくべきかどうかですが、後ほどご紹介する皮に含まれる栄養面のことを考慮すると、むかずに食べたほうがいいと思います。 これは生姜に限ったことではないですが、野菜・果物の皮のには栄養や食物繊維が多く含まれます。 したがって、料理の栄養を一番に考えるのでば、むかずに食べましょう。 また、生姜をすりおろして使う場合など、ある程度料理の見た目を重視するのであれば、色合い的に皮をむくことが多いのではないでしょうか。 実際のところ、食べれれる方が何を重視するのかによる思いますので、用途に応じて使い分ければよいのではないでしょうか? 生姜の皮のむき方6選!簡単な方法はどれだ? やはり生姜の使い方として一番多いのは、生姜のすりおろしではないでしょうか? 生姜のすりおろしの場合は、見た目も気になると思いますので、皮をむいたほうが色合い的にによいと思います。 では、手順をご紹介します。 cpcdn. jpg? 最終的に皮はむいてしまうので、あまり神経質になる必要はないと思います。 次に実際にむいていきますが、皮は少し湿っていたほうが向きやすいので、拭いたり乾かしたりする必要はありません。 スプーンを使って皮をむく スプーンの端を使って生姜の形に沿って、こそぎ落すように皮をむきます。 この方法で皮だけ無駄なくきれいにむくことができます。 特にたくさん残ってしまった場合や、作り置きする場合などは、適当な大きさに切って小分けにラッピングして冷凍しておくと、使うときに便利だと思います。 冷凍しても香りは、損なわれませんので安心ですよ。 youtube. 私は試したことがありませんが、この動画ではキッチンばさみを使って皮をむいています。 キッチンばさみの刃を分解して、ギザギザのあるほうを使って皮をむいていますね^^ 当然ですが刃の部分はスプーンより長いですので、作業が簡単かもしれませんね。 まず、アルミホイルを程よい大きさに丸めます。 次にこの丸めたアルミホイルを使って、生姜をただこするだけで皮がむけるんです。 アルミホイルの表面がヤスリのような役割を果たすのでしょうかね。 この方法は、刃物を使わない皮のむき方ですので、子どもでも安全にできる比較的簡単な方法といえます。 皆さんはジンジャー・ピーラーを使ったことがありますか?実際のところ、スプーンで十分綺麗に皮がむけるので私は使ったことがないのですが、とても便利そうなので少しご紹介したいと思います。 ジンジャー・ピーラーは、鋭利な刃のナイフで、ごつごつした生姜の細い隙間にも、上手に入り込むようにカーブがついています。 皮むきグローブは手が汚れないというメリットはあるものの、小さなコブがある生姜の場合は皮が残ってしまう部分がでてきてしまうので、あまり向いているとは言えないと思います。 コブの少ない形のよい生姜は全然問題ないんですが・・・。 youtube. この動画では、小さいスプーン(ティースプーン)を使っていますね。 個人的には大きめのスプーンの方がスムーズにむける気がするんですが、しょうがのサイズや、料理するかたの手の大きさも関係すると思います。 また、この動画は解説テロップ(字幕)入りですので、非常に分かりやすく説明されていると思います。 生姜の皮の栄養や食べられる? ここまで生姜の皮のむき方のご紹介をしてきましたが、冒頭で少し触れたように生姜の栄養成分は皮の部分に多く含まれているので、健康効果を活かしたいときは生姜は皮ごと利用したほうがよいといえます。 ジンゲロン:辛味成分で、大変強い抗酸化作用があり、抗菌・殺菌効果、ガン予防、食欲増進効果があるとされている。 ショウガオール:香り成分で、これも強い抗酸化作用があり、血行の促進および脂肪の燃焼効果があるとされている。 ジンギベロール:これも香り成分で、胃を健康に保つ効果や解毒・消臭効果があるとされる。 セスキテルペン:上記のジンギベロールとほぼ同様の効能がある。

次の

生姜,生姜的功效与作用_中药生姜_生姜图片_生姜是什么_A+医学百科

生姜 皮

スポンサードリンク 生姜の皮って食べられるの? 生姜の皮は 食べることができます。 生姜はごつごつしているし、皮が薄いのでむきにくいですよね。 でも、皮も食べられるので、むかなくても大丈夫なんです。 どうしても気になるという方は、生姜自体を食べる場合には皮をむいてもいいかもしれません。 調理に使う場合には皮をむかなくても大丈夫。 生姜の場合、すりおろし、千切り、みじん切り、薄切り、と小さく切って食べることが多いので、 皮がついていても気にならないんです。 生姜の皮って栄養あるの? 皮にも栄養があります。 基本的に、お野菜類は、皮の近くに栄養がたくさんあるといわれているので、皮付きのまま調理したほうが、栄養を無駄なく取ることができます。 最近は、生姜が注目されていて、お料理雑誌で特集が組まれたり、生姜専門のレシピ本も出たりしているほどです。 生姜には、ジンゲロール、ショウガオール、という血行をアップしたり、体を温めたり、殺菌作用の効果が期待できる成分が入っているんです。 ジンゲロール 生の生姜に多く含まれる成分です。 スポンサードリンク 生姜の選び方と切り方と保存方法 生姜には、8-9月の収穫してすぐ店頭に並ぶ 新生姜、保管期間を設けた、 ひね生姜の二種類を見かけるかと思います。 今回は、一年通して購入できる、ひね生姜のことをメモします。 選び方 お店で選ぶ際には、 表面に 傷がなく、 つやがあり、 ふっくらしているものを選びましょう。 乾燥しているものは筋が多いことがあります。 生姜は、体の温め効果だけでなく、お魚やお肉の臭みとりとしても使われます。 一度に使う量は少ないし、せっかく買っても使い切れないかも、と気になるところ。 でもご安心を。 生姜は、冷凍保存することができるんです。 生姜の切り方、冷凍保存の方法をご紹介します。 切り方 一片ってどのくらい? レシピを見ていると出てくるこの表現。 生姜の細くなっているところで切り、使いやすいサイズにしたものが一片です。 切り方の違い 生姜は、切る向きによって、香りや味の出方が変わってきます。 point繊維に逆らう 生姜の筋を切る方向に切ると、味が強くなる傾向があります。 point繊維に沿う 生姜の筋と同じ方向に切ると、香りが強くなる傾向があります。 お料理別の切り方 pointせん切り お料理の付け合わせや、サバの味噌煮等に使用します。 生食する場合には、切った後にたっぷりの水にさらして、辛味とあくを取ってあげましょう。 pointみじん切り 薄切りよりも香りがアップします。 香りを楽しみたいお料理に向いています。 加熱すると焦げやすいので、火にかける前にフライパンに入れ、香りが立ってくるまで焦げないように加熱するのがポイントです。 pointすりおろし 食感をなくしたいときに使用します。 から揚げなどの漬け込み料理に向いています。 pointしぼり汁 生姜の風味をつけたいときに絞り汁のみ使うことがあります。 これからの時期、お鍋に大活躍する、とり団子に入れるとよりおいしくなります。 保存方法 冷凍保存方法 一度に使い切れない場合は、すりおろし、みじん切りにした状態で冷凍保存します。 一回分ずつ小分けしてラップで包んでおくと便利です。 切る前は常温保存 生姜は1年中出荷されているので、いい環境であれば1年は保存できます。 ただ、自宅で農家さんが保存している環境を作り上げるにはちょっと無理があります。 品質にも違いがあるので、保存期間も一概には言えませんが、 point密閉して常温保存 point夏場は密閉して野菜室 と八百屋さんが長持ちする方法を教えて下さいました。 生姜の皮ごと食べられるお手軽料理って? ホットミルクに入れてジンジャーミルクに! 寒くなると飲みたくなるホットミルク。 生姜を入れて温め効果をアップしましょう! 鍋に牛乳を200ml、薄切り生姜をいれて加熱します。 沸騰させないように気を付けましょう。 お好みで、はちみつで甘みをつけたらほっと一息つけるホットドリンクの完成! 米麹で作った甘酒を入れるのもおすすめです。 米麹の甘酒は、飲む点滴と言われることも。 生姜と甘酒パワーで、免疫力をアップしましょう! スープであったかごはん! スープにしょうがを入れるだけで、普段のスープがぽかぽかお料理に大変身! 今回ご紹介するのは、中華スープです。 中華スープを入れた鍋に、長ネギ、生姜のせんぎりを入れて加熱します。 これだけでも体が温まるスープの完成! お好みで、春雨、ニラを入れると、食べ応えも彩もアップします。 ニンジン、白菜、餃子などを追加して具だくさんにしたら、立派なおかずの完成です! お家にある調味料と合わせて、生姜調味料の完成! 生姜を使って調味料を作っておくと便利です。 みじん切り生姜を一片分• しょうゆ100ml• 砂糖大さじ2• 酢大さじ1• すりごまをお好みの量 混ぜ合わせたら、万能調味料の完成です。 お鍋のつけだれにしたり、サラダや豚しゃぶにかけたりお野菜と一緒でもおいしいですし、ごはんに混ぜるのもおすすめです。 豚肉を炒めたところにこの調味料をかけたら、お酢でさっぱり生姜焼の完成! 色んなお料理にお試しください。 まとめ 今回は、薬味や臭みとりとしても使用されることの多い生姜を、よりおいしく食べられる下処理方法から、簡単にできるレシピをご紹介しました。 これからますます寒くなる季節。 生姜を積極的に取って、体を温め、免疫力をアップして健康に過ごしましょう!.

次の