ロマサガ 水着。 【ロマサガRS】「キャプテンシルバーと玄竜の秘宝」の攻略

【ロマサガRS】「キャプテンシルバーと玄竜の秘宝」の攻略

ロマサガ 水着

役割:ヒーラー・素早さデバフ 再生光の圧倒的な回復力と状態異常回復 回復呼吸で自身が倒れにくく、高い精神で状態異常になりにくいのも大きな強み。 BP6威力Bで知力デバフ、サブヒーラーなど持てる役割が非常に豊富。 継承込で単体性能も高く、特にやきつくすは、火力以前に気絶でワンパンを狙える。 自動でかばうためオートでも活躍できる。 かっちかちで1ターン目の耐久力が特に高く、2ターン目以降も攻防一体で被ダメ軽減バフを付与できる。 3ヒット攻撃やカウンターで殲滅力もある。 炎疾歩で熱引率のような運用も可能。 継続的な殲滅力が最強クラスで、周回性能に非常に特化している。 手動なら金剛神掌で陽アタッカーとしても起用できる。 特に短期決戦においては唯一性が高い。 回復呼吸での耐久力も魅力。 役割:打アタッカー・陽アタッカー 開幕のBPが12になるのが最大の特徴。 他にも2ターン目飛ばしでBP9技2回や、サブミ3連打などの唯一性の高い運用も可能。 定番のBP6技ループ以外にも、複合属性でファスト付き全体攻撃が周回で活躍。 マタドールで回避カウンターも可能。 継承込みで腕力、知力どちらのデバフにも対応できる厚いサポート性能 役割:陽アタッカー Aからライトボールを継承し、オートでも高頻度で全体攻撃が可能。 コウメイと同様に引率役として活躍。 ぶった斬りでの低コスト縦一列攻撃運用も魅力で、威力が高いためクエストによってはミラステより優位性あり。 ぐっとがまんで1度は必ず耐えるため、BP切れ事故をケアできる。 役割:斬アタッカー 3ターンで2回確定で使える水鳥剣が便利な高腕力の大剣アタッカー。 V-インパクトの瞬間火力も優秀で、BP2威力Cの半月と、継承の月閃も合わせてトップクラスの継続火力も誇る。 茜舞でアセルスに次ぐ2人目の斬ボーラーに。 開幕威力SSの富岳温泉から大木断ループで単体火力も非常に高い。 役割:斬アタッカー パワーチャージで開幕威力SSS技で瞬間火力が叩き出せる大剣スタイル。 発動できる無月散水は全技の中でトップの威力73を誇る圧倒的な瞬間火力要員。 特に単体ボス戦を短期決戦に持ち込むために優秀。 今後の追加スタイルにも期待。 BP8威力SSのツバメ返しやブルクラでWeak時の継続火力はトップクラス。 役割:打アタッカー LP99でLP削り攻撃に強く、高い精神とデトックスで状態異常にも強い。 開幕威力SSSで高い瞬間火力を持つ 役割:打アタッカー・冷引率 エミリアなどの強力な打アタッカー追加で、打での唯一性は薄れてきましたが、何かと便利な低コスト冷縦や、回避カウンターなど他の役割も多い。 ダブルヒットを継承することで、打属性では跳弾に次ぐ威力Aループが可能になり、継続火力は打アタッカーでもトップクラス。 大震撃で開幕全体攻撃も可能。 役割:突アタッカー・陽アタッカー リニアクロスで突、陽弱点に高火力が出せるスタイル。 円舞剣継承で開幕全体攻撃も可能。 役割:突アタッカー アクセルスナイパーでの継続火力が高いスタイル。 継承した円舞剣で開幕全体攻撃も魅力。 役割:ヒーラー・混乱付与 生命の水で味方を回復し、自身は回復呼吸で継戦力が高めのヒーラースタイル。 現状希少な混乱付与をBP5で行うことができるのが強力。 役割:ヒーラー・マヒ付与 生命の水で回復や、継承した召雷でマヒ付与などサポートに特化したスタイル。 大召雷の全体マヒは高難度でまとめて敵を止めたい場合に役立つ。 役割:ヒーラー・冷アタッカー 希少な冷アタッカーで、生命の水を継承させればヒーラーとしても活躍可能。 練気高揚で高頻度のジャベリンが強力。 役割:突回避カウンター カウンター強化でカウンター攻撃が高火力 手動時は風車で直接攻撃に高火力の回避カウンターが可能。 反攻回避とも高相性。 ハロウィンようせいが実装され、縦一列攻撃運用が可能になり利便性が増した。 ヒーラー性能を持ちながら、斬アタッカーとして火力も出せるのが優秀。 役割:斬アタッカー・雷アタッカー 稲妻スラッシャーで斬、雷弱点に超火力を叩き出す大剣スタイル。 オートでは基本開幕の1回きりになるため短期決戦で活躍。 斬弱点にはスマッシュで継続火力も。 主な役割:斬アタッカー・斬引率 温泉アイシャから茜舞を継承することで、開幕から7ターン連続で全体攻撃ができる斬引率キャラに。 主な役割:斬アタッカー・斬引率 アワードエレンからぶった斬りを継承することで、開幕から3ターン連続で威力D縦一列攻撃ができる斬引率キャラに。 役割:斬アタッカー・体力デバフ かぶと割りを継承させれば高い継続火力に加え、体力デバフで火力サポも。 メガホークで開幕全体 役割:斬アタッカー Sから継承できるブルクラッシュで継続火力が高い斬アタッカー。 高めの体力と吸収攻撃で継戦力が高いのも大きな魅力。 流し斬りで腕力デバフも。 役割:斬アタッカー マルチウェイを継承させて手動、オート両方でトップクラスの継続火力を誇る。 手動時は構えでBP回復ができる。 現状唯一無二の威力S全体はR杯で刺さる。 役割:打アタッカー・回避カウンター パワーチャージで開幕威力SSS技で瞬間火力が叩き出せる棍棒スタイル。 アビリティのヘイトアップから回避カウンターや、継承で開幕全体や威力C連打で継続火力、腕力デバフなども 主な役割:腕力デバフ 骨砕きの腕力デバフとアビリティの能力弱体で2重の腕力デバフを付与できるスタイル。 役割:打アタッカー 打弱点に対して超火力を叩き出す銃スタイル。 跳弾での継続火力が非常に高い。 基本が間接攻撃のため、カウンター対策ができるのも魅力。 役割:打アタッカー サブミループが可能な体術スタイルで吸収攻撃持ち。 継戦力が非常に高く、R杯ではジェントルタッチで半不死身になることも。 3属性で攻撃できる点も強力。 脳天割りで打アタッカーの中でもトップクラスの継続火力を誇る上、知力デバフも可能。 継承で腕力デバフも。 役割:突アタッカー 全キャラでもトップクラスの腕力を持つ槍アタッカー。 突で唯一威力SSS技を持つ男。 螺旋突きでの継続火力も大きな強み。 耐久しつつ腕力上昇で火力を底上げ。 役割:突引率・突アタッカー アローレインからでたらめ矢に繋がる突引率力が魅力のスタイル。 ビーストスレイヤー継承で連射の瞬間火力含め単体火力も出せる。 役割:スタン、マヒ、魅了付与 状態異常付与に特化したスタイル。 高い素早さでマヒやスタン、魅了が付与できる。 複数の状態異常を選択する場面では唯一無二の活躍も。 役割:パリイ 敵の攻撃を全て回避するパリイ持ちのスタイル。 高めの体力で落とされにくく、ラウンド開始時に自己回復することも。 役割:ヒーラー 回復強化IIが乗る再生光で回復量が多く、鉄壁の守りや吸収効果でSながら多少耐久力もある。 BP8で使用できる威力SS打単体が魅力。 役割:マヒ、スタン付与 Aから影縛りを継承して最強のマヒ役になるスタイル。 マヒが付与できる場合の攻略難易度を一気に下げる。 スタン付与も可能な点が大きな魅力。 最強キャラランキングの評価基準 周回性能の高さは高く評価 ロマサガRSは 周回要素が8~9割を占めるゲームです。 そのため当サイトでは、スタイルに評価を付ける上で、周回性能の高さは特に比重を大きく見積もっています。 また、単一の役割に特化しているよりも、BP調整してでも 様々な運用ができるスタイルを高く評価しています。 強力な唯一性は特に高評価 ほかのスタイルでは代用が効かない 規格外の唯一性は特に高く評価しています。 ただし、唯一無二でできることの汎用性が重要で、活躍の場面が多いものに限ります。 現環境の高難度で活躍するスタイルも評価 現環境の 高難度クエストで活躍しているスタイルも評価ポイントの一つです。 ただし、当サイトのランキングでは、高難度でのみ大活躍するよりも、 周回から高難度まで幅広く活躍できる方が基本評価が高いです。 ただし、能力上げ周回など、全体的に周回に費やす時間の方が圧倒的に多いため、どちらかというと周回性能の高さの方に評価ウェイトを重く置いています。

次の

『ロマサガ3』水着エレンが『インサガEC』参戦。入手方法はなんと!?

ロマサガ 水着

アザミ覚醒失敗 まずはこちらを見て頂きたい。 初手、千手観音マンのアザミです。 同じ覚醒をしているプレーヤーもいるのではないでしょうか。 この覚醒は世間では、 覚醒失敗とよく言われております。 何もいじらないほうがいい。 という意見が多い印象。 わたしの場合は、「 これが強い」と思って覚醒したわけではありません。 錬気掌をBP10に覚醒 事の発端は、錬気掌をBP10にしてしまったこと。 当時Sアザミを持っていなかったので、「 サブミッションが使えないならせめて初手で全体攻撃させよう」とためらいなく覚醒しました。 ところがハーフアニバーサリーの復刻ガチャで、SアザミをGET。 サブミッションが使えるようになりました。 全体攻撃の後に、通常攻撃とサブミッションの繰り返し。 まあこれでもいいかなと思っていました。 錬気掌をBP9、千手観音をBP10へと覚醒 ところが、6月下旬に登場したバーニィイベント。 これ、初手で錬気掌を撃つとほぼ勝てません。 アザミを使わなければいいだけの話ですが、やはり最強クラスの火力を持つサブミッション使い。 使いたいじゃないですか。 泣く泣く 錬気掌BP9、千手観音BP10へと覚醒。 結局SSアザミの覚醒の正解は? ・初手、サブミッション ・初手、錬気掌 ・初手、千手観音 どれも有力で、それなりに強い。 しかし、1度覚醒してしまうと元には戻せないことから、何もいじらず様子見。 というのが無難な選択でした。 水着アザミは覚醒の失敗を帳消しにできる 水着アザミの技構成には、すでにサブミッションがあります。 そして大技のジョルトカウンターは防御技のため、全力Autoでは使いません。 つまり、継承なしならサブミマン、錬気掌継承なら錬気マン、千手観音なら千手マン。 と初手で全ての選択肢が取れます。 従来のSSアザミをどう覚醒していようが関係ありません。 この点がすごく有用だと思いました。 火力もほぼ変わらず 通常のSSアザミと水着のSSアザミ。 どちらも勇健強撃とテンションアップ持ちで、火力に関するアビリティ構成は変わりません。 また、スタイル補正の腕力と素早さもほぼ一緒です。 つまり、 水着アザミに技を継承したからといって火力が落ちることはありません。 唯一のデメリット すでに通常のSSアザミのスタイルレベルが50の場合は、水着アザミもスタイルレベル50にしないと同程度の火力にはなりません。 ピースを集めるのが面倒であることがデメリットです。 ただ「限界突破が面倒」というのは全キャラに共通することなので、アザミだけのデメリットではないですね。 まとめ.

次の

【ロマサガRS】最強キャラランキング【UDXガチャ追加!】

ロマサガ 水着

アザミ覚醒失敗 まずはこちらを見て頂きたい。 初手、千手観音マンのアザミです。 同じ覚醒をしているプレーヤーもいるのではないでしょうか。 この覚醒は世間では、 覚醒失敗とよく言われております。 何もいじらないほうがいい。 という意見が多い印象。 わたしの場合は、「 これが強い」と思って覚醒したわけではありません。 錬気掌をBP10に覚醒 事の発端は、錬気掌をBP10にしてしまったこと。 当時Sアザミを持っていなかったので、「 サブミッションが使えないならせめて初手で全体攻撃させよう」とためらいなく覚醒しました。 ところがハーフアニバーサリーの復刻ガチャで、SアザミをGET。 サブミッションが使えるようになりました。 全体攻撃の後に、通常攻撃とサブミッションの繰り返し。 まあこれでもいいかなと思っていました。 錬気掌をBP9、千手観音をBP10へと覚醒 ところが、6月下旬に登場したバーニィイベント。 これ、初手で錬気掌を撃つとほぼ勝てません。 アザミを使わなければいいだけの話ですが、やはり最強クラスの火力を持つサブミッション使い。 使いたいじゃないですか。 泣く泣く 錬気掌BP9、千手観音BP10へと覚醒。 結局SSアザミの覚醒の正解は? ・初手、サブミッション ・初手、錬気掌 ・初手、千手観音 どれも有力で、それなりに強い。 しかし、1度覚醒してしまうと元には戻せないことから、何もいじらず様子見。 というのが無難な選択でした。 水着アザミは覚醒の失敗を帳消しにできる 水着アザミの技構成には、すでにサブミッションがあります。 そして大技のジョルトカウンターは防御技のため、全力Autoでは使いません。 つまり、継承なしならサブミマン、錬気掌継承なら錬気マン、千手観音なら千手マン。 と初手で全ての選択肢が取れます。 従来のSSアザミをどう覚醒していようが関係ありません。 この点がすごく有用だと思いました。 火力もほぼ変わらず 通常のSSアザミと水着のSSアザミ。 どちらも勇健強撃とテンションアップ持ちで、火力に関するアビリティ構成は変わりません。 また、スタイル補正の腕力と素早さもほぼ一緒です。 つまり、 水着アザミに技を継承したからといって火力が落ちることはありません。 唯一のデメリット すでに通常のSSアザミのスタイルレベルが50の場合は、水着アザミもスタイルレベル50にしないと同程度の火力にはなりません。 ピースを集めるのが面倒であることがデメリットです。 ただ「限界突破が面倒」というのは全キャラに共通することなので、アザミだけのデメリットではないですね。 まとめ.

次の