オセロ ニ アイビル イーター。 【オセロニア】アエーシェマ|評価・闘化・ステータス・スキル

【オセロニア】シェイドの評価とおすすめデッキ|ゲームエイト

オセロ ニ アイビル イーター

この記事のもくじ• オセロニア アンタレス 評価・特徴 総合評価 キャラ 総合評価 アンタレス 3点/5点 特徴・使い方 決戦イベントでゲットできる魔属性のA駒。 序盤に手駒に来たらそこそこ使えますが、総合的な性能を考慮すると、ガチデッキのスタメン入りは厳しいと思います。 特徴は1ターン毎に毒ダメージが増えていく毒スキルです。 同じく決戦イベントでゲットできる毒スキルを搭載したA駒と比べてみました。 盤面に置いた以降のターン アンタレス ファウスト ダメージ 累積ダメージ ダメージ 累積ダメージ 1 250 250 400 400 2 300 550 400 800 3 350 900 400 1200 4 400 1300 400 1600 5 450 1750 400 2000 6 500 2250 400 2400 7 550 2800 400 2800 8 600 3400 400 3200 このように7ターン目で、累積の毒ダメージはファウストと並びます。 以降は差が開いていく一方です。 序盤に手駒にこないとスキル性能を最大限に発揮できないのは大きな弱点かなと思います。 マス変換のコンボスキルも、あまり高性能とは言えませんね。 評価は5点中3点にしました。 毒デッキでの毒駒使うのであれば手駒運もありますが、バンシーやファウスト、などの固定ダメージを与える毒駒を使う方が安定する思います。 進行系の毒スキルを搭載した駒を使うのであれば、S駒のやをリーダーにして使うのがよいでしょう。 与えるダメージは毎ターン50ずつ上昇する。 Lv2 毒:盤面で表になっている間、毎ターン100の毒ダメージを相手に与える。 与えるダメージは毎ターン50ずつ上昇する。 Lv3 毒:盤面で表になっている間、毎ターン150の毒ダメージを相手に与える。 与えるダメージは毎ターン50ずつ上昇する。 Lv4 毒:盤面で表になっている間、毎ターン200の毒ダメージを相手に与える。 与えるダメージは毎ターン50ずつ上昇する。 Lv5 毒:盤面で表になっている間、毎ターン250の毒ダメージを相手に与える。 与えるダメージは毎ターン50ずつ上昇する。 コンボスキル スキル 赤い光 最大Lv 3 Lv1 マス変換:盤面の特殊マス以外のマスをランダムで1個魔属性マスに変換する。 Lv2 マス変換:盤面の特殊マス以外のマスをランダムで2個魔属性マスに変換する。 Lv3 マス変換:盤面の特殊マス以外のマスをランダムで3個魔属性マスに変換する。

次の

【オセロニア】イビルイーター(激級)の攻略とおすすめデッキ【最凶】|ゲームエイト

オセロ ニ アイビル イーター

この記事のもくじ• オセロニア アンタレス 評価・特徴 総合評価 キャラ 総合評価 アンタレス 3点/5点 特徴・使い方 決戦イベントでゲットできる魔属性のA駒。 序盤に手駒に来たらそこそこ使えますが、総合的な性能を考慮すると、ガチデッキのスタメン入りは厳しいと思います。 特徴は1ターン毎に毒ダメージが増えていく毒スキルです。 同じく決戦イベントでゲットできる毒スキルを搭載したA駒と比べてみました。 盤面に置いた以降のターン アンタレス ファウスト ダメージ 累積ダメージ ダメージ 累積ダメージ 1 250 250 400 400 2 300 550 400 800 3 350 900 400 1200 4 400 1300 400 1600 5 450 1750 400 2000 6 500 2250 400 2400 7 550 2800 400 2800 8 600 3400 400 3200 このように7ターン目で、累積の毒ダメージはファウストと並びます。 以降は差が開いていく一方です。 序盤に手駒にこないとスキル性能を最大限に発揮できないのは大きな弱点かなと思います。 マス変換のコンボスキルも、あまり高性能とは言えませんね。 評価は5点中3点にしました。 毒デッキでの毒駒使うのであれば手駒運もありますが、バンシーやファウスト、などの固定ダメージを与える毒駒を使う方が安定する思います。 進行系の毒スキルを搭載した駒を使うのであれば、S駒のやをリーダーにして使うのがよいでしょう。 与えるダメージは毎ターン50ずつ上昇する。 Lv2 毒:盤面で表になっている間、毎ターン100の毒ダメージを相手に与える。 与えるダメージは毎ターン50ずつ上昇する。 Lv3 毒:盤面で表になっている間、毎ターン150の毒ダメージを相手に与える。 与えるダメージは毎ターン50ずつ上昇する。 Lv4 毒:盤面で表になっている間、毎ターン200の毒ダメージを相手に与える。 与えるダメージは毎ターン50ずつ上昇する。 Lv5 毒:盤面で表になっている間、毎ターン250の毒ダメージを相手に与える。 与えるダメージは毎ターン50ずつ上昇する。 コンボスキル スキル 赤い光 最大Lv 3 Lv1 マス変換:盤面の特殊マス以外のマスをランダムで1個魔属性マスに変換する。 Lv2 マス変換:盤面の特殊マス以外のマスをランダムで2個魔属性マスに変換する。 Lv3 マス変換:盤面の特殊マス以外のマスをランダムで3個魔属性マスに変換する。

次の

【オセロニア】魔天・ルエド|評価・闘化・ステータス・スキル

オセロ ニ アイビル イーター

この記事のもくじ• オセロニア ルエド 評価・特徴 総合評価 キャラ 総合評価 魔天・ルエド [進化] 3点[闘化] 4点 特徴・使い方 なんと!声優としてGACKTがオセロニアに降臨! 2017年7月31日から闘化が実装されました。 イベントの攻略方法に関する記事はこちら。 登場した当初はヘイランやスパルムがまだいなかったため、リーダーで使うプレイヤーが多く、それなりに活躍してくれた駒でしたが、毒スキル持ちキャラが増えた現在の環境では、やや微妙な存在になっています。 S駒としては、毎ターン600の毒ダメージはやや物足りないです。 毒スキルを活かしたデッキの場合、ヘイランやスパルム、もしくは闘化ヨシノをリーダーにしたデッキが最適です。 そうすると、毒スキル持ちのS駒を編成したい場合、手駒にくるのがバトル後半になる可能性もあるので、瞬間的な毒ダメージが高いアズリエルや闘化ドルシーのようなタイプのほうが効果的に使えると思います。 コンボスキルはライフバースト系で、S駒の中ではやや効果が低めですが、使いやすいスキルだと思います。 評価は5点中3点にしました。 4点にするか迷いましたが、現在の環境ではやや力不足という印象です。 【闘化】[魔天の皇神]ルエドの特徴・使い方 「ターン開始時、盤面に自分の魔駒が2枚以上の時」というスキル発動条件付きで、毎ターン800の毒ダメージを与えるスキルを持ったキャラ。 ドュルジのスキルのように「ターン開始時、盤面に自分の魔駒が3枚以上の時」という発動条件であればかなり厳しかったですが、「ターン開始時、盤面に自分の魔駒が2枚以上の時」というスキル発動条件は対人バトルでも実用可能かなといった印象です。 3枚以上の時と2枚以上の時という発動条件の違いは大きいです。 リーダーにするような駒ではないので、スキル発動条件はそこまで大きな足枷にはならないと思います。 残念なのはコンボスキルです。 吸収スキルの効果 1100 は魅力的ですが、「1枚ちょうどひっくり返せる時」という発動条件が厳しいです。 もう少しコンボスキルが使いやすければ、かなり強力なキャラクターだったのに残念です。 評価は5点中4点にしました。 3点にするか迷いましたが、発動条件こそあるものの、毎ターン800の毒ダメージは魅力的です。 現在の環境では、毒スキル持ちのS駒は瞬間的なダメージを出せる駒のほうが活躍できると思います。 効果:Lv2 毒:盤面で表になっている間、毎ターン500の毒ダメージを相手に与える。 効果:Lv3 毒:盤面で表になっている間、毎ターン600の毒ダメージを相手に与える。 コンボスキル スキル 月の蜃気楼 【進化前】最大Lv 2 【進化】最大Lv 3 効果:Lv1 特殊ダメージ:自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大2000の特殊ダメージを与える。 効果:Lv2 特殊ダメージ:自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大2500の特殊ダメージを与える。 効果:Lv3 特殊ダメージ:自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大3000の特殊ダメージを与える。 スキル上げ もったいないのでスキル上げにフェアリーは使わないように! 1体ずつ合成するのが、最も効率的ですね。 盤面で表になっている間、毎ターン600の毒ダメージを相手に与える。 効果:Lv2 [リンク]毒:ターン開始時、盤面に自分の魔駒が2枚以上の時に発動できる。 盤面で表になっている間、毎ターン700の毒ダメージを相手に与える。 効果:Lv2 [リンク]毒:ターン開始時、盤面に自分の魔駒が2枚以上の時に発動できる。 盤面で表になっている間、毎ターン800の毒ダメージを相手に与える。 コンボスキル スキル 天鳴の断末魔 【闘化】最大Lv 3 効果:Lv1 吸収:1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。 相手HPを900吸収し、自分のHPを回復する。 効果:Lv2 吸収:1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。 相手HPを1000吸収し、自分のHPを回復する。 効果:Lv3 吸収:1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。 相手HPを1100吸収し、自分のHPを回復する。 スキル上げ フェアリーを使わず、闘化ルエド同士で合成するのがベストです。

次の