タナトス の 誘惑 小説。 【YOASOBI/夜に駆ける】歌詞の意味を解釈!「タナトスの誘惑」の世界に寄り添ったナンバーを解説。

【YOASOBI/夜に駆ける】歌詞の意味を解釈!「タナトスの誘惑」の世界に寄り添ったナンバーを解説。

タナトス の 誘惑 小説

YOASOBIは音楽を努める 「Ayase」とボーカルを担当する 「幾田りら」で構成された音楽ユニットであり、本楽曲のアニメーションイラストは 「藍にいな」が担当しています。 第一章「夜に駆ける」公開されました。 原作小説「タナトスの誘惑」の世界を、藍にいな さんによる最高のMVと一緒に形にさせていただきました。 綴られているように 「夜に駆ける」は、星野舞夜が手掛けた小説「タナトスの誘惑」が元になっています。 私の本楽曲との出会いはYouTubeのおすすめでした。 色彩の良いイラストに釣られて再生をクリックし、鮮やかな鍵盤と幾田さんの歌声に一撃で魅了された私ですが、ルーツを調査し小説の世界観を歌で表現していると知って更に感激しました。 だからこそ味わい深いストーリーが生まれていたのだなと。 物語の全容を知れば感じ方も変わってきます。 それでは本題の楽曲考察に移っていきましょう。 まずはタイトルから。 楽曲名「夜に駆ける」とは 「夜に駆ける」とはそのままの意味だと 夜を疾走する。 となるのですが、実は本楽曲においては 二人で飛び降りていくさま を比喩する言葉として使われています。 MVを見ると分かるのですが、まさにクライマックスのシーンと重なります。 衝撃的なラストシーンに辿り着くまでの情景とは? 本題の歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ もう嫌だって疲れたんだって がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君 もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ ほらまたチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 君の為に用意した言葉どれも届かない 「終わりにしたい」だなんてさ 釣られて言葉にした時 君は初めて笑った 騒がしい日々に笑えなくなっていた 僕の目に映る君は綺麗だ 明けない夜に溢れた涙も 君の笑顔に溶けていく 変わらない日々に泣いていた僕を 君は優しく終わりへと誘う 沈むように溶けてゆくように 染み付いた霧が晴れる 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に 差し伸べてくれた君の手を取る 涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく 繋いだ手を離さないでよ 二人今、夜に駆け出していく 作詞作曲:Ayase スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 前提として 楽曲の基本情報の欄でも述べたように、「夜に駆ける」は原作小説「タナトスの誘惑」が元になっているため、そちらをご覧いただくことで歌詞の解像度がグッと上がります そのため今回の考察では、 歌詞と小説をリンクさせて解説させて頂きました。 小説の要点もおさえつつ解釈を行っています。 感想的な要素も強く入っちゃいました では、歌詞を細かく見ていきましょう。 1番 沈むように溶けてゆくように 二人だけの空が広がる夜に まるでこの世界に二人だけしか存在しないと思えるような妖艶な夜。 これが本楽曲の舞台。 情景はどのように展開されていくのでしょうか。 歌詞を追っていきます。 「さよなら」だけだった その一言で全てが分かった 日が沈み出した空と君の姿 フェンス越しに重なっていた まず前提として押さえておきたいポイント。 原作小説「タナトスの誘惑」の中では 生に対する欲動に支配される人間と、死に対する欲動「タナトス」に支配される人間が存在する。 そしてタナトスに支配されている人は「死神」が見える。 死神は、それを見る者にとって1番魅力的に感じる姿をしていて、それはまさに「理想の人」の姿をしている。 という世界設定があります。 ちなみに楽曲の主人公が好意を寄せている君 彼女 は、タナトスに支配されています。 だから「さよなら」と主人公に連絡しては、高いところから飛び降りようとする。 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ いつだってチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそうでも ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる 原作小説で描かれていましたが、主人公と君が関係を持ったのも、飛び降りようとする君を引き止めたことがきっかけでした。 はじめて君を見た日、主人公は奇々怪界な雰囲気を感じながらも、どこか闇のある君に何故か自然と惹かれていきます ここは物語最後の伏線 飛び降りようとする君とそれを引き止める僕。 それを繰り返すことで主人公はいつか円満な二人の未来が訪れると確信しています。 だから付き合って以降も何度も君を引き止める。 サビ1 騒がしい日々に笑えない君に 思い付く限り眩しい明日を 明けない夜に落ちてゆく前に 僕の手を掴んでほら 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も 抱きしめた温もりで溶かすから 怖くないよいつか日が昇るまで 二人でいよう サビ1では、• 僕の手を掴んでほら• 怖くないよ• 二人でいよう など前向きな言葉が綴られていく。 なぜなら毎回「さよなら」と連絡を送ってくる君の行動から「君は自殺を引き止めて欲しいのでは?」と読み取っているから。 君が生を望んでいると勝手に解釈しているから、キラキラした温かい世界に誘おうとしているのです。 全ては 「魅力的な君」のため。 二人で手を取り合えば、俗に言う「幸せ」に近づいていけると信じて疑っていないのです。 完全に「タナトスの誘惑」の世界観に寄り添っていることが分かります。 原作を読んだ方は既にご存知かと思いますが、ここからのクライマックスまでのどんでん返しがすごい。 2番 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 信じていたいけど信じれないこと そんなのどうしたってきっと これからだっていくつもあって そのたんび怒って泣いていくの それでもきっといつかはきっと僕らはきっと 分かり合えるさ信じてるよ はじめに紹介したように、 「タナトス」である君は 死神 自分の中で最大の理想像 が見えています。 君は自分には憂いの表情しか見せてくれないのに、死神には恋をしているような表情をする。 自分との態度の違いに苛立ちや焦りを感じながらも、やはり君への想いは解けないから 「いつか分かり合える」と必死に言い聞かせています。 歌詞にあるのはまさにその情景。

次の

#稲荷崎 #侑北 タナトスの誘惑

タナトス の 誘惑 小説

原作小説で描かれている物語を歌詞と曲、映像でより物語や曲の世界を具体的に表現し発信している2人組音楽ユニット・「YOASOBI」。 今までも数々のバンドやグループが、アニメ化や映画化の主題歌で原作作品の世界感を表現してきていますが、YOASOBIはそれ以上をやってのけてしまったのではないでしょうか? 彼らのデビュー作『夜に駆ける』は、その位ネット界隈に衝撃を与えました。 原作小説の世界感が詰まった歌詞とキャッチーな曲調、そしてどこか物憂げなミュージックビデオは、1度見聞きしたら頭から離れられません。 原作小説さながら、歌詞やミュージックビデオには謎が秘められています。 曲名の『夜に駆ける』とは何なのか? 「僕」と「君」のラストはどうなってしまうのか? ミュージックビデオの右上の数字は何なのか? その謎を考えるのも楽しみの1つになっています。 com」に投稿された小説をコンセプトにしています。 デビュー作『夜に駆ける』の原作は、星野舞夜さんが書いた『タナトスの誘惑』という恋愛小説です。 物語は2~3分あれば読めてしまうほどの短いお話。 主人公・「僕」の目線で語られていて、「君」に恋をする「僕」の様子は幻想的なようで現実にも近いような不思議な感覚になり、最後の畳みかけるようなセリフと心情は圧巻です。 その『タナトスの誘惑』の最後の一文「夜空に向かって駆け出した」からタイトルがつけられたのだと思います。 「タナトス」とは「死に対する欲動」、死に支配されていること。 「僕」が一目惚れをした「君」は、死に支配されている人間で、「僕」はそんな「君」を毎回止めますが、ある日変化が起きます。 まさにそれは「死の誘惑」のようでした。 あらすじ 主人公・「僕」は、「君」からの連絡を受け自宅マンションの屋上に駆けて行きます。 実はこれが初めてではなく、4回目の呼び出しです。 「僕」は「君」に恋心を抱いていてその度に止めますが、「君」はまるで死というものに恋をしているようで「僕」の言葉は届きません。 「君」と一緒にいたい「僕」と、消えたい「君」。 伝えても伝わらない思いに「僕」の焦りは膨らむばかりです。 ミュージックビデオが進む度に右上の数字も進んでいく・・・なんとも不思議ですよね。 実はこれ、「ページ数」を表しているのです。 目線を少しずらして左上の方を見ると、こちらは「第一章」と書かれています。 原作小説をコンセプトにしているからこそ作品数を「章」と数え、ミュージックビデオが進むという事はお話も進むと言う事なので、右上にはページ数を表記したのだと考えられます。 ブラック会社に勤めながら独りきりで寂しく暮らしていた僕にとって、彼女はまるで天から舞い降りた天使のようだった。 出典 歌詞には「ブラック会社」というワードは出てきませんが、「心無い言葉うるさい声に涙が零れそう」という言葉から連想する事が出来ます。 「僕」の心が今にも潰されそうなのが痛いほど伝わってきますね。 そして、「天使」というワードも歌詞には出てきません。 おそらく「ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる」の部分だと思います。 特に私は「ありきたりな喜び」という箇所に「希望」のようなものを感じ、心が潰されそうな「僕」にとって「君」は人生に希望をくれる存在であり、また、「僕」も「君」の希望になりたいという風にこの歌詞を捉えました。 ベッドで「僕」と「君」が横たわっているシーン 君にしか見えない 何かを見つめる君が嫌いだ 見惚れているかのような恋するような そんな顔が嫌いだ 出典 意中の相手が振り向いてくれない事から膨らむ「僕」の焦燥感と、「死」に対する嫉妬心が見える場面です。 ミュージックビデオでも「嫌いだ」と主人公がつぶやく場面があり、「どうして?」という気持ちがより伝わってきます。 原作小説ではこのような表現で描かれています。 彼女は死神を見つめている時(僕には虚空を見つめているようにしか見えないが)、まるで恋をしている女の子のような表情をした。 まるでそれに惚れているような。 僕は彼女のその表情が嫌いだった。 出典 ここで注目して欲しいのが原作小説では「死神」と書かれているのに、歌詞には書かれていないところです。 「死神」は死にたいと思っている人にしか見えない事から、歌詞では「死神」を直接的に書かずに「君にしか見えない何か」と表現したのかもしれませんね。 「君」が「僕」の手を払いのけるシーン がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君 出典 原作小説では「僕」が「死神なんて見てないで、僕のことを見て」と言うと「君」が「嫌・・・!」という会話の部分だと思います。 「僕」のセリフを「がむしゃらに」とする事で「僕」の必死さを、また「嫌・・・!」を「手を振り払う」とする事で「君」の拒絶が映像として目に浮かびますね。 たった一文ですが、両者の気持ちがヒシヒシと伝わる文だと思います。 再び、部屋の中で「僕」と「君」がいるシーン ほらまたチックタックと 鳴る世界で何度だってさ 君の為に用意した言葉どれも届かない 出典 映像も再び部屋の中のシーンですが、「僕」の目に変化が現れています。 原作小説ではこの一文だと思います。 なんで、こんなにも僕は君のことを愛しているのに、君は僕だけを見てはくれないのだろう。 出典 小説には書かれていませんが、ミュージックビデオや歌詞の「チックタックとなる世界」から、無機質に繰り返される日々や何度も「君」に伝えた言葉が届いていない様子が感じ取れます。 また、時計の音を擬音にする事で、だんだんと「僕」の焦燥感が積み重なっている様子も分かります。 「君」が「僕」の手を引いているシーン 変わらない日々に泣いていた僕を 君は優しく終わりへと誘う 出典 原作小説では、「君」が「じゃあ、行きましょうか」という言葉に、「僕」が「ああ、行こうか」の部分にあたるのではないかと思いました。 「行きましょうか」は「僕」を誘う行動になるので、歌詞に表す時に「誘う」としたのだと思います。 「終わり=死」を意味しますが、「終わり=解放」とも私は感じるのは私だけでしょうか? 「僕」は「触れる心無い言葉うるさい声に 涙が零れそう(=ブラック会社に勤めている)」な日々を送っています。 きっと、そんな生活から抜け出す為に、1番「死を望んでいた(=抜け出したいと思っていた)」のは「僕」だったはずです。 ミュージックビデオに映る2人も、どことなく微笑んでいるようにも見える事から、「終わり=解放」と思いました。 原作小説では「僕にとっての「死神さん」は、彼女だった。 」と書かれています。 歌詞ではそのような事は書かれていませんが、それにあたるのが「君は初めて笑った」「差し伸べてくれた君の手を取る」だと思います。 今まで笑わなかった「君」が笑うのなぜ? なぜ最後に積極的に手を差し伸べるの? それは「僕」を死へと導くのが死神の思惑だったのではないかと思ったからです。 またミュージックビデオでも死神の描写はありませんが、最後の2人が落ちた後に目をつぶっている(おそらく死んだ)「僕」に「君」がキスをしています。 一緒に落ちたはずなのになぜ?・・・と考えると答えはでますよね。 以上の事から、「死神」を表現している部分なのではないかと考えました。 まとめ 夜に駆ける — YOASOBI 夜に駆ける — Single YOASOBIで好きな曲!テンポいいリズムが心地良きの中、どこか切なさがあるのが良きなんですね〜😌 — No. 『夜に駆ける』は原作小説『タナトスの誘惑』が元になっています。 「死」を直接的に書かずにほのめかしている歌詞は、物語の世界観を忠実に表現されていて、キャッチーな曲は聞いた者の頭から離れられません。 その工夫はミュージックビデオにも表れていて、謎となっていた映像右上の数字はページ数を表していました。 ちなみに左上には、「1章」と書かれています。 小説を元に音楽を作っている彼らにとって、曲は物語と一緒だからです。 原作小説を読み、それからミュージックビデオを見るとまた違った新たな見解があるかもしれません。

次の

【YOASOBI/夜に駆ける】歌詞の意味を解釈!「タナトスの誘惑」の世界に寄り添ったナンバーを解説。

タナトス の 誘惑 小説

昨日のツイートでも紹介したように、 「夜に駆ける」という曲が中毒性が凄くていい曲なので紹介したいと思います。 この曲は 「の誘惑」という小説をもとに作られた曲なので、その小説についても紹介します。 夜に駆けるとは? この夜に駆けるという曲は、 YOASOBIという日本の音楽ユニットが作った曲です。 このYOASOBIという音楽ユニットは、が運営している小説&イラスト投稿サイト「monogatary. com」に投稿された 小説を音楽にするスタイルの方々で、作曲の Ayaseさんとボーカルの ikuraさんの二人で活動しています。 この歌のもとになった小説が 星野舞夜さん原作の 「の誘惑」です。 この小説については後ほど説明します。 中毒性が凄い 夜に駆けるという曲は、中毒性がとても凄いです。 昨日始めて聞いた僕ですが、すでに20回以上聞いています。 それだけ 心地よく、中毒性が高い曲です。 この曲の中毒性はどんな要因があるのかを自分なりに解説したいと思います。 ikuraさんの歌声 まず、曲を聴くときにはボーカルの声が一番耳に入ってくる方が多いと思います。 ikuraさんの声は、 とても透き通っていて万人が「好きな声」と感じる歌声をしていると思います。 さらにikuraさんの発声技術も天才的で、リズム感もよく聞き心地がいいです。 中毒性がある曲は聞き心地がいい曲ばかりです。 キャッチーなメロディ AyaseさんはボカロPでこの曲の他にもいろいろな曲を作っています。 Ayaseさんの曲は メロディがキャッチーで印象的なものが多いです。 この曲もキャッチーなメロディで印象的であり、中毒性もあります。 他のAyaseさんの曲も聴いてみてください。 小説に沿った歌詞 この曲は「の誘惑」という小説をもとに作られています。 そのため、小説に登場した言葉も多く使われており、展開も小説通りです。 これは、小説を読んだ人にしか分かりませんが、 小説の物語が美しい歌詞として歌われています。 その歌の展開も中毒性のある一つの要因といえます。 の誘惑とは? の誘惑について少し説明します。 先ほどにも書いたように、星野舞夜さんが書いたの誘惑は、少しダークな話です。 タイトルの 「」とは、神話で 「死神」を意味しています。 の誘惑とは「死神の誘惑」、すなわち 「自殺」をテーマとして書かれている小説だと思います。 あらすじ 主人公である男性のもとに「さよなら」と書かれた一つのメールが届きました。 この送り主は主人公の彼女です。 彼女は自殺願望を持っており、以前にも何度か自殺をしようとする彼女を止めていました。 自殺を止めるために屋上へ行くと、そこには「死神が呼んでいる」という彼女がいました。 死神の存在を否定すると泣き叫ぶ彼女。 「早く死にたいの」という彼女に対して、主人公は「僕も死にたいよ!」と叫びました。 すると... 衝撃の結末をぜひご自分で読んでみてください。 5分ほどで読むことができるので、おすすめです。 曲を聴く前に読んだほうがさらに曲を楽しむことができるでしょう。 まとめ 中毒性のある「夜に駆ける」という曲を紹介しました。 小説をもとにした曲なので、ぜひ小説を読んでから曲を聴いてみてください。 iroirohanasu.

次の