日本 平 久能 山 スマート ic。 東名静岡ICの混雑緩和期待 日本平久能山スマートIC開通|静岡新聞アットエス

静岡市の新たな玄関口 スマートインターチェンジの名称決定

日本 平 久能 山 スマート ic

高速道路に最近続々とできているのがスマートインターチェンジ 以下スマートIC。 静岡市内の東名高速道路にもついにお目見えしました。 2019年8月20日:加筆を行いました 日本平久能山スマートICの開通日が2019年9月14日に決定したため、タイトルを「2019年秋」から「2019年9月」に変更し、本文にも開通日を記載しました。 が授けられるのではと考えてしまう小林です。 さて、冒頭でも出たように静岡市内の東名高速道路にも スマートICが設置されました。 東名高速道路よりも山側を通る新東名高速道路には静岡サービスエリアにスマートICがすでにあるため、静岡市初ではないものの静岡市内の東名高速道路としては初めてのスマートICとなります。 その名は 日本平久能山スマートICで、静岡ICと清水ICの間に設置されます。 この記事では、そもそもどの辺りにできるのかということから、どう便利になるか、スマートIC周辺のおすすめスポットまで日本平久能山スマートICを使いたくなる情報をお届けします。 スマートICの入口を示す案内標識。 未供用と書かれている下にIC名が薄く見えます。 2019年4月9日撮影 東名高速道路の 静岡ICから約3km東、清水ICから約11km西に進んだ静岡市駿河区大谷地区にでき、2019年9月14日に開通しました。 大谷地区は駿河区の中ではほぼ唯一の田園風景が広がっている場所で、東側の丘陵地帯には静岡大学があり、学生向けと思われるアパートも並んでいます。 仮称は静岡東スマートICでしたが、2019年3月に日本平久能山スマートICに名称が決まりました。 その名の通り、日本平と久能山の近くにあり、そちらへのアクセスが抜群に良くなることが期待されています。 そもそも、 スマートICとはETC車載器を搭載された車両を対象にした高速道路と一般道を結ぶ施設で、2019年3月時点で全国に126か所、静岡県内には11か所あります。 日本平久能山スマートICの詳細はもご覧ください。 東名から静岡市街地のアクセス向上 スマートIC周辺で整備が進む道路。 スマートIC利用者向けの案内看板の新設や道幅の拡幅が進んでいます 2019年4月9日撮影 スマートICであるためETC車載器が搭載された車両が乗り降りできる場所となりますが、一静岡市民の実感として 東名高速から静岡市街地へのアクセスが便利になると考えています。 東京・静岡県東部方面から静岡市街地を目指す場合、静岡ICか清水ICのどちらで降りようか迷います。 静岡駅や東静岡駅周辺となると静岡ICを下りてからそこそこ距離があって、一般道路も混雑気味で時間もかかります。 そうすると、清水ICから国道1号バイパスと国道1号線を進むルートの方が高速料金も安いため、多少時間がかかっても清水ICで降りようという判断になっていました。 日本平久能山スマートICで降りれば、 清水から静岡への移動時間が減り静岡駅、特に東静岡駅方面へスムーズに移動できるようになります。 一方、 名古屋・静岡県西部方面から静岡駅と清水駅の間に位置する 東静岡・草薙地区へ向かうときも、静岡ICで降りるよりも一般道路の走行距離が短くなるため、 スムーズにアクセスができるようになります。 もちろん、ICの名前にある 日本平や 久能山東照宮へもこちらが 最寄りとなります。 日本平久能山スマートIC周辺のおススメスポット 東名高速道路から静岡市街地からのアクセスが便利になる日本平久能山スマートIC。 以前、スマートICの利用が便利なお出掛けスポットをご紹介した記事がありますので、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。 まずは静岡駅周辺から。 2019年現在 駿府城公園では天守閣の発掘作業が行われています。 その中にあったと言われている 「今川館」を紹介した記事です。 発掘作業が行われているエリアは予約なしで見学が可能です。 是非、日本一大きいとも言われている天守閣の石垣をご覧になってはいかがでしょうか? 続いては日本平。 日本平に上る途中にある 日本平動物園は近年リニューアルされ、シロクマが泳いでいる姿が間近で見ることができ、こどもも大人もわくわくすること間違いなしのスポットです。 国宝に登録された 久能山東照宮。 日本平パークウェイを走り日本平山頂へ。 山頂で車を止め日本平夢テラスからの眺望を楽しみつつ、 で海側の景色を見ながら久能山へ行くのはいかがでしょうか?さらに東照宮を下りて海岸の近くまで行くと、冬・春限定ですが石垣イチゴを堪能できますよ。 この国道150号線は海岸線に沿っているのですが、デートにも友人とのお出掛けにもおススメな カフェがあるんです。 まとめ 今回は静岡市内の東名高速道路に開通した日本平久能山スマートICを紹介しました。 このスマートICを利用することで、日本平、静岡市街地へのアクセスはもちろん、国道150号線沿いのドライブが便利になりそうです。 まだ、スマートICを使ったことがない方も、是非スマートICを使ってお出かけを楽しんでみてはいかがでしょうか?• カテゴリー• 185• 120• 106• 104• 店舗一覧• 185• 120• 106• 104•

次の

2019年9月開通!東名高速日本平久能山スマートインター

日本 平 久能 山 スマート ic

静岡市の新たな玄関口となる東名高速道路の「日本平久能山スマートインターチェンジ」が9月14日に開通しました。 その効果に期待が高まる一方、開通して分かった課題もあるようです。 (神谷カメラマン)「開通しました。 待ちわびた車が東名に乗り込んでいきます。 」 9月14日午後4時「日本平久能山スマートインターチェンジ」は、静岡インターチェンジから東へ3kmの位置に開通しました。 (坪内記者)「今回開通したスマートインターチェンジですが、ゲート付近の道路は片側一車線になっていて、乗り降りする車で混雑しています。 」 開通直後は注目度の高さからか多くの車が利用していました。 また、開通を待ちわびた地元の住民が記念写真を撮る姿も見られました。 県内のスマートインターチェンジは新東名を含め、12カ所目で初年度は1日1万4400台の利用を見込んでいます。 静岡市は日本平や久能山東照宮など観光地へのアクセス向上にも期待を寄せていてます。 16日に日本平山頂を訪れた観光客は。 (浜松からの観光客)「せっかくなのでスマートICで来ました。 特に渋滞なくすっと来れたので街中で降りるより良かった。 」 一方で、こんな声も。 (磐田からの観光客)「アクセスの道路が狭いかな。 」 インターチェンジ周辺の道路はまだ整備が不完全な場所もあります。 ゲート目の前の十字路は南へ進む道がまだ封鎖されたままです。 大型車に迂回を求める案内板もあり、今回の開通によってすぐに周辺の交通環境が良くなったとは言い切れないようです。 しかし、静岡インターの周辺道路の混雑緩和や医療機関などへの搬送時間の短縮につながるなど、今後「日本平久能山スマートインターチェンジ」の効果が期待されます。

次の

東名高速・日本平久能山スマートIC、14日に供用開始 :日本経済新聞

日本 平 久能 山 スマート ic

北側から写真を撮ってきましたが、入口は南側です。 写真の様子では完成はしていませんでした。 日本平久能山スマートインターチェンジの開通日 日本平久能山スマートインターチェンジは令和元年9月14日(土)16時に開通します。 平成25年6月に国土交通大臣より連結許可をもらい事業をスタートさせたそうですが、なかなか工事は進んでいませんでした。 本来ならもっと早く開通する予定でしたが、約3年の工事期間を経て、静岡市と中日本高速道路(株)が連携し完成しました。 日本平久能山スマートインターチェンジというと長い名前になってしまいましたが、日本平も久能山も静岡では有名な観光スポットです。 静岡市の観光地がPRできてよかったのではないでしょうか、日本平久能山スマートインターチェンジから、日本平も久能山も近いですし、久能山には国宝の久能山東照宮もあります。 静岡といえば、富士山や伊豆の方が多くの観光客でにぎわいますが、静岡市の方にも少しは流れてくれば地域活性化には繋がることでしょう。 日本平は日本観光地百選にも選ばれています。 スポンサードリンク 日本平久能山スマートインターチェンジの場所 日本平久能山スマートインターチェンジの場所は高速道路は静岡市駿河区片山ですが、入口や出口のあるところが片山の南にある『静岡市駿河区宮川』にあります。 日本平久能山スマートインターチェンジは大谷川放水路東側に設置されています。 静岡市の市道である大谷改良区7号線(都市計画道路 広野大谷線)に接続されます。 東名高速道路本線へ直接接続する自動料金収受システム(ETC)専用のインターチェンジになります。 上り、下りとも入口と出口があります。 バスや大型トラックも利用可能なフルインター形式になっています。 グーグルではまだ表示されていないのでわかりにくいのですが、地図の左下にある『高松公園』の南を走っている道路である広野大谷線を北東に走り、384号線(右手にサーティワンアイスクリームのお店)を突っ切り、大谷川を渡り、2つ目の信号を左折すると、日本平久能山スマートインターチェンジに行きます。 日本平久能山スマートインターチェンジの地図• 最近の投稿• 人気の記事• 最近のコメント• に より• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の