ナノキャリア 将来性。 4571 ナノキャリア(株)|詳細データ|今買えばいい注目株.com

ナノキャリア 株価と将来性について 休日の話題180901

ナノキャリア 将来性

こんにちは。 今回は久しぶりに私が贔屓にしている4571ナノキャリアについて書こうと思います。 少し自分のブログを見返してみましたが、 は1月の初めでしたので、8ヶ月ぶりの記事という事になります。 今回も特に何があった訳ではないのですが、期間も空きましたし、ここら辺で一度見直しても良いのではないかと思った次第でございます。 株価は今年の1月に謎の急騰を見せ、一時1200円を突破したものの長くは続かず、結局は現在500円台をうろついています。 1月初めに私は600円台からまだまだ下がるのではないかと自虐的(?)に書きましたが、全くもって気分の悪いことに、まんまとその通りの展開になっていることになります。 当たって欲しくはなかったのですが。。。 もっとも、鳴り物入りで導入したVB-111がやっぱり実を結ばず、大切な大切な資金を15億円以上無駄にしたことを思えば、当たり前です。 VB-111については、会社はまだあきらめていないようですが、私はあまり期待していません。 逆転の目も確かに残っているとは思いますが、それはオマケ程度に考えていた方が良いと思います。 ナノキャリアの根幹の技術はDDSです。 ここに経営資源を投入するのが王道だと、私は思います。 DDSを応用した化粧品も然りです。 まあ、こんな弱小ブログでそれをいっても会社の姿勢が変わる訳はないので、せめてこれ以上無駄な資金の流出をしないで欲しいと、強く思います。 良いニュースもあります。 7月にNC-6004について新たなライセンス契約を結びました。 何が良いかというと、何といってもお金が入ってくることです。 もう一点、2年以上の期間を空けて、ようやく今度の10月に新しいエクラフチュールが販売されるようです。 今までのエクラフチュールは原材料の供給のみの売上で、大した金額にはなりませんでした。 今回は、流石に会社もロイヤリティの交渉をしていると信じたいです。 ナノキャリアの有価証券報告書を見ますと、重要な契約等の項目にアルビオンとの契約について内容がかかれていますが、その中に、以下の一文があります。 【アルビオンは当社に対し、当社技術利用の対価として一定額を段階的に支払う。 また、当社から供給された原料の対価を支払う。 】 私は当初、段階的という言葉が、エクラフチュールの売上に対して一定額がもらえるものだと理解していました。 しかしながらエクラフチュールが発売されてから現在までかなり売上を計上したはずですが、そのような形跡は一切ありません。 それならば、今回の新エクラフチュールがこの段階的に当てはまり、一定額を受け取ることが出来るのではないかと、思っています。 具体的な内容については知る由もありませんが、一時金ではないことを強く願っています。。 ナノキャリアにとって化粧品は副業的なものですが、収益に直結するという何物にも代えられない大きな利益があります。 ジョイントベンチャーで販売しているDepth(デプス)は出資比率により売上が按分されますので、大きな売上を計上すれば、かなりのインパクトになると思います。 (出資比率は非公表ですので、もしかしたら大した金額ではない可能性もありますが・・・) しかしながら、少しずつ販路は拡大してはいるものの、全くの牛歩で、あまりやる気が感じられません。。 何回も書きますが、本当に本気で売る気はあるんでしょうかねぇ。。 冒頭に書きましたVB-111に使った資金、15億円が本当にもったいないです。 15億円でDepth(デプス)のCMなり広告なりを打ち、販路拡大を目指した方が、よっぽど良かったと思います。 使用してみていただければわかると思いますが、商品は本当に素晴らしいです。 何とかして販路を拡大することができていれば、今頃は大きな売上を計上していたかもしれません。。 (タラレバですね。。。 スミマセン。。 ) ナノキャリアの本業はもちろん、DDSです。 これに力を入れるのは、当然です。 しかし、わざわざ【化粧品部門】なるものが独立してあるのですから、もっと本腰入れて(株主の目にわかるように)化粧品の売上獲得に力を入れても良いと思います。 今期は25億円の赤字予想です。 四半期の売上高の合計4千6百万円では、全くもってお話になりません。 会社の存続のため、そしてこれ以上の増資の回避のためにも、化粧品で十数億円の売上を計上できるよう、本気で頑張って欲しいと思います。 何だか文句ばかりになってしまいましたが、ナノキャリアには引き続き期待していることに変わりはありません。 DDSは紆余曲折ありながらも、やっぱり技術的には面白いと思いますし、化粧品だって一度使ってさえもらえれば、良さが分かります。 いつか大輪の花が咲くと信じて、引き続き持ち株を抱きしめて、温めていきたいと思います。 ではでは、次のナノキャリアに関する記事は大きなプラスインパクトのあった時に書きたいものですね。 ありがとうございました。 あなたの元にフクが来ますように。。

次の

ナノキャリア(4571)の株価 買いサイン分析

ナノキャリア 将来性

本日の日経平均・TOPIXは、続伸しましたね。 特にTOPIXが強かったですね。 ただ、銘柄別ではマチマチだったので意外と上がった感覚があまり無い人が多いように感じます。 マザーズ・JASDAQに関しては、非常に弱くマザーズが特に下落しましたね。 新興株が本当に元気なく相場全体を冷え込ましていますね。 私の資産も冷え込んでいます笑 本日は株式コード4571、ナノキャリアという会社の株式銘柄分析 今後の株価の分析 を行っていきたいと思います。 本日、07月17日の今現在の株価は「469円」です。 単元株数は100株からなので現時点で購入するには 46,900円必要という事になります。 株としてみれば、かなりお安いですね。 こちらの銘柄は、2013年の5月をピークにずっと基本的には下がり続けていますね。 今年に関しても1月24日の高値を最後にずっと下落していますね。 創薬ベンチャーはギャンブルに近いので本当に難しいですね。 それでは、ナノキャリアの株式銘柄分析に早速入りたいと思います。 もし宜しければご参考になさってください。 一番の主旨は、私個人の為に株式銘柄分析の記録を残したくて書いています。 ご理解のほどよろしくお願いします by 「ストチャ」 株価始値:485. 0円 株価高値:487. 0円 株価安値:468. 0円 株価終値:469. 0円 前日比:-16 -3. 53倍 PER:-8. 63倍 ROE:-75. 38円 2018年3月期 参考:227. 75円 2017年3月期 参考:278. 82円 2016年3月期 自己資本率:58. まぁ、ここ数年は酷い事になっていますね。 株価が下がり続けるのも納得ですね。 PBRを見ても超割高ですね。 将来性・成長性も全く感じないですね。 あくまで個人的見解ですが。 ただ、画期的な新薬が発表されればこういう銘柄は一気に吹き上がるのですがそこまで待てるのかって感じですね。 もう何年も低迷しているので長期保有の方もくたびれたでしょうね。。。 スポンサーリンク ナノキャリア 株式銘柄分析まとめ 私はこちらの株に一切手を出した事がないです。 今後も100円を切らない限りは手を出す事は無いと思います。 ずっとこちらの株価を監視しているわけではないので詳しい事は分かりませんがここまで下落しているのに自社株買いなどの株価対策を行っているんですかね?バイオテクノロジー関連株のチャートを見るたびに上場する必要があるかなっていつも思います。 上場しなくても今だったら資金を集める事は比較的簡単だと思うんですけどね。。。 がん患者さんのために新薬の開発を行っているので長い目で見るべきですが株主の資金がその前に底を尽きてしまいそうですよね。 非常に難しいですね、医薬品の開発は、、、頑張って欲しいですけどね。 投資はすべて 自己責任でお願いします。 当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 現時点での私の買いたい度:5% のランキングに参加中です。 読者の方のランキング投票に感謝いたします。 ブログの更新をお知らせする メール購読機能 もちろん、無料です笑 もサイドバー スマホなら画面下部 にありますので是非、ご利用されてください。 スポンサーリンク - - 【いままでの投資経験】 某大手インターネット銀行の外貨預金システムの構築に携わったのがきっかけで投資を始めました。 数年携わったのでそこらへんの銀行員より詳しいかもしれません笑 2008年のリーマンショックや2010年のギリシャショックを投資経験が浅い頃に経験しているので結構、大怪我をしています。 なので、かなり慎重派な投資スタイルです。 2012年のスペイン危機のときもかなりの円高になり当時はかなりのレバレッジをかけていたので本当にこのときも大怪我をしました。 正直、投資をもう止めようと思いました。 2013年のアベノミクスの時はそんないろいろな下落を経験しているので、こんな株高は長く続かない、円安も続かないと逆張りしてまた失敗しました笑 そんなこんなで投資歴は15年ほどになります。 今は、ある程度、急落、急上昇しても大丈夫なようにあまり無理をしないトレードを心がけています。 やはり、元本を失ってしまっては投資は終わりだからです。 なので、プロフィールにも書いていますが負けない事をモットーにトレードしています。 専門分野は、ドル円・ユーロドル・豪ドル円・日本株です。 日本株は特に中小型株が中心です。 大型株はあまりトレードしません。 非常に地味な損益ですが、兼業の方や中長期トレードの方に参考になる記事を書いていけたらなって思っています。 宜しければ、投資のご参考になさって下さい。 いつも当サイトを見てくださって有難うございます。 いろんな方に当サイトを薦めていただけたら幸いです。 YOUTUBEで競馬予想チャンネルもやっています。 もし宜しければ、チャンネル登録、なにとぞ、よろしくお願いします。

次の

ナノキャリア、NC6300も失敗か?興和が契約解約を発表したぞ!

ナノキャリア 将来性

IR情報ご利用にあたって 当ウェブサイトに掲載しているIR情報は、ナノキャリア株式会社 以下、当社 の財務情報、経営指標等の提供を目的としておりますが、内容についていかなる表明・保証を行うものではありません。 また、当ウェブサイトへの情報の掲載は、投資勧誘を目的にしたものではありません。 実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行うようお願いいたします。 掲載情報に関して 当ウェブサイトに掲載している情報に関して、当社は細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがあった場合や、第三者によりデータの改ざん、データダウンロード等によって生じた障害等に関し、事由の如何を問わずに一切責任を負うものではありません。 将来の見通しについて 当ウェブサイトに掲載している情報の一部には、将来の業績に関する記述が含まれています。 こうした記述は、将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包するものです。 将来の業績は環境の変化などにより、実際の結果と異なる可能性があることにご留意ください。 当ウェブサイトの運用に関して 当ウェブサイトは予告なしに運営の中断、中止や内容の変更を行うことがあります。 また、通信環境やお客様のコンピュータの状況、その他の理由により当ウェブサイトを正常に利用できない場合があります。 これらによって生じた如何なるトラブル・損失・損害に対しても責任を負うものではないことを予めご了承ください。

次の