昭恵夫人 マスク。 昭恵夫人 大分旅行写真がコレ!マスクなしに衝撃!?世間の反応は…

“アベノマスク”で“アサヒノマスク”に反撃、安倍首相の「はぐらかし」こそ問題

昭恵夫人 マスク

昭恵夫人 大分旅行写真! 安倍首相が緊急事態宣言を出した後に奥様である昭恵夫人が50人もの集団で大分旅行をされた写真がフライデーされたことが報じられ話題となっているようです。 いったいどのような写真なのでしょうか。 そしてこれは本当なのでしょうか。 一体どういった大分旅行だったのか、気になりましたので調べてみました。 それでは、「昭恵夫人 大分旅行写真」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。 こちらが記事の詳細です。 境内を散歩していた近隣住民が語る。 「鳥居に約50人の大集団がたむろしていたので見ていたら、ビックリしましたよ。 他人の空似かとも思いましたが、どう見てもご本人……。 マスクをしていなかったので、はっきり顔が見えました」 安倍晋三首相(65)が新型コロナウイルスに関する会見を開いた翌日の3月15日に「大分旅行」を敢行し、日本中から猛批判を受けている安倍昭恵夫人(57)。 本誌は、夫人が県内の観光名所「宇佐神宮」を訪れた様子を捉えた写真を独占入手した。 首相は「3密」には当たらないと妻の行動について説明したが、マスクなしでツアー客らと密集している写真を見れば、それが苦しすぎる言い訳であることは一目瞭然だ。 前出の目撃者が旅行の「全貌」を明かす。 「午前10時過ぎ、参道下の鳥居の前に集まった50人近くの団体は『まだ来ないね』などと話し、誰かを待っている様子でした。 しばらくすると、近くの駐車場にタクシーが止まり、昭恵さんと女性、そして小太りの男性が降りてきた。 3人はゆっくり歩いて合流。 10時半頃に宮司さんが一行を案内し始めました」 タクシーから昭恵夫人と共に現れた男性は、「ドクタードルフィン」を自称する医師の松久正氏(53)で、このツアーの主催者だ。 「人類救済」を謳った講演活動に励んでおり、昭恵夫人が合流参加したこのツアー『神ドクター降臨 in Oita』では、「卑弥呼のマグマエネルギーと共鳴する講演会」が予定されていた。 本殿で一行を見た別の目撃者はこう続ける。 「11時頃、境内に現れた昭恵さん一行は、宮司に案内されて本殿の奥へと消えていきました。 一般の人は入れないエリアだったので、その後のことはわかりません」 大分旅行の前には、花見に参加したことが発覚して批判を受けるなど、コロナへの警戒を呼びかける夫とは正反対の行動を繰り返す昭恵夫人。 安倍夫妻の関係も「緊急事態」なのだ。 4月24日発売の『FRIDAY』最新号では、約50人がパワースポットで「密集・密接」している写真と、参拝の様子を詳報している。 引用:FRIDAYデジタル 安倍首相が昭恵夫人の神社参拝について3蜜ではないと釈明しました。 昭恵夫人 大分旅行写真がコレ!マスクなしに衝撃!? こちらがフライデーが捕らえた昭恵夫人の大分旅行の写真になります。 写真の右側に写っているのが鳥居の下で宮司の説明を聞く昭恵夫人になります。。 そして写真の左側に写っている小太りの男性がツアー主催者の松久氏のようです。 このツアーについてはこちらの記事でもまとめていますので参考にしてみてくださいね。 花見の写真はこちらです。 マスクをしていないため明らかに昭恵夫人であることが分かります。 どうやら集団での大分旅行は真実で、約50人がパワースポットで「密集・密接」の可能性もあるように思われます。 昭恵夫人に個人的好き嫌いは無いが、こんなん毎度毎度大騒ぎするマスコミには嫌悪感しか湧かない 昭恵氏 大分の神社訪問写真 — 東雲常 日本萌生・尊皇共祉 shinonomebreak.

次の

昭恵夫人 大分旅行報道の医師は誰?ツアーのパンフや参拝の詳細は?

昭恵夫人 マスク

PR それでも残る備蓄の可能性 厚労省はなぜかアベノマスクを4社で製造しているにも関わらず興和・伊藤忠商事・マツオカコーポレーションの「3社プラス1社」と発表。 残り1社については公開を拒否するという異常事態になっている。 アベノマスク4社のうち事前に様々なネットの情報から興和株式会社の可能性や様々な噂を検証してきました。 ここで4社目を隠す理由はなんなのか? 4社目は存在せず、政府の備蓄である。 小さい子供向け仕様:そもそもこのご時世にどこもあんな稚拙な布マスクを製造していないこと、子供用としてなら問題ないが、大人が使っても唇もしくは鼻が出てしまう時点で大人用もしくは戦時中のものか?と思うレベルの使い勝手の悪さである。 政府が当時の無知な勢いで利権の絡んだ企業に適当に製造をお願いしたと思えば辻褄があるのではないか。 という点。 用途不明な備蓄マスクの行方:4月3日の国会で野党側が「2009年に国が備蓄したマスクを使えばいいのでは?」という要求に対し「私もそう思った、専門家や厚労省で調査してみる」と回答。 備蓄マスクについて翌日に発表した備蓄量法務省・財務省合わせて473万枚あることを発表も以降何も発表をしていない。 そしてお金の話:契約金は三社合計で90億円だと公表。 4社目については契約金にすら触れていない。 マスク事業費として予算計上されていたのは466億円とするとかなり節約できたと考えるべきだが、残りの376億円はどこにいったのか?という問題だ。 これについては様々な憶測があるが安倍首相がそのまま政府の備蓄を使ったから残りは政府が使うと灰色のまま政府の懐に消える可能性が高いという問題だ。 だからこそお金の話になると残りのお金を返せとか言われるのを避けるために、存在しない4社目(政府備蓄)なんて言葉で濁しているのではないかと考えられる。 PR 昭恵とミャンマーの怪しい関係 それでも数ヶ月後には公表することになるルールとなっているので厚労省は今頃水面下で国民にどうやって公表すべきかを考えているところでしょうね。 そして、ネット上では自粛下の花見と大分旅行などで安倍政権にダメージを与え続けてくれた隠れた国民のスパイと言われている昭恵夫人について言及されています。 アベノマスクの製造元もそうだし、同封されている印刷物の会社なども、しっかり公表させるべきだと思う。 桜を見る会の飲食物提供者も調べたら昭恵夫人知人会社で、入札前に内閣府と「打ち合わせ」していたという官製談合紛いの事実まで発覚した。 ドサクサ紛れの利益供与だったら絶対に許されない。 — 異邦人 Narodovlastiye つながったアベノマスクと、昭恵氏が傾倒するミャンマーにある協力工場~繊維製品の生産ラインをマスク製造に転用 【興和、ガーゼマスク5千万枚供給 海外生産で4月にも~3月5日共同通信】 — 衣緒里 IoriTosa を作ったとされる 株 興和は、 豊田佐吉を支援。 ということで完全にアベ友企業。 問題の大分旅行の主催者も大本教。

次の

ワーストレディ安倍昭恵夫人の奇行がヤバい!非常識さが子供がいない原因?

昭恵夫人 マスク

— 2020年 4月月15日午後7時53分PDT 度重なる奇行とも言える行動に、国民は唖然。 世間知らずのお嬢様が首相夫人となり、必要以上に力を与えられてしまったからなのでしょうか。 でも、今回の大分県への旅行については、無神経としか言いようがありません。 大分県へ旅行し宇佐神宮を参拝した理由は 「どこでツアーをお知りになったのかは分かりませんが、昭恵夫人から『コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです。 宇佐神宮へは前から行きたかった。 私も参拝していいですか』とご連絡をいただきました。 ツアーそのものには参加しておらず、参拝だけ合流した形です」 引用元:文春オンライン コロナで全部予定がなくなったところに、以前から行ってみたかった大分県の宇佐神宮の参拝ツアーを知ったから、ということのようですね。 宇佐神宮で何をお願いしたかったのかは知りませんが、 なぜこのような状況で旅行に出掛ける?と思いますよね。 その参加したツアーの名前も「 神ドクター降臨 in Oita 」 なんでも医師・松久正氏が案内するスピリチュアルツアーのようです。 念のため、松久正氏のプロフィールもご紹介しておきます。 鎌倉ドクタードルフィン診療所院長。 慶應義塾大学医学部卒、パーマーカイロプラクティック大学(米国アイオワ州)卒。 日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック。 国内で地元の三重大学医学部整形外科に入局、現代医学(整形外科)に10年従事、米国の新たな10年で自然医学(ガンステッド・カイロプラクティック)を習得。 帰国後、2009年4月、鎌倉に診療所開業。 引用元:ドクタードルフィン 松久正公式サイト 昭恵夫人が大分旅行に出掛けたのは3月15日。 その前日にはまさに、夫である安倍首相が国民へ向けて記者会見し「現状は依然として警戒を緩めることはできない」と強く訴えていた時でもあります。 それも、大分県では宇佐神宮参拝のみ合流したとはいえ50人もの団体ツアー。 そんな大勢にもかかわらず、マスクなしでの行動。 昭恵夫人のこういった行動の先にどんな危険が待ち受けているか。 自分自身がコロナになり、夫である安倍首相にまで感染してしまう、その可能性は決してゼロではないことを全く自覚していない! 「お嬢様の世間知らず」の範疇を超えて、いったい何がしたいのだろう?と呆れかえります。 スポンサーリンク 昭恵夫人の夫婦仲がヤバい! なぜ昭恵夫人の行動はこのように自由気ままなのでしょう? 一説によると、安倍首相夫婦の間には以前こんなことがあったといいます。 「・・・第一次安倍政権の末期、持病の潰瘍性大腸炎が悪化しておむつが欠かせなくなったとき、おむつを替えていたのが昭恵夫人です。 いちばんつらい時期に、朗らかな笑顔で下の世話をしてくれた奥さんに、総理も感謝していたんです。 」 引用元:NEWSポストセブン 安倍首相の体調がそこまで悪いとは思いもよりませんでした。 第一次安倍政権での安倍首相はプレッシャーに押しつぶされそうにも見えました。 体調も万全ではなかったようですが、そこまで大変な状態とは。 そんな大変な時期を安倍首相の傍で支えたのが、昭恵夫人のようですね。 それ以来、安倍首相は昭恵夫人に頭が上がらず「好きなようにしていい」と許していたようです。 でも、あの森友問題があり状況は徐々に変わっていきます。 「森友問題が長引き、深刻化するうち、あまりに当事者意識の低い昭恵夫人に露骨にイラつくようになりました。 政権のリスクになるので活動をセーブしてほしいと言ってもどこ吹く風。 外出自粛中に花見や大分県への旅行、そのどれもこれもが夫・安倍首相を困らせるように仕向けているとしか思えてなりません。 おそらく夫婦の仲は冷え切り、ほとんど会話もなく、安倍首相も妻の行動が全く読めない状態なのではないでしょうか。 でも、17日の衆院厚生労働委員会で、昭恵夫人の宇佐神宮参拝を週刊誌で報道されたことについて聞かれた安倍首相は 「神社の参拝は密閉ではない。 3密が重なったらダメだと申し上げている」 by 安倍首相 と苦しい言い訳。 首相はさらに昭恵氏から事前に大分訪問を知らされていたと説明。 「3密とならないようしっかりと気をつけてもらいたい」と注意したと明らかにした。 訪問中の昭恵氏の行動については、参拝以外の観光はしなかったとし、「参拝時にあえてマスクを外した。 訪問中を通じて感染拡大の防止には注意して行動していた」と述べた。 姑と住まいは違うとはいえ同じ建物内で、嫁として気詰まりだったのでしょう。 森友問題で夫には怒りを露わにされ、姑からも注意され、昭恵夫人にとってはまさに居場所がない状態。 コロナで外出もままならない状況は昭恵夫人にとって相当なストレスだったはずです。 家に居ても落ち着かず、出掛けた先が大分県だったのでしょう。 大分県の宇佐神宮に参拝した際にはマスクを着用していなかったということは、ご自分がコロナに感染して夫・安倍首相にも感染してしまったら、どうするつもりなのでしょうか。 更なる困難を招きかねません。 首相夫人としての意識が低すぎるとしか言いようがないですよね。 もう昭恵夫人にとっては、夫と国の窮地も何も関係ない。 自身の行動を糾弾されて、夫に苦しい言い訳をさせても構わない。 そして夫の体調を気遣うことも出来ない。 それくらい夫婦仲は冷え切っているのかもしれません。 そうとしか思えない昭恵夫人の行動が不思議でなりません。 スポンサーリンク まとめ 昭恵夫人が大分県へ旅行し宇佐神宮を参拝した理由は、 コロナで全部予定がなくなったところに以前から行ってみたかった大分県の宇佐神宮の参拝ツアーを知ったからということのようです。 宇佐神宮の参拝ツアーではマスクも着用せずに行動していた目撃情報もあり。 もはや夫と国の窮地も関係なく、そして夫の体調を気遣うことも出来ないくらい、夫婦仲は冷え切っているのかもしれません。

次の