爆笑 問題 の シンパイ 賞。 爆笑問題のシンパイ賞!! 2020年6月12日

爆笑問題VS霜降り明星「シンパイ賞」芸人軍団の世代間バトルがネタ特番に(お笑いナタリー)

爆笑 問題 の シンパイ 賞

爆笑問題と霜降り明星が「シンパイで仕方がない」ことをお笑い芸人たちが調査して、より深刻な心配事はどっちか、「シンパイ賞」を争う。 「お騒がせな辞め方をした元アイドルが心配」だという霜降り明星は、芸人のEXITが調査することになった。 お騒がせアイドル中でも、とくにスキャンダルまみれだった元NMB48の植村梓が登場した。 現在21歳。 元は3000人の中から選ばれたアイドルなのに、合格したその5分後に、彼氏とキス写真が流失した強者である。 でっち上げのスキャンダルも多かったと言うが、遅刻やドタキャンの常習犯だった。 現在、月収は21万円あるという。 その彼女にEXIT兼近が「人間としてどうなのか」と説教を食らわせる。 無名の元地下アイドルも登場した。 虫を食べるキャラクターでお騒がせし、引退したアイドルだ。 今でもカブトムシを食べたり、コオロギプロテインをプレゼントされているそうで、目隠しで食べたゲンゴロウを見事に言い当てた。 東京・池袋の朝からべろべろ酔っ払いは何者? 続いて、「平日の午前中から酒を飲んでいる人、人生ヤケクソになってないか心配」という爆笑問題。 東京・池袋の朝からやっている居酒屋にノッチが行って調査した。 すでに出来上がっているサラリーマンを発見。 東京に出張できているから、さぼっているのだという。 その横でノッチが、サラリーマン氏の奢りで飲み始める。 外食を奥様に禁止されているノッチはノリノリになって、2軒目は夜勤明けの当直さんと飲み、酔った勢いで奥さんに電話をかける。 その後も3軒目の居酒屋へいき、4軒目では夜の11時からから13時間も飲み続けているという、夜のお仕事の美女3人に遭遇。 彼女らはこのまま4時間ほど寝て、また夕方から仕事に行くそうだからたくましい。 途中、ノッチが呑みすぎて、ロケ続行不可能になりかけるが、ウコンを飲んで5軒目の居酒屋へ。 とにかく、みんな異常にテンションが高い。 そして6軒目で最も心配な人を発見した。 「遊びが仕事」というふらふらしのニート女性だ。 「今が楽しければいい」という。 調査ではちらほら心配な人はいたけど、みんな人生を謳歌しているという結論になった。 勝負は爆笑チームがシンパイ賞を勝ち取った。 (2月14日深夜0時時50分) PEKO.

次の

「爆笑問題のシンパイ賞!!」G帯初進出、太田光『第七世代の名に恥じぬように…』

爆笑 問題 の シンパイ 賞

」に出演する爆笑問題、霜降り明星、新井恵理那 毎週金曜深夜にオンエア中の「爆笑問題のシンパイ賞!! 」 テレビ朝日 のコーナーが、「爆笑問題VS霜降り明星 第七世代と真剣勝負せよ!ネタジェネバトル2020」と題し、6月13日 土 夜6時56分から2時間スペシャルで放送されることが決定した。 爆笑問題チームと霜降り明星チームに分かれた芸人軍団が、調査対決を繰り広げる同番組。 ゴールデンタイム初進出となる今回は、人気芸人が持ちネタの中から、特にシンパイな「ワケありネタ」を披露しながら、世代間トークバトルを展開する。 出演するのは爆笑問題、霜降り明星の他、EXIT、四千頭身、かが屋ら第七世代と、ナイツ、ロバート、ミキ、とろサーモン、NON STYLEら。 このたび、収録に臨む爆笑問題と霜降り明星からコメントが到着した。 太田光 爆笑問題 コメント 第七世代のメンバーとして第七世代の名に恥じぬように、これこそが第七世代の漫才だというものを見せたいと思います! 田中裕二 爆笑問題 コメント お笑いライブも軒並み中止になってる中、ネタの番組は貴重ですからね。 視聴者の皆さんもわれわれお笑い芸人もいつも以上に前のめりになってる感が、いい方に伝わればと思います。 空回りするのがちょっとシンパイ。 せいや 霜降り明星 コメント もちろん相手チームはすごい人ばっかりなんですが、僕らも健闘して、田中さんが残りの玉を差し出しながら「もう許してくれ」って言うまで圧勝したいと思います。 粗品 霜降り明星 コメント 実力派芸人軍団に負けたくないのはもちろんですが、お笑い第七世代の中でも負けたくないです。 (ザテレビジョン).

次の

爆笑問題のシンパイ賞!! 2020年6月12日

爆笑 問題 の シンパイ 賞

番組概要 [ ] とがレギュラー出演で共演するのは初めてとなる。 世の中のさまざまな「心配事= シンパイ」を爆笑問題チーム(~)・霜降り明星チーム()の芸人たちがそれぞれロケに行き、そのもようをスタジオのメンバーがトークを交えつつ見守る。 決して「 爆笑問題チームに漂う 売れてない芸人のシンパイ」などではない。 両チームのVTRを見終えたあと、どちらがよりシンパイかを爆笑問題・霜降り明星・新井恵理那の5人による投票で決定。 シンパイの基準は曖昧で事実上は「どちらが面白いか」というものである。 負けが10回溜まると「ジュッパイ賞」として、過酷なロケに行かされることになっている。 2020年6月13日には初の全国ネット・ゴールデン特番として、「シンパイなネタSP」から派生した企画「爆笑問題vs霜降り明星 第七世代と真剣勝負せよ!ネタジェネバトル2020」が放送された。 出演者 [ ] レギュラー [ ]• (・)• (・)• - 司会進行 準レギュラー [ ] シンパイ調査員としてVTR出演。 霜降り明星チーム• (都築拓紀・後藤拓実・石橋遼大)• (・)• (・)• (加賀翔・賀屋壮也) 放送リスト [ ] 2019年 [ ] 回 放送日 放送内容 シンパイ調査員 備考 1 10月5日 紅一点のロックバンド 男女関係でドロドロしてそうでシンパイ 四千頭身 田舎で24時間営業しているお店がシンパイ (河田キイチ・伊勢浩二) 2 10月19日 街でよく見かける路上占い師がちゃんと食べられてるかシンパイ 宮下草薙 ユーモア教室でどんなユーモアを教えているかシンパイ 3 10月26日 全然客が止まらない路上ミュージシャンのメンタルがシンパイ EXIT 地下アイドルが地獄を見てないかシンパイ 4 11月9日 スマホの画面がバキバキの女の子 私生活も乱れてそうでシンパイ かが屋 安室ロスの人がシンパイ (西尾季隆・さがね正裕) 5 11月23日 全然客が来なさそうな旅館の経営が成り立っているかシンパイ 四千頭身 いくつになっても現役で働き続けてる人がシンパイ レッド吉田() 6 11月30日 売れていない大食いYouTuberがシンパイ 宮下草薙 最終電車で寝過ごして とんでもなく遠い駅まで来ちゃった人がシンパイ BOOMER 7 12月7日 ハロウィーンの街の治安がめちゃくちゃになってないかシンパイ かが屋 人気がない動物園がシンパイ (田中章・うな加藤) 8 12月14日 ギャル男がその後ちゃんと働けているかシンパイ (竹内一希・田中永真) 聞き馴染みのない国の専門料理店の経営がシンパイ () 2020年 [ ] 回 放送日 放送内容 シンパイ調査員 備考 9 1月11日 外観が怪しいお店がシンパイ EXIT 滝行に来る人 相当嫌なことあったんじゃないかシンパイ 三又又三 10 1月18日 犯罪に巻き込まれる人の危機管理能力がシンパイ かが屋 ボディビルダーの日常生活不便してそうでシンパイ プリンプリン 11 1月25日 平日に一日中ギャンブル場にいる人の収支がシンパイ 四千頭身 田舎のホストクラブの経営がシンパイ BOOMER 12 2月8日 マイナースポーツに人生を懸けている人がシンパイ 宮下草薙 全く売れていないものまね芸人がシンパイ 13 2月15日 お騒がせな辞め方をした元アイドルがシンパイ EXIT 平日の午前中から飲んでいる人は人生やけくそになってないかシンパイ ノッチ(デンジャラス) 14 2月22日 冬の怪談師がシンパイ かが屋 売れていないモデルがシンパイ 松村邦洋、 15 3月7日 マニアックすぎる雑誌の出版社 経営が成り立ってるかシンパイ 四千頭身 最終電車で寝過ごしてめちゃくちゃ遠い駅に来ちゃった人がシンパイ BOOMER 16 3月14日 フリマアプリで訳ありなモノを出品している人がシンパイ 宮下草薙 オーケストラのシンバル 出番少なそうでシンパイ 17 3月21日 番組放送から半年… 今まで調査に出た中からその後が気になるシンパイな人をピックアップ! 18 4月4日 特別編 霜降りチームが大集合! 前編 四千頭身、EXIT、かが屋 19 4月11日 特別編 霜降りチームが大集合! 後編 四千頭身、EXIT、かが屋、宮下草薙 20 4月18日 シンパイなネタSP!! 第1夜(EXIT vs ) 21 4月25日 シンパイなネタSP!! 第2夜(かが屋 vs ) 22 5月9日 シンパイなネタSP!! 第3夜(四千頭身 vs ) 23 5月16日 シンパイなネタSP!! 最終夜(霜降り明星 vs ) 24 5月23日 100%スタジオトークのSP企画 ネット局 [ ] この節のが望まれています。 同時ネット [ ] 遅れネット [ ] 非ネット [ ] スタッフ [ ]• ナレーター:福井俊太郎()• 構成:、、渡辺佑欣、、、• TM:高田格• TD:平間隆啓• カメラ:宮本邦慶• 音声:山岸美祝• VE:小林祐輝• 照明:越前充弘• 美術:小山晃弘• 美術進行:近藤千春• デザイン:渡邉眞太郎• 大道具:栗田祥吾• 装飾:武村沙織• タイトル・CG:原田甫• メイク:川口カツラ店• 編集:菅原考弘• MA:土屋翼• 音効:加藤つよし• 編成:沼田真明、秋谷祥加• 宣伝:西田沙希• デスク:永野智子• 技術協力:JUNE SEP、RAFT CO. Ltd. アシスタントディレクター:辻淳之、山田慎也、橋本淳平• アシスタントプロデューサー:岩間有香、渡邊優子、辻美子• ディレクター:松尾竜二、白岩大輔、長谷部雄人、南部剣志、増井政憲、柴田大輔、菅勇次朗• チーフディレクター:笹田和宏• 演出:舟橋政宏• プロデューサー:荻野健太郎、宇和川隆(クリーク・アンド・リバー社)、市岡まさひこ()• ゼネラルプロデューサー:• 制作協力:クリーク・アンド・リバー社、トップシーン• 制作著作:テレビ朝日 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の