あずれんそくほう。 「五輪強行」のほうが経済的損失が大きい、3つの理由 (1/7)

二名法(にめいほう)とは

あずれんそくほう

ローソク足分析 酒田五法は、日本古来の罫線の中でも最も古典的であり、罫線分析の基本として非常に有名です。 酒田五法は、「三山(さんざん)」「三川(さんせん)」「三空(さんくう)」「三兵(さんぺい)」「三法(さんぽう)」という5つのチャートのパターンが基本になっています。 これらの基本パターンは、チャートのフォーメーション分析や様々な複数足分析の土台になっています。 三山(さんざん) 3回突破できなかった高値は、もう突破できないだろう、という推測で相場の天井を見極めるパターン分析です。 3つの山の真ん中の山が一番高いパターンを特に三尊(さんぞん)といいます。 3つの山を結んだ線を天井(でんじょう)といい、相場が天井を抜くことはもうないだろう、という分析から売り、という活用法になります。 三山は、フォーメーション分析のであり、トリプルトップということもあります。 は、三山の出現数が少ないことから、2つの山でも天井になる確率は高い、という考えであり、広く世界に広まっています。 天井を確認したら売り、ということではありますが、天井での逆張りは狙わずに天井を確認してから順張りで売れ、という奥深さを含んでいます。 三川(さんせん) 三山の逆で逆三山(ぎゃくさんざん)ともいいます。 3回突破できなかった安値は、もう突破できないだろう、という推測で相場の底を見極めるパターン分析です。 3つの安値を谷と考え、谷には川が流れていると考えて、三川です。 3つの谷の真ん中の谷が一番低いパターンを特に逆三尊(ぎゃくさんぞん)といいます。 3つの谷を結んだ線を底(そこ)といい、相場の底が抜けることはもうないだろう、という分析から買い、という活用法になります。 三川は、フォーメーション分析のであり、トリプルボトムということもあります。 は、三川の出現数が少ないことから、2つの谷でも底になる確率は高い、という考えであり、広く世界に広まっています。 底を確認したら買い、ということではありますが、底での逆張りは狙わずに底を確認してから順張りで買え、という奥深さを含んでいます。 三空(さんくう) 空(=窓)に焦点を当てたパターン分析です。 空は、突発的なニュースなどで、相場がパニック的に動いたことを示唆しています。 それが3回続けば、パニックは行き過ぎであり、逆張りのチャンス!という活用法になります。 相場の高値圏で、4本の陽線と3つの上方向の空が連続するパターンを、三空踏み上げ(さんくうふみあげ)といいます。 強烈な買い材料が出ていることが多いので、実際にやるのはかなり怖いものなのですが、勇気を出して、逆張りの売り!というパターンです。 安値圏で、4本の陰線と3つの下方向の空が連続するパターンを、三空叩き込み(さんくうたたきこみ)といいます。 強烈な売り材料が出ていることが多いので、実際にやるのはかなり怖いものなのですが、勇気を出して、逆張りの買い!というパターンです。 順張りの活用法が多い酒田五法のなかで、三空は明確な逆張り、という特異な性格をもっています。 三空のパターンを実際に使うには、十分な資金と気持ちの余裕をもっていることが、大切と思われます。 三兵(さんぺい) 連続する3本の陽線、あるいは陰線を三兵といいます。 相場の安値圏で、3本の連続した陽線が出るパターンを赤三兵(あかさんぺい)といいます。 陽線は、白または赤でチャートに記入するのが基本なので、この名前になっています。 を理解していれば、底値圏で3本連続の陽線が出現するパターンが買いの基本パターンの1つになることは、理解できると思います。 強い相場についていく順張りの買いのパターンとして活用します。 相場の高値圏で、3つの連続した陰線が出るパターンを黒三兵(くろさんぺい)といいます。 陰線は、黒でチャートに記入するのが基本なので、この名前になっています。 黒を烏 カラス に例えて、三羽烏(さんばがらす)ということもあります。 高値圏からの下落を示唆する不吉なパターンを三羽の烏 カラス に例えた名前です。 江戸時代の米相場が激しく動いていことを示唆するネーミングセンスです。 弱い相場についていく順張りの売りのパターンで活用します。 を思い出せば、次のような応用も可能です。 売りの強い抵抗を示唆する長い上ヒゲが、2本目と3本目の陽線についていると、赤三兵の買いパターンが失敗する可能性もある、という示唆になります。 このパターンを赤三兵の先詰まり(あかさんぺいのさきづまり)、といいます。 三法(さんぽう) 動かない相場では休んで、相場が動き出したら、取引を始める、という分析を三法といいます。 三法は、レンジ相場では取引を休み、相場がレンジから離れて動き出したら、動いた方向に仕掛ける、というブレイクアウトの順張りのパターン分析になります。 レンジ相場という概念が、江戸時代からあったことの証左であり、その先進性には驚くばかりです。 レンジ相場では取引を休み、相場がレンジ相場の高値を明確に上に抜けたら、買いで仕掛けるというパターンを、上げ三法(あげさんぽう)、といいます。 レンジ相場では取引を休み、相場がレンジ相場の安値を明確に下に抜けたら、売りで仕掛けるというパターンを、下げ三法(さげさんぽう)、といいます。

次の

ギャラリーきほう オンラインショップ

あずれんそくほう

その年のによって定められる、最もよいとされる。 その方向にがいるとされる。 きっぽう。 明 あ きの方 かた。 吉方とも書き、明方(あきのかた、あきほう)ともいう。 十干 じっかん 十二支の組合せによってその年の恵方を決める。 陰陽道で歳徳神 としとくじん のつかさどる方角をいったものであるが、日本では正月に歳神 としがみ が訪れてくる方角と理解し、門松迎えには自分の山でなくとも、恵方の山から自由に切ってきてよいといったり、鍬 くわ 初めなどの仕事始めに際しても、恵方の田畑で儀式を行う。 元日の朝早く牛小屋を見回り、そのとき牛の向いていた方角を恵方とする例もある。 年の初めにあたって、その方角にある神社や寺に参拝するのを恵方参 えほうまい りという。 朝暗いうちから出かけ、人より先に行ってお札 ふだ を頂いて帰ってくる。 現在は、村氏神に参る初詣 はつもう でと混同し、恵方の社寺に初詣でをしたり、また、社寺や交通業者の宣伝もあって、方角などには関係なく、有名な社寺に参ることが多い。 [井之口章次] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の

ONLINE 清文社|小冊子詳細:安全の基本はほう・れん・そう

あずれんそくほう

東京五輪はどうなるか(写真提供:ゲッティイメージズ) なぜここまで必死になってしまうのかというと、アスリートファーストだから……というわけではなく、中国マネーに媚(こび)を売るWHOのテドロス事務局長と同じく「カネの論理」に思考が引きずられている部分が大きい。 SMBC日興証券によると、もしTOKYO2020をやらないと、大会運営費に加え、観戦客の食事やグッズ購入など6700億円の損失が生じるほか、国内の消費の落ち込みや中国との貿易の減少などの影響と合わせると、7兆8000億円もの経済損失になるらしい。 要は、日本が大損こいてしまうので、これを避けるためには多少の犠牲を払ってでも開催しなければならぬ、という考えに基づいて「五輪強行」を主張しているのだ。 ただ、個人的には「カネ」のことが心配だという人こそ、「五輪中止」を唱えるべきではないかと思う。 いまの世界情勢の中では五輪を強行するほうが、五輪が中止や延期になった際の経済損失より、はるかに大きくなりそうだからだ。 ポイントは以下の3つである。 (1)「マスギャザリング」で感染が広まり経済活動もマイナスになる恐れ (2)感染症対策+熱中症対策+外国人対応で医療がパンク (3)欧米豪、ASEANの観光客が離れて、インバウンドの「中国・韓国依存」がさらに強まる 関連記事• 先週末、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどを購入するために、ドラッグストアや量販店などで行列ができた。 「デマ」と分かっているのに、なぜ多く人が並んでいたのか。 筆者の窪田氏はこのように分析していて……。 国民的アニメの主人公は、どんな家に住んでいるのでしょうか? 『サザエさん』『ドラえもん』『ちびまる子ちゃん』『クレヨンしんちゃん』の自宅を査定したところ……。 「4月から転勤することになったよ」と嘆いているビジネスパーソンもいるのでは。 家族を残して「単身赴任」する人もいるだろうが、そもそもなぜこのような制度が存在しているのだろうか。 歴史をさかのぼると、根深い理由が存在していて……。 またしても、「暴走老人」による犠牲者が出てしまった。 二度とこのような悲劇が起きないことを願うばかりだが、筆者の窪田氏は違うことに注目している。 「プリウスバッシング」だ。 どういう意味かというと……。 登山家の栗城史多さんがエベレスト登頂に挑戦したものの、下山中に死亡した。 無謀な死に追い込まれた背景を検証すると……。

次の