ダーク ダル ターニャ。 にゃんこ大戦争DB 味方詳細 No.442 影傑ダークダルターニャ 黒傑ダークダルターニャ

【反則的な強さ】最強のおすすめ超激レアランキング【にゃんこ大戦争】

ダーク ダル ターニャ

黒ガオウ> 長所…射程さえ勝っていれば、安定したダメージをいれることができて、停止で妨害もできる。 また、キャラが揃っていなければ他の属性でも一定の活躍がみこめる。 短所…コストが重い。 白以外の敵には持っている超ダメージキャラを使った方がいい。 黒ダル> 長所…体力が高く遠方範囲の中でもDPSは高め。 攻撃力も60%以下で発動なので攻撃力上昇してからも何回も攻撃可能。 再生産が一分程度なので二体貯めることも容易にできる。 攻撃後の待機モーションがある。 短所…こいつ単体で見るんだったら汎用性以外はあまりない。 どちらが実用的か?> 実際に使用されている回数でいえば、道場のランキングとかでよく使われてますし黒ダルのほうが多いのではないかと思います。 また速攻ステージでも使われますし。 しかし、実用的かといわれるとやはり通常ステージで使うイメージもないので黒ガオウのほうが実用的であると思います。

次の

【にゃんこ大戦争】黒傑ダークダルターニャを実際に使ってみての感想

ダーク ダル ターニャ

レアリティが「超激レア」のにゃんこは当然ながら強力なキャラクターが揃っています。 ただしコストはかなり重いものが多く、編成の中に2~3体程度を含めるのが限度でしょう。 超激レアにゃんこそれぞれに個性がありますが、その中でも汎用性の高さや大活躍できるシチュエーションを持っているものを紹介していきます。 最強と言っていい超激レアにゃんこ達 超激レアの中で最強は「皇獣ガオウ」「皇王ガオウダーク」「白無垢のミタマ」「黒無垢のミタマ」「英傑ダルターニャ」「黒傑ダークダルターニャ」「ちびヴァルキリー」になるでしょう。 それぞれ特徴があるためあらゆる戦場で役に立つわけではありませんが、特性を理解した上で運用すれば他の超激レアがかすむような働きをみせてくれます。 極ネコ祭や超ネコ祭限定で、若干使うのは邪道であると言われるぐらいなのでここではそれぞれの説明は省きます。 使い勝手が良く育てておきたい超激レアにゃんこ達 通常ガシャで排出される超激レアの中で、汎用性が高い、もしくは尖った性能を持っていて唯一無二の働きが出来る、といったにゃんこを紹介していきます。 入手したらXPとキャッツアイを突っ込んで早めに育てておくことをオススメします。 かさじぞう 第1形態 かさじぞう 第2形態 地蔵要塞カムイ 第3形態 地蔵要塞ゼロカムイ すでに語りつくされた感はありますが、ガオウやミタマなどの特別扱いのキャラをのぞけばトップの優秀さを誇るとされているにゃんこです。 かさじぞうは第1形態と第2形態以降で大きく性質が変わっており、第1形態はコストが軽い中距離アタッカー、第2形態以降は超絶ダメージが叩き込める遠距離大型アタッカーという位置付けになっています。 どちらの形態でも活躍の場があるのですが、第1形態の汎用性の高さがやはり突出して優れていると言えるでしょう。 レジェンド750円のコストで再生産は4. 2秒と早く、黒い敵と天使に対して超ダメージの特性で2万程度のDPSを叩き出します。 しかもこれが射程320の範囲攻撃というから驚きですね。 基本性能が高いうえに2属性対応ということで、とりあえず編成に入れておけば何かしらの活躍をしてくれるという超汎用キャラ。 管理人はかさじぞうとジェンヌを併用して中距離2アタッカーで編成をし、ゲリラ経験値ステージやマタタビステージ全般で活用しています。 アフロディーテ 第1形態 アフロディーテ 第2形態 メガロディーテ 超激レアの中でも汎用性が非常に高い長距離アタッカーです。 敵を距離600で感知し、450~850で範囲攻撃を行うことができます。 レベル40まで育てていればダメージは一撃で50,000超え、さらに相手がエイリアンであれば超ダメージ効果で150,000~200,000という尋常じゃない数字になります。 同じように遠距離キャラとしてコスモがいますが、DPSの面ではメガロディーテのほうが1. 5倍以上優位で出番も多くなります。 感知射程が600もあることから、ほとんどの敵の射程圏外から一方的に攻撃を放つことができるのが最大の強み。 そのためほかのキャラで前線さえしっかり維持できるステージであれば、メガロディーテを守り続けるだけでクリアが保障されてしまいます。 獄炎鬼にゃんま 第1形態 鬼にゃんま 第2形態 鬼神にゃんま 第3形態 獄炎鬼にゃんま 接近戦向けの単体攻撃アタッカーとして非常に強力なにゃんこです。 第3形態レベル40で一撃の攻撃力は80,000を超え、DPSも36,000を超えます。 それでいて再生産も超激レアにしては速く、コストも安め。 攻撃力低下を無効にする特性もありがたいですね。 ただし、ノックバックが3回あること、攻撃発生が少し遅いこと、足が遅いことなどネックになる部分も多いため、ステージによっては攻撃が全く届かないまま溶けてしまうこともあります。 そのため活躍できるステージはやや限られますが、ハマるステージでは名前の通り鬼のように無双を繰り返してくれます。 本能の解放で、体力低下時の攻撃力UPを付与することができるようになりました。 さらに体力UPや攻撃力UPも元値が大きいため恩恵が大きく、NPを注ぎ込めばとんでもない領域まで強くなることが見込まれます。 ネコマシン・滅 第1形態 ネコマシン 第2形態 ネコマシン・破 第3形態 ネコマシン・滅 波動ストッパーつきの高級壁として活用できるにゃんこです。 波動対策可能なキャラクターが以前より増えたため独壇場という感じではなくなりましたが、レベル40で200,000近い体力を誇り(対赤や対エイリアンであれば1,000,000に近い)、超激レアとしては再生産が早くコストも安いため、安定感が非常に高いです。 1体目が溶ける前に2体目を送り込めることも多いので、敵の波動から味方を守る壁役としては非常に優秀だと言えるでしょう。 ただしネコ仙人とは相性が悪く、一瞬で溶けてしまうのが玉にキズ。 竜宮超獣キングガメレオン 第1形態 うらしまタロウ 第2形態 竜宮獣ガメレオン 第3形態 竜宮超獣キングガメレオン 黒い敵と天使に特化した高級壁の役割を果たすにゃんこ。 ネコマシンとは違って波動は防げませんが、そのぶん体力が高く場持ちの良さはこちらのほうが上回ります。 とにかく黒い敵と天使が相手の場合はまったく溶ける気配が見えません。 BOSSクラスが相手であってもずっと前線に立ち続ける様子は、こっちが「まだ死なないの?」と思ってしまうぐらいです。 デイダラトゲラン 第1形態 トゲルガ 第2形態 トゲランパサラン 第3形態 デイダラトゲラン 遠距離用アタッカーです。 ものすごく手足が長い見ために反して射程は445に留まるためステージを選ぶところはありますが、一度でもダメージを食らうと攻撃力が2倍になる特性があるためにかなり高いDPSを叩き出せるアタッカーになれます。 また波動を受け付けないキャラとしては射程は最長クラス。 遠距離から安全に敵を処理できるので波動ステージではとくに大きな活躍を見せてくれるでしょう。 飛翔の武神・真田幸村 第1形態 真田幸村 第2形態 武神・真田幸村 第3形態 飛翔の武神・真田幸村 貴重な速攻アタッカーとして有能なにゃんこです。 猛スピードで突っ込んでいき連続攻撃を放つところは覚醒ムートに近い動きをしますが、こちらのほうがコストが安く再生産も早いので廉価版としての運用が可能です。 また黒い敵に超ダメージを与える特性があるため、対黒限定であれば覚醒ムートを超えるDPSを叩き出します。 覚醒ムートと同じく他のキャラでうまく守って、いかに攻撃回数を稼がせてあげられるかでステージ難易度が大きく変わるので、運用しがいがあるキャラクターだと言えるでしょう。

次の

【更新】超激レアの強さランキングBEST10!

ダーク ダル ターニャ

2月1日。 私は新メンバーとして、ネコ祭限定組のメンバーに加わりました。 ネコ基地に行く時、とても緊張しました。 そして私は、超ネコ祭限定組の控え室に来ました。 ここに先輩がいるんだ…… そう思いつつ、ドアを開きました。 … そこには、大きな尻尾を持った白い獣と、綺麗な白無垢を来た女性と、白いマントを纏った猫がいました。 そして、皆さんは気付いて、「こんにちは」と話しかけて来ました。 キャ「あ、こっこんにちは。 …新メンバーのキャスリィです。 よろしくお願いします」 ミタ「初めまして。 私はミタマ。 ずーっとあなたが来るの待っていたのよ。 よろしくね」 とても清々しく、優しい声でした。 ガオ「お前が新メンバーか?我はガオウ。 超ネコ組の最年長だ。 よろしくな。 」 とても力強く、かっこいい声でした。 ダル「こんにちは!僕はダルターニャだよ!まだちょっと子供だけど、よろしく!」 とても元気で、可愛い声でした。 皆さん、とても優しい方で、お茶をくれたり、一緒に遊んでくれたりと、私の緊張を無くしてくれました。 数日後、ネコ基地の上層部の方がこんな事を提案してくれました。 『新メンバー加入の記念と、あまり極ネコ組と関わる事が少ないから、ネコ祭限定組のパーティーを開いてみたらどうにゃ?同じネコ祭限定組として、仲を深めようにゃ』 皆さんは大賛成!極ネコ祭限定組の皆さんにパーティーの事を教えたら、「悪くない」と言って、参加してくれました! パーティーの部屋は上層部が取ってくれて、ミタマさんとミタマさんに似た人が料理を作り、ダルターニャさんと、私はスイーツを作りました。 ガオウさんは、ガオウさんに似た獣と、ダルターニャさんに似た猫と一緒に部屋の飾り付けをしました。 そして…… 「完成ーー!!!!」 とうとうパーティーの準備が出来ました。 大きなテーブルに乗った、たくさんの料理とスイーツ。 所々に飾られた星の飾り、誕生日パーティーのようでした。 皆さんは大喜び! さぁ、遂にパーティーが始まります。 ガオウさんが前足を掲げて、「乾杯!!」と叫んだら、皆さんも「乾杯!!」と叫びました。 私は、ミタマさんと一緒に料理を食べました。 キャ「そう言えば、料理を作っていた時にいた、あの洋服を来た方は誰ですか?」 ミタ「あぁ、そう言えば、まだ紹介してなかったわね、ちょっと待っててね…」 そう言って、席を外し、あの方を呼びました。 ミタ「はい、連れてきたわ。 ほらほら、自己紹介して」 黒ミタ「はいはい。 初めまして。 私はミタマダークよ。 まぁ、もう1人のミタマって感じね。 」 キャス「もう1人の…ミタマさん?」 私は首を傾げました。 ミタ「超ネコ祭限定組にはね、もう1人の自分がいるの。 キャスリィのもう1人の自分もいつか現れると思うわ」 どうやら、私達超ネコ組には、もう1人の自分がいるらしいです。 私も、もう1人の自分がいるかもしれません。 黒ミタ「まぁ、いつものパターンなら、絶対来るわよ。 気長に待ちましょう。 」 キャ「…はい!」 ミタマさんと、ミタマダークさんは、昔の思い出を話してくれました。 大半が少し信じられない話でしたが。 笑 ガオウさんも、もう1人の自分と会話をしていました。 ガオ 「なんか最近、真の力を求める者がいないから、出番が無くて暇なんだよなぁ」 黒ガオ 「同士だな。 我も最近暇なのだ。 」 そんな会話をしていました。 確かにゃんこ塔への出撃要請でていたはずなのですが…。 暇でも宿題はやらない、みたいな感じなのでしょう。 ダルターニャさんは、もう1人の自分とスイーツを食べていました。 ダル 「どう?美味しい?本気の本気で作ったんだけど」 黒ダル 「…まぁ、美味いな。 」 ダル「やったー!ありがとうダーク!!」 ダークダルターニャさんに抱きついてぴょんぴょん跳ねて、喜んでいました。 ダークダルターニャさんも、少し嬉しそうでした。 この2人組がネコ祭組の中で一番仲が良いんだとか。 黒ガオ「新メンバーとは上手くやれているか?」 ミタ「えぇ、もうすっかり仲良くなったわよ。 そうでしょ?キャスリィ」 キャ「はい!仲良くなりましたよ!ガオウダークさん!」 黒ガオ「ん、我の事知ってるのか?」 キャ「ミタマダークさんが教えてくれました。 」 すると、ガオウダークさんは帰って、またガオウさんと会話を再開しました。 ミタ「キャスリィ、あなたと会えて良かったわ。 旅も続けられるわ」 キャ「え?旅?」 ミタ「私は、結婚相手を探して、従者達と旅をしているの。 だからキャスリィと遊んでて、元気が出たわ!ありがとう!」 キャ「いえいえ、私も、誰かの役に立ちたいので、役に立てたのなら、とても嬉しいです!」 私もミタマさんも、笑顔になりました。 黒ミタ「さ、どんどん料理を食べましょ!スイーツもあるわよ!」 キャ「はい!たくさん食べます!!」 その後も、笑い声や、笑顔が絶えることはありませんでした。 パーティーは、17時に始まって、21時に終わりました。 みんなで片付けをして、控え室に帰りました。 黒ダル「ったく、何でダルターニャ寝ちゃうんだよ…」 ガオ「ダルターニャは早寝早起きなんだ。 許してくれ。 」 黒ダル「ダルターニャ背負ってくれないか?少し重いんだよ。 なんで俺が背負ってんだか…」 黒ミタ「親友として、ちゃーんと部屋までおんぶしてあげたら? 黒ダル「分かったよ。 だけどこの事は秘密にしてくれ。 ダルターニャが知ったら、抱きついてきて、面倒臭いんだよ」 ミタ「はいはい。 ちゃんと秘密にするわ」 キャ「ふふっやっぱりダルターニャさんとダークダルターさん、とても仲が良いですね」 黒ダル「ま、親友だしな。 」 ネコ祭限定組の皆さんは、全体的に優しいっぽいです。 ただ、ミタマさんいわく、ガオウダークさんはちょっと辛辣なんだとか。 ネコ祭限定組パーティーから数週間後、私は極ネコ組とも仲良くなりました。 特にミタマダークさん。 パーティーの日の翌日、ダルターニャさんに「運んでくれたの誰?」と言われた時は少し焦りました。 結局、私が背負って運んだ事にしました。 ダルターニャさんは飛びついて、「ありがとう!!」と言われました。 ダークダルターニャさんに言ったら、「ダルターニャらしいわ」って言いました。 やっぱりネコ基地にきてから数週間経っても、まだ慣れない所があります。 ですが、ガオウさん達がサポートしてくれるお陰で、上手くやれています。 ガオウさん達と会えて、良かったです。

次の