フレンチ ブルドッグ。 フレンチブルドッグ 人気ブログランキングとブログ検索

フレンチブルドッグ子犬販売情報|優良ブリーダーの子犬販売

フレンチ ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグ 原産地 特徴 体重 16—25 lbs 7. 3—11. 3 kg 寿命 11-13 年 主要畜犬団体による分類と標準 Group 9 Section 11 Small Molossian Dogs 101 non-sporting Group 7 Non-Sporting Group 6 - Non-Sporting Utility Non-sporting Companion Canis lupus familiaris 18世紀イギリスの織物職人がフランスに渡った時、一緒に連れて行った(の小型版犬種)が元となり、やとの交配で誕生した。 日本にはに紹介され、初期には数多く飼育された。 その後日本での人気は衰えたが、に入ってから人気が復活している。 French bulldog がっしりとした体つきの、極めて鼻が短い小型犬である。 特徴的なのはコウモリが羽を広げたような耳で、 バット・イアと呼ばれる。 尾は通常短く、ほとんど振る事はできない。 後述する パイドの個体は、時にと混同される場合があり、現在では血統書を発行するにあたり、フレンチ・ブルドッグかボストン・テリアかをすることがあるらしい。 利口で愛情深い性格である。 ヘルニア・聴覚障害・にかかりやすい。 体高28~33cm、平均体重11kg。 フレンチ・ブルドッグの個性的な姿かたちは、自然にできあがったものではなく、人が 人為的な交配によって作り上げたものである。 先祖のルーツは、1850年代のToy Bulldog of Britainに起因する。 ペットとしての人気のに伴い、2000年に入り、繁殖頭数が急増してきている。 繁殖数の急増と共に、フレンチ・ブルドッグの健康被害が近年顕著化しつつある。 2013年にイギリスで獣医にかかったフレンチ・ブルドッグたち(総勢2228匹)が、どのような疾患を持っていたの統計では、72. 他の犬種では、その割合は27. また、何らかの生涯に渡っての治療が必要な病気を患う平均年齢が、フレンチ・ブルドッグの場合 1. 3歳、他の犬種は4. 5歳で、有意な差だと報告している。 最も罹患率が高かったのが 皮膚の病気である(17. これは不自然な肌のたるみに起因するのではないかと言われている。 また、12. 小さな鼻と 短い頭によって気道に弊害がでやすいのである。 他にも 眼病、 下痢症、 耳感染症などにかかりやすいことがわかった。 ブルドッグの遺伝子を初めて完全に解析した研究の結果では、ブルドッグの遺伝的多様性がきわめて低いことが明らかになった。 遺伝的多様性が低い理由の一つは、現代のブルドッグがわずか68匹の集団から始まっていると見られることだ。 こうした小さな遺伝子プール(多様性)からスタートして、つぶれた顔、ずんぐりした体、だぶついた皮膚になるよう選択的に交配が重ねられたブルドッグは、さらに多様性を失ってしまった。 遺伝的多様性の低下により、さらに交配を重ねると、疾患が急増するかもしれないと報告されている。 飼育特性 [ ]• 毛は季節ごとに生え変わり抜け毛が多い。 食欲旺盛の為肥満になりやすい。 食事の管理に加え毎日、自由運動と引き運動が必要。 散歩は後述にもあるとおり、長時間の必要がない。 鼻のしわの間、尻尾の根元のしわの部分に汚れがたまりやすい。 鼻が短い為、他の短鼻犬種同様イビキをかく個体が多い。 暑さにはかなり弱く、日本では飼育には向かない場所が多い。 運動のしすぎや、はしゃぎ過ぎると酸欠になり白目をむいて痙攣することがある。 よって過度の運動は禁物である。 体温調節が困難で、対策として首の周りに保冷剤を付けると体温が下がる。 眼球が大きくやや突出しているため傷つきやすい。 皮膚が敏感な個体が多い。 暑さには弱い為、最近問題になった飛行機による輸送は断られる。 性格は陽気で非常に利口だが、ブルドッグの頑固な一面も持ち合わせている。 力が強く子供(特に幼児)は押し倒されやすい。 夏や冬は特に体調管理が必要。 鼻が短いため鼻水が出たり短頭種特有の病気、甲状腺異常、脊髄疾患にかかりやすい。 子の頭や肩幅が大きいため出産時には帝王切開が必要。 出産時の麻酔トラブルなどがあるため出産は難しい。 フレンチブルの中でも鼻が高い個体はイビキをかきにくい。 基本的には人懐っこく甘えん坊である。 自然に交尾することができないので、ほとんどが人工受精で繁殖される。 毛色 [ ]• タイガー・ブリンドル - 最も一般的な毛色。 黒地に褐色の差し毛が入る。 胸部が白い場合もある。 ブラック・ブリンドル - ほとんど黒の単色。 わずかに褐色の差し毛が入る。 ブルー・ブリンドル - 青みがかった灰色に褐色の斑点が入る。 望ましい毛色ではない。 クリーム - 淡い色の単色。 フォーン - やや褐色で、顔が黒くなる。 パイド - 白地に黒の斑点が入る。 斑点は左右対称で大きい方が望ましい。 ハニー・パイド - 白地に褐色の斑点が入る。 ブルー・パイド - 白地に青みがかった灰色の斑点が入る。 望ましい毛色ではない。 ティッキング・パイド - 小さな斑点が一面に入る。 望ましい毛色ではない。 ブラウン - 茶色の単色。 公認されている毛色ではない。 ブラック&タン - 最も珍しい。 黒に茶色の斑点が入る。 公認されている毛色ではない。 著名なフレンチ・ブルドッグ [ ]• 2017年10月生まれの雄、毛色はブリンドル。 - 埼玉県大宮区在住の雄。 を中心に活動しTV出演、書籍化など様々な活躍をした。 8月、癌のため死去。 6歳没。 - の愛犬。 2016年12月生まれの雌、毛色はクリーム。 草彅の出演番組やSNSにたびたび登場している。 2018年4月、「」のCMにと出演している。 脚注 [ ]• Oxford University Press. 2003. ; Baral, Lauren; Church, David B. ; Brodbelt, Dave C. ; Packer, Rowena M. 2018-05-03. Canine Genetics and Epidemiology 5 1 : 3. Liu, Hongwei; Pooch, Ashley S. ; Pedersen, Niels C. Canine Genetics and Epidemiology 3 1 : 1—16. NEWSポストセブン 2018年4月27日. 2018年5月18日閲覧。 キヤノン EOS Kiss BRAND SITE. 2018年5月18日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

フレンチブルドッグブリーダー|日本最大級のフレンチブルドッグブリーダー子犬販売サイト

フレンチ ブルドッグ

まず、フレンチブルドッグの毛色は主に4つに分類されます。 ブリンドル 原色 、フォーン 原色 、クリーム、パイド 毛色の違い、子犬を迎える上での毛色のポイント・注意点をご紹介いたします。 一番人気の毛色と言って良いクリーム色。 クリームの場合、色素の薄い子や皮膚のトラブルが多い点がありますので下記内容をお読みいただき、失敗しないようご注意くださいませ。 一番人気のクリーム色を迎える上でとくに注意が必要な点は、 日本の場合、需要と供給の原理で、人気=高額となってまいりますので、パピーミル 大量繁殖者 は、クリームを産ませたいと考えます。 フレンチブルドッグの人気もここ数年で高まり、認知度も増え、今までフレンチブルドッグに手を出していなかった繁殖者たちが、次々とフレンチブルドッグを繁殖しだしました。 その結果、パピーミル 大量繁殖者 は、一番人気で高額で売れるクリームを量産させ、経験の浅い無知なブリーディングが横行し、クリームの犬質は残念ながら年々大幅に下がってきております。 理由しましては、パピーミルたちは、健全なかけ合わせというものを、そもそも考えません。 原色に該当しないクリームとクリーム同士でかけ合わせを行い、子犬もクリームの毛色を生み出します。 もともと、色素の薄いクリーム同士のかけ合わせは、奇形児が生まれやすい点や、皮膚のトラブルが起こりやすい、病気のリスクを上げてしまう等、デメリットしか生みません。 基本は、父犬や母犬のどちらかが、原色のブリンドル、フォーンとのかけ合わせで産ませないといけません。 祖父母含め2代前までクリームだらけでのかけ合わせは、その行為自体がパピーミルとしか言いようがありません。 フレンチブルドッグという犬種の基本の毛色は、ブリンドル、フォーンとなります。 健全な繁殖を志すために催されるドッグショーの世界でも、ブリンドル、フォーンの毛色がチャンピオン犬として選ばれる機会が圧倒的に多く、この原色の毛色は外せないということです。 犬質、身体の強さを考慮すると、原色のブリンドル、フォーンははじめてフレンチブルドッグを迎えられるご家族様にはお勧めの毛色と助言できます。 両親の毛色・祖父母の毛色までしっかり見る。 アイラインがしっかり入っているか確認する。 お鼻が黒いか、パットが黒くピンク色などではないかを確認する。 *3に関しましては、お鼻が黒くない。 足裏がピンクのままでも、健全なかけ合わせから生まれた色素の濃い子も中にはおります。 日本では、犬質の高い子を迎えたい場合、原色のブリンドルやフォーンの毛色の子を迎える方が無難と言わざる点があります。 健全な子をお迎え頂ければ、犬種的に皮膚が弱い等よく言われますが、早々にトラブルの出る犬種でもありません。 フレンチブルドッグをしっかり理解され、犬質向上に努められているたブリーダーさんから迎えた子犬は、例え少しお値段は張ったとしても、その後のケアや、育て方がずっと楽になります。 皆様には入り口を是非間違えずに、楽しいフレンチブルドッグライフを過ごしていただきたいと願っております。 当方でご紹介いたしますブリーダーさんたちの子犬は上記ポイントをしっかり理解され健全なブリーディングを行ってきておられている方々です。 どうぞご安心の上お迎えくださいませ!また他にもご相談されたいというご家族様はご遠慮なく当方までお問い合わせください。 フレンチブルドッグのスタンダードについて すべてのマスティフタイプの犬同様、モロシア犬に由来。 19世紀の半ば、イギリスのレース職人たちがフランスに集団移住した際、小型のブルドッグたちを一緒にフランスに持ち込みました。 そしてフランスでもその愛らしい小型のブルドッグたちは、たくさんの人々を魅了し、パリで大流行することになります。 フランスのブリーダーたちはこの犬に「ブルドッグ・フランセ(フレンチ・ブルドッグ)」という名前を付け、19世紀も終わりになると、フレンチブルドッグは、上流社会や芸術家の世界にも受け入れられ、急速に広まっていきました。 ちょうどその頃、フランスに来ていたアメリカ人が、何頭かをアメリカへ連れて帰り、熱心に繁殖を始めました。 そして1898年、優雅なフレンチ・ブルドッグだけのショーが開催され、観衆を魅了します。 上流社会でのフレンチ・ブルドッグの人気は急上昇し、アメリカで人気ナンバーワンのショードッグに輝くことになりました。 そして現在も多くの人々を魅了し続けています。 また滑る床ですと、滑って関節や足を痛める原因になりますのでご注意ください。 フレンチブルドッグの魅力・店長の雑談 フレンチブルドッグは私自身愛犬のブノンと出会いこの業界に入るきっかけとなりました犬種です。 フレンチブルドッグのオーナー様は皆様よくこの言葉を口にされます。 『いろんな表情が豊かで飽きない犬種だ』たしかに飼育され見てはわかると思いますが、10分に一度は笑かしてくれますよ^^ 初めて飼育される方でも、暑さに弱い犬種ですので、熱中症には注意していただき、しわなど、なかなか拭きづらいところのケアを行って頂ければ、お勧め度抜群のブヒbabyとなります。

次の

フレンチブルドッグの子犬を探す|ブリーダーナビ

フレンチ ブルドッグ

テレビ番組やCMで見かけることが多くなったフレンチブルドッグ。 人間の赤ちゃんと抱き合って転げ回るクリーム。 白と黒の牛柄模様をした顔と体で機敏に車に乗り込むパイド。 電話口から呼ばれた自分の名前に首を傾げる真っ黒な毛並みのブリンドル。 ブラックマスクと呼ばれる、日本昔話に出てきそうなドロボウ顔で大きなイビキをかくフォーン。 フレンチブルドッグのメインカラーはこの4色(クリーム、パイド、ブリンドル、フォーン)ですが、それぞれのカラーには濃淡や模様の出方によっての違いもありバラエティ豊かです。 クリームには白っぽいものから濃いものまであり、パイドは黒い斑の入り方が個体によって様々で、顔の左右に均等に入るものや、片方だけに入る、通称「片パンチ」と呼ばれるもの、ブリンドルは差毛の少ない黒ベースの子から、差毛の豊富な「タイガーブリンドル」と呼ばれるもの、フォーンも基本的には茶系ですが、ライトブラウンからレッドまであり様々です。 フレンチブルドッグの魅力は、まずこの多彩なカラーバリエーションではないでしょうか。 フレンチブルドッグのルーツについては様々な説がありますが、おそらく1860年頃にフランスへ移民してきたレース職人達がイギリスの小型ブルドッグをフランスに持ち込み、テリアやパグなどの他犬種と交配させ作出されたのがフレンチブルドッグだと言われるのが有力です。 フレンチブルドッグはその愛らしい風貌でたちまちフランスの女性たちを魅了していきました。 フランスの人々は特にフレンチブルドッグの立ち耳に魅力を感じたようです。 フランスの繁殖家たちはこの犬に「ブルドッグ・フランセ(フレンチブルドッグ)」という名前を付け、こぞってこの耳の立ったフレンチブルドッグの繁殖をはじめました。 19世紀も終わりになると、フレンチブルドッグは上流階級の人々からも注目を集めるようになり、たくさんのフレンチブルドッグがすばらしいお屋敷で飼われることになります。 ちょうどその頃フランスに来ていたアメリカ人がこのフレンチブルドッグという犬種に目をつけ、何頭かのフレンチブルドッグが初めてアメリカに持ち込まれ、熱心に繁殖されました。 現在、日本でのフレンチブルドッグという犬種は主にペットや家庭犬として飼育され、愛情深く、気立てが良く、頼りにもなります。 またフレンチブルドッグは遊び好きの明るい性格で、無駄吠えもほとんどしません。 サイズはコンパクトで室内向き、なめらかで短い被毛は手入れも楽で清潔を保ちやすいとされます。 フレンチブルドッグの魅力は一度でも飼ったことのある人であれば他の犬種に物足りなさを感じてしまう程だと言われます。 付き合えば付き合うほどフレンチブルドックの奥深さに引き込まれ、愛してしまう犬種なのです。

次の