キレイ ライン 矯正。 思わず二度見!? “歯ルメンコちゃん”が華麗なダンスで無料アプリを魅せる! 2万円から始められる『キレイライン矯正』が、初のTVCMを関西エリアで放映開始

歯列矯正について質問します実はキレイラインでマウスピース矯正...

キレイ ライン 矯正

格安歯列矯正が目に留まる 仕事上、人前で話すことも多い私は、微妙に歯並びが悪いのが昔からのコンプレックスでした。 子どもの頃、思い切って親に「矯正したい」と言ったら、「そんなお金かかるもんダメ!自分で稼いでからやりなさい」とバッサリ切り捨てられて落ち込んだ覚えがあります。 それから長い月日の中で、あの長期間の口内針金グルグル状態と、高額な矯正費用にはやっぱり抵抗があるなあ…と諦めて生きておりました。 そんな折、Instagramの広告に キレイラインというマウスピースを使った 歯科矯正が出てきて目に留まりました。 ネットで口コミや評判ブログを検索したのですが、その時は新しいサービスだったのでほとんど出てきませんでした。 なので、自ら体当たりして施術してきたキレイラインの感想について書きたいと思います。 キレイラインとは? 2万円(正確には税込み22,000円+初診費用3,500円で25,500円くらい)から始められるのを売りにしている激安歯列矯正です。 料金が異様に安いし、正直、キレイラインという名前からしてなんか胡散臭いし怪しいなぁと思ったのですが、長年の懸案事項である歯並びをどうにかしたいのでやっぱり気になるわけです。 ネット検索してあちこち調べ倒して、安い理由は• 国内でマウスピースを作っているから• 矯正するのは上下の前歯6本だけ だとわかり、まあまあ納得しました。 海外で歯型を作ると輸送費もかかってくるから高いのだとか。 ちなみに、初回の2万円だけの施術では全く効果がありません。 2回目以降1回4万円(税別)、目安の治療総額は10~30万円は必要です。 失敗を恐れながらも飛び込む キレイラインではない一般の歯列矯正をしたら頭痛が止まらなくなったとか、ほうれい線がくっきり出たとか、噛み合わせがおかしくなったとか、「やらなきゃよかった」な人たちのデメリットや失敗や副作用話をいろいろと見ては思いとどまっていた私。 なかなかキレイラインの矯正にも踏み出す勇気が出ませんでした。 しかし、一度しかない人生も多分半分近く過ぎたし、残りの人生の歯が抜けるまできれいな歯並びになれたらそりゃ嬉しいのですよ。 ワイヤーと違ってダメならすぐ辞められるし、まずは1回やってみよう、もういい歳だし悩んでる時間が無駄!と思い、予約を取って東京都内某所の歯科へ行きました。 結構混んでいるようで平日夜の予約は3週間待ちでした。 歯科医院のキレイライン初回診察 初回はレントゲン撮影をし、医師の診断でOKが出たら、キレイラインを始められます。 そして写真撮影(歯だけではなく顔も撮られるので化粧して行くのがおススメ)、歯の型取りをして、3週間後にマウスピース(リテーナー)ができ上がるので取りに行きます。 初回の支払いは、当時で診察料3,500円+1回目のお試し料金21,600円(当時は消費税8%)でした。 しかしこのケースはダサいなあ…と思ったら、最近は少しオシャレなケースになったようです。 キレイライン矯正開始 事前にネットで読んである程度勝手はわかっていましたが、初めて使う装置は緊張します。 1サイクル約40日でソフト、ミディアム、ハードという3種類のリテーナー(マウスピース)を使い、徐々に歯を動かしていく仕組みです。 それぞれ1日20時間以上装着していないといけません。 つまり、食べるとき以外ずっとです。 はめてみた感じは、入れ歯が入っているかのような違和感でした。 入れ歯したことないですが。 最初しゃべりづらいですが、私はすぐ割と普通にしゃべれるようになりました。 また3週間後に様子見と型取りで来院予約をしました。 ちなみに総所要期間は歯並びの悪さによって変わるようです。 私はそんなにひどくないので、たぶん半年くらいと言われました。 総費用20万円弱の計算でした。 初めてのリテーナーはとにかく痛い 初日は痛みはそれほどありませんでした。 全部の歯の間にずっと物が挟まっているような気持ち悪さと違和感だけでした。 が、夜寝るころからじわじわと鈍痛と異物感が増大…。 なかなか寝付けず、夜中も何回か目が覚めました。 翌日(2日目)は痛みが増してきて頭痛もし始めました。 気が散って仕事が捗りません。 仕方なくロキソニンの痛み止めを飲みました…。 病院に言えば痛み止めも出してもらえるようですが、うちからそんなに近くないので行きませんでした。 そしてリテーナーは意外と歯にがっちりハマるので取り外しも大変です。 爪をひっかけて剥がすように取るのですが、爪は割れそうだし歯はもげそうだし、結構力を要します。 私は奥歯の内側の側面に手をかけて、空気を入れるようにして外すのがいいようでした。 で、外すと動かしている歯がジンジンしていました。 3日目にはますます痛みが増強してきました。 外しても、食べ物をかむとガツンと痛みが走ります。 正直面倒くさいし挫折しそう ある程度覚悟はしていましたが、思いのほか痛いし、特にリテーナーの付け外しが思ったより固くて大変で苦痛でした。 飲み物も、リテーナーを付けたままお茶やコーヒーを飲むと着色するので、外して飲むか水を飲むかが推奨されています。 そして外すと、よだれがビヨーンと伸びて汚いので間違っても人前では外せません。 公衆トイレの洗面台も人がいたらできないなあ。 このリテーナー、食べ物は噛めないので、着けていて困るのが飲み会とか旅行の食べ歩きとかの時ですね。 基本的に1時間以上外しっぱなしにしてはいけないとのことです。 飲み会なんて普通2時間はやってるし、お酒は着けたまま飲めないし、旅行は立ち寄る先ごとにいろいろ食べたり飲んだりするし、この付け外し生活を最低数か月は続けなければいけないのです。 痛みも相まって、早くもテンションもモチベーションもダダ下がりになってきました…。 きれいな歯並びは憧れだけど、私、そんなに苦痛を味わってまで歯列矯正したいかなあ。 強烈に歯並び悪いわけじゃないしなあ。 見た目以外の実害もないしなあ。 現在のパワーバランスは 歯並びキレイにしたい < 面倒くさいし痛くてイヤ に傾きつつあります。 キレイラインに支払った投資額は、今のところの25,100円と交通費のみです。 都度払いなのでこの額を投げ打ってもあきらめがつきます。 仮に挫折したらその旨も書きます。 次の歯科医院受診までに様子見ながらちょっと考えます。

次の

キレイライン矯正の効果まとめ(経過写真つき)

キレイ ライン 矯正

1クールでの効果 このページでは実際の私の歯並びの写真を掲載しています。 実際の歯の写真がありますので、お見苦しい写真もあるかと思いますが 苦手な方はここから先は進まないようにしてください(笑) まず1クールでの変化についてをお話しします。 私の場合はいわゆる「受け口(反対咬合)」「叢生」という状態でした。 特に前歯2本の両隣の歯は、完全に上の歯が下の歯より後方にあり反対咬合になっていました。 これでも一応、子どものときにワイヤー矯正を6年くらいはやっていたんですよ。 うそみたいに歯並び悪いですが(笑) 当時は、一応反対咬合はギリギリ治ったはずで、上の歯がちょうど下の歯の真上にまでは 来ていました。 当時は子供だったこともあり、顎の大きさからそこまでが限界だったようです。 しかし、歯は常に動いていて、 成長するにつれて顎も大きくなりますし、 私の生活習慣上の癖(例えば、ほおずえをつきやすい、足を組みやすい、うつ伏せで寝ることがある等)や 「親知らずを抜歯した」ことなどの環境の変化によって、歯並びがまた悪くなりました。 特に親知らずの抜歯は影響が大きかったと思います。 これについては、以下のページでもお話ししていますので参考にしてください。 こんな私の歯並びが1クールでどの程度変化するのか。 結果はこちらです。 見てもらうとわかるとおり1クールではあまり劇的な変化は見られません。 むしろこれから歯を動かしていくための隙間を作っている途中段階という感じで 余計に醜い感じにも見える・・・? まあ、1クール目はお試しというか、マウスピースに慣れるということが主な目的のような気もします。 なぜかというと1クール目ってあまり痛みもなかったんですよね。 だからがっつり動かそう!というよりはまずは慣れるって感じかなと。 結論:1クールだけであまり何か劇的にかわるということは無さそう。 2クールでの効果 2クール目に入るといよいよ本格的に歯を動かしていきます。 2クール目を最初につけたときは1クール目よりはるかに痛かったので 「おお~本気出してきたな」という感じでした。 また、2クール目からは拡大床の装着もはじまります。 拡大床とは早く歯を動かすためのスペースを作ることが出来る装置で 奥歯の歯列を少しずつ横に広げていきます。 拡大床をつけると歯に隙間ができるので歯の動きも良くなります。 もっと詳しく知りたい方は、別ページに拡大床についてまとめていますので 参考にしてください。 ということで2クール目終了時点での比較写真がこちらです。 1クール目終了時点から比較するとかなり効果が目に見えて分かります。 この2クール目終了時点を見てから、1クール目終了時点の写真をみると 「なるほど、ここに向かうための布石だったのね」 と見受けられる部分があります。 ただし、まだ2クール目終了時点では、一番問題の 前歯2本の両隣の歯は、上の歯がちょうど下の歯の真上より まだ若干後方にありました。 結論:見た目の変化がわかる!がまだ反対咬合は治らなかった。 3クールでの効果 3クール目に入りますと、キレイライン矯正も中盤戦です。 (管理人は7回コース) 引き続き拡大装置も併用しています。 写真だと、撮り方の問題もあるかもしれませんが2クール目のがきれい?とも一瞬見えますが この3クール目で前歯2本の両隣の歯は、上の歯が下の歯のより完全に前に出ました。 これは、私の人生の中で始めての出来事です(笑) ワイヤー矯正をしていたときも、上の歯が下の歯のより完全に前出すことが出来ず、ちょうど真上で矯正を終了しました。 長年、反対咬合と付き合ってきたので、上の歯が下の歯のより完全に前に出た状態に 脳が混乱し、どうやってモノを噛んだら良いのか分からず 牛のようにすりつぶして食べていました。 そのせいもあるかもしれませんが、なんとなく全体的に歪んで見える?ような気もします。。 4クールでの効果 4クール目での変化です。 もういきなり写真をお見せします。 どうでしょうか? 歯並び自体に大きな変化はないような感じですが、 3クール時には大きく空いていた部分(写真でいうと右側)の上下の隙間が 少なくなってきていると思います。 また、3クール目ではかみ合わせが一時的に悪くなり、うまく噛めなかったのですが 4クールになって、かみ合わせがしっかりしてきたと思います。 結論:見た目の変化はそこまでは見えないが、かみ合わせが整ってきた 5クールでの効果 こちらが5クール終了時点での写真になります。 色味が違ってしまいましたが(写真の撮り方による違いです。 ホワイトニングなどはしていません) 最初のころの変化に比べるとあんまり変化はないように感じますが よーく見ると中心線がそろってきているように思います。 結論:見た目の変化はそこまでは見えないが、中心線が多少そろう程度 6クールでの効果 こちらが6クール終了時点での写真になります。 結論:見た目の変化は特にない 7クールでの効果 私は7クールで終了です。 完成形はこちら。 正直、5クール目以降の変化が自分ではあまりわからないのですが・・(笑) どうでしょうかね・・? 見た目だけで言えば、5クールでストップでもよかったかなとも思いますが、 5クールではまだ少しかみ合わせが悪かったので、7クールまでやってよかったかなと思います。

次の

矯正開始!

キレイ ライン 矯正

インビザラインはマウスピース矯正だけど全部の歯を矯正できるよ! インビザラインは、マウスピース矯正のことで透明なマウスピースを作り、食事以外のときはつけるものです。 キレイライン矯正もマウスピースですが、キレイラインで受けられる矯正は限られています。 前歯限定、軽度〜中程度の矯正であれば、キレイラインが安いので今すぐにでも始めてほしいです。 しかし、前歯以外の見えない部分も気になる、噛み合わせも治したい人は、インビザラインでないと矯正できません。 こればかりは、実際に矯正相談に行ってみないとわからないことだらけです。 歯科によっても言ってることが違うのは当たり前で、私もインビザラインを勧められたり表側矯正しか無理だよと言われたり。 自分の歯の状態をしっかり見て、本当に良い方法でやってくれる歯科医の先生を見つけることがいちばん大切でした。 引用元:• 前歯の見える6本の歯だけ治したい人• なるべく格安で歯列矯正をしたい人• Invisalign(インビザライン)という商品名でAlign社(米国)から供給される. 引用元:• 前歯以外だけじゃなくて全体の矯正をしたい人• ワイヤー矯正器具にどうしても抵抗がある人• 接客業など人前に出る仕事をしてる人 どっちもメリットは、「 透明なマウスピースで目立たないこと」です。 しかし、私は表側矯正を選びました! 表側矯正する人を見て羨ましいと思った 自分の歯がコンプレックスなので、他人の歯ばかり見ていました。 「歯並び良くて羨ましい」「口を大きく開けて笑いたい」「歯並びがいいと、やっぱり笑顔がかわいい」 なんなら「この人、歯並び直したらもっと美人なのに」とよけいなことまで、考えていました。 でも、それって自分も思われてたりして。 そんな風に思ったら、歯列矯正をせざる終えません。 実際に表側矯正をしている人を見かけると、「いいなぁお金あって」って本当に羨ましかったのです。 表側矯正は、矯正してるかどうか一目瞭然なので、わかりやすくていいですよね。 もっと表側矯正してる人が普通な世界になれば、矯正費用も安くなるんじゃないかな…。 表側矯正をしてよかった理由 私が表側矯正を選んでよかったなぁと思った理由は、以下です。 自分でも驚くくらいに「私矯正してるの」とも言えるようになりました。 なんだか気持ちも前向きにもなれたので、本当におすすめです!• 「矯正してるんだ!私もしてた!がんばって」と言われる• 歯列矯正を理由に行きたくない飲み会を断れる• 表側矯正のほうが裏側よりも歯が動きやすい 「矯正してるんだ!私もしてた!がんばって」と言われる 大人になって矯正をするのって、めちゃくちゃ勇気がいりました。 「なんで10代、20代のころやっておかなかったの?」「親がお金出してくれなかったの?」って思われるんじゃないかと、勝手に一人で思い込んでいたんです。 でも、それはぜんぜん違いました。 矯正をやっていた子からは、痛みや悩みがわかる分、めちゃくちゃ応援されます。 また、これから矯正をしたいと考えている人も多くて、「興味ある!」「私もやりたい」と言ってもらえました。 矯正をやりたい気持ちは、私も死ぬほどわかるので、ブログやInstagramを通して、もっと発信していこうと思っています。 ますます矯正もブログもがんばらなきゃって感じたので、痛みにも耐えていける気がしました。 (笑)• 歯列矯正Instagramはこちら「」 歯列矯正を理由に行きたくない飲み会を断れる 会社の飲み会や、あんまり行きたくないなぁと感じる飲み会、よくわかんないイベントのお誘い。 それ、ぜんぶ「歯列矯正を始めて、、抜歯があって、、ごめんなさい」と断れます。 矯正を始めると、歯磨きも大変なので、外食の予定はあんまり入れたくなくなりました。 歯が気になるんですよね。。。 食べてると。 それでも、どうしても会いたい人がいる飲み会は行きます。 仲のいい友達や家族ならいいのですが、自分が気を遣ってしまうだろうという機会は減らしました。 人間関係もぜんぶ受け入れてたらパンクしてしまうので、会いたい人しか会わないっていう断捨離にもなります。 表側矯正のほうが裏側よりも歯が動きやすい これは私の歯の場合かもしれませんが、「裏側矯正やインビザラインだと、時間がかかる」と言われました。 表側矯正よりお金がかかってるのに、時間もかかるなんて嫌だ! そんな風に感じた私は、迷うことなく 「 表側矯正」を選びました。 なるべくなら、矯正は早く終えたいものです。 ただでさえ、自分の歯磨き次第で虫歯になるかもしれないし、どんな風に動くかもわかりません。 お金と時間は、ほんとうに大切です。 やらない後悔より、やってから後悔したい私は、こうして表側矯正を矯正認定医の先生のいる歯科ではじめました。 これからも、ブログとInstagramで経過を報告していくので、痛みに耐えながらがんばります!.

次の