コロナ 禍 と は 読み方。 「コロナ禍」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

『コロナ禍』の読み方は?「コロナうず」?「コロナなべ」??

コロナ 禍 と は 読み方

『コロナ禍』が読めない 『 コロナ禍』という単語が読めない。 そもそも 『禍』という漢字はどういう読み方でどんな意味があるの? そんな声が日本中で少なからずあがっています。 『 コロナ禍』という見慣れない単語がメディアやニュース、新聞等で使われ始めたと同時に、その声はあがりました。 では、漢字事典の人気ランキングでなんと 『禍』は1位を獲得しています 4月15日時点。 3位には 『渦』という 『禍』似た感じもランクイン。 で沢山検索をされたということが分かります。 ネット上では 『 コロナ禍』という単語に対して、 『 何これ、どう読むの?』 『 コロナなべってどういう意味?』 『 うずにしめすへんの漢字ってどう読めばいい?』 と、 『禍』という漢字が読めない人が続出しています! 今回は、 『 コロナ禍』の読み方、意味や使い方を調べていきたいと思います。 コロナ禍の意味は? 『禍』の読み方・意味 まず、 『禍』という漢字について調べてみました。 ・ 音読み・・・・ か ・ 訓読み・・・・ まが、わざわい ・ 意味 ・・・・ よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 『禍』を使った言葉 ・ 禍々しい まがまがしい ・・・縁起が悪く、不気味なさまを意味する表現。 ・ 禍 災い:わざわい ・・・傷害や病気、天災などをこうむること。 不幸な出来事。 ・ 禍根 かこん を残す・・・未来において厄災を引き起こす原因となるもの(禍根)を残すこと。 『コロナ禍』の意味 上記を踏まえて 『コロナ禍』という単語の意味を考えると、 ・ ・ コロナによる災い ・ ・ コロナによる被害 ・ ・ コロナによって引き起こされた不幸な出来事 という意味に解釈できます。 過去の使用事例として紹介した、 『 エボラ禍』や 『 ペスト禍』等の単語も同様の使い方となります。 ニュース記事を翻訳してみる ヤフーニュースに出ていた一文を例にとって翻訳してみます。 「 コロナ禍で財務格差鮮明に~」 この一文を上記を踏まえて翻訳してみると、 「 コロナによる被害で財務格差鮮明に~」 という意味になります。 コロナ禍に対するネットの反応 いまさら聞けない「コロナ禍」 「禍」を読めますか? 「渦 ウズ 」「鍋 ナベ 」ではない。 しかし、読めない💦 — まき 148Mkwd あの〜。 「コロナ禍…なんて読むの…?🤪」 コロナうず? 渦中の「か」はサンズイ コロナなべ? なにそれ怖すぎ😱 部首がしめすへん。 禍々 まがまが しい 禍 わざわ い コロナまが?コロナわざわ? — 小日向えり 歴ドル 🍎手作りマスク研究中 erikohinata.

次の

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

コロナ 禍 と は 読み方

虫へんですが、昆虫ではありませんでしたね。 今回は、新型コロナウイルスに関連した漢字をご紹介してきました。 先が見えず、つらい状況が続いていますが、「禍」にまつわるこんなことわざはご存じでしょうか。 「禍も三年経てば用に立つ」(わざわいもさんねんたてばようにたつ) たとえ災害でも、ときが経てば何かの役に立つ。 何事も役に立たないものはない。 といった意味。 たとえば、経済活動が一時的に停止したことで大気汚染が改善した地域もあるという話ですし、2020年はもしかしたら、「地球温暖化をくいとめた年」だったり、リモートワークや時差通勤が進んだりことで「ワークスタイルの変革年」だっなんて歴史に残るかもしれませんね。 もうひとつ。 「禍を転じて福となす」(わざわいをてんじてふくとなす) 災難が一転して幸福の種となること。 コロナ禍もいつか、転じて福となる日が来ることを祈りたいですね。

次の

コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説

コロナ 禍 と は 読み方

「禍」の読み方と意味 「禍」は「か」「まが」「わざわい」と読みます。 「禍」の意味は、 「わざわい・不幸せ・災難・災厄」 です。 「禍」の漢字の成り立ち 禍の漢字の成り立ちを見ていきましょう。 「禍」の部首はしめすへん。 しめすへんはもともと「示す」という文字で、祭壇をあらわしています。 「禍」漢字の右側の意味はくぼんだ穴。 くぼんだ穴と祭壇が組み合わされた漢字で、 「神のタタリを受けて、落とし穴にハマる」ことを表しています。 このことから、「禍」は「わざわい・不幸・災難・災厄」の意味を持った漢字となっています. ちなみに、鍋(なべ)は金属とくぼんだ穴という文字を組み合わせた漢字。 渦(うず)は水を表す「氵(さんずい)」と「くぼんだ穴」という意味を持つ文字が組み合わされています。 「禍」を使った言葉・ことわざ 続いて、「禍」を使った言葉・ことわざを紹介していきます。 「コロナ禍」の意味は、 「新型コロナウイルスによる災難」ということになります。 最後に 今回はニュースの見出しに使われている「コロナ禍」の「禍」の読み方や意味、「禍」を使った言葉やことわざを紹介しました。 「コロナ禍」と書いて「ころなか」と読むのが妥当だと思います。 「禍」は 「わざわい・不幸せ・災難・災厄」 という意味を持った漢字です。 ちなみに、「禍い(わざわい)転じて福をなす」ということわざの「わざわい」は今までずっと「災い」だと思っていました。 今回調べて初めて知りました。 「まがまがしい」も「禍」が使われることも初めて知りました。 といういことで、今回は「コロナ禍」の「禍」ってなんて読むの?禍の読み方・意味・「禍」を使ったことわざについて紹介しました。 あわせて読みたい記事 参考:「例解学習漢字辞典 第八版 オールカラー版 発行:小学館」「広辞苑 第四版 発行:岩波書店」 スポンサーリンク.

次の